最先端の人工知能を使った戦闘機の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

オーストラリアの記事のようですね。

 

 

 

 

act as

actはactorのactで基礎英単語の1つだと思います。単語自体は知っているけど、会話の中でactを使う事はない、という感覚を持っている方は意外と多いと思います。演じる、という訳で理解すると、日常生活で”演じる”事は普通の人は少ないわけで、actを使う、事もない、という事になるのはもっともです。ただ、英語のactは俳優さん達のみに与えられた言葉ではなく、私たちの日常生活の中でも沢山使われます。振舞い、というニュアンスで一般的に使われ、He’s acting weirdなんて言うと、今日の彼、なんだか変だね。みたいに言えます。演技しているわけではなく、なんかいつもと違う感じの立ち居振る舞いならそれを表現するのにactでokですね。またぶりっ子しちゃってたり、多少なんちゃって、しちゃう感じもactを使えるケースはあります。acting outなんていう風にoutと一緒に使われるケースは多いです。

actはこの記事の後にinteractという言葉の中にも見られますね。接頭語interが意味するのは~の間のニュアンスなので、2者間で交わされる作用の感じが理解できると思います。

 

manned

manにedがつくのは何だか変な感じがするかもしれませんが、man自体は男性を意味する言葉だけでなく、mankind、人類のように、広い意味を持ちます。manpowerも男性の人材、という意味ではなく、女性も含めた広い意味での人材を意味する言葉です。

 

showed off

show offはお披露目する、という意味で使われる言葉ですが、自慢する、誇示する、というようなニュアンスにも使われます。ジャスティンビーバーのBeauty And A Beatの歌詞の始まりは、Show you off  Tonight I wanna show you off♪というので始まりますよね。これは彼女を自慢してやりたい!という感じのセリフで、show offの間にyouが入っていますね。

 

allows us to

allow A to do somethingの形はとても便利な表現だと思います。allowは許す、という風に日本語の訳を頭の中に入れていると、使われる範囲が限定されてしまいますが、~のおかげで~できる、というような広いニュアンスで解釈すると、例えばIt allowed her to learn more about herselfみたいに、彼女自身が自分をよく知るきっかけになった、的な感じの表現でも何も理解に苦しまないですね。許す、許可する、というような言葉をここに入れ込もうとすると、すこしぎこちない感じの訳になりますね。

 

high-tech

techという言葉は日常生活の中に沢山出てきますね。Fintech、Edtechなどの言葉はトレンドと言える言葉だと思います。techは勿論technologyのtechですが、techieなんて言葉で、技術に詳しい様子などを表現する事もできます。

 

すごい事ですね。

 

本日は以上です!