お土産物屋さんでの英会話

こんばんは!

 

 

8月最終日に暑い夏が帰ってきましたね。

 

これが夏!いわんばかりの暑さ。正々堂々と立ち向かってやる!と思ってもやはり暑いものは暑いですね笑。

 

皆様、体調管理万全になさってくださいね。

 

 

 

 

さて、本日は今日の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

 

 

こちらの生徒様、現在お土産物屋さんを経営されていらっしゃる生徒様。

 

当然、外国人観光客の方が日々いらっしゃり、英会話は必須な状況という事で、今のとりあえずなんとか最低限のやり取りができるレベルから、自分から提案、更にお客様の細かいニーズを聞きだせるだけの力を備え、よりよい接客ができる事を考え今回お申込いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがは経営者。

 

湧き出るパワー、オーラが違いますし、the・商売人という雰囲気も醸しだされていました笑。

 

当然いい意味ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際にお土産物屋さんという事で、国籍を聞いてみると、意外とアジアだけでなく、ロシア、インド、中東、ヨーロッパ、当然アメリカやオセアニアまで幅広い国、地域からいらっしゃるようです。

 

これはかなりグローバルなお仕事をされているなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスの世界で英語を使う人も、その中には特定の顧客とのみの英語という場合がよくあります。

 

また、クライアントではなく、あくまで社内ミーティング、本社とのテレカン、又は本社スタッフが日本法人に訪れたときのみ、など話す相手が限定されているケースは本当によく聞きます。

 

当然それでも英語を話すわけで、状況はとても大変なのですが、本日の生徒様のように、毎日違う国、地域の方と、しかも新規の相手と話すというのはなかなかチャレンジングなお仕事です。

 

 

 

 

 

 

 

目の前のものを売るという事で、その行為自体を完結する基本表現というのはある程度形が決まっていると思います。

 

しかし、実際にはお客様と色々な話をゆっくりできるだけの時間や、タイミングがあったりするそうです。そうなってきくるとかなりの会話力が求められます。

 

また、ビジネスシーンではない為、相手のお客様は完全にオフモード。会話もかなりカジュアルで、逆に言っている事がスラングが混じりすぎて分かりづらい、なんて事も想像できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、英語を第一言語とする国以外の国からですと、アクセントに苦戦する事はよくあります。

 

インドやシンガポールの方の英語なんていうのは結構クセがあるというのは有名ですよね。

 

実際にかなり英語のリスニングに自信がある方でも、はじめて聞いた時は、本当に

 

 

「??????」

 

 

 

と、なるものです。その他中東やアフリカ諸国などその国々の言語のアクセントが混じり、第二言語同士で分かりやすい場合もあればそうでない場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなチャレンジングな状況にいらっしゃるこちらの生徒様。

 

本日担当の講師からの評価は全体的なスキルのバランスがとてもとれていた、という事でした。

 

一定スピードで自分の思った事がしっかりとした文章で組み立てる事ができ、またそれに対して答えた相手の英語もある程度は聞き取れ、目だって会話の中で決定的な弱さはなかったようです。

 

発音も当然日本人特有のアクセントではあるものの、外国人の伝わる発音でしっかりと話されていました。

 

 

 

 

 

 

今後のポイントは全体的な底上げと、ボキャブラリの強化、ここに限ると思います。

 

流暢さも、発音も、リスニングも、そして組み立てる文章の複雑さも、さらなるステップアップが可能です。

 

 

 

 

 

ボキャブラリは絶対にまだまだ欲しいところです。

 

実用的なところからまずは攻めていっていただきたいです。

 

 

 

 

とてもパワーのあるこちらの生徒様。

 

今後のご活躍が楽しみです!

 

 

本日は以上です。

 

 

親善大使になる為の英会話

こんばんは!

 

明日で8月も終わりですね。

 

暑いだけの思い出の方、海や山、川など沢山の思い出を作られた方、色々な方がいらっしゃると思います。

 

また来月も1日1日、素晴らしい日になるといいですね!

 

 

 

 

 

さて、本日は今日の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

 

こちらの生徒様、現在会社勤めをされていらっしゃり、普段の業務では英会話は全く必要ないのですが、生涯学習の1つとして英会話をはじめられることになり、今回アデュールでお申込いただきました。

 

数十年英語学習から離れていらっしゃいましたが、ふと英語の魅力に改められて気付かされ、この長期のブランクを経て、ついにレッスンをはじめてみようと決断されたようです。

 

大きな決断ですね。また、こちらの生徒様の人生の大きな転機でもありますので、全力でサポートさせていただきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、そんなこちらの生徒様、具体的に生涯学習という事ですが、何か英語を使う場所も想定されていらっしゃるのかなと思いお話をお聞きしたところ、なんと!!!!

