海外出張を上手く英会話レッスンに利用する

こんばんは!

 

 

暑い日が続きますね!

 

こうも暑い日が続くと早く秋にならないかな~、と思ったりもしてしまいますよね。

 

適度な暑さがいいですが、自然はそんなに甘くはないです笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さって、本日はアデュールの生徒様との会話の中ででてきた海外出張の話題について少し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの生徒様、現在英会話のレッスンを楽しく受けながら、頻繁に会社のお仕事で海外出張に出かけていらっしゃいます。

 

 

アジアが中心ですが、来週からはヨーロッパという事をお聞きしましたので、頻繁に海外に行かれるので英会話学習者という点から考えれば素晴らしい環境ですね、とお話していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際にこちらの生徒様もその恵まれた環境にはとても満足していらっしゃるようです。

 

そして海外出張の内容は市場調査であったり、現地の銀行や金融機関の人間との親交を深める、よい関係を築く、というもので、当然ビジネスにおいてはとても大事な内容で出られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、ビジネスマン達に多いスケジュールパンパンの弾丸ツアーではなく、かなり時間的な余裕があるようで、常に現地の観光、ショッピング、さらにゴルフまでゆっくり堪能して帰ってこられます。

 

 

これだけしっかり時間がとれれば、ゆっくりと自分の英会話能力を試しながら色々と感じる事ができると思います。

 

 

仕事にめまぐるしく追われる出張であればなかなか自分の英語に対して落ち着いて考える事もできない事もあると思いますが、そういった意味で英会話学習者の方からすると、とても羨ましいお仕事環境にいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ驚いた事に、実際に他の従業員の方の反応を聞くと、この生徒様の「優雅な」出張プランを羨ましいと思う方がほとんどいらっしゃらないようです。

 

それは彼らが英語が話せない事が大きな理由の1つらしいのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん~、そういうものなのですかね笑。

 

と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語がなかなかうまく話せない方、英会話を習おうと思ってもそこまでふんぎりがつかない方には是非、可能であれば海外にいく機会をたくさん持っていただきたいと思います。

 

 

そこでは色々な事を経験し、そして必ず英語を話せるようになる事の価値の大きさを見出すことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはすでに英会話学習者の方であればとても大きなモチベーションにつながりますし、これからはじめる方々にも大きな夢、目標を与えてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の生徒様はこの環境をうまく利用し、積極的に社内でこのようなお仕事に手を挙げて出られています。

 

 

 

素晴らしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際にその積極性はレッスンにもとてもよくみられるようで、分からないところをしっかりと聞く、

 

自分が見聞きする英語で、理解が難しいところを徹底して理解しようとする、

 

 

そのような姿勢を貫いていらっしゃるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある時は文法的な質問かもしれませんし、ある時は発音、そしてある時はそもそもなぜこの表現はダメなのか、という事から話がはじまることもあるようで、その積極性は英会話上達にはとても大きな役割を果たしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうやって自分で学ぶべきことを自分からみつけ解決しようとされる方は、当然自分の英会話力の成長に貪欲ですので、自分の弱み、強みをつねに意識されています。

 

だからこそ、そこの成長を普通の人よりもハッキリと実感する事ができますし、そこをしっかりと意識してみることができるから、また次のレッスン、次の学期の目標設定ができていくわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともとしっかりとご自身でモチベーションを管理できる方ではありますが、出張など自分が利用できる環境を積極的に利用するこちらの生徒様のこういった姿勢に本日はとても感心しました。

 

 

 

 

また今後のこちらの生徒様の成長がとても楽しみです。

 

 

本日は以上です。

 

 

海外の学会参加を機に

こんばんは!

 

 

暑い日が続きますね。

 

そんな時は、夏バテ対策!これに限ります。

 

 

 

 

 

私の今年の武器はGel Mat。夜の寝苦しさを解消してくれます。

 

寝る前のひんやりした感覚はなんともいえず、ついうっとりしてしまいます。

 

食事、睡眠、運動のバランスは人間にはやはり大切ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今日の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様は現在日常的に常に英語を必要とされているお仕事ではないものの、有名な医療機関にお勤めで、全国から色々な感邪魔様が来られるという事で、その中に外国人の方も少なからずいらっしゃるという事でした。

 

このような状況、そして近く海外で開かれる学会に参加されるという事を機に、今回アデュールで英会話レッスンのお申込をしていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学会での英語、すごい響きです。

 

