「ビジネス英会話」タグアーカイブ

キューバでの事業活動制限の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからの記事です。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

キューバの記事のようですね。

 

 

 

 

The U.S.

アメリカを意味する言葉は色々ありますよね。日本ではまずアメリカという言葉が一番よく使われると思います。このThe U.S.もお決まりの1つで、他にはThe United Statesと言ったり、The Statesなんて言ったりもしますね。ちなみにU.S.という風にコンマがついていますが、これはコンマをなくした形で書かれる事もありますし、大文字である限り、意味を取り違える事はないですよね。日本人と同じように単にAmericaという場合もあります。カナダや南米もアメリカ大陸という意味ではAmericaですが、それでもI’m from Americaと言われれば、99%の人がアメリカ大陸を意味するのではなくアメリカ合衆国を意味していると理解するはずです。

ちなみにイギリスはU.K.ですが、実際にはイングランド、ウェールズなどに分かれていて、皆さんそれぞれの地域に誇りを持っていらっしゃるので、自分自身は何人ですかと聞かれるとEnglish(イギリス人)やWelsh(ウェールズ人)などを言ったりします。

イギリスというのはとても歴史的に色々とあり、今でもCommonwealth of Nationsというイギリス連邦といった概念があります。カナダの硬貨にはエリザベス女王が刻印されていますし、カナダという独立した一国であるにもかかわらずエリザベス女王の刻印があるというのは、日本人としては不思議な感覚だと思います。同じくオーストラリアなども国家元首をエリザベス女王としており、独立国家ではあるものの、君主はエリザベス女王というスタンスです。

 

tensions

日本語のテンションはテンションが高いという使い方ですが、これはこういうニュアンスで英語では使われます。緊張感がある空気、状況についてこのtensionをつかいます。ギターの弦が張っているような状況もtensionをつかいます。テンションを緩めるなんて言い方はこの何かの張りつめたものを少し緩めるというニュアンスで使われたりしますよね。

 

planned

planは大人社会では常に大切な事ですよね。計画を立てる、計画に沿って進める事は、色々な物事を進める上で大切です。planを使った英語表現には、sounds like a planなんてのがあります。これは相手が提案する何かの予定に対して、いいね、という返し文句として使われます。そのまま直訳して、予定のように聞こえるなんていう風に見ると、へんてこな日本語になりますね笑。

 

spokesperson

現代は沢山の言葉が性差をなくすようにされていて、かつてはspokesmanと言われた言葉もspokespersonとなりました。必ずしも男性ではなく、女性である事もありますよね。日本でも同じように看護婦さんが看護師さんになったりと変化はあります。

 

heavily

このheavyは何かの物の重さだけではなく、程度の強さを表現するものとしても使われます。ここではheavily usedですが、他には強く影響を受けているなんて言い方ならheavily influencedとなりますね。

 

今後はどうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

テーマパークの再開の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからの記事です。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

sets

setは何かを設定する、という意味の言葉で日本でも一般的ですね。今回のように日程をsetするものもあれば、スマホの設定をするのもsetで使えます。また設定というその名詞の言葉そのものもsettingなんていう風にして使われたりします。メールの受信設定を確認してください、みたいな表示は何かのサービスに登録したりするときによく見ると思いますが、例えばそれを英語でIf you have set an Email filtering system, please configure your Email settings to accept @abc.comみたいな風にしてもいいですね。ここではsetとsettingが出てきています。

他にはAll setという言い方で、準備完了、なんて意味にできたりもします。これを疑問の形にして、All set? 準備OK?みたいにして使うのもありですね。

 

 presentation the company made

関係代名詞は英会話をする上で、とても重要です。which, who, thatなどを先行詞の後ろにつけて色々なパターンで学生時代に勉強したいと思いますが、リアルな英会話の中では、しばしばこれらの関係詞が省略されるので、その省略される感覚を身に着け聞きなれておかないと、一気に文章が理解できなくなってしまいます。また人はwho、物はwhichという風にしっかりと使い分けて覚えている方も、人に対してthatが使われる事も結構あり、その辺りの意識もしておきたいです。逆に関係代名詞の感覚で聞けるようになる事で、英語の聞き方に余裕がでます。あ、これが先行詞としてして言っているから、「今からそれについてどのようなものなのかを詳しく言うんだな」みたいなのが先行詞を言った後の一瞬の間や関係詞を聞いた瞬間に感じられるようになります。

