イタリアフランス旅行に行く為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

関東地方、今日は風もあり本当に寒い一日ですね。

 

週末は雪になるかも、との事なのでここは耐えどころです。。。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、4月にフランス、イタリアにご夫婦で旅行に行かれる為、それまでに少しでも英語に慣れておきたいから、という事でした。

 

また帰国後も今後は英語を継続的に頑張っていきたい、という事でした。

 

フランス、イタリアはご本人がとても好きな国、という事で、個人的にもイタリア語を勉強したりと、今回の旅はとても楽しみにされているようでした。

 

以前は英語の勉強もされていたようですが、少し英語の勉強からは離れてしまい、現在はイタリア語に時間を取るようになられたようですが、昨年夏の北米旅行で英語の重要性を改めて痛感されたようで、イタリア語か英語ではなく、イタリア語「と」英語、という考えにしないといけない、と感じられたようです。

 

ヨーロッパでは3,4か国語を平気で話す人もいますし、複数言語を話せる人は沢山いる事はいますが、それでもやっぱり難しい部分もあると思います。特に英語とイタリア語では単語も似ている所もありますし、両方学んでいる方の中には言葉を混同してしまう事がしばしばある、というのはよく聞きます。

 

でもその習得のプロセスの大変さはさておき、英語とイタリア語が話せるっていいですね!

 

イタリアは歴史は勿論、食、美術、音楽、スポーツ、ファッションと、魅力たっぷりの国です。

 

イタリアに魅せられる人が多いのも納得です。

 

やはりその国の人とはその国言語で話せるようになるとより会話を楽しむ事ができるものだと思います。

 

自分の語学力をどこまで高めるかはとても重要なポイントですが、自分の語学力をしっかりとある程度の所まで持っていければ、相手もかなり自由に母国語で色々な話をしてくれるようになりますし、より広く、深く話せる事で、他文化やそこで育った人たちの考え方、物の捉え方などが深く理解できるようになると思います。

 

今回の英会話トレーニングにおいて本日の生徒様がポイントに置かれていたのは、しっかりと毎回やる事を決めた形でのレッスンで、その中でも自分に最適なテキストも導入しながら進めていきたい、という事でした。

 

もともと机に向かって勉強をする、という事については好きなタイプの方の様で、何かしっかりとやるもの、向かうものがあるとしっかりと取り組めるようです。

 

逆にふわーっとした内容で進んでしまう事にはなんとなく不安を感じる、というのがこちらの生徒様のこれまでの語学学習の中で感じられたことのようでした。

 

ただ、語学においては、机に向っての読み書きだけではなく、話す事、聞く事も必要な要素で、また暗記暗唱だけで全てか完結できるというものでもなく、やはり相手を置いてインタラクティブな会話の中で会話の運用力をつけていく必要があります。

 

この部分が本日の生徒様にとっては苦手な所、との事で、ここはこれから意識していかなければいけない部分と認識されていました。

 

自分一人で机に向かって勉強し、それだけで全てが解決できるようなものであれば良いのですが、会話というのはなかなかそう簡単なものではないというのは厄介なものです。

 

ただそれだから楽しい、という事もあります。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!