 

 

現在お住まいのエリアが外国人環境客が多くいらっしゃるエリアなのですが、そこでその外国人環境客の方々により日本を、そのエリアを楽しんでいただけるよう、エリアを代表する~親善大使になりたい!という事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

いや~、素敵です。素敵すぎます!

 

 

大きい夢を聞くとこちらもよし、一緒に走り抜けましょう!という気持ちになります。

 

日本は本当に魅力的な国。

 

これは日本人だから言っているのではなく、他国をみて素晴らしい点を感じつつも、やはり日本は他国にない素晴らしい点がたくさんありますし、人間の幸せの根幹の部分が見出せる、そんな場所なのではないかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの生徒様もそのような思いから、英語を使って親善大使になる事を考えられました。

 

もうその時点で私の目にはその生徒様が冠をかぶって親善大使として表彰されていらっしゃる光景が想像できました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語の魅力はなんといっても、ツールであって、そのツールを得ることで、色々な経験、チャンスをつかむことができるんですね。

 

いうなれば、「夢の世界への切符」です。

 

夢の世界には色々なものが待ち受けています。そこで何をするかはあなた次第。でもそもそもその世界に入らないと話にならないから、切符が必要なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日担当した講師のフィードバックでは、発音、ボキャブラリの集中的なトレーニングが必要だと判断していました。

 

文法は数十年前の記憶にも関わらず、比較的感覚的に覚えていらっしゃったので、スタート段階で集中的にという感じではなく、まずは基本表現からしっかりとおさえこむことが必要になります。

 

大使への道は険しいものです笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英会話初級の方に共通すること、それは圧倒的なボキャブラリの強化が必要、という事です。

 

ライティングスキルや文法スキル、発音トレーニングなど、英語のトレーニングは色々あります。

 

ただ、それらは全て圧倒的なボキャブラリの数があれば、かなりの確率でサポートできてしまうものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初はちょっと疲れますが、まずは超基礎英会話を形成するナチュラルな基礎英単語からしっかりと入れ込んでいただきたいと思います。

 

そこを突破口に、これからも頑張っていただきたいと思います。

 

 

 

親善大使という大きな夢、全力でサポートさせていただきたいと思います!

 

 

本日は以上です。

 

 

スピーキング中の瞬発力を鍛える英会話

こんばんは!

 

涼しい=幸せ、という方程式。

 

 

そんな事を日々感じさせてくれるようになりましたね。

 

あの悪夢の酷暑を思いだすと、どれだけこの涼しさが素晴らしい事か。皆様、あの時の疲れがどっと出ないようにお気をつけくださいね。

 

 

 

 

 

さて、本日は今日の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

 

こちらの生徒様、現在育休中でお仕事をお休みされており、その空いた時間を有効に使おうという事で今回アデュールでの英会話にお申込いただきました。

 

 

空いた時間の有効活用、素晴らしいですね。

 

 

 

 

 

 

今回こちらの生徒様が英会話をはじめられる事になったきっかけは、外資系企業でお勤めで、今後英語を使ったやりとりが一層増えてくる、という事で、育休あけの負担を少しでも減らそう、という事でした。

 

確かに、1年間のお休みあけ、さらに慣れない英語でのプレッシャー、というのはかなり厳しい環境だと思います。

 

少しでも負担を和らげておきたい、というのは自然な発想ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、こちらの生徒様ですが、実はこれまでも英会話を継続されていらっしゃり、外資系企業だけに、会社内でも英会話のトレーニングが受けられるプログラムがあるようで、英会話漬けの毎日を過ごしていらっしゃいました。

 

 

でも、なかなか言葉が思ったようにでてこない。。。

 

これがこちらの生徒様の現在の正直な感想です。

 

 

 

 

 

 

 

旦那様もまた別の外資系企業にお勤めで、旦那様からは「もう英語諦めたら?」とまで言われるようですが、ここまでやってきたんだから、という気持ちが拭いきれず、継続されてきました。

 

そのように辛い期間を過ごしていらっしゃる生徒様の悩みをどうにかブレークスルーさせていただきたい、とお話を聞きながらとても強く感じました。

 

 

 

 

 

今までの英会話レッスンの内容と、生徒様の求められる事を聞く中で、ミスマッチ、今後必要な施策はハッキリとしてきました。

 

