英文科の環境をより活かせる為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日からはもう6月ですね。

 

あっという間に夏がきそうです。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在大学の英文科に通っていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、スピーキングのトレーニングを徹底的にやりたいから、という事でした。

 

英文科ですので、これまでも外国人講師の方の英語での授業や英語でのプレゼンテーションを多くこなされてきていますが、本格的なスピーキングの経験があまりない為、自分の言いたいことが英語ですぐに出てこなく会話が続かないことが多いというのが現在のこちらの生徒様の悩み、という事でした。

 

英文科、というと、みんな流暢に英語を話すバイリンガルの人ばかりのイメージを持っている方もいますが、必ずしもそうではありません。

 

英文科卒だけど、会話は全く自信がない、という方も実は沢山いらっしゃいます。

 

これをネイティブの人が聞くと、英文科なのに英語が話せないってどういうこと?という風に必ずなりますが、それはまあ、そういう事なのです、と説明するしかないですね。。

 

本日の生徒様はスピーキングに加えて、日常英会話においてゆっくりと話してもらえれば相手が話している内容がまだ分かるものの、ネイティブ並みの速さになると聞き取ることが難しくなるのでリスニングもトレーニングしていきたい、という事でした。

 

優先順位としては、スピーキングの力を徹底的に上げたい、というのが先のようですが、勿論リスニングも並行して力をつけられれば、という事でした。

 

会話においては、スピーキングとリスニング、どちらも必要ですし、どちらかが極端に欠けていると残念ながら会話が成立しないですね。

 

本日の生徒様は英文科で毎日しっかりと勉強されているので、スキルが非常に欠けている、という事は勿論ないわけですが、それでも周りの英語のできる友人と比べると、どうしても引け目を感じてしまう、という事でした。

 

圧倒的に英語のできる人を前にすると、誰だって劣等感を感じるものですし、その力の差があまりにも大きく感じると、英語学習のモチベーションを低下させる原因になる事もしばしばあると思います。

 

でもそこは大人。

 

自分の中でどのように現状を理解して、そして自分をどのように納得させて、これからどうするか。そこは自分でしっかりと腑に落ちるまで考えないとダメですね。

 

本日の生徒様のように日々このような環境にいらっしゃると、しっかりとその辺りの事は考え抜いていらっしゃるものです。

 

彼、彼女らと同じレベルにならなければいけない、と考える事が間違いで、自分のレベルをどうやって効率的に上げていくか、そこだけに意識を当てていけばよいわけです。

 

今回の体験レッスンでは、普段の大学ではあまりない、徹底的に自分の意見を英語で話してもらうという内容になっていましたが、終わった時には、やはりこれくらいの話さなきゃいけない、という環境が大切、という事を改めて痛感されたようでした。

 

またなんとなく話していた、使っていた表現でも少しの間違い、誤解なども今回の体験レッスンで確認できたようで、そういった細かい部分の確認も出来てとても良かったようです。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

ジム経営に続く第二の事業を海外で展開する為の頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

もう梅雨もまじかというような気にさせてくれる東京のお天気です。

 

蒸し暑いのは勘弁してもらいたいですね。。。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在ジムを経営されており、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、将来的な事業展開を見据え、経営者である自分が英語が話せるようになる事で、事業の幅を広げていきたいという事でした。

 

素敵な野望をお持ちでですね!

 

具体的なジム経営についてのお話は細かくはお話をお聞きしませんでしたが、こちらの生徒様、どちらかというと海外でのビジネスに興味をお持ちのようで、そこでは今の事業とは全く異なるビジネスで勝負してみたい、という気持ちがとても強いとの事でした。

 

海外での事業展開を強く考えていらっしゃる背景には、同じ経営者仲間の存在が大きいようで、既に海外展開をしている友人を見て、自分もその可能性にかけてみたい、と強く考えていらっしゃるようです。

 

同じような志、夢を持つ人が周りにいること。

 

それはとても幸せな事だと思います。気が合う友人でも、やはり人生で見る所が違えば、深く話したい中身がかみ合わない、という事もあると思います。

 

そういう意味では人生における価値観、夢、そういったところで同じ思いを持っている友人というのかけがえのない存在だと思います。

 

毎月会うその友人との会話の時間の中でご自身もとてもモチベーションを高められているようで、普段の事業経営に振り回されていないで、もっと前をみないと、と強く感じられるようです。

 

そして、英語はというと、以前も一度大手英会話スクールに通われたようですが、事業経営の忙しさもあり、途中から辞めてしまったとの事で、今回は自分の仕事を考えて、場所、曜日や時間帯をしっかりと考えてレッスンをスタートする必要があると考えられたようです。

 

今のお仕事、プライベートの生活の中に、無理なく英語を入れていくという考えはとても大切ですね。

 

勿論英語が今後の人生においてどれだけ価値を持つものなのかによって、今後の学習時間は異なってくると思いますが、直近で何か絶対にここまでやらなければ、という事がないのであれば、まずは無理なく生活になじませることは大切だと思います。

 