 

theme parks

日本語ではテーマパークですが、英語のthemeは残念ながらテーマというような音では読まず、θíːmと読みます。全然違いますよね。

 

follow

何かの順番を言う時にはおきまりですね。ここでは主語が何かに続いている=続くものの次の順番、という事になります。その分の形を変えて、A (which is) followed by Bみたいな形にすれば、Aが前で、Bがそこに続くという順番になります。followはSNSで誰かをフォローする、なんて言い方をしてとても一般的な使い方になっていると思いますが、とてもシンプルにI follow baseballなんて言い方できます。この場合のfollowは野球の試合や結果を定期的にチェックしている、という事になり、いわゆる野球ファン、という事になりますね。逆にI don’t follow baseballとなると、野球はそんなに見ないという事になります。

 

holders

チケットホルダーなんて言い方を日本でもしますよね。holdする対象がウイルスになれば、carrierという言い方がなされたりします。

 

少しずつ動き出していますね。

 

本日は以上です!

 

 

 

感染措置に関する雇用者の責任の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はUSA TODAYからの記事です。

USA TODAYの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

職場の記事のようですね。

 

 

 

 

so far

今の所、という意味の表現ですね。すごくシンプルですが、意外と意味を知らないという方もいらっしゃると思います。so far so goodなんていう言い方で、今の所はいいよ、いい感じ、問題ない、なんて言い方もします。新しい環境はどう?みたいに言われて、人もいいし、福利厚生も悪くないし、so far so good!みたいな感じですね。ちなみに今のところ、という意味の似た表現としては、up to now 、 to dateなんてのもありますね。ちなみにto dateなら今のところまでというニュアンスですが、up to dateという言い方では、最新の、という意味で使われたりします。例えばスマホのOSのバージョンアップをしようかなと思ってチェックしたら、「お使いのソフトウェアは最新です」みたいな表示があったりすると思いますが、これが英語なら「Your software is up to date」みたいに表示されます。

 

orders lifting

この後にbusinesses reopeningという風に続いていますが、この文章全体をみてみると、A+~ing以下でAの補足、B+~ing以下でBの補足、という風になっていて、同じ形で見やすく並べられている事が分かると思います。英語ではこのような形は多く見られます。order that~、businesses reopeningという風に形を変えて並べるよりも同じ形の方がスマートに見えるのは感覚的に分かると思います。

 

workplace 

そのままですが職場を意味する言葉ですね。workをつけた表現は色々とありますが、workforceは人材を意味し、workloadは仕事量を意味します。work ethicなんていうと職業倫理、労働倫理みたいな言葉になります。倫理観に欠ける人や職場では、色々な問題が起こりやすいですし、一緒に働いている人も残念な気持ちになる事が多いですよね。このethicという言葉はおさえておきたいです。

 

mixed feelings

色々なfeelingがmixしている状態をこのmixed feelingと言います。日本語的に言えば、複雑な気持ち、という感じでしょうか。mixされた状態のものをmixedを名詞の前につけて表現すると覚えておけばよいですね。なにで色々なフルーツが入ったスムージーならmixed fruit smoothieみたいになりますね。

 

salons 

日本では美容室に男性も行くのでとくにヘアサロンが女性向けのもの、という概念はないと思いますが、英語では男性が行く場所は barber shopというくくりで表現される事は多いです。

 

contagion

感染を意味する言葉で、今の時期はこの言葉があちこちにまだまだみられると思います。形容詞は    contagiousで、highly contagiousとすれば、感染力が強い、みたいな意味になります。

 

どづなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

大手アパレル企業の倒産記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アパレルの記事のようですね。

 

 

 

Chapter 11 bankruptcy

米連邦破産法11条を意味するもので、日本の民事再生法に相当するものですね。こんな大きなブランドが。。というショックもありつつ、、。日本人にとっては、いきなりChapter~と言われても良く分からないですよね。日本語訳では連邦倒産法第11章となります。日本の英語学習者にとっては、アメリカ英語の影響は大きく、英語学習の中でこのようにアメリカの法律、社会制度の名称を理解する必要がある場面も出てくると思います。他によくみられる言葉としては401k(確定拠出型年金)があります。内国歳入法401条から来ているもので、日本でも日本版401kとして導入されているので、言葉として知っている方も多いとは思いますが。

 

turnaround

好転する様を表現する言葉で、turnとaroundが中に見えますね、意味としてはなんとなく想像できる言葉ではないかなと思います。upbeatという言葉や、面白い表現ではmake a comebackなんてのもあります。一度ダメになっているものや状況がまた光を浴びる、よい状態に戻ってくる、という意味で使われ、ビジネスの場だけではなく、負け続けている野球チームがシーズン後半から一気に巻き返しはかって優勝レースに躍り出た、なんて状況では間違いなくmade a comebackですよね。

