新世代の環境提言の記事に学ぶ

こんにちは!

 

本日はCNNからの記事です。

CNNの記事へのリンクはこちら

 

※以下解説はあくまで私の見解で書いているものであり、実際に執筆された方々の公式文章ではありません。

 

アメリカの記事のようですね。

 

 

 

 

mature enough

enoughは十分という意味で広く知られた言葉ですね。ただ最初に思い浮かべる使い方はenough money, enough peopleという形容詞で名詞の前に置く形だと思います。enoughはそのままの形で副詞にもなり様々な場所で使われます。good enough, bright enoughのようになんとなくプラスのイメージで使う感じがすると思いますが、bad enough、crazy enoughのようにその使われる方向も様々です。使い方次第ではちょっと皮肉っぽく使ったりもできそうですよね。

 

shamed

shameという言葉は恥、という意味でShame on you!はフレーズとして覚えている方も多いと思います。この後にはaccusedという表現で同じような場面の事を表現しています。言葉の意味は異なりますが、結果的には同じ事という感じです。ちなみにshameは恥という意味だけで頭に入れておくと、That’s a shameなんて表現を聞いた時に「え?」と思うかもしれません。これは「残念!」という意味で使われる表現で、仕事辞めるんだ、とか、忙しいからしばらく週末はここにこれないよ、みたいな時に、え~そうなの?すごく残念、みたいな時に言えるもので、相手に対して恥を伝えるものではありません。

 

future generations 

英会話の中では意外とこのfuture~という形で将来の何かについて表現する事は多いと思います。基本的になんとなくポジティブな感じのニュアンスで使う事が多いと思います。例えば今回はこの案件受けられなかったけどfuture opportunitiesがあればお願いしますね、みたいな感じですかね。futureなんて言うとなんとなくカッコいい感じがしますが、要は「次は出来たらお願い!」というような感じでもあるわけですが笑。

 

far more

farという言葉は距離のfarだけでなく程度の大きさを表現する意味としても使う事ができます。far more expensiveだと高すぎる!ですね。似たような言葉としてwayなどもあり、way too expensiveのように程度の大きさを表現できます。farという言葉は英会話の中では沢山使われる言葉の1つだと思います。物理的な距離以外の他の使い方としては、As far as I knowなどはお決まりの表現で、私の知る限り、という意味になります。大人の英会話では礼儀やマナーという意味でこの表現は場面に応じてしっかりと使いたいですね。他にもSo farは今の所、という意味でよく使われます。So far so goodは今のところ順調、という1つの表現として丸覚えいちゃうととても便利です。

 

never too small to

neverという言葉はこのようにビシッと決めるフレーズで使われる事が多いですね。その言葉の持つ強さがそうさせているんですね。ここではsmallが使われていますが、never too old to~なら、~するのに遅すぎる事はない、となりますね。Never say neverは諦めるな、とか、無理な事なんて1つもない、的な感じで使える表現です。

 

若い力はスゴいですね。

 

本日は以上です!