初心者からの日本人講師からはじめるマンツーマン英会話 東京 神奈川 千葉 埼玉
受付時間 毎日/9:00-22:00
03-6435-0076
無料体験レッスンに申し込む

インド航空会社が営業停止?

こんばんは!

 

本日はThe New York Timesからの記事です。素晴らしい素材に感謝です。

→The New York Timesの記事へのリンクはこちら

 

※以下要約、並びに英単語、英熟語の解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

航空業界に興味のある方にはなかなか注目のニュースですかね。

 

~要約~

経営難でとりだたされているインドのキングフィッシャー航空が、規制当局より航空ライセンスの停止を受けました。

Vijay Mallya氏を中心とした労働者への給与未払いなどへの抗議運動の対応に数ヶ月追われているキングフィッシャー航空への今回の措置は、大方予想されていたものでした。

キングフィッシャー航空の負債は銀行、石油会社、その他のものを含め、15億ドルにものぼります。

給与未払いが6ヶ月以上続いている従業員の抗議運動により、段階的に減らしていたフライト数も今月完全停止を余儀なくされました。

~要約終わり~

suspended

停止、という意味ですね。海外の学校ではsuspendを停学という意味で、He was suspended、彼は停学になった、という使い方をされます。ちなみに退学はexpel、ちょっとカジュアルな言い方だと、kick outなんて言われますね。He was kicked out from school.学生向け英会話表現ですかね。

 

executives

役員、重役という意味ですね。日本ではあまり親近感がないかもしれませんが、executive managerなんてタイトルがついてる方もいらっしゃいますね。

 

early this month

今月初めに、という意味ですね。使いやすい英会話表現だと思います。当然early next month来月初めに、でも使えますよね。

 

The much-anticipated decision came after

大方予想された決断、判断が~の後に下されたというくだりですね。comeは物理的に人や者が来るいうだけでなく、このような概念的なものにも使えるんですね。

 

owes

返済義務がある、負債をもっている、というニュアンスですね。当然個人の場合でも使用する事ができ、金額の大小も関係ありません。実際の英会話ではYou owe me 1,000yen(君に1,000円の貸しがあるんだからな。)なんて使い方でOKです。

 

drastically

大幅に、大々的に、という意味です。

 

in the past

過去1年、ここ1年という意味ですね。使いやすい表現ですね。past 3 yearsといえば、ここ3年で、という言い方になります。

 

were disrupted by protesting

抗議運動により邪魔された、という意味ですね。disrupt(邪魔をする)の受身の形で邪魔をされた、ですね。

 

employees who have not been paid for more than six months

給与支払を受けていない従業員という意味ですね。先行詞employeesを置いた関係代名詞ですね。have not been paid~は現段階まで6ヶ月以上支払を受けていない、という現在完了の継続の形が使われていますね。

 

航空業界は本当に乱世ですね。

本日は以上です!

 

NEWSWEEKの決断

こんばんは!

 

今日はTIMES OF INDIA(インド本社)の記事からです。素晴らしい素材に感謝です。

 

まずはこちらをどうぞ!

→TIMES OF INDIAの記事へのリンクはこちら

 

※以下要約、並びに英単語、英熟語の解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

デジタル化の流れを象徴したニュースですね。

 

~要約~

業績不振のアメリカのニュース雑誌「NEWSWEEK」が、80年のその歴史を大きく変える完全デジタル化にふみきることになりました。

今週の木曜日の発表で全面デジタル化は来年よりスタートするとし、プリントビジネスからタブレット端末や、電子書籍向けのビジネスへ大きく舵をきることになりました。またこの変更に伴い、不要な人員削減もすすめられます。

1933年に創設された歴史あるNEWSWEEKの印刷版は12月31日号をもって、終了し、2013年よりデジタル化にうつります。新しいデジタル版はNewsweek Globalと名づけられ、より利便性のよい世論を代表するメディアという位置付けを目標としています。

