NPOを通じて途上国の子供たちと文通する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

東京にも雪が降り、今日の夜は都心でも本当に凍るような寒さですね。

 

明日の朝が心配です。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在介護関係のお仕事をされていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、お仕事とは関係なく、現在海外の貧しい子供たちを支援するNPOに寄付をされていらっしゃり、その寄付先の子供たちと手紙で文通が出来る為、その手紙を英語で書いてみたい、という事でした。

 

現地の言葉にその手紙が翻訳されるようではあるのですが、それでも日本語と現地語の間に英語が入っての翻訳というような仕組みのようで、英語で書ける方がより意図が伝わりやすいかなという事をお考えのようです。

 

仕事とは関係のない所なので、必ずいつまでに、という厳しい期限があるわけではないですが、もうかれこれ10年以上続けていらっしゃる寄付には大きな思い入れを持っていらっしゃいます。

 

それだけに、他に何か出来ないか、という事はしばしば考えられるようで、今回はその一環で英語、という事でした。

 

まだまだ会話には自信がないと感じていらっしゃる為、途上国に直接行ってボランティアをするという事までは考えられないようです。恐らく現地の支援団体の邪魔になってしまうだけなので、、という謙虚なこちらの生徒様。

 

ただその強い思いをしっかりと寄付という形で毎年続けてこられていらっしゃる事は素晴らしい事だと思います。

 

そういった熱い思いは必ず現地に届いているはずですし、またいつか現地に行って直接支援される事も英会話の上達が見えれば考えていきたいとの事でした。

 

そういう視点で英会話を学んでいくと仕事とは関係なくとも、頑張れる大きなモチベーションになると思います。

 

誰かの為に、という状況は人を強くしますし、大きなエネルギーを生むものです。

 

そのエネルギーが英語学習につながり、成果を出し、そして実際に現地で貴重な経験をする、というこの最高のサイクルの第一歩、そんなご様子でした。

 

英語はというと、これまでは、時々ご自身で本屋さんで見つける英語の本を買ったりはされているようですが、どうしても一人での学習は限界を毎回感じるようで、この本を勉強したものの、本当に自分の力になったのかな、という疑問は毎回感じていらっしゃるようです。

 

やはり実戦で試さないとモヤモヤとした感じが残るのは当然の事だと思います。

 

練習の為の練習ではなく、本番の為の練習ですからね。

 

試合相手がいないとやる気がでないのは誰だって感じる事だと思います。

 

ただ今回の体験レッスン時には、過去にご自身で勉強されたフレーズをいくつか使えた、という事で、忘れている部分が大半なものの、少しは意味があったのかな、とおっしゃっていました。

 

それを感じられる瞬間は嬉しいものです。

 

英会話を始めても、以前勉強したことを忘れてしまう事はしばしばあると思います。

 

覚える量も莫大な分、忘れる量もやはり一定数出てくるものです。

 

忙しい社会人ならなおさらですが。

 

ただ、そんな中で、実戦の中で「使えた!」「私覚えてた!」と感じる事は、とても嬉しい事です。

 

英会話を頑張っている方はこの感覚を沢山経験されているはずです。

 

これは自身になりますし、またその表現は更に自分の中でしっかりとした記憶、知識として残ります。

 

これからの生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

自分が英語を頑張る事で子供たちに刺激を与える為の英会話レッスン

こんばんは!

 

明日は東京もお天気が崩れそうですね。

 

しばらく雨が降っていないだけに、、、雨は嫌です!!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、御自身が英語の勉強を頑張る事で、学生の子供達にも勉強を頑張ってもらう刺激になりたい、という事でした。

 

素晴らしいお母さんですね!

