大都会近くの島生活の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

private island

なんとも素敵な響きですね笑。このprivate~はprivate jetやprivate beachなど日本でも一般的に使われる表現になっているので違和感はないと思います。名詞は勿論privacyですね。これも日本ではカタカナ言葉として浸透していると思います。I respected your privacyみないな感じで普通の会話の中でも沢山使えると思います。人気ドラマMad menでBettyがDonの過去を知って秘密の引き出しを開ける事を迫る時には、I respected your privacy too long. Open it.みたいにtoo longをつけています。

 

the deal

dealもまた日本ではカタカナ言葉として浸透している言葉だと思います。これはビジネス英会話でもお決まりの言葉だと思います。契約成立、約束成立、なんて意味で、dealと一言で済ませたりできますし、A deal is a dealなんて言い方で、約束は約束、みたいな言い方もあります。まあ色々と言い分はあるかもしれないけど、決めた事だから。みたいな感じで相手に言う事はありますよね。Here’s the dealなんて言い方で、物事の詳細を相手に説明する時の最初の決まり文句としてもよく聞かれますね。

 

self-sustaining

self~は自分自分でやる、できる何かを意味する言葉ですね。自習はセルフスタディなんて言い方でカタカナ言葉でも一般的に使われていますが、self taughtなんて言い方があります。teachとい単語を使っているのは面白いと思います。

 

can handle

handleは何かを処理できる、対処できる、という意味で使われる英単語で、日常英会話でもビジネス英会話でもとても多く聞かれる言葉の1つだと思います。カタカナ言葉のハンドルは車のハンドルという意味が日本ではまず最初にイメージされると思いますが、実際の英会話の中では、この何かを処理できるという意味でのhandleの方がよく使うと思います。車屋さんは別ですけどね笑。似たような表現としてはmanageなんかもありますね。カタカナ言葉ではマネージメントという風に名詞の方がよく使われると思いますが、動詞のmanageもまた実際の英会話ではよく使われます。

他には複数の物事を上手く処理するというような意味合いでjuggleなんて言葉もあります。ジャグリングの動詞がjuggleですね。under controlというような表現だと、上手く状況を処理できている状態を表現する言葉できます。

 

move on

前に進む様を表現するこのmove on。失恋の後に次へ向けて気持ちを切り替えたり、色々な事があった中で、次の一歩を踏み出そう、みたいな大きな区切りと言うか、動きを表現したい時に使える言葉ですね。似たようなもので、turn the pageなんて表現もあります。It’s time to turn the pageのようにして、潮時、今が変わる時じゃない、辞める時じゃない、節目じゃない、的な感じで使えます。

 

 

素敵な島ですね。

 

本日は以上です!