英語のリスニングに変化を感じ始めた生徒さん

こんばんは!

 

比較的暖かい週になっている今週の関東地方。

 

このままでいて欲しいです。寒波はそのままあっち行ってて、、と思うばかりです笑。

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、もともとは技術系の学校に通っていらっしゃり、その分野の勉強のみにしかこれまでは興味が持てなかった為、英語がずっと苦手だった、という事で、レッスンをスタートされていました。

 

もともと好きでない分、始める事についてもかなり躊躇されていたようですが、それでもまだまだ若い今の年齢から英語を人生から切り離そうとするのは無理がある。というのがこちらの生徒様の見解。

 

向き合うべき時がついに来た。

 

というのがレッスンスタート時の少し苦めの正直なお気持ちだったようです。

 

嫌なものに取り組むのは、当たり前ですが、嫌なものです。

 

ただ、食わず嫌い、という事も英会話の場合はよくあります。

 

中高の英語の授業のどこかでつまずいだ、または、どこかのタイミングで英語の先生とそりが合わず、そこからなんとなく英語が嫌になった、という方もいらっしゃったりします。

 

子供の頃に英会話スクールに通わされ、そこで先生に無理に英語を話すように強制された事がトラウマになって英語嫌いになった、なんて方もいらっしゃいますが、本当に嫌いになるきっかけはひょんな事だったりします。

 

必死でどれだけやっても力がつかず、もうどう考えてもお手上げ、という所までいって、その答えとして英語嫌いになった、という方は比較的少ないと思います。

 

英会話の良い所は、仕事やお勉強の為のお勉強という要素だけでなく、旅行や、趣味、音楽に文化、歴史、色々な所に英語の世界があります。

 

楽しい場所に英語があるというのは、とても学びやすい、というよりかは、好きになる環境がある、と言えると思います。

 

嫌いという気持ちが先行している方も、どこかのタイミングで、大好きになる、という事もまたよくある事ですので、是非、自分のタイミングでそこの切り替えに挑戦していただきたいと思います。

 

本日の生徒様は、この間のレッスンでは、最初の時期こそ、すぐに辞めようかな、と思う程、英語への抵抗がやはり強かったようですが、少しずつ、優しく、優しく、丁寧に、丁寧に、ゆっくり、ゆっくり、、、という風にソフトアプローチで徐々に耐性をつけていくところから始められました。

 

英語を読むこと、聞く事、そして話す事、そこに少しずつ抵抗がなくなって来られた事、それがこの間の一番の成果だと思います。

 

現在ご自身が感じていらっしゃるのが、特にリスニングが飛躍的によくなった、との事でした。

 

これは英語嫌いでありつつも、真面目に中高の授業を受けていらっしゃったという事もあり、基礎の英単語が頭の中にしっかりと詰め込まれている事は大きいと思います。

 

また、以外にも英語の音、発話方法や、イントネーションなどに興味を持たれているようで、そういった所の意識が、英語をいくつかの文字を並べたもの、というだけの捉え方でなく、1つのまとまった音楽のような見方ができているのだと思います。

 

リスニングへの興味は、勿論学習時にそこに意識がいくわけ、それゆえに力もつきます。

 

その成長を感じる事が、その他のスキルへの成長も促します。

 

今の楽しめる気持ちを持ちつつ、これからも頑張っていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

リーディングを楽しめるようになった事で英会話力向上を実現した生徒さん

こんばんは!

 

今日はあいにくの雨の関東地方。

 

明日は晴れるといいですね。

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在外資系メーカーにお勤めで、もともとアデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、お仕事ではなく、一社会人として、英語位は最低限話せるようになりたい、という想いから始められていました。

 

スタートされた当初は、とにかく英語を読む、長い英文を見る事がとても嫌いだったようで、それが英語嫌いにつながっていたようでした。

 

それがこの間、しっかりとレッスンを定期的に受け、力を伸ばしてこられた事で、英文リーディングへの抵抗がなくなった、との事でした。

 

これは素晴らしい事ですね。

 

そして大きな進歩だと思います。

 

