医師として欧州研修の為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日で8月も終わり。

 

もう来週からは9月ですね。

 

夏の思い出が沢山の方もいらっしゃれば、何も夏らしい事をしていないという人もいると思います笑。

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在外科医として都内の病院に勤務されており、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、研修の為ヨーロッパに長期で渡欧される事になった為、それまでにしっかりと英語の力をつけておきたいから、という事でした。

 

数日前のブログに書かせていただきましたが、奥様がこのタイミングで英会話をスタートされる事になり、旦那様もその必要性を日々感じていらっしゃった為、今回同時期にアデュールでのレッスンをスタートされる事になりました。

 

旦那様は現地の病院では臨床はなく、あくまで研修のみという事でしたが、それでも研修では全て英語という事で、そこでしっかりと研修をこなすためには英語力が必要で、出発までに今よりも数段は英語力をあげておきたい、という事でした。

 

現在の英語力はというと、お仕事で英語の論文を読まれる事や、また学生時代から積み重ねてきた基本的な英語力をベースに、既にかなりの力をお持ちのようでした。

 

読み書きはかなり出来ていらっしゃるようですし、話す方も性格的に積極的に前で出れるタイプ、という事で、会話もそこまで苦手意識があるという事ではないようです。

 

ただ、やはり英語の出来る人を見ると、自分との差を大きく感じられるようで、今のブロークンな英語ではなく、もっとしっかりとした英語を流暢に、発音も意識して話せるようにしたいという事でした。

 

第二言語として英語を学ぶ人間にとって、英語学習に終わりはないと思います。

 

沢山のボキャブラリを備えても、発音で課題は沢山あったり、発音はとにかくいつも褒められるくらいに上手でも、まだまだ英語の表現力という部分ではナチュラルでない表現やまわりくどい言い方になってしまうなど、人それぞれ状態は異なります。

 

そして苦手な所というのは成長のスピードを上げられないから苦手という場合は多く、かなりの時間と努力を要する事になります。

 

そしてある程度の力がついたとしても、ネイティブにネイティブだと思ってた、と言われるような英語力になるには、ず~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っと先の話になります。

 

数十年日本にいて、日々日本語を使っている外国人タレントさん達であっても、やはり発音、イントネーション、ちょっとした言葉の選び方で、日本語ネイティブでないという事はどうしても分かってしまいますよね。

 

それ位、ネイティブにネイティブだと思っていた、と思われる事は難しい事だと思います。

 

そもそもネイティブだと思われるレベルを目指す事が無謀、といういう人もいると思います笑。

 

そこまでいかなくても十分誤解もなく意思疎通がスムーズにいけば大抵の場合はそれでOKです。

 

ただ、伸ばそうと思えば何十年学習してもまだまだやれることは沢山ある、という事ですね。

 

生涯学習と考えるとこれほどやりがいのある物はないと思います笑。

 

本日の生徒様はとにかく表現力のアップ、見直し、という点に意識を置いていらっしゃいますので、色々なトピックで話す中で、逐一確認していく作業に入っていく事になります。

 

今後のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

空港のグランドホステスとしてVIP対応する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日の関東地方は雨のようですね。

 

雨は嫌ですが、とんでもない暑さに比べればマシですね笑。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在空港でグランドホステスとしてお仕事をされていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、空港のラウンジや添乗のアテンド等をする際、海外に方にしっかりと英語で対応できるようになりたいから、という事でした。

 

海外のVIPの方への対応等も求められるようで、今の英語力では到底かなわない、という事でした。

 

島国日本。

 

ほとんどの外国人の方が飛行機で来日されるわけですから、ほとんどのVIPも空港を使う、という事になりますね。

 

そしてそこでの対応はグランドホステス等、空港スタッフ、という事になりますから、責任はとても重大ですね!

 

もともと客室乗務員をされていたという事もあり、最低限の英語は勉強されていたとの事ですが、国内線メインで英語を使う国際線は極力避けるようにされてきた為、今でも英語の会話についてはとても苦手意識をお持ちのようです。

 

どんなものでもそうだと思いますが、苦手意識のあるものというのは、どうしても体が硬くなりがちです。

 

体が硬くなると、更に普段通りのパフォーマンスも発揮できず、余計に結果がでなくなり、また嫌になる、という負のスパイラルに入ってしまったりします。

 

これはとても嫌ですよね。

 

やっぱり自信を持てるようになる事、また自信あるとは言わなくても、苦手意識、というものをなくせる状態にしたいです。

 

苦手意識は特にないが、特段得意でもない、という状態がまず最初の目標段階と言えると思います笑。

 

ただ、英語は苦手で下手だけど、好きなんです!という人も世の中にはいます。

 

そういう方は好きな気持ちがある為、体が硬くなりにくく、持っているものはそのまま発揮できるというパフォーマンスに精神面があまり影響してこないプラスの面があります。

 

そう考えると、苦手意識を払しょくするには、英語力をつけるしかない、という1つの答えだけでなく、まだ力がついていない段階でも、英語を楽しもう、できない自分を受け入れ、前向きに頑張ろう!などのような考え方次第で、いくらでも体の硬さは取れるという事になります。

