外資系医療機器メーカーでのプレゼンスを高める為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

あっという間に週末ですね。

 

サッカー日本代表のワールドカップが近づいてきました。ドキドキです!

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在、外資系医療機器メーカーにお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、仕事上における主に会話の部分で英語力が不足していると感じていらっしゃり、その部分を補いたいから、という事でした。

 

本社から外国人スタッフが来日し、その際には一日アテンドする事もあるようで、その時に相手の言っている事はかろうじて聞き取れても、話す際になかなかすぐに言葉にできないという点に苦労されているようです。

 

また、普段の社内の業務においても、現在は専門分野の知識があるのでかろうじて仕事を与えてもらえているものの、それでも将来的には今の英語力がずっと続くようであれば、この会社に居続ける事は厳しいという上の判断が下ると思うという事でした。

 

テレカンでは、基本的に自分から主体的に会話を進めていく事はほぼほぼ出来ない為、英語ができる人のヘルプとして入っているような状況で、それをしっかりと上の人間は分かっているので、ここでも状況の打開が必要、という事でした。

 

なかなか厳しい状況が続いていらっしゃるようです。

 

それでもプラスに考えれば、英語を使って仕事をする、ビジネス英会話の力を上げる最高の場所を提供されていると考える事もできると思います。お金をもらいながら。

 

世の中、英語の使える仕事に就きたい、今は英語はできないけど、それでもそういった環境を与えてもらう事で、現場で英語力をつけていきたい、と考えている方が沢山いらっしゃいます。

 

そういった方々にとっては、こちらの方のお仕事環境は本当に最高の環境だと思います。

 

本社スタッフのアテンド、日々の英語でのメール、書類のチェック、社内で飛び交う英語、それらは前向きにとらえれば必ず英語力を上げてくれる最高の環境になってくれます。

 

現在の生徒様の英語レベルはというと、ご本人は周りの日本人スタッフが英語が流暢な為、自分は全くの初心者レベル、という風におっしゃっていましたが、最低限の意思疎通を本社スタッフと出来ている現状は、初心者レベルという事はありません。

 

英語だけで会話を運ぶ、という事は初心者レベルの方にとっては、遠い遠い夢のような世界ですから、このステージは既にクリアされています。

 

学生時代にはしっかりと勉強されていたこと、日々の業務で同僚が使う英語から自分が使える表現を学ぶという姿勢で、英語を学ぶ姿勢をしっかりと維持されている事、これらがしっかりと今のこちらの生徒様の力となってあらわれていらっしゃいます。

 

周りのレベルが高ければどうしても相対的に自分のレベルが低く見えるものです。

 

よい意味でその状況を自分へのプレッシャーとすることはプラスに働きますが、あまりネガティブにとらえるのはよくありません。

 

英語はあくまでコミュニケーションのツールであって、ビジネス実務の本質ではありません。

 

特に自分は仕事はできる、と思っている方であれば、多少英語が苦手であっても気にすることはありません。

 

最低限のビジネスレベルの英語力まであげていけば、後は純粋にリアルな仕事力で評価されるはずです。

 

アデュールの日本人講師がそこまで上げるお手伝いをさせていただきます。

日本人講師ページでは、日本人講師のメリットをご紹介しています

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!