特にスピーキングに力を入れたいという生徒様ですので、ここの部分の特訓は必須です。

 

 

 

 

 

 

 

今後も今までの英会話レッスンは継続されるようですが、アデュールでのレッスンにしっかりと意義を見出していただけるよう、全力を尽くしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

本日の担当講師のフィードバックでは、生徒様がある出来上がった完璧な文章に固執されていらっしゃるというところがあったので、そこを違う表現で対応していく力が求められるという事を言っていました。

 

 

 

 

 

 

 

英会話でスムーズなスピーキングができるかどうかは、実はこの「言い換え」がとても大事で、違う言い方でいうと「発想の転換」とも考えられます。

 

例えばプレゼントを上げるシチュエーションを、あげる人からの視点(その人を主語にする)のと、もらう人の視点(もらう人を主語にする)では、文章が異なります。

 

でも、伝えたいメッセージは同じ事ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

日本語でも、そのシーンで、人によっては、Aさんが私にプレゼントをくれた(Aさんが主語)、と私はAさんにプレゼントをもらった(私が主語)と言う人によって言い方は異なりますよね。

 

英語でも同じ発想です。

 

 

 

そして、母国語であれば、どちらでも使い分けられるわけですが、第二言語として学ぶ英語はそこまで器用な事はできないかもしれません。

 

だから逆にこの視点の転換を使っていってみるわけです。

 

 

 

Aという言い方がわからなければ、Bという言い方で言おう、という柔軟な発想、思考の転換が第二言語として英語を学ぶ私達には必須のスキルです。

 

それは文章に限らず、名詞でもあってもそうです。

 

「洗剤」という英単語がわからなければ、「洗濯する時に入れる液体」、と言えば、ネイティブは「あ~洗剤の事ね」となるわけです。

 

 

自分がわからない表現があれば、違う発想で相手に伝える、この視点の切り替えができれば本日の生徒様のようにしっかりとこれまで勉強されてきた方であれば、すぐにスピーキングの瞬発力はつくはずです。

 

 

 

今後の生徒様のご活躍に期待です!

 

 

本日は以上です。

 

 

文章組み立てに自信が持てない英会話

こんばんは!

 

 

涼しい日は生きる喜びを素直に感じられますね~!

 

首都圏は今日も比較的涼しく、本当にやっと一息、という感じですね。

 

 

もう暑い日はいらないという事をお天道様にしっかりとわかってもらいたいです。

 

 

 

 

 

さて、本日は今日の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在超お忙しい会社でお勤めされていらっしゃり、1年に1回海外旅行でリラックスされるというサイクルを作っていらっしゃり、現地での自分の英会話能力に嫌気が差し、今回アデュールでお申込いただきました。

 

 

 

 

 

 

今現在ご自身が課題として考えていらっしゃるところは、「思った事が言葉になってすぐに出てこない」という事でした。

 

これは帰国子女を除き、どんな英会話学習者の方も絶対に最初は経験されていらっしゃるはずですよね。

 

 

 

 

 

 

そこのスピード感のなさ、そして文章の組み立てが上手くいかない事にもどかしさを感じる、それが英会話学習のスタート段階です。

 

そもそも何を言えばいいのかわからないステージから、基本的な挨拶やちょっとした自己紹介くらいはすんなり言葉がでても、それ以上の会話になった瞬間に一気に会話のスピードが落ちる、ある程度の会話は大丈夫だけど、超早い会話の中ではやはり少し自分の文章組み立てのスピードが遅いことが気になる、など、成長段階によって、その悩みは少しづつかわっていくものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの生徒様はとりあえず自己紹介など簡単な内容での会話はまずOK,という事で、そこから踏み入った会話に入るとなかなか会話が難しい、という事でした。

 

 

 

まだまだ会話慣れされていない方の典型ですね。

 

 

 

 

まず、このステージで必要なのは会話量をたくさんとり、そして実際に講師、ネイティブが話しているリアルな英語を聞き、そこから頻繁に使われているような英単語、フレーズなどを「盗みまくる」事が必要です。

 

 

 

 

 

それは当然莫大な数にはなりますが、英語の参考書を開幕ってそれを片っ端から覚える事に違和感を感じる方は多いと思います。

 

その最大の理由は、

 

「本当にこれネイティブ使うの?」

 

と思ってしまうからだと思います。

 

 

 

 

 

人にもよりますが、「これは実際に講師やネイティブが会話の中で使っていた」というものでないと実際の会話の中で使う事に自信を持てない方は多いと思います。

 

