外資系に転職して痛感した自分の英語力の弱さを鍛える為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日は金曜日。お花見とビール、というタイミングかもしれませんが、関東地方は冷えるみたいですね。

 

風邪をひかないように注意しないとです。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在ドイツメーカーにお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になったきっかけは、これまで何度となく英会話を断続的に経験してきた中で、いつも中級レベルと判断されるものの、基礎が弱い、という事をずっと感じていた為、アデュールの日本人講師で基礎固めをしたい、という事が理由だったようです。

 

英会話スクールで評価されるレベルというのはスクールによって基準はまちまちですし、なかなかそれだけをもって一般的な英語力という風に判断するのは危ないものがあります。

 

勿論ある程度の基準を持ってしっかりとどこのスクールも判断するものですが、そもそもその人の語学力を初級、中級、上級と判別する事自体、難しいものです。

 

何をもって中級なのかという事がポイントですよね。単語を沢山しっていても、話す時には少し言葉が詰まる人と、単語はあまり知らないけど限られた言葉の中で言いたい事はなんとか言えてしまう人、スピーキングはとてもしっかりしているのに、リスニングは全然ダメ、発音はピカイチなのに、スムーズには会話できない。

 

色々な人がいます。

 

大事なのは初級、中級、上級、と自分をカテゴライズする事ではなく、自分自身に今何が必要か、それをしっかりと考えて突き詰める事だと思います。

 

人それぞれ必要なアプローチは異なると思います。得手不得手、生活環境や仕事環境など色々な変数も実際には存在します。

 

その中で今必要なものは、という事を日々しっかりと意識して英語に向き合う事ができるベストの事だと思います。

 

本日の生徒様はこれまでに英会話レッスンは受身で、敷かれたレールにのって、そのまま言われた事をやっていれば気付けば英語が話せるようになっている。

 

基本的にはそのようなスタンスで挑まれていたようでした。

 

ただ、自分には自分の必要がものがあって、それを考えて能動的に動かないとなかなか変われない。

 

これを最近転職されて強く感じられたようでした。

 

新しい職場環境や海外旅行、街で外国人に道を聞かれるなど、いつもと違う環境で英語を話さなければいけない時に、自分の英語力をハッキリと自分の英語力を感じる事ができます。

 

自分は成長していると信じたい、と自分を信じ込ませていてもそんな事は何の意味もなく、自分の実力がそこにハッキリと出てきます。

 

これは英語学習という視点ではとてもよい機会で、その中で自分は今何が必要かと考える機会が与えられ、成長へのターニングポイントになる事はとても多いです。

 

本日の生徒様は、自分がそもそも使えない基本的な単語や文法、表現を、恥ずかしさを捨てて、しっかりと先生と確認していきたい、という事でした。

 

先生の視点で、これを知らないでよく中級と判断してもらえたね、と言われる位に自分の端っこから端っこまでを見てもらいたい、という事でした。

 

自分に向き合う事。これが英会話で力をつける最初の一歩で、いつだってそうです。

 

これからも頑張っていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

20年ぶりに留学時代の友人に会うために頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

東京は桜が開花し、ついに春です!

 

ついに、ついに、暖かくなってきましたね!!

 

冬の寒さからのこの暖かさ、幸せを感じる瞬間です。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在役所にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、なんと、20年前にイギリスの語学学校に通った時に出会った友人と、この夏20年ぶりにイタリアで再開する事になられたようで、会った時にしっかりと話せるようになっておきたいから、という事でした。

 

20年ぶりの再会。

 

すごいですね。お互い歳を重ね、20年の歳月を経て、どのような人生を歩んできたのか、catch upすることが沢山ありすぎて、時間があっという間に過ぎていくでしょうね。

 

気の合う相手であれば話も弾みますし、なおさらだと思います。

 

こちらの生徒様は学生時代に、ずっと夢だったイギリス滞在を数か月経験され、それから大学を出て、役所勤めをしてからというもの、英語とはすっかり離れた生活になってしまったという事でした。

