初心者からの日本人講師からはじめるマンツーマン英会話 東京 神奈川 千葉 埼玉
受付時間 毎日/9:00-22:00
03-6435-0076
無料体験レッスンに申し込む

英国でのtatoo人気

こんばんわ。

 

本日はIndependent News & Media PLC(アイルランド本社)からのニュースです。素晴らしい素材に感謝です。

 

まずはこちらの記事をどうぞ!

→Independent News & Media PLCの記事へのリンクはこちら

 

※以下要約、並びに英単語、英熟語の解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

~要約~

英国におけるタトュー店舗の数は、過去3年で2倍以上にも膨れ上がりました。

特にスコットランド、ロンドンエリアでの上昇が顕著であるとの事です。また、イースト・アングリアやウェールズ地方でもタトュー人気はうなぎのぼりとの事です。

ジェーソン氏は以下のように述べています。

「メディアや有名人、ファッショントレンドの影響によりタトューへの社会の認識が変わってきていることは、それによって現代社会のニーズに応えようとする起業家を生み出すよい効果をもたらしている」

~要約終わり~

 

いかがでしたでしょうか?

まず言える事はベッカム男前すぎですね笑。

重要な英語表現がたくさんありましたので、みていきましょう。

 

-has more than doubled

doubleは日本人の方はなんとなく2つという名詞的なイメージをお持ちかもしれませんが、2倍になるという動詞として使えるんですね。ほかには連番を言うときに形容詞としてdoubleをよく使います。55をdouble fiveなんていいますね。超基礎英会話表現です。

 

A study

研究、研究結果、という意味ですね。勉強する、という動詞だけでなく、studyはこんな使い方もできるんですね。A study shows・・(研究結果によると・・)は新聞等の英語では定番のくだりですね。

 

the biggest increases

最も顕著に伸びた部分、箇所、ポイント、という意味ですね。数字がつきもののビジネスにおいてはこのような表現は頻出ですね。TOEICなどでも頻繁にみられる英語表現です。

 

start-ups

ここでは新興企業という意味ですね。

 

as they respond to

~に応えるという意味ですね。シンプルに、質問に答えるという使い方もできますが、ここではdepmand of modern consumerを続け、現代の消費者ニーズに応えるという使い方をしていますね。これも新聞やビジネスでは定番の英語表現です。

 

ベッカムのタトューとてもかっこいいですね。

本日は以上です。

インドネシアの活火山

こんにちは!

このコーナーは英会話初級の方向けに、短い英字のニュース記事を読んでいただく事で、少しでも英字の記事に慣れていただき、普段の英会話トレーニングの刺激にしていただければと思い開設いたしました。

 

一緒に英語のリーディングトレーニングを楽しみましょう!

 

本日の記事はBoston Heraldからです。インドネシアの火山についての記事ですね。素晴らしい素材に感謝です。

まずは以下を参照してみてください。

→Boston Heraldの記事へのリンクはこちら

 

※以下要約、並びに英単語、英熟語の解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

~要約~

インドネシア北部の火山(ロコン山)が噴火し、周辺の村には火山灰などを含んだ泥の雨を降らせました。噴火した山から5km離れた場所からも噴火の音が聞こえたそうです。

ロコン山の噴火は今月に入り2度目だそうです。91年の噴火ではスイス人の当時山登りをされていた方が亡くなり、数千人の住民が避難しました。インドネシアは環太平洋火山帯にまたがっており、他国に比べて多くの活火山があるそうです。

~要約終わり~

 

いかがでしたか?この位の分量であればなんとか頑張って読めるのではないでしょうか?

英語的なポイントではおもしろい単語や表現が沢山でてきました。

 

erupt

噴火する、という動詞ですね。名詞はeruption。火山の噴火で使われる単語はこれを覚えておけばばっちりです。仮に火山(volcano)という単語が分からなくても、eruptで推測できますよね。

 

muddy

泥のついた、泥まみれの、という形容詞で、名詞はmudですね。怒るのmadと間違えないようにしましょうね笑。この単語も基礎英単語の一つですね。都会に住んでいる方であればあまり使わないかもしれませんが、砂利道なんかを歩く事が普通にある方であれば、生活の中で使う単語ですよね。

 

the sound was heard from 5km away.

5キロ先から噴火の音が聞こえたという文章ですね。音自体は自分で何かを聞いたりしないので、be動詞+受身の形で「音が聞かれた」という受動態になっていますね。そして5km away.これは便利な表現ですよね。距離+awayで(距離)先、という意味になりますね。

fromを後ろにもってきて5km away from ~、とすることで~から5km先という言い方もできますね。The house is 5 km away from this point(その家はこの地点から5km先にある)という風に。

 

犠牲者が少なる事を祈るばかりです。

ではまた次回!

 

指導場所はお近くのカフェ(ご希望であれば生徒様宅、講師宅など)になります。
指定テキストを必ず購入していただく必要はございません。

無料体験レッスンに申し込む
03-6435-0076
pagetop