英語の電話の取次ぎと来日された方の対応の為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

ハロウィンで小さい子供たちが仮装しているのをみると、なんだか和やかな雰囲気になりますね。

 

小さいお姫様やヒーローはいつの時代も輝いています!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、新卒で入社された会社で10年以上勤めていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、仕事で、英語の会話が出来るようにしたいから、という事でした。

 

10年前から、仕事で書類やメールで英文にはずっと触れて来られているようで、全く英語をしてこなかったという環境ではなかったようです。ただ、メールは、全て翻訳ソフトを使いながらというやり方で、自分から英語の能力を上げるという意識は全く持って来られなかったという事でした。

 

英語に苦手意識があり、そもそも英語を使いたくない、という気持ちから、英文メールについても、次はもっといい文章を自分で考えて、、、というような考えにはならず、とにかく翻訳機にかけて、自分は極力英語を考えないで済ませたい、という風にしてこられたようです。

 

まわりの人はみんな英語ができるという状況のようで、その環境をプレッシャーに感じて英語を勉強する人もいますが、本日の生徒様は逆に「役割分担」という意識で、自分は英語はできない人、という立場でいこうと思っていらっしゃったようでした。

 

ただここにきて、仕事で英語を話す事も求められるような状況に変わってきそうな様子という事で、ついに本腰を入れて英語と向き合う時が来たという事でした。

 

私じゃなくて他の人にしてよ~、という気持ちがあるのは事実のようですが、仕事は選べないという事で、やるしかないという事でした。

 

想定される必要な状況は、電話の取次ぎや、来日された方の対応など基本的な簡単な日常会話レベルの内容という事でした。

 

そんなにガッツリとしてビジネス英語を話さなければいけないという事ではないようで、本当に基本の「キ」レベルの会話ができればいいんですという事でした。

 

といっても、やはりある程度の力は必要になる状況が想定されていると思います。

 

仕事ですので、分からないのに分かったふりで突っ切るのはあまりにも無責任ですし、まわりまわって自分の評価につながる可能性もあります。

 

英語が苦手な方は、海外からの電話と思われる番号や非通知電話は一切出ない、どれだけ電話が鳴り続けても、他の人が出るまで出ないという対応を徹底する人もいますし、出たとしても、間違い電話のふりをして切ってしまうという強者も実際にはいらっしゃいます。

 

でもやっぱりそうは出来ない状況の方は沢山いらっしゃると思いますし、それに長くその会社にいようと思っていれば、やっぱり期待されるスキルはつけていかなければ、というのが自然なパターンだと思います。

 

体験レッスン時も最初はとても緊張されているご様子でしたが、次第に緊張も和らぎ、担当講師と楽しく色々な会話をしたことで、英語学習を前向きに捉えられるようになったと話されていました。

 

社会人にとって、あまりにも苦痛な時間として英語と向き合うのはやっぱりキツいと思います。

 

仕事、家庭、色々と大変な事がありますし、それ以外の所は出来る限り精神的負荷を減らしたいというのは誰もが思う所です。

 

楽しく、かつ、しっかりと力をつける、そんな形でこれから頑張っていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

マスコミの版権を扱う部署への異動と海外旅行の為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

今日の関東地方はパッとしないお天気でしたが、明日は晴れみたいですね。

 

ハロウィンの季節ですね。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在マスコミのお仕事をされていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、お仕事と、プライベートの海外旅行と、どちらでも英語を流暢に話せるようになりたいから、という事でした。

 

お仕事では海外と版権のやりとりをする部署などがあり、英語ができるとそのような部署への異動の可能性もあるという事で、海外に興味のあるこちらの生徒様にとっては、魅力的なようです。

 

ただ、実際にはかなりの英語力が求められるようなので、現状は遠い先の目標という風に据え置き、直近では、まずは海外旅行の際に少しでも英語でのコミュニケーションをスムーズに出来れば、という事でした。

 