デジタル版移行後は、定期購読者向けに、ネットやタブレット端末から購読が可能になります。

木曜日のDaily Beastの紙面で編集長のTina Brown氏とCEOのBaba Shetty 氏は以下のように述べました。

“紙面から離れることは紙媒体や、又そこから生れる忙しい人間同士の仲間意識を愛したものにとってはとても辛い決断でした。しかし、来年80周年を迎えるNEWSWEEKはしっかりとそのジャーナリズムとして生き残り、デジタル社会を明るく見据えていかなければいけないと思います”

~要約終わり~

Struggling

もがいている、困難に直面しているという意味ですね。I’m struggling with this issueでこの件について苦労しているなんて言えますね。

adopt

採用、適用するという意味ですね。政策やルール、新しいシステムを採用する、という意味でよく新聞やニュースで使われますね。ビジネスシーンでの英会話でも使えそうですね。

focusses on

~に焦点をあてる、集中する、という意味ですね。

The transition will also lead to job cuts

transitionは変遷、転移という意味です。lead to~で主語が~を導くという言い方になり、今回の変更が人員削減を導いた、という言い方になります。

The online content

contentは中身、内容とう意味なので記事の内容という事ですね。日本語で言うコンテンツも当然ここからきていますね。

 

be accessible

アクセス可能なという意味です。これは今回のように記事にアクセスできるという言い方から、物理的にHis home is not accessible by public transportation(彼の家は公共交通機関ではアクセス不能だ)なんて言い方もできますね。

 

Exiting print

exitは出口に英語訳でよく書かれていますね。ですのでプリントを出るこという事で、紙媒体からの変遷とう意味なんですね。

extremely

極度に、非常にという意味ですね。とても、という感情がマックスの時にはこの副詞を使いたいですね。特に固い表現と言うわけでもないので、カジュアルな英会話の中でも使えますし、単語の意味としてはネガティブな意味でもポジティブな意味でもどちらでも使われます。ポジティブな形であれば例えば、He is extremely determinedで彼はとても決意が固い人だ、なんて形で言えますね。

 

sustain

生き残る、耐える、存続する、という意味ですね。

to cope with loss in advertising revenue

to cope withは~に対応する、対処するという意味です。revenueは収入。lossは動詞loseの名詞の形、失う、損失、減少といいったニュアンスですね。

 

circulation

印刷業界では発行部数という意味で使われます。

 

デジタル化の波はこんなところにも押し寄せているのですね。

本日は以上です。

 

不倫は犯罪?

こんばんは!

 

本日はnews24(南アフリカ本社)からの記事です!素晴らしい素材に感謝です。

 

少し大人な話題ですね。まずはこちらをどうぞ!

→news24の記事へのリンクはこちら

 

※以下要約、並びに英単語、英熟語の解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

~要約~

国連の人権団体は不倫行為は犯罪としては扱われるべきではないとの声明をだし、罰金から死刑判決までありうる現在の世界の状況では特に女性の人権が傷付けられる可能性があるとしました。女性差別の可能性がある法律の取り締まりに力を入れているカマラ氏は不倫は全くもって犯罪とされるべきでない、と言っています。彼女は又、双方同意による不倫は、お互いのプライバシー侵害にあたるが罰金や禁固刑、死刑などで罰せられるべきではないと言っています。

声明では、女性は往々にして不貞の罪に問われやすく、また一部の国では女性の証言が男性のそれの半分の効力しか及ばない事からもわかるように、男性よりも厳しい裁きを受けやすいと言っています。

カマラ氏は不倫に制裁を加える全ての国にこれらの制裁を解くよう、呼びかけました。

~要約終わり~

 

Adultery

不倫という意味ですね。もう少し広い表現だとaffairや、cheatingなども使えますね。ただこれらの表現は浮気というニュアンスで、不倫のように結婚関係があるという前提である必要はありません。ドラマの英会話などではHe’s having an affairなんて言い方が定番です。

punished as

~として罰せられるという意味ですね。punishは必ず犯罪として罰するという意味ではなく、大人が子供にしつけの一部としてpunishも使われます。I’ll be punished because I broke a family rule.家族のルールを破ったからおしおきが待ってるよ。。なんてニュアンスですかね。子供には怖い英会話表現ですね笑。