 

勿論、そこから英語力の強化に力を入れていっていただく必要はあります。どれだけ英語が好きでも、トレーニングしなければ、いつまでたっても初心者レベルのままであることに変わりはありません。

 

本日の生徒様はある程度の基礎は以前に勉強されているという事もあり、レッスンでは実務を想定した会話トレーニングに重点を置きたい、という事でした。

 

英語を話す、という事からかなりの年月離れていらっしゃったようなので、体験レッスンでも最初全然言葉が出てこなかったとの事ですが、それでもやらなければいけない、という気持ちをしっかりと持てている事が集中力につながった、とおっしゃっていただけました。

 

集中力、モチベーション、ここはとても大きなポイントです。人によって目標は違いますし、得手不得手もあります。

 

しっかりとその人にあった方法でその人のペースで向き合う事が大切ですね。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

行政書士として海外の会社の日本進出の法的アドバイスをする為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

今週末で8月も終わりますね。

 

あっという間に夏も終わり、またこうして季節が過ぎていくのですね!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在行政書士として法律事務所にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、業務上、海外の会社が日本に事業展開される際に役所手続きや法的なアドバイスをされるようで、英語力が求められる為、という事でした。

 

海外法人の国内展開は首都圏に住んでいれば、小売店を中心を肌感覚で日々感じる事ができますよね。

 

サービス分野でもUber EatsやAirBnBなど、沢山の会社が日本に新出してきています。

 

これほど大きな会社であればしっかりと日本法人を作り、日本人の責任者を置き、という対応も取れると思いますが、もっと小さな会社や事業体は外国人のみで進出という事を考える事もあると思いますし、そこでネックになってくるのは役所関係、法務まわりですね。

 

こればっかりは適当にしていて後で取り返しのつかない事になるのはご免ですし、そこはどの事業体もしっかりと意識しているものだと思います。

 

本日の生徒様のお仕事はそういう意味では、絶対にミスの許されないとても大切なお仕事だと言えると思います。

 

海外展開、新しい市場での勝負、というのはその企業にとってはとても大きな挑戦ですし、そこでの結果は今後のその企業の明暗を大きく分けるものになる可能性も秘めていますよね。

 

何よりも、経営陣はこういう新しい挑戦はもう楽しみで楽しみで仕方がない、という状態でしょう。

 

そんな時にこちら側で小さなミスをしてしまう事は許されないといういのは常識的に考えれば分かりますし、やはり責任感を日々感じて仕事をされているのだと思います。

 

現在は英語の出来る方が基本的には窓口になり、本日の生徒様はそれ以外の英語がいらない部分での業務に徹していらっしゃるようですが、それでもポジション的に今後はやはり自分が英語が出来ないとマズい、というのが本音のようでした。

 

今の英語レベルはというと、ご自身曰く、一般的な日本人の平均レベルだと思います、という事でした。

 

勉強自体は苦手という意識はないようで、宿題や家で出来る事は全て課題として出していただければOKですとの事で、自分では解決できない部分のみをレッスンではフォーカスしていただきたいと話されていました。

 

超現実的なアプローチですね。

 

世の中色々な方がいて、人によって必要なレッスンの形は様々ですが、自分でやらなければいけない事はやります、という、こういうタイプの方は、自宅学習とレッスン内でやる事、しっかりと分けて行う事ができます。

 

体験レッスン時に感じられた事は、会話のレスポンスがどうしても遅くなる事、リスニングが聞き取れないと一気に焦ってしまって、会話がたどたどしくなること、という事でした。

 

実務では許されない事で、改めて会話の中でしっかりとこなしていける力が必要と感じられたようです。

 

今後もどんどん海外案件のお仕事は増えてきそうという事で、英語ができればどんどん仕事の幅も増え、経験値も上がり、自分のキャリアにとってもプラスになっていくとの事でしたので、是非とも頑張って継続していただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

ゴルフショップ経営の為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

朝晩は少し涼しくなってきましたね。

 

熱帯夜が続いた日が懐かしくなります笑。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在ゴルフショップを経営されていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、外国人観光客等がお店に立ち寄られる事が増えてきている為、英語でもしっかりと接客できるようになりたいから、という事でした。

 

またこちらの生徒様は商品をアメリカから仕入れていらっしゃるようですが、日本の卸問屋を介して仕入れていらっしゃる為、仕入れに英語は不要なようですが、英語ができればその問屋を介さず直接現地の企業とやり取りする事もでき、仕事にもプラスになる、という事でした。

 

観光客の多い街の小売店では、いまやどのようなお店でも英語での接客はMUSTになってきていると言えると思います。

 

ありとあらゆる商品が外国人環境客の興味を掻き立てる可能性を秘めていますし、日本人にはない視点で興味を持たれる事もとても多いですね。

 

利益を増やすには、コストを下げる、販売数を増やす、の2つが大原則ですよね。

 

英語が出来る事によって、この2つに効果が出るのであれば、経営者としては、やらない手はない!というのが本日の生徒様のご判断です。

 