去年はハワイに行かれたようですが、その時には全然英語を話す事ができなかったようで、日本語も通じる場所という事もあり、結局自分の英語は全く使えない、という事だけを感じて帰ってこられたようです。

 

勿論ハワイ自体はとても楽しまれたようですし、現地の雰囲気や景色、海、街並み、ショッピングを楽しむという点では何も不満はなかったようですが、英語ができればもっと色々深く楽しめる事もできると思う、というのが率直な感想との事でした。

 

初めて行く国は、言葉が通じなくても、その場を見て、感じるだけでも、正直十分楽しめますよね。

 

日本と違う!なんだこれは!という異なる場所はその場に発つだけで刺激的です。

 

それだけで十分海外旅行に行っている価値があると思います。それ以上は何も求めない、と思っても何ら不思議ではありません。

 

ただ、英語を話せる人が近くにいたり、英語を話せる人が現地の人と楽しそうに話したりしていると、自分もそうなりたい、と思うようになるものまた自然な事だと思います。

 

現地の人が何を考え、何を不満に思い、何を楽しみ、何に笑うのか、それを見て感じるのではなく、自分の言葉で直接会話を交わす事で感じられるというのは、これもまた何とも言えない楽しさだと思います。

 

現地の文化も、建物も、街の雰囲気も、そのほとんどが、現地の人達によって作られているもので、その人たちがどういう事を考えているのか、どういう人なのか、というのを会話を通じて知れると、またその街の見方がぐっと深くなるものだと思います。

 

本日の生徒様は、英語を話すこと自体に恥ずかしさを感じる事は全くないようで、間違いも恐れない、そんなタイプの性格の方のようです。

 

海外でもめちゃくちゃな英語で相手に話してみたりするそうで、その姿勢はとても素晴らしいと思います!

 

ただ投げる英語が、名詞、名詞、名詞、名詞、名詞、名詞、形容詞。みたいな感じなので、やはり相手にはうまく伝わらない事が多々あるようです。必死に意味を汲み取ろうとしてくれて返答してくれるようですが、全然聞いている事と違う事を話している、、なんて事があるようです。

 

やっぱり英語の基礎が全くできていないと会話は続かない。というのが本日の生徒様が強く感じていらっしゃるところのようです。

 

前向きな姿勢で頑張ってくださっているので、必ず成果を出していただけると思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

出産後に新しく勤める医療機関で英語を使う為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

少しずつ朝晩は寒くなり、明日は雨で日中もかなり寒いみたいですね。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在お腹の中に赤ちゃんがいらっしゃり、もうすぐママになられる女性です。

 

今回アデュールでのレッスンを受けられる事になった理由は、7月から医療関係のお仕事を始められる事になっている為、それまでに少しでも英語力をつけておきたいから、という事でした。

 

新しい職場の担当の方から、ある程度英語ができるように勉強しておくようにと言われているようです。

 

出産明けから新しい職場に、というのもなかなか緊張するものだと思います。

 

出産明けでなくても、新しい職場で働き始めるのは、仕事を覚えたり、人間関係を作ったり、その会社の文化を学んだり、と色々な事があります。

 

本日の生徒様は出産前までは全く別の業界にいらっしゃったという事で、全くの畑違いでの再スタートとなるわけですから、さらに新しい環境に入っていく事の難しさはあると思います。

 

このタイミングで職場を変えられたのは、出産後の育児を考えた生活を踏まえ、これまでよりもプライベートをしっかりと考えてもらえる環境を優先した、という事でした。

 

ママになり、色々な事が出てくるこれからですから、しっかりと計画していらっしゃるのですね。

 

生まれてくるベビちゃんも喜んでくれるでしょう!