 

insisting

insistで主張するという意味ですね。要求するとなるとdemandなどが使われますが、少しニュアンスは異なりますよね。権利を主張する、なんていうのは代表的な使われ方です。

 

violated

侵害する、違反するという意味です。ここでは受身になっているので、侵害されるという意味ですね。violationで名詞です。

fines

罰金ですね。英会話を習いはじめて初級の方は、元気、とか大丈夫、に使われるfineと勘違いしないようにしてくださいね。友人同士の会話でも駐禁やスピード違反の話題などでたびたびでますよね。基礎英会話単語です。

 

classified as

~として分類される、という意味ですね。またclassifiedは名詞で広告という意味にも使われます。求人誌や、多くの情報を提供している情報サイトなどをclassifiedと呼んだりします。

 

discriminate

差別する、ですね。名詞はdiscrimination。look down on(見下す)、make fun of(ばかにする)などの表現もありますが、差別とは少し違いますよね。これは覚えておきましょうね。big wordです。

 

consenting adults

consentは同意する、したという意味で、同意した大人同士という意味になりますね。名詞はconsensus。日本語でもたまにコンセンサスをとる、なんて表現を使われている事がありますよね?いわゆるみんなの同意を得る、というニュアンスですね。

 

imprisonment

禁錮、懲役という意味ですね。prisonが入っているのでイメージがつきやすいですかね。

 

hanging

絞首刑。日本の死刑制度はこの形ですよね。ほかにstoning石投げの刑なんてのがありますね。どんな刑なんですかね。。

 

harsher

harshは厳しいという意味で、ここでは比較級を用いて、より厳しい制裁という使われ方をしていますね。苛酷なというニュアンスですので苛酷な訓練、トレーニングなどには最適な単語ですね。

 

call on

頼む、呼びかけるという意味ですね。

 

retain

保持する、維持するという意味です。

 

国が違えば法律も違う。国際化した今こういった話題も含め、国家間の調整は本当に大変ですね。

本日は以上です。

 

 

ザンビアの努力

こんばんは!

 

本日はVOA(Voice of America)からの記事です。素晴らしい素材に感謝です。

 

まずはこちらをどうぞ!

→VOAの記事へのリンクはこちら

 

※以下要約、並びに英単語、英熟語の解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

~要約~

ザンビア政府は国内への外国からの投資を積極的に受けられるよう動き出したと発表しました。

現在マイケル大統領のもと、積極的なビジネス投資を促進させられるための国内の環境づくりが実行されています。ロバート氏はアメリカのビジネスリーダーを訪問し、アフリカには巨大なビジネスチャンスがあることを説きました。

ロバート氏によると、政府もまた、ワシントン、LAなどのアメリカ国内の都市をビジネス誘致の目的で訪問したと述べています。

彼によると、小規模のビジネスから、インフラ整備をまでをサポートされる大規模のビジネスまであらゆるビジネスを誘致することが可能な環境があるとの事です。過去には政府機関との調整の困難さが問題となりましたが、政府はそれらの問題も解決の方向に向けて努力しているようです。

野党は今回の動きはあくまで政権維持のための国内へのアピール行為だと批判しています。

ロバート氏は、どのような投資を受けられるかはまだ分からないし、こちらがそれを決められることでもないと言っています。彼曰く、ザンビアはアメリカとの積極的なビジネスへむけての用意は十分にできているとの事です。

~要約終わり~

 

 

attract

魅了する、ひきつける、興味をそそらせる、という言い方ですね。名詞がattractionですね。

 

encourage

勇気付ける、励ます、助長する、後押しする、という意味ですね。彼が励ましてくれた、というニュアンスにも使えますし、今回のようによいビジネス環境を促進する、というニュアンスでも使える使い勝手のよい英単語ですね。
tremendous business opportunities