昨日のブログにも書きましたが、いきなりトップスピードで駆け抜けて、途中でガス欠、というパターンは、英会話を諦めた人の中では、意外とよくあるパターンです。

 

性格的なものもあると思いますが、生活になじませる、生活に一部にする、という習慣化はとても大切なポイントだと思います。

 

本日の生徒様は、体験レッスン時に一番感じられた事、それは、英語を分かっていても、すぐにそれを言えない、という、スピーキングにおける瞬発力との事でした。

 

ゆっくり考えるとどうしても日本語が頭の中に入ってきますし、日本語が介在すると、一気に会話スピードが落ちますし、リスニングにおいては、長い会話では徐々に内容についていけなくなる、というデメリットがあります。

 

いきなりこうすればそれを解決できる、というようなウルトラCはないわけですが、そこが自分の弱いところ、としっかりと認識されていることは、今後のトレーニングを組み立てていくうえでは大切な気付きです。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

燃え尽き症候群にならないようにペース配分を考えて始める英会話レッスン

こんばんは!

 

明日はサッカー日本代表の試合で、明後日はワールドカップのメンバー発表です。緊張ですね!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、最近外資系企業の転職され、メールや電話対応で英語が必要になってくるという事で、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになりました。

 

これまでは日系企業にいて英語は必要なかったようですが、今後はしっかりと英語力をつけて、仕事場でもしっかりとプレゼンスを高められるようにしたい、と燃え上がる闘争心を見せていらっしゃいました。

 

市場経済というのは、聞こえはよくても要は戦いですからね笑。強い闘争心のような熱い気持ちは企業戦士には時には大きな武器になるはずです。

 

こちらの生徒様の英語力はというと、これまでかなり苦手意識を持っていらっしゃったようで、数年前に受けたTOEICは300点代。

 

それからやはり自分は英語はダメだ、という事で全くこの数年は英語に向き合う事はなかったようです。

 

自分には向かない、と思う時に、きっぱりと諦める、というのは時には大切ですよね。

 

ただ英語の場合、特に今の時代、きっぱりと諦めたのに、人生の別のステージでまた英語力を求めらえる、という状況がでてきたりするものです。

 

英語については、若い方であれば、きっぱりと人生から抹消するのではなく、しっかりと向き合うという判断をされた方が無難かもしれませんね。

 

こちらの生徒様は社会人になって数年は英会話スクールに通ったり、自分でテキストを買ったりと、何度か英語には向き合っていらっしゃったようです。

 

ただ、ご本人の分析では、燃え尽き症候群になるタイプのようで、やると決めた時には炎のように燃え上がり、そこに鬼のように立ち向かい、そしてある一定期間が過ぎると、その費やしているエネルギーのあまりの大きさに、自分自身が疲れてしまい、途中でガス欠し辞めてしまう、、という事がこれまで繰り返されてきた、という事でした。

 

今回はそんな自分をしっかりと分析され、今までのようにハイペースで、自分の生活の全てをそれに捧げる、というような極端な変化を入れるのではなく、今の生活ペースを崩さず徐々に英語学習を生活の中に溶け込ませるというような、バランスのとれた学習ペースを作っていきたい、という事でした。

 

ただ最初に書いた通り、闘争心に掻き立てられているような雰囲気ではいらっしゃいましたし(笑)、ご本人もそれは認識されていたようで、この雰囲気でいつもガス欠するので、しっかりと冷静に英語に向き合うので大丈夫です、と話されていました。

 

英会話トレーニングのような長期戦は、しっかりと自分の生活の中に溶け込ませることがとても重要です。

 

色々な事があっても、まず英語はこの時間にこれ位やる、というような無理のない配分で日々の生活の中にしっかりと入れていく。

 

そしてプライベートや仕事で色々あれば気持ちのアップダウンもあるのが人間。

 

そんな時でもしっかりと英語に向き合えるよう、ダウンの時にどのように自分の気持ちとうまく向き合いながらやっていくか、といような調整力も大切です。

 

どんな時でも始めるときは気合十分です。

 

しっかりと継続できるペースを作っていく事、これがとても大切ですね。

 

今後の生徒様のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

ジュエリー教室で外国人の生徒さんに対応する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

九州はもう梅雨入り。関東地方もあっという間に梅雨になりそうですね。

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在アクセサリを作る教室を運営されていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、外国人の生徒さんにも来てもらいたいから、という事でした。

 

現在は日本人の生徒さんばかりのようですが、東京という場所に住み、外国人も沢山いるこの街なら、外国人の生徒さんにも是非きてもらいたい、という思いが教室をスタートした時からあったようです。

 

これまで外国人の方に積極的にアプローチできなかった理由は、ご自身の英語への強い苦手意識が原因という事でした。

 

もともとご両親が海外の文化や歴史が好きな方々だったようで、色々と英語を学ぶ環境は幼少期から自宅にあったようですが、どうもこちらの生徒様はその英語というものに興味を持てなかったようで、むしろその違和感からか、中学に入り、英語への苦手意識が徐々に芽生え、中2になる時には、既に嫌いな科目になってしまった、という事でした。

 