 

英語については、苦手意識が強く、学生時代から社会人になり今まで、基本的には避けてこられたようで、今回も次の職場から英語をやるようにと言われなければやる事はなかったとの事でした。

 

次の職場では英語が出来ないとどうにもならない、という程ではないようですが、それでもある程度の英語力は付けて欲しい、という事でしたので、英語が必要な状況を覚悟していらっしゃるようです。

 

医療機関には外国人の方も勿論いらっしゃいますし、ラグビー日本代表じゃないですが、日本には外国人の方がたくさん住んでいらっしゃいますからね。

 

特に医療機関に行くときは、どんな人でもやっぱり少し気持ちが落ちると思いますし、そんな時にしっかりとサポートしてくれる人達は本当にキラキラしている救世主です。

 

外からみてもとても大切なお仕事だと思いますし、是非頑張っていただきたいと思います。

 

今回の体験レッスンで感じられた事は、基本的に英語に関してはほぼほぼゼロからやり直さなければいけないという事のようでした。

 

挨拶すらままならず、会話のキャッチボールがほぼほぼ成立しない状況では、自分の弱い所、強い所、等の話ではなく、全くの白紙状態から1からやり直すという形の方がかえってスッキリすると思いますとの事でした。

 

ゼロからやり直す、というのは聞こえは大変かもしれませんが、その覚悟を持っていらっしゃるのではあれば、真っ白なキャンバスにこれから丁寧に絵を描いていける状態ですから、逆に言うとベースをしっかりと意識してやっていけるとも言えます。

 

骨組みがしっかりしていると、後々とても役立ちますし、中級者になっても、英語力上達がどんどん楽しくなってくるはずです。

 

何か大きな所を落としている、あの時にここはしっかりとやっておけばよかったというような大きな何かが途中で見つかると、少し残念な気持ちになるものです。

 

これから是非頑張っていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

 

 

IT企業の海外進出担当として頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

あっという間の週末ですね。

 

今日の関東地方はすごい雨でしたので、被害が心配です。。。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在IT企業にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、社長が海外進出をしよう!とおっしゃっているようで、英語のできる人材を新規で雇い入れるのではなく、現在いるスタッフでやっていくとの方針から、こちらの生徒様が直々に英語をやるように言われたようです。

 

社内では、どちらかと言えば英語が出来る方、という事が今回の指名になったようですが、それでもご本人いわくあくまで社内でという話で、決して英語ができる、というレベルでは全くなく、周りの人の英語レベルが極端に低いだけ、と話されていました。

 

普段仕事をしている人にとっては、自分の英語力というのはTOEIC等を受けていればイメージはつくかもしれませんが、それでも周りの人の英語力と自分の英語力の差を客観的に見て、安心するか危機感を抱くかに分かれる場合が多いのかなと思います。

 

いくら自分がTOEIC500点でも、周りの人がもっと英語ができなければ、まわりよりはマシ=どちらかといえばいい方=自分は安泰、というような無意識な思考回路が出来上がる事もあると思います。人間誰だって安心したい動物です。その思考が悪なのではなく、無意識にそう感じるのは人としてごく自然な事ではあると思います。

 

ただ周りに海外経験も豊富な英語がバリバリ出来る人達が沢山いると、「あの人達は普通じゃないから」と自分の中で言い聞かせて、自分はTOEIC500でも世の中的にはそこまで問題のあるレベルではない、と思いたい所ですが、現実問題、目の前でバリバリできる人達を毎日みる環境にいると、「。。。。英語やらなきゃな。。」と結局は思ってしまう事が多いと思います。

 

周りの環境は大きいですね。

 

本日の生徒様も周りが出来なさすぎるから自分は大した事はないといいつつ、結局はまわりよりはマシという状況が、これまで自分自身の英語力を本気でアップさせようと努力してこなかった事につながってしまっていたと認識されていました。

 

これまではメールで海外のベンダーに英語で質問をしたりというような業務はあったようで、英語に全く触れていない環境ではなかったようですが、それでも基本はメールベースで、時間をかければどうにでも出来てしまうから英語の努力は怠ってしまっていたとの事でした。

 

海外展開となると、社長からのあれやこれやの注文がどんどん出てくるはずなので、必然的にスムーズに英語でのやり取りができないと仕事にならなくなるという事を想定されていました。

