海外の学会参加を機に

こんばんは!

 

 

暑い日が続きますね。

 

そんな時は、夏バテ対策!これに限ります。

 

私の今年の武器はGel Mat。夜の寝苦しさを解消してくれます。

 

寝る前のひんやりした感覚はなんともいえず、ついうっとりしてしまいます。

 

食事、睡眠、運動のバランスは人間にはやはり大切ですね。

 

さて、本日は今日の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様は現在日常的に常に英語を必要とされているお仕事ではないものの、有名な医療機関にお勤めで、全国から色々な患者様が来られるという事で、その中に外国人の方も少なからずいらっしゃるという事でした。

 

このような状況、そして近く海外で開かれる学会に参加されるという事を機に、今回アデュールで英会話レッスンのお申込をしていただきました。

 

学会での英語、すごい響きです。

 

ただ、今回こちらの生徒様が論文を発表されるという事ではなく、あくまで学会に参加されるだけという事でしたが、やはり海外に行くにあたって最低限のコミュニケーション能力は備えておきたいという事で今回の判断にいたったようです。

 

毎年ご自身で個人的に英語学習に取り組んでいらっしゃるものの、お忙しい事を理由になかなか継続的な学習ではなく、途切れ途切れになってしまっている学習スタイルがこの過去数年だったようで、今回は、スクールに通う事でその負の連鎖をとめようという意識も持っていらっしゃったようです笑。

 

今回アデュールでの日本人講師を希望されたところには、スピーキングの強化という視点から、アウトプットの量と、その細かい修正に必要なスタイルを考えた時に、日本人英会話講師によるトレーニングにメリットがあると考えられたようです。

 

なかなか自分の伝えたい意思がしっかりと表現できなかったり、それを細かく修正してくれる事を期待しにくいというのが外国人講師へのイメージのようで、実際にそのような事を経験されもしたようです。

 

日本人の心は日本人が一番分かる、という事なのでしょうか笑。

 

本日帰りの電車で黒人さんが電車に乗っていて楽しそうにメールをみていらっしゃるところをみて、彼氏とのメールか、友人とのメールかはわかりませんが、肌の色が違ったり、国が違えと、結局は同じ様な事で笑い、同じ様な事で悲しみ、同じような所に泣く、同じ人間なんだな~、と強く感じていました。

 

が、これが英会話初級の方にはそう思えないんですね笑。

 

それは直接の会話で全てが通じ、全てを理解できるような感覚を何度も経験しないと、まだまだ外国人という方々が、自分達とは全く別の人達で、あたかも宇宙人かのように頭の中はどのような構造になっているのか、全く検討がつかない、そんな感覚に陥りやすいものです。

 

ぶっちゃけどうなの、という話をみっちりできた経験がない場合、言葉の裏や青い目の先に何を考えているのか、少し不安になるものです。

 

誰だってそうだと思います。

 

だから日本人、というわけではないですが、言葉の真意、微妙なニュアンスというのはやはりしっかりと聞ききりたい、と思うニーズは確かにあると思います。

 

本日の生徒様は普段からしっかりとご自身で学習されているだけあって、初級申告にも限らず、提携のフレーズはすんなりと口から出るようになっていらっしゃいますし、日常的にたくさんの英語を聞くようにされていらっしゃるのでリスニングの基礎の力もしっかり備えていらっしゃいます。

 

 

あとはご自身の基礎の力をスピーキングにどれたけナチュラルに落とし込んでいけるか、ここが一番の課題です。

 

基本は楽しく、かつしっかりと力になるレッスンにしていただきたいと思います。

 

日本人講師に習うメリットはこちらにまとめていますので、是非ご参考になさって下さい。

 

 

本日は以上です。