IR資料の翻訳チェック、英語会議に対応する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日からは9月最後の週末ですね。

 

関東地方は明日はなかなか暑いようで。。

 

9月はまだまだそんな日がありますよね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在小売業の会社にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、お仕事で英語を使う仕事が入ってきたため、という事でした。

 

具体的には、IR資料を翻訳会社が英訳したものの内容チェック、そして英語での会議に入る状況が出てきているという事でした。英語の会議は通訳がついているようですが、それでもやはり速いテンポの会話の中では、どうしても通訳をつける事で、進行がうまくいかないと感じていらっしゃるようで、全員が英語でダイレクトにコミュニケーションを取れる環境が必要と感じていらっしゃるとの事でした。

 

翻訳会社を通せば、それなりの英文になって返ってくる事が保証されると思いますし、通訳を通せば、基本的に訳の間違いなく、事が進んでいく事が保証されると思います。使った事がない人たちにとっては。

 

ただ、その現場の当事者となってみると、実際にはニュアンスが異なる訳になっていたり、意図する事をあまりにもまとめすぎてしまっていたり、、という色々な状況が見えて来たりします。

 

そして英語がとても苦手な人にとっては、その確認作業が大変で、自分の英語力がないだけに、おかしいですよ、ともなかなか強くは言えない関係になったりもします。

 

でも一番大切な事は、目の前の仕事を、自分の理想とする形、スピードでこなす事です。

 

異なる言葉が入る事で、そのパフォーマンスを落としていい、という事はありませんよね。それが自分の評価にもつながるわけですし。

 

本日の生徒様は、このような環境になって、ご自身で色々と本を買ってみたり、無料アプリを使って英語を勉強されたりしたようですが、とにかく自分の英語力の成長の道筋が全く見えないという事に不安を感じられたようでした。

 

このブログでも何度も書いていますが、初心者であればあるほど、何をすればいいかは分からないものです。

 

そしてあれもこれもと自己学習で色々取り組んでみても、ある程度の力がつくまでは時間がかかりますし、初心者レベルの段階でこれをこのまま続ける事はとんでもない間違ったアプローチをしているのではないか?という不安にかられてしまう事もあります。

 

頑張る気持ちはある、続ける努力もする、でも無駄な事はしたくない。

 

これは忙しい社会人であれば当然考える事だと思います。

 

しっかりと自分の勉強の道筋を立て、自信を持って前に進める為にも英会話レッスンを受けながら、方向性の見定めを手伝ってもらう、というのは全然間違ったアプローチではないと思います。

 

全て独学でやればいい、と考える人も勿論います。

 

試行錯誤しながら時間をかけてその先に最終的に成果が見えれば、とても嬉しいですし、自信になりますし、その試行錯誤もまた必要な事。そう考える人もいます。

 

ただ、多くの人にとって英語はただのツール。

 

色々な恋愛を経験して、辛い思いも失敗もして、そして恋愛を万学んでいく、人生を学んでいく、みたいな事とは話が違います。

 

ウルトラCがあって明日急に英語がペラペラになれるようになれるなら、そんな試行錯誤はいらない。

 

多くの人がそう思っています。

 

だからこそ、本日の生徒様にもアデュールの日本人講師で効率よく今後は勉強していただきたいと思います。

 

今後のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

外資系スポーツメーカーでのキャリアップの為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日は金曜日。

 

あっという間に9月も最後の週末で、10月になりますね。

 

ハロウィン、そしてクリスマスとここから年末まではすぐですね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在外資系のスポーツメーカーにお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、社内でのキャリアップに英語力の強化は必須という事で、その為にこれから頑張りたい、という事でした。

 

会社がフレックス制という事もあり、平日の朝にレッスンを受けたりと、小さいお子様がいらっしゃるこちらの生徒様でも色々と時間の調整がしやすいようで、忙しい毎日ですが、どうにか英会話のレッスンを組み込んでいただけるようでした。

 

スポーツと言えば、オリンピックですね!