 

社長の性格はよ~~~く理解されているようです笑。

 

学生時代にはアメリカのコミュニティカレッジと提携を結んでいた専門学校に通っていらっしゃりそこでAA degreeを取っていらっしゃいます。

 

既に英語力はそれからとても落ちてしまった、という事ですが、それでもやはり基礎の力はしっかりとあるという事を体験レッスン時に証明されていました。

 

大きな仕事を任される事はプレッシャーではありますが、反面期待されているというのは、嬉しい事だと思います。

 

今後の生徒様のご活躍に期待です。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

旦那様のドイツ転勤に赤ちゃんと帯同する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日の東京は雨みたいですね。

 

お天気は悪いようですが、それでもハナキンです!

 

今週最後の一日という事で気持ちもスッキリな方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

コチラの生徒様、現在0歳の赤ちゃんがいらっしゃる一児のママさんで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、1月から旦那様がドイツに転勤される事になり、お子様と一緒にドイツに帯同される為、その為に少しでも英語を勉強しておきたいから、という事でした。

 

あと少しの期間ではありますが、日本にいる間にやれることはやっておきたいと考えていらっしゃるようで、宿題も含めしっかりとやります!と気合を十分でいらっしゃいました。

 

まだ小さい赤ちゃんで、また初めてのお子様という事もあり、色々と育児に苦労はされていらっしゃるようですが、赤ちゃん同伴でレッスンを受けてでも、準備は怠りたくないという強い気持ちをお持ちでした。

 

実際に1人目のお子様で、また旦那様も奥様も地方出身で、ご両親の助けもない中での育児で、大変な事はとても多いと思います。

 

この忙しさを言い訳に英語の準備をしないという選択肢を取っても誰も責める事はないと思います。

 

でもやっぱり全ての結果は自分に降り注いでくるわけで、本日の生徒様も向こうにいってからの苦労を少しでも今の努力で和らげられるのであればその方がよいというお考えでした。

 

海外で長期の生活をしたことがない人にとっては、本当に海外生活は未知の領域だと思います。

 

そこで言葉が通じず、またお子様もいる、という状況になると、ママとしては、「ヤバい。。」と感じるのは当然の事だと思います。

 

日本なら何かと助けを求める事もできますし、何よりも日本語が基本的に通じる環境ですから、言葉の壁という大きな障壁はありませんが、海外となると全く様子が変わります。

 

また自分は外国人としてその国に滞在するので、現地の人からは外の人、という見方をされるのも現実です。

 

明らかな差別はないにしても、やっぱり外国人という意識で見られているなと感じる事は時々あると思いますし、現地の人よりも難しさを感じる場面は必ずあると思います。

 

そんな時にまず必要になるのが、自己主張できる力、それは意識の問題ももちろんありますが、大前提として、自己主張できる言葉を知っているという事がポイントですね。

 

だからこそ、まずは英語をやる。

 

そして言わなきゃいけない事を言えるようにする。

 

まずはここが大事です。

 

発音や表現がネイティブとは言えなくても、相手がこちらが何を言いたいかを十分に理解できるレベルに達していれば、言葉の意思疎通という意味では十分です。

 

日本語を話す外国人の方を見て、発音やイントネーション、単語の使いまわし方のちょっとした間違いなどで、日本語ネイティブではないなとは分かっても、意思疎通に問題がなければ、大きなトラブルはほとんど起こらないはずです。

 

まずはこの2か月、徹底して基礎固めと自分の弱い所を徹底的に攻めていく、という姿勢でいらっしゃいます。

 

体験レッスンはリスニングがとても弱いと最初は感じられたようですが、ブレークダウンすると、リスニングというよりも、そもそも基本的な英単語が理解できていないボキャブラリの問題がとても大きいという事を確認されました。

 

ヤル気十分のこちらの生徒様。

 

出発までの努力に期待です。

 

本日は以上です!