これは非常に残念な事ですよね。

 

折角ご両親がよい環境を作ってくださっていたのに、、というのは、こちらの生徒様ご本人も感じていらっしゃる事のようで、どうしてあんなに英語が嫌いになってしまったのか、自分でもよく分からない、という事でした。

 

基本的に中学の最初の方で英語につまずくと、そのままずっと引っ張って行ってしまうものです。

 

英語は積み重ねですからね。

 

やっぱり中1の英語が分からないと中2の英語もよく分からなくなり、中3も分からなくなる。。

 

そこからなんだかズルズルと、、というのはとても多いパターンだと思います。

 

本日の生徒様は既に大学を卒業したころから、アクセサリの教室を開く事を考えていらっしゃったようで、その時には既に折角なら外国人の生徒さんにも来てもらいたい、という気持ちになっていらっしゃったようです。

 

英語学習の面白い所は、英語が嫌いなのに、英語を勉強したい、という不思議な感覚になる事ですね。

 

それは英語を話せることで、外国人の方々とコミュニケーションを取れるようになるから、という事ですが、個人的に感じるのは、例え超高性能の自動翻訳機が同時通訳をしてくれたとしても、それでもこういう方々は自分の言葉で話したい、と感じると思います。

 

通訳を通す時にも感じる事だと思いますが、やっぱり自分の言葉で伝えたい、自分の耳で相手の言葉を理解したい、という風に感じるものです。

 

特にその現場に強い責任感を想いを持っていらっしゃる方であればなおさらです。

 

教室運営では生徒さんとのしっかりとしたコミュニケーション、人間関係の構築はとても大切だと思いますし、そうなるとやっぱり自分の言葉で話せる英語力を、と感じるものです。

 

レッスンでは、中学の時につまずいてそのまま習得できずにいる基本的な所から、しっかりと復習して、ゼロベースの気持ちで頑張りたい、という事でした。

 

体験レッスンの最初の10分は辛くてくじけそうになりそうだったようですが、先生の熱心なサポートもあり、結果頑張っていこうと思えたようでした。

 

これからの生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

学会で英語対応できるようにする為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

あっという間に5月最後の週末になりますね。

 

ゴールデンウィークも遠い昔、のように思えてきます。もう夏ですね!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在大学で教鞭をとっていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、学会の発表で英語が必要になってきたという事で、お仕事の為の英会話レッスンとの事でした。

 

博士と呼ばれる人たちは、英語論文もバリバリ読んで、一見英語がとてもできる人、に見えがちですが、論文は読めても会話は全く自信がない、という方はいらっしゃいます。

 

アデュールの生徒様の中にも同じように博士号を持つ研究職の方がいらっしゃいますが、やはり英語論文は読めても会話は別、、、という認識で会話レッスンに励んでいらっしゃいます。

 

英語論文は、例え本当に英語ができなくても、ご自身の専門分野の英単語が分かれば、なんとなく全体で何を言っているかがわかるから、という事が多いと思います。

 

これは何も学術論文の話だけでなく、一般企業に勤めている人、公務員の人、どなたでも自分の業界、自分の専門分野という仕事があると思いますが、その分野にかなり特化した話題の英会話については、意外とついていけたりするものです。

 

それは”予測ができる”という事がとても大きいと思います。

 

ある単語が出てきたときに、その分野の人であればどういう事かすぐに分かり、話題が分かるから次に話すであろう内容も予測できるので、相手の話す英語も予想のもとに聞くのでしっかりと聞き取れ、それが聞き取れるので更に全体に理解がすすむ、という具合ですね。

 

ただそれでも実際の会話をスムーズに運ぶだけの会話力があるか、というと、それはまた別物で、あくまで第三者的に外から会話を聞いていればなんとなく話題が分かるものの、自分に意見を求められるとなかなかしっかりと話せない、また細かい部分の理解については欠けていて、話が少し自分の知らない部分い飛躍すると一気に意味が分からなくなる、という事も起るのがこのステージの危うさだと思います。

 

本日の生徒様はやはりこの会話の部分の弱さをとても強く感じていらっしゃり、英語の質疑応答などで、自分の会話力の弱さが露呈することが辛い、、という事でした。

 

専門分野の英語指導というわけではなく、あくまで基礎英会話のトレーニングをベースに進めていただく事になります。

 

これを機会にしっかりと専門分野の難しい英語ばかりではなく、一般的な日常英会話レベルの単語を実践できるようにしたいという事でした。

 

また会話になると文法、発音は全く意識がまわらず、とにかく最低限の単語でつなぐ、というのが今の現状のようで、話す中でしっかりと構文を意識しながら話せる英語力をつけていきたい、という事でした。

 

英語で一定時間自分が中心になって会話をする、という経験のない方にとっては、これはとても大きな挑戦になります。

 

ただその挑戦も、しっかりと自分と向き合い、やり切れば、必ず成果になります。

 

勿論他言語の習得が得意な方はいらっしゃいます。

 

ただ英語の習得は、何か特別な能力を要する技術、という事ではなく、努力次第で必ず結果が出るものです。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!