巨大なビジネスチャンスという意味ですね。opportunitiesは機会という意味でビジネス文書、英会話でも頻繁に用いられる単語です。Thank you for the opportunity(このような機会をいただきありがとうございます)、なんていうのは定番の表現ですね。

U.S. visit

アメリカ訪問、という意味ですね。visitを名詞として使っているんですね。Thank you for your visit.おたずねいただきありがとうございます、なんていい方もできますね。

 

aid

救助、補助、という意味ですね。

infrastructure

日本語で言われているインフラですね。アクセントはiの上です。

Opposition groups

野党という意味です。oppositionは敵、相手という意味で、形容詞のoppositeはtoと合わせて、opposite to、~とは反対に、という意味になります。

 

knowing in advance

前もって知るという意味ですね。前払いの事をpayment in advanceなんて言い方をしますね。

 

take advantage of

~を利用して、~を生かしてと意味になります。ネガティブな意味でtake advantage of 人、で人を利用する、なんていう使い方もよくされます。

 

ザンビアは比較的経済、政治の安定している国と聞いていますので、さらに発展が望めそうですね。

本日は以上です。

キューバ渡航制限解除

こんばんは!

 

今日はindependent.ie(アイルランド本社)からの記事です。素晴らしい素材に感謝です。

まずはこちらをどうぞ!

→independent.ieの記事へのリンクはこちら

 

※以下要約、並びに英単語、英熟語の解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

キューバの記事ですね。先日のサッカー選手の記事とは変わり、明るいニュースです。

~要約~

キューバは来年の1月から50年ぶりに海外への渡航規制を解除することになり、多くのキューバ人が自由な海外への渡航、又、本国への帰国を手に入れる事ができるようになりました。

キューバは1959年の革命によってカストロ政権がスタートした後、多くの海外への国民の流出を抑えるため、1961年より、現行の海外渡航規制をしきました。

共産党新聞によると、現在の複雑な渡航申請手続きを解除し、パスポートと渡航先からのビザ(必要なケースのみ)のみで海外へ渡航できるようになるとの事で、今回の変更は現在の国内情勢等を考慮したものだそうです。

しかしこれらもあくまで革命後の変化を修正する一部にすぎないとも言われています。

~要約終わり~

restrictions

規制、制限、制約という意味ですね。国家レベルの話になると貿易規制や、こういった渡航規制など、国レベルで多くの規制があり、英字新聞やニュースでも頻繁にでてくる英単語の1つです。

for the first time in 50 years

50年ぶりに、という意味ですね。timeを除いて、for the first in 10 years(10年ぶりに)という形でもいいますし、for the first in a whileにする事で、久しぶりに、という意味にもできます。これは是非使えるようになっていただきたい英会話表現です。

mass migration

massは巨大な、大量の、多くのという意味ですね。migrationは移住です。migrateは動詞で、移住するという意味ですね。日本のような単一民族国家に近い国ではあまり目にする事は少ないと思いますが、海外ではよく話題にのぼる単語ですね。

fleeing

fleeは逃げる、逃亡する、という意味です。freeとスペルが似ていますので注意しましょうね!特に英会話の中での発音には注意です。

 

letter of invitation

招請状という意味で、海外では渡航を目的とする国の企業や団体からこの招請状を受ける事でvisaのように出国を許可する事が多くあります。

 

adjusting it to

~に合わせて、~に調整して、~にちょうじりをあわせて、という意味になります。adjust to~で~に慣れる、という言い方もしますよね。

 

human capital

人的資源ですね。

take effect

実施される、という意味です。新しい法改正や、ルールなどが、~日付けで実施されるという定番の言い方です。

 

キューバもどんどん新しくかわっていきますね!

本日は以上です。

指導場所はお近くのカフェ(ご希望であれば生徒様宅、講師宅など)になります。
指定テキストを必ず購入していただく必要はございません。

無料体験レッスンに申し込む
03-6435-0076
pagetop