よく話す人、会話が好きな人、こういうタイプの方は、読み書きよりも会話を楽しみたい、という傾向のある方もいると思います。

 

そういう方にとって、難解な長い英文を読む、という作業はとても退屈で、それよりも会話の中で英語を学びたい、と感じたりするものです。

 

実際に会話を通じて英語を学ぶ事は相手ありきなので楽しいと感じる人は多いはずです。

 

やっぱり人間ですから、人間同士で会話を通じて、刺激を受ける事は多いですし、それは英語という言語を介さず日本語であってもそうですよね。

 

ただ、英文を読む、という作業は英会話の力をつける基礎体力をつける作業でもあります。

 

そしてここに時間をかけずに、簡単な事ばかりをやっていては、いつまでたってもなんだか自分の英語は簡単な表現で終始終わってしまうな、、という感覚に入っていきます。

 

成長を感じない、成長できるその先が見えにくい、という感覚はモチベーションの低下を招きやすいです。もちろん人にもよりますが、基本的に成果が長く出ない環境に快感を感じる方は少ないはずです。

 

そこで成果を出すブレークスルーは会話ではなくリーディングであったりするんですね。

 

実際に長い英文を読むと色々な事を感じます。

 

一通り文法は勉強したから英文法は大丈夫、と思っていても、英語のニュース記事等を読むと、なぜここでingの形になるの?この文章の始まりは何?どう考えてもこの文章とその前の文の意味がつながらない。等、色々な事を感じます。

 

単語レベルでの問題かもしれないですし、文法レベルの問題かもしれません。ただ長い長文では前後の文脈を理解する事はとても大切であって、また前の文章があるからこの文章が作れる、というような相関性を読み取る力もとても大切です。

 

前後の文脈を理解する作業は会話の中でも必要です。

 

そしてリーディングの良い所、それは誤魔化しがきかない、という点だと思います。

 

会話の中では、相手の言わんとすることが汲み取れればOK,と自分の中で「OK」を出す事があると思います。

 

ただリーディングでは、ある1文の意味が分からない時。その前後の文章から、恐らくこういう意味だろう、、とは思いつつ、やっぱり目の前に活字でそのあいまいな文章をたたき出されると、やはりあいまいな自分の理解で、その文章とおさらばはしにくく感じるものです。

 

だから、調べる→理解する→知識になる、という学習プロセスが生れます。

 

本日の生徒様はリーディングを楽しめるようになったことで、いつもは無視していた本社からの全社メールも、楽しんで読むようになられているようです。

 

これからもどんどん力をつけていっていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

読解スピードが上がった事で読解を楽しめるようになった生徒さん

こんばんは!

 

今週の関東地方は暖かくなるようで、、、、

 

最高ですね!

 

ピリピリと痛くなる位の寒さはやはり辛いですからね。

 

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、アクセサリ制作、販売のお仕事をされていらっしゃり、もともとアデュールでレッスンをスタートされたきっかけは、弟さんが海外留学をされていた事もあり英語が流暢で、その弟さんに刺激をされて始めていらっしゃいました。

 

お仕事でも最近はInstagram等を通じて海外の方とのやり取りも生まれているようで、お仕事でも英語の必要性を感じていらっしゃるようでした。

 

そんな状況ですので、この1年間、本当に熱心に勉強に取り組まれました。

 

ご自身でも「自分がここまで頑張ってこられるとは正直思っていなかった笑」とおっしゃるほどに、レッスンも休まず、自宅学習も欠かさず、しっかりとここまで成果を出してこられました。

 

スタート当初は簡単な挨拶のみしかできなかった英会話も、今では簡単な表現で、沢山に話題についてご自身の意見を英語で言えるようになられています。

 

また発音もとてもこの間取り組まれた部分で、ここにも大きな上達がみられています。

 

「とにかく実戦で通じれば発音は特に気にしない」という方も世の中には沢山いらっしゃいますし、実際にビジネスの現場では、現場をやりくりできてナンボの世界で、細かい発音を丁寧にしたところで、ビジネスで結果を出せなければ何にもならない。という厳しい部分がありますよね。

