外資系IT企業で英語のできる下の社員からの圧力に負けない為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

今日の関東地方はとても暑い陽気になりましたね。

 

もう夏!という暑さでしたが、夏はこれからが本番。バテないようにこれからしっかりとしないとですね。

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在外資系IT企業でITコンサルをされていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、下の社員がみんな英語ができる為、自分も英語ができないとマズイ、という雰囲気になってきているため、という事でした。

 

外資系企業の中堅社員の方あるあるだと思います。

 

中堅社員の方が入社したときよりも入社時の英語力の基準を高めてきている企業は沢山ありますよね。

 

グローバル化が大企業、中小企業問わず叫ばれ出して久しいですが、外資系企業はもともと外資なわけですから、本社とのやりとりや、グローバルで力をつけていく、という意味では社員の英語力を求める、という事は当然に起こり得ることだと思います。

 

また、アデュールの別の外資系企業の生徒様は、以前は日本マーケットのみを見ていればいい、というスタンスだった為、英語力も求められなかったものの、時代が変わり、日本マーケットだけではなく、日本支社の人間もアジアリージョン全体をみていく、という方向性に会社が変わり、そこから英語力が求められるようになってきた、という方もいらっしゃいます。

 

部署異動を機に、という方もいれば、転職を機に、という事もありますし、皆さん英語が必要になった細かい理由はそれぞれですが、大きくみると会社が英語ができる人材を求めている、というのは共通しています。

 

本日の生徒様はもともとは英語が苦手だからエンジニアとして国内で生きて行こう、という考えをお持ちだったようで、今の会社にも英語力は必要ない、と言われて入社された経緯があったようです。

 

ただ、時代は変わる、というその一言に尽きるようで、会社からは英語を話せるようになれ、と直接的には言われていないものの、下の社員の圧力が”半端ない”という事でした。

 

英語はあくまでコミュニケーションツールであって、仕事ができるかどうかの基準では全くありません。

 

英語ができても仕事ができないやつだな、と評価される人もいると思いますし、英語さえできればあの人は仕事ができるので完璧なのに、と思われる人もいます。

 

会社的には長期でみれば後者の人材を重用したいのは当然の事で、そこにはチャンスがある、とみるべきです。

 

英語力のその差を少しでも埋める事ができれば、それはそれは会社にとっては喜ばしい事ですし、その姿勢は必ず会社は買ってくれるはずです。

 

本日の生徒様は今回の体験レッスンはとても緊張した面持ちでいらっしゃいましたが、終了時にはかなりリラックスして担当講師と話をされていらっしゃり、充実感を感じていただけていたようでした。

 

今日の一歩が必ず大きな道へとつながっていく、そんな感触をつかんでいただけたのではないかと思います。

 

レッスンでは基本的な日常英会話から見直し、まずは基礎のところから底上げをはかりたい、という事でした。

 

エンジニアの方なので、日常的に”学習する”という習慣がついていらっしゃる方ですから、例えそれが英語学習に代わっても、習慣をつける、という意味では普段のエンジニアとしての学習習慣が生きてくるはずです。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!