 

weak footing 

そのままですが、weakなfootで、何かの状態の弱さを表現しています。このfootを釣った表現は色々とあり、back on your feetで回復するなんて言い方にもなります。Think on your feetでは迅速に答えを出す、になります。またこの記事に後ろにはfoot trafficという表現が出ていますね。これはそのままですが客足を意味するもので、foot trafficがdeclineしているというのは、つまり客足が遠のいているという意味である事が想像できると思います。

 

disclosed

closeに接頭語disがついています。disは否定や反対の意味にする機能を持ち、closeする反対なので、開示するという事になります。少しフォーマルな言葉ではありますが、日本語でも”開示”という言葉だと、日常英会話でそんなに頻繁に使う単語ではないですよね。同じdisを使ったものとしては、disregardなんて言葉もあります。これはregardが何かを見たり考えたりするという意味で、その反対なので、無視をするという意味になります。ただこのdisregardも日常英会話表現というよりは、職場など少しフォーマルな場で使う場面が多いと思います。よりカジュアルな日常英会話の中で使うイメージの単語としてはignoreがありますね。

 

landlords

大家を意味する言葉ですが、これもlandとlordと2つに分ければ意味は分かりやすいですね。landが土地でlordは支配者等を意味する言葉です。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!

 

 

 

3000万人失業の記事に学ぶ

こんばんは!

 

本日はcnnからの記事です。

cnnの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

失業の記事のようですね。

 

 

 

Jobless

接尾語lessは何かがない事を意味する言葉ですね。hopelessだとhopeがない状態なので、絶望状態ですし、scorelessだとscore(点)がない状態です。ちなみにscoreは点を意味する名詞だけではなく、動詞として点を決める、という意味でも使えます。彼が点を取った、ならHe scoredという感じですね。日本では名詞の意味での感覚で使われるので、動詞の感覚は英語を使う時には身に着けておきたいです。

 

claim

カタカナ言葉でクレームというと苦情を意味するクレームという感じですが、英語のclaimの意味は広く、何かを申請、要求する事を意味する言葉にもなります。またbaggage claimは空港の手荷物受取の場所を指す言葉でも使われていますよね。ちなみに何かを申請するという意味ではpetitionという言葉もあり、何かしらの労働許可証の申請等、場面によってしばしば聞かれる言葉です。

 

layoff

日本ではクビ、解雇、という言葉でまとめられますが、layoffとfireという2つの言葉は意味が多少異なり、fireは従業員側の勤務態度の悪さなどを理由に解雇される事に対し、layoffは企業の業績悪化などを理由に人員整理されて職を失う事を指すものです。アメリカのドラマなどで、You are firedなんて聞く事があると思いますが、大抵の場合、ボスと何らかの理由でもめたり、ミスを犯してボスに怒られた末にクビになる、というようなケースが多いと思います。またこのfireは必ずしも自社の社員向け、というわけではなく例えば使えない顧問弁護士をfireする、なんてのも弁護士系ドラマだとしばしば聞かれますね。

 

dropped

落ちる様を表現するdropですが、decreaseやplungeなど景気や株、業績など経済、ビジネスに関するトピックでは色々な単語が出てきます。上昇する言葉もこの記事の中ではsoarが出てきていますが、increaseも上昇ですし、skyrocketなんて言葉で急上昇を指したりもできます。ちなみにdropという単語の使われる幅はとても広く、drop byでは~に立ち寄るです。drop by unannouncedだと、何も知らせずにいきなり立ち寄る、という事ですね。

 

the week before

英語の語順は日本語と違うので、とても簡単な単語が並べられていても、意外と上手く表現できない、という方は多いと思います。特に時間軸を指す表現はそれが顕著だと思います。day after tomorrowは明日の次の日、という発想ですが、日本語の発想だと明日という言葉を先に持ってくるので、tomorrow’s next dayみたいに考えてしまいそうですよね。明後日というその日がまずいきなりdayと出てきて、その次に明日tomorrowが出てくるのはしっくりこないと思います。day before yesterdayも同じですね。このthe week beforeと同じようにthe year beforeでその前の年を指すような表現もできます。the week before lastとハッキリlastをつける事で、先週の前の週=先々週、という事が分かると思います。

 

どうなるのですかね。

 

本日は以上です!