 

お子様達皆さん適度に勉強はされているようですが、やはりこれからの受験なども見据えると、今一つツメが甘いな、というのがこちらの生徒様の母親としての率直な思いのようで、どうにかギアを変えたい、という想いが強いようです。

 

子供ですからね、自分たちのギアの上げ下げなどもなかなか調節は難しいでしょうし、結果を出す為に必要な色々なバランス感覚というのも経験から学ぶ事ではあるので徐々に、というのが現実だとは思います。

 

ただ、そんな事を言っていると、周りの子たちに置いて行かれちゃうよ!というのは親心。

 

そして本日の生徒様のように親の背中を見せて子供に刺激を与える、という姿勢は勿論効果を発揮する場面は沢山あると思います。

 

短期的には効果が見られなくても、子供はなんだかんだで親の背中を見ているものですし、5年後、10年後に、親のその姿勢が自分の生き方に反映されている、という事はよくある事です。

 

本日の生徒様もすぐには難しいだろう、という事は理解しつつ、親として出来る事をやっておきたい、との事でした。

 

素敵なお母さんの背中を見て、お子様達はすくすく育たれるでしょう。

 

英会話自体は20年前に少し習っていらっしゃったようで、適度に楽しんでいらっしゃったようですが、結婚し、子供が生まれ、毎日の忙しい生活の中で、自然と英語学習が離れていったようで、振り返ればもう約20年。

 

この歳月で自分がどれだけ会話力が落ちてしまっているかを知る事がとても怖い笑。と話されていました。

 

実際に体験レッスンを受けてみられると、勿論初回の自己紹介などからですので、その辺りは思ったよりも言葉が出てきて安心されたようです。

 

ただやはり後半は会話の内容が発展していき、自分のボキャブラリの弱さ、文法のあいないな理解が露呈してしまったようで、ブランクの影響をまじまじと感じる後半戦になったようです。

 

色々な事を感じられるのが英会話の時間だと思います。

 

講師は講師目線で生徒様の英語をしっかりと見ますし、その視点でのアドバイスを受ける事は生徒様にはとても大切な事です。

 

飲み屋にいる外国人に酔っぱらいながらからみ酒での世間話とはわけがちがいます笑。相手は自分が楽しむ事しか考えていないので、こちらの話す英語の精度なんてどうでもいいわけですからね笑。理解できればそれでいい、というのが基本的な彼らのスタンスです。

 

本日の生徒様は体験レッスン後にご自身で感じられた事を講師と共有され、その中で今後の方向性もかなり見えてこられたようです。

 

もともと英語を話す事は好きだったこちらの生徒様ですから、力がつけば更に楽しくなり、更にレベルアップが期待できる好循環に入っていくはずです。

 

頑張っている親の姿を見るのは子供としては嬉しいものです。言葉には出しませんが笑。

 

これからの生徒様の変化が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

児童養護施設の仕事で英語を使う為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

サッカー日本代表の試合凄かったみたいですね。

 

次は決勝。アジアを制してくれるでしょう!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在児童養護施設の子供たちを支援するお仕事をされていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、こちらの団体で行っているその他の在日外国人の方向けの支援事業等において、少しでも電話の取次ぎや業務の手助けができるようになりたいから、という事でした。

 

基本的に外国人の方々の支援事業は他の担当の方がいらっしゃり、本日の生徒様は仕事で英語は必要ないようですが、英語を使う仕事をしたいと考えている娘様から、「英語を使うチャンスがある職場なのに勿体ない!」と言われ、今回やってみよう!と決断されたようでした。

 

もともと学生時代の頃には海外留学などに少し憧れた時期などもあって、海外の文化を知る事や、外国人の方々と交流する事には興味をお持ちだったようですが、やはり言葉の壁が最初に必ず来る、という事で、この20~30年はすっかりその方向への興味と努力はなくしていらっしゃったようでした。

 

今の職場の外国人支援事業もずっとあったようですが、娘様とのちょっとした会話から、昔の想いが蘇ってきたことに少し楽しさも感じていらっしゃるようでした。

 

いいな、やってみたいな、と思える事、それは基本的に自分にとってはとてもチャンスだと思います。

 

前向きな気持ちは物事を前に進めてくれるエネルギーになります。

 

今回は娘様という”監視役”がいるので、中途半端に後には引けない、という気持ちもあるようで、やるからにはしっかりと学習習慣をつけて、最低限のコミュニケーションは取れる所まで行きたい、という事でした。

