新しいスニーカーの提案の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

スニーカーの記事のようですね。

 

 

 

 

ones

oneは1つ、という意味だけでなく代名詞で複数の意味にもできるんですね。学生時代にならったような習っていないような、、、というような具合の内容だと思いますが、意外と英会話の中では代名詞のoneは頻繁に使われるので意識しておきたいですね。会話の中で共通の理解があるものにthe one(s)と冠詞がつくのも注意して拾いたい所です。

 

athletic

スポーツマン的な言葉は英語では色々とありますが、最初に頭に浮かぶのはこのathleticという人は多いと思います。他には日本語でもしばしば使われるsportyという言葉もありますよね。日本ではあまり聞かれない表現としては、jockなんて言葉もあります。これはアメフト等いわゆる学校の華的なスポーツチームに所属してがっつりやっている人や、現役でなくてもそのメンタリティで日常的にがっつり運動している人などを指すような言葉です。

 

few are 

英会話の中でfewというと、few daysやfew minutesのように名詞の前に置く形でのみこれまで使ってきた、その使い方しかないと思っていた、という人、意外といらっしゃると思います。fewはそれ単体で名詞になる事ができます。同じようにsomeなどもそうで、 Some are~のようにできます。英語の勉強をするときに意識しておくべきことは、このように既に知っている、と思っている単語も、品詞が変わったり、自分が理解している意味とは少し違うような形でスラングで使われていたり、異なる登場の仕方をすることがあるという事です。1つの単語の使える幅を広げる事は実際の英会話にはとても大切です。

 

the reality is 

主語でこのような感じで使われる英文は英語の中では多くみられます。状況的な意味だと、The situation is~とそのままの言葉を入れてもいいと思いますし、少し変わった表現だとThe thing is~なんて言い方で、実は、要は、状況としては、のような感じで発言を始める事ができます。thingという言葉は英会話の中では本当に多く聞く超便利な事ですね。Things are difference hereなんていう言い方で、この国は(自分の国とは)色々と異なる、みたいにかなりざっくりとした感じでの表現に使えたり、The first(last) thing I~なんて感じで最初に(最後に)~する事、~な事、のような感じにしたり、何かのアクティビティや活動などに対してnot my thingなんて言い方で、自分が好きなものじゃない、自分はあまりそういうのは、、、なんていう風にしたりもできます。

 

a big hit

お決まりのフレーズとして覚えておくと便利ですね。a hitはヒット作を意味しますが、大ヒットならbig hitになるんですね。冠詞のaも忘れずに。bigは大きい、という意味の形容詞で日本では一般的に知られていますが、物が大きい、小さい、というニュアンスだけではなく色々な”big”があります。a big fanは大ファンです。背の高いファン、という意味ではないですね笑。またbig personalityなんて言い方で性格についても言えたりします。さすがに性格となれば、物の大きい小さいのbigとは違うな、、と想像がつきますよね。

 

素敵なシューズですね。

 

本日は以上です!