 

時々お風呂に浸かっている時や、テレビ番組でヨーロッパのロケなどを観ると、ふとイギリス時代の事を思い出すようですが、そういった時間を除いては、ほとんど英語の事を考える事はなくなったようです。

 

社会人になると、まずは仕事、家族、という最重要な所に時間と意識と、そしてお金が割り当てられるものだと思います。

 

余裕を持った生活を、というのは誰もが思う所ですが、現実はなかなか大変、というのが普通の人の人生だと思います。

 

今回はお子様がこの春からちょうど大学生になられ、少し育児という意味では気持ちが楽になり、またお仕事でもとても負荷の大きかった部署からの異動というタイミングも重なって、大きな気持ちの余裕ができたタイミングだったようです。

 

そんな時にヨーロッパに行ってみたいな、という気持ちから、留学時代の友人と会う事にとんとん拍子で話が進んだようです。

 

勢いは大事ですね!

 

やる時はパパッとやると、物事進むものですし、進まない時は進まないものです笑。当たり前ですね笑。

 

今回の旅行は友人と会う事、一度行ってみたかったイタリアに行ける事、そしてさび付いた英語を少し磨いてどれくらい通じるか試せる機会、という事で、色々な意味でとても楽しみな旅行になるようです。

 

その為にはまずは英会話レッスン、頑張っていただきたいところですね。

 

久しぶりの英会話はかなり緊張され、言葉がなかなか出てこなかった、という事ですが、それでも英語を話すという空間が好き、という感覚は20年前と同じで、今でも感じられたようです。

 

肌感覚で良いなと思えるものは、長く良いなと思える事が多いと思います。女性は特に英会話や海外などには感覚的にポジティブな方が多いと思いますし、そういった楽しみを通じて、生活を、人生をよりポジティブにして行ける方がとても多いい印象です。

 

今の課題は、かなり消えてしまったボキャブラリを戻す事、スムーズな会話、意識がだいぶなくなってしまった細かい発音の部分の矯正、といった所を挙げていらっしゃいました。

 

実際の会話の中では、あれもこれもと意識はなかなか出来ないものですが、徐々に完成度を高めていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

外資系製薬会社に転職後のテレカンについて行く為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

サクラの便りも聞こえてくるこの季節、もう春!ですね。

 

寒い日もありますが。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、最近外資系製薬会社に転職され、アメリカ人とのテレカンに入る事が多くなり、全く会話についていけない、という事で、すぐにでも英語力を高めなければいけない、という事でアデュールでのレッスンをスタートされる事になりました。

 

転職活動というのは大変ですよね。

 

色々なエージェントがありますし、エージェントを絞ってもそこから転職先を色々と考えていくわけですが、世の中会社は沢山あって、またこれから先長く働くかもしれない会社、と考えると、色々な諸条件で考える事も多いものです。

 

収入、福利厚生、勤務場所、会社の資本比率、自分自身の今後のキャリアアップを考えた時の会社の価値、考えれば考える程、時間がかかりますし、そんな中でやっと決まった転職先。

 

というそのタイミングでほっとはできず、そこからが本当の冒険の始まりですね。

 

本日の生徒様はこの大変な転職活動を終えて、すぐにこの言語の壁にぶつかっていらっしゃり、転職を考えてからこの間、本当に大変な時期が続いていると感じていらっしゃいました。

 

この道を行けばどうなるものか、、ではないですが、本当にそんな大変な時なのだと思います。

 

今はとにかく「英語」との事です。

 

今回初めての転職というわけではなく、転職は既に経験されている為、転職の部分の精神的な負荷は以前よりは軽減されているようですが、今回の英語の壁については、今まで一番高い壁に感じていらっしゃるようでした。

 

これまでは日系企業で勤務されていて、英語についても、そこまで高いレベルを求められる事もなく、また周りの人間の英語力もそこまで高くなかった為、自分自身の英語力を少し買いかぶっていた感があったとの事でした。