 

今はラグビーワールドカップも開催されていますし、まさしく今年来年はスポーツの年、と言っても過言ではないと思います。

 

スポーツ好きな人にとっては、スポーツメーカーは憧れの会社の1つだと思いますし、色々な夢に向かって頑張っている子供達とも深く関わるお仕事で、まさしく夢を実現させる会社、と言えるのではないでしょうか。

 

本日の生徒様もスポーツ好き、という事が今の会社を選ばれた大きな理由の1つのようで、そういった意味では、とてもやりがいを感じてお仕事をされていらっしゃいます。

 

ただ、ここにきて英語という壁が立ちはだかっているという状況になられました。

 

外資系という事もあり、自分の部署以外の人達はみんな英語で仕事をしている、という事で、外を見れば英語村、これからこの会社で羽ばたいていくには、その英語村に飛び込んでいかなければいけない、、というのは、火を見るよりも明らか、との事でした。

 

確かに自分たちの部署以外、みんな英語を使って仕事をしている様子を見ると、危機感を感じるというのはごもっともだと思います。

 

周りの人達の見えないプレッシャー。

 

これを良いプレッシャーに変えていかれれば、必ずやぐんぐん力をつけていかれるはずです!

 

アデュールの他の生徒様の例でも、やはり社内に英語を使ってバリバリしている人がいる、というのはとても大きな刺激になっていらっしゃいます。

 

目の前で英語で仕事をしている人がいると純粋にかっこいいな、という憧れを感じる方もいらっしゃいますし、本日の生徒様のようにみんながみんな英語を使うような環境になってくると、逆に英語を話せるようになるのが当たり前、という風に自分を良い意味で追い込める気持ちになられたりもします。

 

そして、なんといっても、仕事ですから、日々の生活の大半の時間をそこで過ごすわけで、それらの刺激を受ける時間も同じくとても長いわけです。

 

たま~~~~~~~~に会う英語を話せる友達の話を聞いて刺激を受けるのとは、刺激の量が違いますね笑。

 

今日も明日も明後日も、朝から夕方までずっと刺激を受け続けるわけです。

 

本日の生徒様は今回の体験レッスンでは、想像していたよりも上手く英語を話せなかったと感じられたようですが、それでも、色々と試行錯誤しながら、先生と逐一細かい所を確認して潰せていけた事で、今後の成長の道筋が見えたと感じてくださったようでした。

 

今後のご活躍に期待です。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

海外で柔道や護身術を教える為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

真夏の暑さもおさまり、少しずつ秋になってきたなという感じですね。

 

気付けばすぐにマフラーにコートで寒い寒いと言っているのでしょうね笑。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在警察としてお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、警察官を相手に柔道や護身術を教えてらっしゃり、海外へも指導に頻繁に行く為、その時に通訳を通してではなく、直接英語で指導できるようになりたいから、という事でした。

 

見るからに、普通のお仕事ではない事がすぐに分かる体格と風貌。

 

お仕事の内容をお聞きすると、なるほど、という感じでした。

 

海外で外国の方にも指導をされるくらいですから、肉体も世界レベル、という事なのかもしれません笑。

 

とても気さくに話してくださいますし、何よりも、体格からだけではなく、中からにじみ出てくるような普通の人とは違う強いオーラを感じます。

 

こんな方と柔道で組み合ったら、1秒持たないでしょうね笑。

 

こちらの方は海外出張の際に、現地でのお仕事も楽しんでいらっしゃいますが、現地で色々と街を散策したり、お店に入ったりするプライベートの時間もとても楽しまれているようで、その時間で触れ合う方々とも英語でしっかりとコミュニケーションを取りたいという事でした。

 

海外出張を仕事の面でもプライベートの面でもとても楽しんでいらっしゃるようで、それであれば、英語力の強化は絶対に必要ですね!