自信を持った表現しか実際にはアウトプットする自信がなく、結局はどんどんインプットが増えていく、という事ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の生徒様もこのような視点でお話をされていらっしゃいましたのでズバリだと思いますが、

 

好きな外国人アーティストのインタビューや海外とトーク番組、ドラマや映画は設定により日常英会話、現代の英会話とは異なるものの可能性はありますが、それでも会話の中で実際に使われているという意味では自信は持てるはずですので、これらの素材をベースにトレーニングをされることが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

日本にいるとなかなか生の会話の時間を取る事ができないですし、そしてこの初級レベルの方はアウトプットも大切ですが、莫大な量のナチュラルな英会話表現のインプットが同時に必要になります。

 

 

自信をつけてアウトプットできる!と思える素材をベースにどんどんレッスンの中でアウトプットをしていただき、それに対して講師から修正を受ける、そんなレッスンを意識して今後もこちらの生徒様には頑張っていただきたいと思います。

 

 

本日は以上です。

 

 

ヨーロッパ転勤に向けての英会話

こんばんは!

 

日中は少しまだ暑さが残りますが、首都圏は朝晩、非常に過ごしやすくなりましたね。

 

感激!の一言です笑。

 

宅急便屋さんや現場系の方を思うと本当によかったです。

 

この前までの暑さは以上でしたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は今日の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、お仕事でヨーロッパに頻繁に行かれており、なんと、今年度末から海外転勤がほぼ決まりそう、という事で今回アデュールでお申込いただきました。

 

 

 

 

 

 

目標が定まっている方の目つきはやはり違います。

 

やらなければ、という姿勢と意気込みが強く感じられるんですね。

 

 

 

 

迫られたあの状況では色々な事がスポンジのように吸収されるので、学習者としての環境としては最強の状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

色々お話を聞いておりましたが、確定はしていないものの、ヨーロッパ転勤はほぼ確実のようで、現地での新しいオフィスの立ち上げメンバーになられるようで、それに向けて秋にもまた視察に入られるようです。

 

 

これまでも、海外転勤を見据え個人的にレッスンを受けたり、英会話スクールに通ったり色々な形で英会話に時間をかけてこられました。

 

 

きっとこの努力が認められ今回のヨーロッパ立ち上げメンバーになられたのだと思います。

 

 

 

 

 

素晴らしいですね。

 

英会話レッスンに今求める事はとにかくスムーズな会話のテンポを維持できること、という事でした。

 

学習意欲が高く、色々な英語に触れられているのですが、まだ会話の中で1度日本語で考えてから英語に変換する作業も少し入っているのかな?と思わせるような感じで、ご本人もそこは認めていらっしゃいました。

 

 

 

 

もともととてもしっかり考えてから話されるタイプのようで、そんなにテンポよくスピーディーに話される方ではないようですが、それでもそこに日本語→英語という翻訳が入ってしまえば、さらにテンポは遅れてしまいます。

 

海外転勤ならまだしも、現地での立ち上げメンバーで、やる事は新しい事ばかり、色々な困難が待ち受けているはずです。

 

 

そういった意味で、自分のペースでゆっくり閑雅ながら話すのではなく、ある程度スピーディーに物事をすすめていく上でも会話のスピード感を求められるような状況もでてくるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

行くまでにはとりあえず回数をこなしたい、という事で、結局は場数がものをいうのかな、と感じています、とおっしゃっていました。

 

場数は英会話力をつけるには必要な要素の「1つ」です。

 

でもやみくもに場数をこなせばどうにかなる、というものでもないのも事実です。社会人になってからの英会話は、子供のように脳や筋肉の成長段階とは異なり、また違ったアプローチが必要になってきます。

 

その中でいかに場数を効率よくこなしていくか、ここに焦点をあてていただきたいと思います。

 

 

 

 

海外に長期でいらっしゃったこともあり、基本の文法やリスニング、自分の意図を伝えるというところはおさえていらっしゃるというコメントを残していました。

 

日本語→英語の変換を極力なくすこと、そして細かい部分ではin/on/of/forなどの前置詞の使いわけ、という指摘もありました。

 

 

 

 

細かい部分ですが、ここは日本人英会話学習者が苦手とするポイントの1つです。

 

熟語単位でおさえておくのが、まずはある程度のボリュームを確保するうえでは効率的です。

 

 

あわせて前置詞それぞれの機能、意味を理解しておけば、さらに効果は増すはずです。

 

 

 

目標がしっかり定まっていらっしゃる生徒様なので、今後はバシバシレッスンをこなしてもらいたいと思います!

 

本日は以上です。