 

今回の転職先で見事にその考えも打ち砕かれ、今はとにかく生き抜くためにどうにかしがみつかなければ、という気持ちでいっぱいとの事でした。

 

戦う場所が変われば相手も変わり、ルールも変わります。

 

これがまたビジネスの世界で生きていく事の難しさなのですかね。

 

そしてその環境の変化は人にとっては大きな精神的、肉体的負荷になります。

 

ここの耐性が付いている方は強いですが、慣れない方はやはりキツい、と皆さんおっしゃいます。

 

本日の生徒様はスピーキングがまず、周りの会話スピードの店舗にあわせられず、何か言おうとしても置いて行かれる感があり、リスニングも全く理解できない部分も多々あり、どこから手を付ければよいかもう分からない、という感覚でいらっしゃいました。

 

現実的には、1つ1つに潰していくしかないのですが、本日の生徒様のようにある程度のスピードの中で会話をしていかなければいけない方の場合は、レッスンでもある程度その環境を作り、その環境の中で会話トレーニングに慣れていく事も必要です。

 

ポイントはそのまま仕事場と同じように分からない所が流れていったり、とにかく「こなす」だけの場にするのではなく、1つ1つ気になった所、怪しい部分を確認していく作業を怠らない事にあります。

 

講師側での気づき、修正点だけでなく、ご本人から自発的に気づく事もとても大切です。

 

やる気は十分のこちらの生徒様。

 

今後のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

化学薬品メーカーで求められる英語力をつける為に頑張る英会話レッスン

こんにちは!

 

今日の関東地方は春のような陽気でしたね。

 

夜は冷えていますが。桜もあと少し♪

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在化学薬品メーカーにお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、会社で英語力アップを求められているから、という事でした。

 

具体的にはTOEICのスコア取得が目標として掲げられており、その数字を取りつつ、実務に生きる英語力にしていきたい、という事でした。

 

元々短大の英文科を出ていらっしゃり、学生時代は英語に馴染みのある生活をされていたようですが、社会人になり、英語に触れる事もなくなり、学ぶ環境もなくなり、気付けばもう社会人20年目。

 

すっかりさび付いた英語力をここで再度磨き上げたい、という事でした。

 

社会人になっての3年、5年、10年、などはあっという間でしょうし、引退されている方に言わせれば、現役時代なんてあっという間、という話だと思います。

 

ただ、それでも日々の生活の中で仕事の中で悩み、苦しむの現実で、近い将来の自分の変化の為に、みんな必死になって頑張っているんですね。

 

本日の生徒様は今回はしみじみと自分の英語力を見つめる中で、そんな時間の経過について、このようにふと考えられたようでした。

 

まだ40代。

 

これからの世代で、英語力なんていうのは、いくらでも伸びます。

 

これから英語力がどんどん求められる環境になる、という事で、少しずつ英語のメールに触れる機会も出てきているようで、本番環境への「ウォーミングアップ」の時期に入ってきているようです。

 

お仕事で英語を使う機会が増える事は、英語が苦手な方にとっては地獄かもしれませんが、可能性を広げられる英語ですから、やっておいて無駄はないですね。

 

普段の自分の自己学習と、仕事で触れる英語と、その相乗効果で英語力アップの可能性は高まります。

 

もともと英文科で、英語が好きだった、という事もとても大きなポイントだと思います。

 

英会話を習う人、習いたい人の中には、英語に苦手意識を持っているものの、「好きではある」という人はとても多いと思います。

 

嫌いなものをやるのは確かに大変ですが、苦手だけど好き、というものについては、軌道に乗ればどんどん楽しくなります。

 

今回の体験レッスンでは久しぶりに英語だけで会話をする、という機会で、多少緊張はされたそうですが、それでも普段仕事で見る英語は、「仕事」という観念が強過ぎる為に、純粋に好きな英語、という視点ではまだ向き合えていないのに比べ、体験レッスンでの「会話」は素直に英語を楽しめた、という感覚が強ったようです。