 

ご自身もこれは英語をしっかりと話せるようにならないといけない!ととても強く感じていらっしゃいます。

 

次の海外出張も近いという事なので、こういう小さいゴールが年に何回か設定されているという事は、英語学習には最高の環境だと思います。

 

ましては海外で自分の英語を試せるわけですからね。

 

やっぱり現地で自分の英語を試して自分が今どれくらいの立ち位置なのかを感じる事が、英語学習のモチベーション維持にはとても有効です。

 

相手は英語の先生ではないので、英語学習者を良く知っている先生とは違う普通の英語で話してきますし、そこではリアルな自分の能力が試されます。

 

そういう機会が年に数回あるというのはとても良い事だと思います。

 

英語に関しては、学生時代から全く勉強はしてきていません!と断言される程、苦手なようで、それでもやりたいという気持ちは強く、学習方法のアドバイスから希望されていました。

 

体験レッスンではとにかく言葉が出ない、という事を強く痛感されていましたが、それでも、その中で色々と先生に習う事ができ、こうやって自分を高めていけるんですね、ととても楽しく感じてくださっていたようでした。

 

普段警察官相手に教えるという仕事をされているので、そういった意味では、教えられる立場ではどのような意識でやるべきか、という事もとても考えていらっしゃったようで、とにかく分からない事をしっかりと聞く事、先生の真似をしっかりとする事、フィードバックを貰う事、など、色々と挙げていらっしゃいました。

 

とても良く考えてレッスンを受けていらっしゃいますし、環境もありますし、何よりも、ガッツは誰にも負けません!とおっしゃっていたので、必ず流暢な英語を話せるようになっていただけると思います。

 

今後のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

商社の財務として海外の事業会社管理の為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

9月最後の連休が終わり、連休明けの初日でお疲れの方も多いのではないでしょうか?

 

あっという間に夏も終わり、、と言いたい所ですが、意外と熱かったりしますね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在商社の財務を担当されていらっしゃり、今回お申込みいただいた理由は、海外の事業会社の管理に携わる為に海外出張に行く事があるので、英語力の強化はこれからは必須なので、という事でした。

 

大手商社ともなれば海外に事業会社を持っていて、そことの日常的なやり取りがあるというのは、十分想定される事ですよね。

 

本日の生徒様は新卒で今の会社に入られてから約10年、今の会社でずっと頑張ってこられ、今後も可能な限り今の会社で頑張っていきたいとのお考えでした。

 

理由は、グループ会社を含めとても事業内容が多彩で、そういった刺激的な環境で色々なビジネスを学べるため、という事でした。

 

素敵ですね!

 

商社といえば「the 商い」というイメージはとても強いと思いますし、大手商社でこちらの生徒様がおっしゃるように、幅広く世の中の事業を見るという意味ではとても面白いと思います。

 

英語に関しては、商社に入られているという事もあり、どちらかというと関心は強いとの事でしたが、そこまで高い英語力を入社時には求められなかったようで、ご自身としては、まだまだ初級の初級というご認識でした。

 

周りに英語が出来る方が多い環境にいらっしゃると、余計に自分の英語力を低くみがちな部分はあると思いますが、それを差し引いても英語力は未熟という風に謙虚に話されていました。

 

どこかのタイミングでグッと英語力を上げなければいけないといいう事はずっと考えていらっしゃったようで、今の部署に入り、これまでで一番英語力が求められるようになり、英語力の強化への意識が自然に高まったとの事でした。

 

環境はとても大きいですね。

 

無意識に必要なものへ体が動く。これが環境が与えてくれるメリットだと思います。

 

環境がない時に、自分の意識で体を動かす、というのは強い意識が必要です。

 

特に英語のように習得までに長期戦を要するものだと、より強い自分をコントロールできる意識が求められます。

 

環境という要素がその意識をヘルプしてくれれば、とても心強いですね。

 

今回の体験レッスンでは、一番苦手とされているスピーキングの部分にやはり自分の弱さを感じられたようでした。

 

