鉄鋼商社の総務からの転職を目指して頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日の関東地方は久しぶりのお天気のようですね。

 

お洗濯日和という事ですかね。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在鉄鋼商社の総務でお仕事をされていらっしゃり、今回お申込みいただいた理由は、現在は仕事で英語は必要ないものの、英語を使う仕事への転職を考えていらっしゃり、その為に今からしっかりと英語力をつけておきたいから、という事でした。

 

転職を考え出した時に、まずは自分の市場価値を考えますね。

 

ある1つの会社の中でのみ生きる能力ではなく、市場価値のあるビジネスパーソンになる、というのは、労働市場が流動的になってきている今の社会ではとても大切な考え方だと思います。

 

ただ、まだまだ若い世代にとって、市場価値のあるスキル、と言ってもなかなかこれと言ってアピールできるものは少ない、と言うのも現実だと思います。

 

そんな時に、まず最初に頭に浮かぶのが英語力、という所かもしれません。

 

営業できます、とだけ言ってもなかなかそれだけではパンチがない時に、英語もできます、海外に一人で乗り込んで商談纏めてくることができます、とまでなれば、一度会ってみよう、と思ってくれる企業も多くなってくるはずです。

 

特に若くてそこまで自信を持ってできるというのであれば、欲しい企業は沢山あるはずです。

 

本日の生徒様は、学生時代にNHKで英語をしっかりと勉強されていた時期があり、その時にだいぶ英語力の基礎が固まったという事でした。

 

今でもその基礎は活かせているようで、街中で道を聞かれた時にも最低限の事は伝えられる力を持っていらっしゃるようですし、社内で営業が電話で話す英語も大部分は理解出来ている気がする、という事でした。

 

ベースはかなりしっかりとされているようです。

 

ただ、ご本人が必要と感じていらっしゃるのは、実務レベルで一人で業務をこなせるだけの力にあげていく、という事でした。

 

これまでビジネスでは英語を使って仕事をする、という事はされてこなかった為、いざ実際に英語を使って仕事をすすめていくとなった時に、はたして自分がどこまで本当に対応できるのか、というのはご自身でもかなりの未知数と感じていらっしゃるようでした。

 

なんとなく英語ができる、というレベルで通用する程ビジネスの世界は甘くないだろうな、というのが正直な思いのようで、だからこそ、実務レベルで通用する英語力を目指し、ここから頑張っていきたい、という事でした。

 

転職時にはTOEICスコアも取っておきたい、という事でしたが、やはりレッスンでは会話力のブラッシュアップを意識されています。

 

それはこれまで独学で基礎をしっかりと積み重ねてこられた方だからこそ、1:1で先生との時間はよりインタラクティブな会話の時間にしていく事が効率的な時間だという事をしっかりと理解されているからだと思います。

 

会話は相手あっての会話で、もちろん相手なしでも練習はできますが、リアルな会話のイメージをつけるには、相手あっての会話で練習をしていく事が一番です。

 

会話の中でのちょっとした緊張感、マンツーマンなので逃げられないその空間、そういった実際の会話の場面の中でトレーニングしていく事は必ず力になるはずです。

 

今後の生徒様のご活躍に期待です。

 

本日は以上です!