 

仕事では、この英語が理解できなければマズい、誤解してすすめるとマズい、失敗したらどうしよう、そういう多少のプレッシャーがあると思いますが、レッスンは良い意味で、ミスによって自分のキャリアや経済的なダメージを受けるわけではありません。

 

それが楽しく英語に向き合える要因で、しばらくは仕事の英語、という事を考えず、純粋に英会話を楽しむ、というアプローチで継続してもよいかな、と感じられたようでした。

 

人それぞれ必要なアプローチは異なりますし、当然目標も異なります。

 

担当講師がこれからもしっかりと状況をヒアリングし、必要なアプローチを取る形で、しっかりと結果に結びつけていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

海外駐在であまり向上しなかった英語力を強化する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

花粉の季節到来で、花粉症関連の広告や番組なども増えてくる時期になりましたね。

 

花粉症は本当に大変そうです。。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在日系の金融機関にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、キャリアアップの為に英語力をもっと高めたいから、という事でした。

 

こちらの生徒様、最近まで海外駐在されており、3年間の駐在を終えて帰国されました。

 

3年間の駐在が決まる前に社内で勿論選抜もあり、ある程度の英語力があると評価されての駐在だった為、既に英語力の基盤は整っていらっしゃいました。

 

ご本人としては、駐在を通じて更に英語力のアップをはかれるもの、という期待もあっての3年間だったようですが、実際には日系企業で、現地でも日本人スタッフがほとんどを占めていたため、日常業務でそこまで英語が必要という環境ではなく、それゆえに、「英語環境で追い込まれる」という状況は3年間でそこまでなかったようです。

 

ご本人としては、その為にあまり英語力があがったとは感じていらっしゃらず、会話力の部分でまだまだ頑張らないといけない、と感じていらっしゃいます。

 

また3年の駐在を経ての帰国の為、まわりからかなりの英語力がある、という風にみられる事もとてもプレッシャーに感じ、それが逆に日本に帰ってきてから英語をもっとやらなければ、と気持ち的に追い込まれる逆転現象が生れてしまったようです。

 

「良いのか悪いのか分かりませんが。。。笑」とおっしゃるこちらの生徒様。

 

もちろん、

 

 

良いに決まっています!

 

プレッシャーは勿論「しんどい」ですよね。

 

ただそれが力をつける大きなエンジンになってくれる事は間違いありません。

 

特に本日の生徒様は社内で英語の出来る人、という位置づけをされている以上、日常的に少しのプレッシャーを感じていらっしゃるようなので、これは「やるしかない!」という環境にいらっしゃるわけです。

 

本日の生徒様のようにある程度の英語力がついてくると、自分で何が足りないか、何が必要か、という事は大枠で見えてくるものです。

 

あとは必要なアプローチをとるだけで、考えようによっては、力を伸ばしやすいレベルにいらっしゃるとも言えます。

 

リスニングの苦手意識は相変わらずのようですが、自分の話す英語も、もっと良い表現、言い回しがあるのでは、、と感じながら会話をすることが多い、との事でしたので、この辺りはポイントになってきそうです。

 

自分の英語を先生に見てもらうのは最初は恥ずかしさを感じていらっしゃったようですが、すぐに慣れ、自分に必要な環境と感じてくださっていました。

 

自分のアウトプットに対して、どのように考えられるか、という風な事を1つ1つ考えながら英語に向き合っていける事はとても新鮮だと思います。

 

日常生活では、大枠の意味が通じる事が最優先で会話のキャッチボールが進められるので、変な投球フォームでも、ボールが相手の胸元に届けば、相手はそれでいいんですね。

 

先生でない限り、相手の投球フォームなんてどうでもいいですし、「とにかくこの場をのりきる為に、早くボール返してよ」という事しか考えないのが実際の会話の現場だと思います。

 

細かく自分の英語に向き合っていく時間を通じて、これから力をつけていただきたいと思います。

 

本日は以上です!