ただ、今回こちらの生徒様が論文を発表されるという事ではなく、あくまで学会に参加されるだけという事でしたが、やはり海外に行くにあたって最低限のコミュニケーション能力は備えておきたいという事で今回の判断にいたったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年ご自身で個人的に英語学習に取り組んでいらっしゃるものの、お忙しい事を理由になかなか継続的な学習ではなく、途切れ途切れになってしまっている学習スタイルがこの過去数年だったようで、今回は、スクールに通う事でその負の連鎖をとめようという意識も持っていらっしゃったようです笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回アデュールでの日本人講師を希望されたところには、スピーキングの強化という視点から、アウトプットの量と、その細かい修正に必要なスタイルを考えた時に、日本人英会話講師によるトレーニングにメリットがあると考えられたようです。

 

なかなか自分の伝えたい意思がしっかりと表現できなかったり、それを細かく修正してくれる事を期待しにくいというのが外国人講師へのイメージのようで、実際にそのような事を経験されもしたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人の心は日本人が一番分かる、という事なのでしょうか笑。

 

 

本日帰りの電車で黒人さんが電車に乗っていて楽しそうにメールをみていらっしゃるところをみて、彼氏とのメールか、友人とのメールかはわかりませんが、肌の色が違ったり、国が違えと、結局は同じ様な事で笑い、同じ様な事で悲しみ、同じような所に泣く、同じ人間なんだな~、と強く感じていました。

 

 

 

 

 

が、これが英会話初級の方にはそう思えないんですね笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは直接の会話で全てが通じ、全てを理解できるような感覚を何度も経験しないと、まだまだ外国人という方々が、自分達とは全く別の人達で、あたかも宇宙人かのように頭の中はどのような構造になっているのか、全く検討がつかない、そんな感覚に陥りやすいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶっちゃけどうなの、という話をみっちりできた経験がない場合、言葉の裏や青い目の先に何を考えているのか、少し不安になるものです。

 

誰だってそうだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

だから日本人、というわけではないですが、言葉の真意、微妙なニュアンスというのはやはりしっかりと聞ききりたい、と思うニーズは確かにあると思います。

 

 

 

 

本日の生徒様は普段からしっかりとご自身で学習されているだけあって、初級申告にも限らず、提携のフレーズはすんなりと口から出るようになっていらっしゃいますし、日常的にたくさんの英語を聞くようにされていらっしゃるのでリスニングの基礎の力もしっかり備えていらっしゃいます。

 

 

あとはご自身の基礎の力をスピーキングにどれたけナチュラルに落とし込んでいけるか、ここが一番の課題です。

 

 

 

 

 

基本は楽しく、かつしっかりと力になるレッスンにしていただきたいと思います。

 

 

本日は以上です。

 

 

学生時代の英語論文と向き合った経験。

こんばんは!

 

 

暑い日が毎日続きますね。

 

今週はまた一段と暑くなるようですので、皆様体調など崩されません様、ご自愛ください。

 

 

 

 

と私自身自分にもいいきかせつつ笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は今日の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

 

こちらの生徒様、現在自営業の生徒様で、英語に直接関係のあるお仕事ではないものの、将来的にビジネスにも活かせる英会話を、と考え今回アデュールでお申込いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、こちらの生徒様に驚かされたのが、学生時代にかなり英語に時間を費やされていたようで、ご自身でもおっしゃっていましたが文法的菜ところであったり、基本的なボキャブラリは全く問題ない、という事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その素地をつくられたのは大学受験、そして学生時代の英語の論文のよみこみと、さらにご自身で英語論文を書かれていたこと、そしてなんと、学会などで英語でプレゼンなどもしていた、という事で、そこからかなりの力を蓄えられたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ではなぜ今回英会話?という事なのですが、

 

 

こちらの生徒様いわく、受験や学生時代の論文など、99%が座額であり、相手を置いた対話ではなかったため、会話は全くもって自信がないという事でした。

 

論文も結局は書き物で、会話には活きてこない部分も多く、そのあたりをご自身の課題ととらえていらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素晴らしい事ですね。

 

 

文法や細かい英文の構成などは特に時間を割いていただかなくて結構です、と自信を持っていえるコチラの生徒様はかつ発音矯正などを含めた徹底的な会話中心レッスンですすめていただく事になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に本日担当講師に様子をうかがうと、英会話を習い始めの生徒さんと考えればやはり文法、ボキャブラリ、リスニング、さらにスピーキングまでとてもバランスがとれているという事でした。

 

学生時代のプレゼンはあくまで準備したものをそのままやっていくという事で、特に会話に活きてくるようなものではなかった、とはおっしゃっていましたが、それでも確実にその成果は会話の中に出てきているはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に声に出して行うトレーニングで会話に活きてこないトレーニングなどないのではないでしょうか。

 

何度も何度もプレゼンのデモをすること、これはまちがいなく色々な部分でこちらの生徒様のスピーキング力向上に役立ったはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の体験レッスンの中では講師は以上のようにかなりの基礎英語力をこの生徒様から感じましたが、あえていうなら、表現が「固い」と言ったところでしょうか。