 

とにかく使える英語力を、という事に焦点を当てていくビジネスパーソンが多いのは当然の事と言えば当然の事かもしれません。

 

一方、特に女性に多いと思いますが、どうせ英語を学ぶならネイティブのようなキレイな発音を学びたい。

 

という方も多いですね。

 

「英語を話せるようになる」という事は、それによって出来る事はとてつもなく幅が広く、故に「どのように話せるようになるか」もその使う場所によって変わってきます。

 

ですので、どういった能力をどのように高めていくか、というのも細かい部分で言ってしまえば、ご本人がどのような英語話者になりたいか、という事によってかわってきますよね。

 

勿論全てを同じように高めていけるのがベストですが、忙しい現代人。やはり優先順位をつけてやっていく、というのが現実だと思います。

 

本日の生徒様はこの間の成長ポイントとして色々な部分を挙げていらっしゃいましたが、個人的に一番うれしく感じていらっしゃるところは、意外にも、会話ではなく、英語のリーディングで理解スピードが飛躍的に上がった事、との事でした。

 

沢山英語が書いてあるものを見るだけで、読む気に全くなれなかった以前と比べて、今は読むことが楽しくなるまでになられました。

 

英語を話す事は楽しいもの、という感覚は最初からお持ちでしたが、読むことについては、なかなかすんなり読めない、知らない言葉が多すぎる、という事で、苦手意識からか、少し「嫌い」な分野でもあったようです。

 

それでも少しずつ克服すれば好きになってくる。

 

それもまた素敵です。

 

課題はライティング時に知識として持っている文法が使い切れていない事がしばしばある、との事でしたので、ここは引き続き焦点を当てていきたいとの事でした。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

TOEIC700点レベルを第一段階に設定して始める英会話レッスン

こんばんは!

 

毎日寒い日が続きますね。

 

明日は金曜日。一週間寒さに耐えて頑張って自分へのご褒美は何にしようかなと考えている方も多いですかね笑。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在メーカーにお勤めで、今回お申込みいただいた理由は、今後ビジネスで英語が必要になるため、という事でした。

 

以前にも何度か英会話を習ったご経験があったようですが、その時はまだ仕事で英語が必要になるという気配もなく、現実問題として英語を直視できなかったことで、学習のモチベーションが続かなかったようです。

 

英会話を習っている中の中には、正直英語を好きでやっているわけではなく、仕事の為仕方なく。

 

という方も多いと思います。

 

こういった方々にとっては、この「モチベーション」スイッチがとても大切になります。

 

「モチベーションなんて言っているようでは甘い。仕事人たるもの、やるか、やらないか、それだけだ」

 

と強い姿勢の方も勿論いらっしゃると思いますが、実際世の中そんな鉄人ばかりではありません。

 

仕事があって、家族があって、色々な事がある中で英会話を上達させる、というのは大変な事だよね。。と感じるのがマジョリティだと思います。

 

本日の生徒様は今回仕事で英語が必要になる、という事が現実味を帯びてきた今、やる気スイッチが入ったようですが、以前の英語学習の時も感じられていたようですが、初心者だけに、自分が何から手を付けたらよいのかサッパリ分からない、という事でした。

 

それだけに、以前の英会話レッスンの時も果たして今やっているこのレッスン内容が自分に必要なものなのか、という事も悩みながら、とにかくこなしていた、という事でした。

 

最初は本当に雲をつかむような感覚で、見えない足元を歩く感覚はモヤモヤしてなんだかスッキリしないものです。

 

未知の世界で挑戦する事はどんな事でもそういう感覚はあると思いますが、必要な情報を目の前に揃え、自分の頭で必要な手段を選び、まずはそこで一歩前進する、そしてそのまま同じようにPDCAを回す、という事でしか自分が本当に納得いく形は見えません。

 

振り返れば、全ての選択が大正解だった、なんていう幸運な方もいるかもしれませんが、そんな未来の事を不安に思ってモタモタして今この瞬間を無駄な時間にする事はよくないですね。

 