 

現在の英語力はというと、学生時代の英語の知識もきれいさっぱいり抜けてしまっていらっしゃるようで、基本的な動詞の確認から必要との事でした。

 

ただ、体験レッスン時も限られたボキャブラリを使い、楽しく自分なりに文章を組み立てようとされていらっしゃり、あまり恥じらいもなく前向きでいらっしゃったその姿勢は、大きな成長を予感させると担当の講師は感じていたようでした。

 

とりあえずやっちゃえ、言っちゃえ、という姿勢は英語学習にはとても大切です。

 

特に完璧を求める傾向のある日本人、ミスをしてはいけないと感じる日本人の方は多く、こういう方々はどうしても、絶対に正しいと思わないと言葉には発しない、という意識がかなり強くあり、それゆえに会話の中でもどうしてもキャッチボールの数が減ってしまいます。濃度も高くないので、結果的に学習濃度も低くなります。

 

沢山ミスをしても誰も損はしません。英会話講師に対して、完璧な英語しか話さないような方でしたら、そもそも英会話講師の存在価値がなくなってしまいます。

 

という事で本日の生徒様は、楽しく会話をするというスタンスは最初の段階からレッスンの中に織り込みつつ、基本的な単語、文法、発音の確認もしっかりとおさえていくことになりました。

 

勉強が好きというタイプではないようですが、好きな事であればかなりのめり込めるという事でしたので、そういう意味で英語力アップは期待が持てると感じていらっしゃいました。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

夫婦でロンドン、パリ旅行に行く為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

週末の寒気、スゴかったですね。

 

今日も十分寒いですが。冬本番。ココアが美味しい季節です。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在自営業で服飾関係のお仕事をされていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、4月に旦那様とロンドン、パリに旅行に行く事になり、まずはそれまでに少し英会話に慣れておきたいから、という事でした。

 

これまでも細々と英語の勉強を続けてこられたようですが、お仕事柄、仕事が立て込む時はどうしても英語に手が回らない程忙しくなってしまうようで、途切れ途切れになってしまっている事が大きな英語力アップにつながっていない理由の1つとおっしゃっていました。

 

社会人として、そして子供たちの親として、大人になると色々と忙しくなるものです。

 

どれも優先順位を高くしようとしても、やはり全てを一番にはできず、限られた時間の中でどうしても優先順位が出てきてしまいます。

 

英語学習の壁の1つはこの部分であることはこれまでなかなか成果が出せてない方の中でも多く感じられている部分だと思います。

 

それではどうすべきか。

 

それは効率化、そして適切な学習方法に切り替える、これに尽きると思います。

 

途切れ途切れの英語学習は確かに効率が悪いです。

 

ただ忙しく途切れてしまう、というのは忙しい方のホンネ。

 

ただ、1分1秒も取れない、という事ではないはずですから、少ない時間で出来る事をまずはしっかりと決めていく事が大切になります。

 

ガガッと仕事が立て込んで来たり、プライベートで問題が勃発すると、特にそちらの方に気がとられて、「いったん英語ストップ!」という気持ちになりがちですが、それでも隙間時間を必ず使う、という事をルール化する事が大切です。

 

それではその時間に何をするか、ですが、それはその時期に担当講師と相談しながら決めていく形になります。

 

基本はちょっとした隙間時間だけの勉強ではなく、日々ある程度の時間英語を学ぶ自己学習の時間として取っていただく事は、確実な成長を目指している方にとってはマストです。

 

とにかく楽しく時々英語を話す場があればそれでいい、という思いで英語を学ぶ方もいらっしゃると思いますし、そういう方は無理をされる必要はなく、ご自身のペースで楽しんでいただければ良いと思います。

 

人それぞれ目指す所が違いますし、英語を学び始めたらみんな同じようにやらなきゃいけない、という事はないと思います。

 

ストレス発散の為に時々料理教室に行く人もいれば、人気料理家になる為に頑張る人まで、「学ぶ」スタンスは人それぞれですよね。

 