体験レッスンという事で、自己紹介など想定されていた事については、何となくイメージしてたので出来たものの、想定外の話題に及んだ瞬間に自分のスピーキングの弱さが一気に露呈したという事でした。

 

単語が足りないだけではなく、文章の組み立て、そのスピードに課題があり、そこに引っ張られて、1つ1つの発音の意識も弱くなり、全体がグダグダになる感じがご自身が痛感された点だったようです。

 

英会話は自分一人のペースで進められるものではなく、相手と一緒に進めていくもので、ナチュラルな会話では、自分のペースではなく、世の中で通常想定される一般的なスピードでの会話が要求されます。

 

そのスピードは英語が苦手な方には当然キツく、そこのスピードについていこうとすると文章の組み立ても、使う単語も、発音もどうしてもうまく出来なくなるものです。

 

色々と発見も多かったようですので、今後も頑張っていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

医療用ソフトウェアの海外クライアントのアテンドの為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日は金曜日。

 

あっという間にまた連休が始まりますね。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在医療関係のソフトウェアを開発するお仕事をされていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、海外のクライアントが日本に視察に来られる際にしっかりと英語で対応できるようになりたいから、という事でした。

 

医療関係のソフトウェアという事で、実際に医療機関などに導入されるようなものなので、細かい部分はお伺いしませんでしたが、そういった商品のクライアントとなると、とても大口の海外のお客様だという事は容易に想像できますね。

 

本日の生徒様はご本人も以前アジアの他の国に何年か滞在されていたご経験もあるようで、英語については、多少は話せるとの事でしたが、実務上、英語を常に話さなければいけないという環境ではなかったようで、自分が思っていたよりも英語力は伸びずに帰国されたとの事でした。

 

海外駐在員として海外に行かれる方は、必ずしも外国に四六時中囲まれた生活になる、という事ではなかったりします。

 

実際に日系企業の海外拠点などにいけば、意外と現地は日本人社員が大多数を占め、オフィス内公用語は基本的に日本語、という事もあります。そのような環境ではオフィスを出れば外国、でも実際に一日の大半を過ごすオフィス内は日本、というような不思議な環境になる事になります。

 

このような環境だと想像していた海外駐在とは少し違うなと感じられる方は多いと思います。

 

本日の生徒様は、帰国後しばらく英語を使う事がなかった事もあり、かなり英語力が落ちてしまったようで、改めて仕切り直しで頑張っていきたい、という事でした。

 

人生の中では色々なステージがあって、英語にがっつりと埋もれる時期、英語から完全に離れる時期、という風に英語との距離が時期によってかなり違うという方は意外と多いです。

 

こういう方は離れた時期から戻ってきたときに、「あれ、自分の英語って、、、、」と少しその落差にショックを感じられる事がしばしばあると思います。

 

ただ、こういう方々は、ある時期しっかりと英語に向き合っていらっしゃった分、再開して、しっかりとまた学びを続けられれば、程なくしてまたすぐに力をつけられるようになる事が多いです。

 

本日の生徒様も、体験レッスンを始めた瞬間は言葉がなかなか出なかったとの事ですが、短い体験レッスンの時間でも、後半は徐々に言葉が追いついてくるようになった、と話されていました。

 

しっかりと英語に向き合っていた時間というのは絶対に無駄ではないですし、それを活かすためには、ブランクをあまり取り過ぎない事だと思います。

 

本日の生徒様はこれから仕事で海外のクライアントと話す事が増えてくるという環境で、学習に対するモチベーションもかなり上がっていらっしゃいました。

 

基本は仕事の為に英語力、という風に、英語学習を仕事の一部として割り切っていらっしゃいます。

 

その分、楽しい、楽しくない、疲れた、等のような気持ちは学習には一切入れず、仕事のプロフェッショナルとして、英語の時間は100%の集中力で挑まれるご様子でした。

 

今後のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!