空港のグランドホステスとしてVIP対応する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日の関東地方は雨のようですね。

 

雨は嫌ですが、とんでもない暑さに比べればマシですね笑。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在空港でグランドホステスとしてお仕事をされていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、空港のラウンジや添乗のアテンド等をする際、海外に方にしっかりと英語で対応できるようになりたいから、という事でした。

 

海外のVIPの方への対応等も求められるようで、今の英語力では到底かなわない、という事でした。

 

島国日本。

 

ほとんどの外国人の方が飛行機で来日されるわけですから、ほとんどのVIPも空港を使う、という事になりますね。

 

そしてそこでの対応はグランドホステス等、空港スタッフ、という事になりますから、責任はとても重大ですね!

 

もともと客室乗務員をされていたという事もあり、最低限の英語は勉強されていたとの事ですが、国内線メインで英語を使う国際線は極力避けるようにされてきた為、今でも英語の会話についてはとても苦手意識をお持ちのようです。

 

どんなものでもそうだと思いますが、苦手意識のあるものというのは、どうしても体が硬くなりがちです。

 

体が硬くなると、更に普段通りのパフォーマンスも発揮できず、余計に結果がでなくなり、また嫌になる、という負のスパイラルに入ってしまったりします。

 

これはとても嫌ですよね。

 

やっぱり自信を持てるようになる事、また自信あるとは言わなくても、苦手意識、というものをなくせる状態にしたいです。

 

苦手意識は特にないが、特段得意でもない、という状態がまず最初の目標段階と言えると思います笑。

 

ただ、英語は苦手で下手だけど、好きなんです!という人も世の中にはいます。

 

そういう方は好きな気持ちがある為、体が硬くなりにくく、持っているものはそのまま発揮できるというパフォーマンスに精神面があまり影響してこないプラスの面があります。

 

そう考えると、苦手意識を払しょくするには、英語力をつけるしかない、という1つの答えだけでなく、まだ力がついていない段階でも、英語を楽しもう、できない自分を受け入れ、前向きに頑張ろう!などのような考え方次第で、いくらでも体の硬さは取れるという事になります。

 

勿論、そこから英語力の強化に力を入れていっていただく必要はあります。どれだけ英語が好きでも、トレーニングしなければ、いつまでたっても初心者レベルのままであることに変わりはありません。

 

本日の生徒様はある程度の基礎は以前に勉強されているという事もあり、レッスンでは実務を想定した会話トレーニングに重点を置きたい、という事でした。また、言いたい事の誤解が生まれないよう、日本人講師のレッスンを選ばれたようでした。

 

英語を話す、という事からかなりの年月離れていらっしゃったようなので、体験レッスンでも最初全然言葉が出てこなかったとの事ですが、それでもやらなければいけない、という気持ちをしっかりと持てている事が集中力につながった、とおっしゃっていただけました。

 

集中力、モチベーション、ここはとても大きなポイントです。人によって目標は違いますし、得手不得手もあります。

 

しっかりとその人にあった方法でその人のペースで向き合う事が大切ですね。

 

本日は以上です!