本日の生徒様はというと、2,3年である程度の力まで上げていきたい、という事なので、そうなれば、しっかりと担当講師と学習プランを組んでいき、確実に力を上げていけるようにしていただきたいと思います。

 

今回の海外旅行は忙しい時期でもあり、当初はご主人には、「一人で行くか子供と行ってきて」と言われていたそうですが、ご主人は「夫婦二人で行きたい!」と強く希望されたようで、ご主人の押しに負けて今回の旅行が決まったようです。

 

いくつになっても夫婦でデートしたい、という想いを持っていらっしゃるご主人。とても素敵だと思います。

 

ご主人は英語に関しては全くダメとの事で、行くとなれば本日の生徒様が現地で英語でやりとりする必要が出てくるので、旅行を楽しくするためにもまずは4月までを目標にしっかりとつめて頑張っていきたいとの事でした。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

中学高校で英語の授業を受けなかった分を取り戻す為の英会話レッスン

こんばんは!

 

今日もお天気、明日もお天気で気持ちのいい日が続きますね。

 

今日は少し風が強かったですが。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在経理事務のお仕事をされていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、苦手を英語を克服し、将来的には英文会計に活かせる所まで頑張っていきたいから、という事でした。

 

素敵な目標ですね!

 

会社の数字をしっかりと管理するお仕事は責任重大ですし、しっかりとその責任を感じながら日々仕事に取り組んでいらっしゃるご様子をとても感じられました。

 

英語については、学生時代の勉強がごっそりと抜けている為、他の人よりもハンデを負ってしまっているという事でした。

 

というのも中学時代は登校拒否、高校時代は学校には行かず、アルバイト生活の日々だったようで、英語の授業というものをまともに受けられた経験がほぼない、という事でした。

 

それだけに、社会人になってからなんとなく英語の勉強を始めようと参考書などに目を通すものの、そもそものベースがない為、何がなんだかよく分からず、また実際に会話にしていけるイメージもできず、結局一歩踏み出せずにここまで来られたとの事でした。

 

このタイミングでどうにか頑張ってみよう、と思われたきっかけは、アラフォーと呼ばれる年齢に差し掛かり、残りの人生を考えた時、まだまだ長い仕事人生を生き抜いていく為に英語の勉強の力を振り絞れるのは今が一番ベストなタイミング、と感じられたからでした。

 

50代に差し掛かればキャリアップという意味ではもうその先は基本的にはないと考えた時、今ここで踏ん張る事が40代の自分のキャリアを大きく変える、ひいては、自分の残りの人生を大きく変える事になる、と考えていらっしゃいます。

 

大げさではなく、本当にそうだと思います。

 

50,60代での元気いっぱいに仕事をされている方は沢山いらっしゃいますが、やはり30,40代の時のような無理はできない、という事はよく聞きますし、体力的な制約はどうしても仕事のパフォーマンスにも影響を及ぼします。

 

体がはちきれんばかりにバリバリに仕事をしていくには、多少の無理もなんとかカバーできる体があってこそだと思います。

 

仕事に英語に、ここからしばらく自分を更に追い込む時にしたい、という事でした。

 

今回の体験レッスンで感じられた事は、「純粋に英語で会話をすることは楽しい」という事。

 

これはとても素晴らしい事です。

 

ご自身曰く、英語で会話と言ってもまともな文章も作れない今は、簡単な単語を並べるだけの会話とも言えないレベルとの事でしたが、それでも日本語を使わないで、英語だけでなんとか意思疎通、会話のキャッチボールをする事にとても新鮮な面白みを感じられたようです。

 

もともと色々な事に興味を持つ好奇心旺盛な性格の方のようで、ハマればがっつりとやっていくという性分は英語においては飛躍的な成長が期待できそうです。

 

ご本人も「英語好きかも笑」とお話されていたので、期待大です。

 

英語学習で特に最初の段階は基本的な文法や単語もおさえなければいけないですし、楽しい事ばかりではないですが、英会話を交えながら、楽しく全体を進めていく事がポイントになります。

 

今後のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!