外国人観光客の方のニーズをしっかりと汲み取れば、外国人観光客向けの商品陳列という事も考えられると思います。

 

来客の比率で日本人よりも外国人観光客が多く、購入者も外国人の方が多いというような小売店も多くありますし、そういう店舗ではもはや日本人ではなく外国人をターゲットとした店づくりに変わっていっています。

 

浅草や銀座など、外国人観光客があふれる場所では、明らかに外国人観光客の売上が多くを占めるであろう店舗は多くあると思います。

 

本日の生徒様はこの外国人観光客をどれくらいに位置にとらえていらっしゃるのかは分かりませんが、それでも重要視されている事は間違いありません。

 

レッスンでやっていきたいことは、まずは一通りの基本的な接客に必要な英語を抑えていく事、との事でした。

 

今は、外国人の方が来ても、No Englishとだけ言って、断ってしまう状態という事で、これではチャンスを逃してしまっています。

 

最低限の対応はできるように、想定されるやりとりはまずおさえてきたい、という事でした。

 

その後に、基本的な単語、文法の補強など、基礎固めをしっかりとやっていきたい、という事でした。

 

もともと英語の勉強は苦手だったようで、これまで避けてこられたようですが、英語のできる周りの方に聞くと、やはり都合のよい表現だけを覚えてどうにかなるほど実際の英語の会話は簡単なものではない、と言われていらっしゃるようで、基本的な事をしっかりと抑えなければ、結局は行き詰る、という事を認識されているようです。

 

だからこそ、しっかりと時間をとってレッスンを受け、宿題もこなし、英語に向き合う時間をしっかりと作る、という事をご家族に話されて今回の体験レッスンに挑まれたようでした。

 

すごくしっかりと考えて英語に取り組もうとされていらっしゃいますし、また仕事の結果にもつながる大きな事ですので、必ずや力をつけてくださると思います。

 

今後がとても楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

医師の旦那様の欧州研修に帯同する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

高校野球、ついに終わりましたね。

 

毎年球児たちの一生懸命な姿に感動させられます。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在0歳の赤ちゃんがいらっしゃるママさんです。

 

今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、医師である旦那様のヨーロッパの病院への長期研修に帯同される為、現地生活をこなす為に英語力をつけたいから、という事でした。

 

旦那様にとっても大きな挑戦になるであろう今回の研修。

 

小さなお子様、奥様と一緒というのはとても嬉しい反面、生活面での心配事は勿論あると思います。

 

だからこそ、奥様の方で日々の生活周りについては、しっかりと自立してこなせる英語力をつけたい、という事でした。

 

何だか素敵ですね。

 

新しい夫婦が大変な海外生活の中でお互いに協力しながら奮闘する。

 

大変な事も多く喧嘩もあるかもしれませんが、愛の絆は間違いなく深まっていくと思います。

 

今回こちらの生徒様が一番懸念されているのは、お子様の事で、病院など、子供のケアについてしっかりと対応できるようにしておかないと、取り返しのつかない事になる、と考えていらっしゃります。

 

ただでさえ初めての育児で、日本にいても色々と大変な事ばかりで初めての経験を沢山する訳ですから、それが慣れない海外の地になると、苦労が重なるのは用意に想像できるところだと思います。

 

旦那様も特にお子様の事についてはとても気にされていて、奥様の英語力強化は夫婦揃っての今後のテーマと認識されているようです。

 

奥様は英語をしっかりと勉強したのは高校生以来、という事で、既に10年以上の時が経ち、本当にゼロからのスタートと感じていらっしゃいました。

 

実際に体験レッスンをスタートされても、なかなか基本的な挨拶の所から言葉が上手く出ず、思っていた以上に出来ない自分を痛感されたようでした。

 

来年の渡欧という現実を考えた時に、今の自分の英語力を見ると、正直な所、かなり焦ってしまう、というのが体験レッスン後の本日の生徒様の率直な感想のようでした。

 

海外旅行時は旦那様が英語が出来るという事もあり、大体は旦那様にお任せしつつも、横で見ている分には、安心しているせいか、なんとなく自分も会話の内容は分かるような部分も多かった為、自分も旦那様と同じレベルとは言わずとも、実際に英語の会話に入ればそこそこには話せるというちょっとした自信を持っていらっしゃったようです。

 

それが本日見事に打ち砕かれました笑。との事でした。

 

現実を直視する事。

 

ここから全ては始まりますし、しっかりと英語力をつける、という意味ではとても良い時間だったと思います。

 

ご本人も焦りは感じつつも、ついにやらなければいけない時が来た、という背中を押された感覚も持たれたようでした。

 

現場に入るとピリッとするものですし、一歩踏み出してしまえば、あとはもうやるしかない、という気持ちにも切り替えやすいです。

 

やるべきかやらないべきか、悶々と1人で考えている段階でなかなか踏み出せない時は、実際には何もできていないですからゼロですが、一歩踏み出したこの瞬間、その一歩は小さいな一歩に見えますが、「始める」というとても大きな一歩なのです。

 

今後の生徒様の変化が楽しみです。

 

本日は以上です!