こちらの方は今回の体験レッスンの中で1つの答えとして出されたのはTOEIC700点取得レベルを第一段階の目標とすること。

 

何らかの数値目標がある事で、自分の中で「落ち着く」との事でしたが、この感覚は多くの方に共通する所だと思います。

 

ただ、TOEICスコア取得が会社で求められているわけではないこちらの生徒様にとっては、これはあくまで「TOEIC700点取得できる英語レベル」という考え方が正しいですね。

 

点数にこだわってTOEIC模試ばっかりやる事が果たしてビジネスの現場で英語をバリバリ使っていく事を想定した時に正しいのか、と考えると疑問ですし、ご自身もその点は感じていらっしゃいました。

 

スコアだけの使えない英語力は絵に描いた餅です。

 

実際にTOEIC勉強だけに特化し、TOEICのスコアだけが出てしまい、会話力が全くついてきていない事が逆にコンプレックスになっている方も多くいらっしゃいます。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

韓国語,日本語,英語の3言語を操るトリリンガルを目指す為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

毎日続くこの寒さ。

 

もう勘弁して~~~~!と思いつつ、温かいお味噌汁の美味しさを感じる今日この頃です。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在IT系の会社にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、お仕事でたまに海外のウェブサイトなどをチェックする事があるようで、そのたびにご自身の基礎英語力の低さに愕然とされる事が英会話を始める決め手となったようです。

 

ITと言えばやはりアメリカなど海外発、という印象は強いと思います。

 

日々新しい技術、トレンドが生まれ、それにあわせてビジネスの現場も日々変化していくため、この業界の人達はその動きにキャッチアップするのが大変です。

 

1年前に話していたあの技術の事はもう遠い過去の事、なんて感じる事はざらにあるようです。

 

確かにこの業界の人達で、特にエンジニアの方々は日々勉強、というスタンスで忙しくされている方が多い印象です。

 

そうしないと良い条件での仕事を獲得し続けるのが難しい、というのが現状でしょうか。

 

IT業界。華やかな響きでありつつも、なかなか厳しい世界である事は事実のようです。

 

本日の生徒様はもともと韓国語出身で、大学生の時に日本に留学されたのを機に、そのまま卒業後も日本でお仕事を続けていらっしゃいます。

 

昨年日本人男性ともご結婚され、これからもずっと日本に住む予定です、との事でした。

 

話していても、全く外国人の方、という印象を受けず、日本語の完成度が「半端ない」です。

※少し前の流行り言葉を取り入れてみました。。

 

1つの他言語をマスターしたこちらの方ですから、英語のマスターも必ず成し遂げられるはずです。

 

ご自身曰く、日本語については、小さい頃から親しみがあり、アニメなどを通じて日本語をずっと学んでいたため、すんなりといったようですが、英語については、学生時代はあまり本腰を入れて勉強、というスタンスではなかった為、日本語よりも習得に苦労すると思います、との事でした。

 

確かに小さい頃から親しみを持っている他言語というのは、その他の言語とは別格です。

 

英語でも小さい頃に外国人家族と交流があったために自然と英語の環境に入っていったり、歌を習う事を通じて英語の発音が強化され、自然と英語に親しみを持つようになられる方などは、やはりその後の英会話の習得もとても速い印象です。

 

ただそこのポイントは「好き」かどうか、という所で、なんでもかんでも小さい時に与えておけば、というのはなさそうなのも、他の方の事例をお聞きすると納得できます。

 

本日の生徒様はお仕事では英語を話す事は皆無、という事でしたが、韓国語、日本語、そして英語という第三言語をマスターする事で、今後の転職などを見据えた自分の市場価値を高める事を考えたい、とおっしゃっていました。

 

日本と韓国はビジネスでとても強くつながっていますし、立地的に近い日本にいる事は、韓国語を活かせるチャンスが多いですし、そこに世界語の英語をマスターすれば、日本での市場価値はグッと上がるはずです。

 

日本語はネイティブレベルですから、日本企業も採用に何も躊躇する事はないはずです。

 

今後の生徒様のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!