 

 

やはり書き物、論文などの読み物中心に英語に触れてこられてきただけあって、そこはどうしようもない事ではあると思います笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

英会話、特に日常会話はやはり表現の柔らかさ、かつ多少のスラングも交えた会話はあったほうがナチュラルな場面も多いと思います。

 

 

汚い言葉を使うというわけではないですが笑。

 

 

 

 

 

 

 

ネイティブに英文を書かせたとき時と読ませたとき、そこに大きな違いがみえるのが、実際に話すという事が読み物とは違うという事を知らせてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

論文は読めても会話はできない。

 

 

このような声は実際には学生時代に研究に取り組んでいらっしゃった方も社会人になっても研究職についていらっしゃるような方からは非常によく聞く言葉です。

 

 

 

 

 

 

 

 

基礎がしっかりしていらっしゃるこれらの生徒様ですので、しっかりと会話に時間をとっていただくことで、一気に飛躍していただけるのではないかと思います。

 

今後のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です。

 

 

英検3級合格の達成感!

こんばんは!

 

 

本日も嬉しいご報告を!!

 

アデュールの生徒様、まずは英検3級を、という事で今月頭に2次試験を受けられた方が無事合格されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぱちぱちぱち~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素晴らしいです!!

 

こちらの方は2次試験の後にも面接の様子や感触を聞いていたので、合格は内心確実かな、と思っておりましたが、やはりやっていただきました!

 

 

 

無事合格されたという報告を講師から聞き一安心です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで地道にレッスンを続けてこられ、会話を中心としたレッスンを取り組まれてきたものの、何かしら成長の基準になるようなもの、という事で英検、TOEICを目指されるようになり、今回がそのはじめての試験でした。

 

 

 

TOEICも考えられたようですが、まずは英検、という事ではじめていただいた今回のテスト。

 

 

 

 

 

 

 

一次試験終了時はなんとかの合格ラインだったようで、本人もラッキーでした、という様子でしたが、2次試験はかなり余裕の感がありました。

 

 

ネイティブの早い英語にはまだまだついていけない、とおっしゃっていたものの、1つづつ、確実にレッスンをこなされ、力がついてきていらっしゃるのが講師からもしっかりとみえていたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英検対策に入るまでのこちらの生徒様の勉強方法は、バイリンガル版の漫画をメインに使うというものでした。

 

 

ふざけていると思われるかもしれませんが、本気なんですね。

 

 

それでしっかりと力をつけていらっしゃるのですから、素晴らしいことです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然先生とただ一緒に本を読んでいくというだけの形ではなく、その中での表現の応用や発音指導、そして文法や、別素材を利用した文法項目の集中トレーニングというものも中には入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本スタイルはマイペースで楽しく、という方ですのでこの方法がとても合っている様で先生と楽しくここまですすめてこられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイリンガル版の漫画はなかなかおもしろいです。

 

1度読んだことがあったり、好きな漫画だったりするとストーリーを覚えているので日本語訳をみずに英語をみるだけでそのシーンで言っている事がわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして絵がついているので、その表現の使い方、タイミングなどがとてもリアルに想像でき、実はバイリンガル版の漫画はとても素晴らしい英会話素材になるんですね!

 

 

 

今では定番のどらえもん、サザエさん、GTOなどだけではなく、数々のシリーズが刊行されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の漫画は世界に誇れるものです。

 

世界の漫画と絵のクオリティを見比べると一目瞭然です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本びいきというわけではありませんが、やはり日本の漫画は素晴らしい!といわずにはいられません。

 

 

 

老若男女で楽しめる日本の漫画、そのバイリンガル版を英会話レッスン素材に使うなんて、とてもよい発想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の生徒様は英検3級合格を足がかりに、また次にステップを目指されます。

 

 

 

テストの緊張感はムズムズしたもので、好きになれない方も多いと思います。

 

でもクリアしたときの達成感は何物にも変えがたいですし、また資格試験であれば、それが自分の実力として公的に証明できるものになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英検はTOEICのように期限もないため、1度とれは自分の一生の資格として保持する事が可能です。

 

 

とったら終わりでなく、継続的に英会話にはのぞんでいただきたいですが、資格試験取得の喜びはやはり英会話学習のモチベーション維持の1つになり得ます。

 

 

まだ受けた事がない方は是非1度ご検討なさってください!

 

 

本日は以上です。

 

 

お盆休みのお知らせ

弊社では、下記期間、夏季休暇(お盆休み)とさせていただきます。

 

2013年8月16日(金)~18日(日)

 

皆様には大変ご不便おかけいたしますが、何卒ご了承の程よろしくお願いいたします。