ホリデーシーズンの警戒の記事から英語を学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからいくつかの英語表現を取り上げて学んでいきます。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

the start of

そのままですが、何かの始まりを意味するこの表現。記事の中ではthe beginning ofという形でも表現されていますね。何かの始まりについて話す事はとても多いと思いますし、基礎英語表現として覚えておきたいです。いいスタートならa good startで、It’s a good startとシンプルに言う言い方から、get off to a good startなんて言い方もあり、いいスタートが切れたね、というならWe got off to a good startと過去形にします。今週良いスタートを切るという感じでget your week off to a good startなんてのもいいですね。このget offを使ったスタートの形で、get off on the wrong footなんて言い方があり、これはスタートをしくじる、出だしを間違った、なんて言い方になります。人間関係において最初は勘違いもありギキュシャクした関係から始まり、お互いの事をよく知るようになってとても仲良くなるなんて事はしばしばありますが、こんな状況では、We got off on the wrong footといえますね。

 

soar

何かが上がる様を表現していますが、記事の中ではsurgeやgo up なんていう風にも言われていますね。とてもシンプルな意味だからこそ、それを表す英語の表現も様々です。同様に下がる表現についてもシンプルにdropだけでなく、decrease、plungeなど色々な表現が見られます。

 

the count

日本でもカウントという言葉がカタカナ言葉で使われているので、違和感はない言葉だと思います。このcountは名詞でも動詞でも使われ、名詞はそのままカウントで、動詞では数に入れるという意味で、私も仲間に入れてよ、とか私も参加しま~す、みたいな言い方でcount me inなんて言い方ができます。

 

vulnerable position

今のこの時代にはこのvulnerableという単語はとても重要な言葉だと思います。コロナウイルス重症化リスクのある方などはこのvulnerableで表現されたりします。また人を指すだけでなく組織に対してfinancially vulnerableなんていう風に指す事もでき、今だと小さい街にクリニックがコロナ対応でfinancially vulnerableになっているというのは大きな問題になっていますね。

 

send his love

日本の文化と少し違うのでsend loveというのは少し照れ臭い感じがしますよね。ただこう文化なんだと理解する事はとても大切です。愛しているよ、という言葉は日本ではカップル間での表現に限定されると思いますが、実際の英語ではこのように家族を含む愛する人にも使う事ができます。なので、お父さんが娘にI love youと言っても何も違和感はありません。   また、実際には友人間でも使われ、同性愛者ではない男性同士であっても仲がよければ別れ際の挨拶的にI love youという風に言われたりもします。ただ勿論その使う温度感は大事です。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!