薬剤師として商社での英語業務と転職の為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日からは8月。

 

8月になればその次は9月です。当たり前ですね笑。時が経つのははやいものですね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在薬剤師として商社にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、仕事でのメール、電話対応をしっかりと英語でも出来るようになりたいから、という事でした。

 

英語については、正直な所学生時代から苦手意識があったようで、大学受験で単語を覚えて乗り切った後は、すっかりと英語を勉強するという所からは遠ざかってしまったという事でした。

 

好きでないものであれば、強制力がなければ遠ざかりがちになるのは当然の事と言えば当然の事ですよね。

 

アデュールの生徒様の中には多くの方がこのように大学受験で頑張って、その後は英語から離れてはや10年、20年、という方が沢山いらっしゃいます。

 

この間に色々な事があって、巡り巡って今から改めて英会話、という事は、なんだか結局はやる運命だったのかな、と腹をくくっていらっしゃる方もいれば、仕事で必要になってきているので、今回もなんとか仕事をギリギリこなせるレベルまでのスキルをあげて、なんとか本気で英語と向き合うという所からは”逃げ切りたい”という気持ちの方もいらっしゃいます。

 

繰り返しになりますが、好きではないものなのですから、逃げ切りたい、と感じる感覚は人間なのですからあるものです。

 

ただ、仕事である程度英語を使える様に、という意識でやる場合、やっぱりある程度の時間をコミットしていただく必要があると思います。

 

つまみ食いでなんとかやれるほど、リアルな現場での英語のコミュニケーション能力、というのは簡単なものではないと思いますが、それ相応の時間を投資して頑張っていく方が結果を出していらっしゃいます。

 

やはりその辺りはしっかり理解していただいてスタートするという気持ちは大切だと思います。

 

本日の生徒様は周りに英語を話せる方々がいらっしゃり、その方々が英語を習得するまでに要した時間や努力を聞いていらっしゃるので、やはり”つまみ食い”感覚で向き合うものではない、という覚悟は持っていらっしゃいました。

 

強い気持ちを持っていらっしゃる理由は、今のお仕事でしっかりと英語で対応できるようになる事以外に、将来的な転職も見据えての事のようです。

 

TOEIC700点ある薬剤師になれれば年収もあがるし、何よりも選べる仕事の選択肢が増える、という事が一番のようです。

 

小さいお子様がいらっしゃり、これから家庭の事も色々とあり、そんな中で英語も仕事も家族もしっかりと向き合っていく、となると、必然的に一番時間を多く取られる仕事の所の条件を少しでも良くすることが大切、という結論になります。

 

転職市場は売り手市場といえど、それでも勿論能力の高い方が最優先というのは当たり前の事です。

 

よりよいポストを得るために、市場価値のある人間になる、という事は労働市場ではマストと言えますね。

 

まずは今の持っている自分の英語力の見直し、そしてしっかりと会話力をつけていくこと、そして読み書きの力もつけていくこと、そしてそれらをスピーディーにこなせるようになること、という風に常に実務に直結する形をイメージしながらこれから取り組んでいきたいという事でした。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!