会社で求められるTOEICスコア取得後に取り組む英会話レッスン

こんばんは!

 

晴れた天気が本当に続きますね。雨で濡れる事を気にしなくてよいのはとても快適ですし、洗濯物の干し放題です笑。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在日系のIT企業にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、これまではTOEICの勉強ばかりを2年間行ってきた為、ここからは会話力境界にシフトしたいから、という事でした。

 

会社で目標とされるTOEICスコアがあり、そのスコアを取れば正社員への道が開かれる、という状態で今の会社の仕事を始められたこちらの生徒様。

 

正社員への道はTOEICでスコアを取る事、となればもうそこに突き進むしかない、という思いでこの2年間駆け抜けてこられました。

 

本当に血のにじむ思いでこの間勉強されてきたようで、見事にスコをクリアされたようです。

 

一見、渋谷等で歩いている超今どきの若い女の子、という雰囲気をお持ちのこちらの方ですが、ご自身曰く外見は派手なものの、実際はかなり引きこもり体質という事で、こもってずっと勉強する、という事についてもそこまで抵抗はなかった、という事でした。

 

素晴らしいですね。

 

もともと本当に中学の英語の授業もほとんど覚えていない、というゼロベースからスタートされていた為、本当に大変だったと思います。

 

参考書などを買いあさって、全て独学で自分で道を作り駆け抜けてこられたその姿勢には脱帽です。

 

ゼロベースで一定の英語力をつけ、なんとかネイティブの英語も基本的な所は拾えるようになる、というのはとてつもない努力です。

 

多くの人が、最低限分かるようになる、という所にたどり着く前にギブアップしてしまいます。

 

それ位ゼロベースから最低限の所に乗っかる、というのは大きな壁の1つで大変な事だったと思います。

 

この努力する力があればこれからの会話トレーニングに関してもどんどん力をつけていかれる事間違いなし!ですね。

 

今回TOEICから会話トレーニングの必要性を感じられたのは、会社から求められるTOEICスコアが取れた後は、実際に使える英語力にしなければ、その先のキャリアップはない、という次のステージを見据えていらっしゃる為です。

 

TOEIC勉強でかなり勉強されたものの、中学で習う基本動詞(do,make,take)など、ネイティブが本来使用している簡単な表現があまり分かっていない、という事でした。

 

TOEICの勉強を終えられ、少し海外ドラマや映画、音楽の英語に意識が向き始めた時に、そこで使われているシンプルな英語のように、自分の頭の中にある英語の知識、理解を会話の中で自分のものとして同じように走らせるイメージが全くできないと感じられた所からリアルな会話トレーニングの必要性を感じられたようです。

 

熱量を持って英語学習に取り組めば、必ず自分オリジナルの気づきが出てきます。それは自分にとってはとても有用な気付きで、その気づきをベースに自分に必要な学習環境を作っていくという事をすれば必ず力になります。

 

本日の生徒様の次のステップは会社の中でのキャリアアップです。

 

今後の生徒様のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!