薬剤師として商社での英語業務と転職の為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日からは8月。

 

8月になればその次は9月です。当たり前ですね笑。時が経つのははやいものですね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様、現在薬剤師として商社にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、仕事でのメール、電話対応をしっかりと英語でも出来るようになりたいから、という事でした。

 

英語については、正直な所学生時代から苦手意識があったようで、大学受験で単語を覚えて乗り切った後は、すっかりと英語を勉強するという所からは遠ざかってしまったという事でした。

 

好きでないものであれば、強制力がなければ遠ざかりがちになるのは当然の事と言えば当然の事ですよね。

 

アデュールの生徒様の中には多くの方がこのように大学受験で頑張って、その後は英語から離れてはや10年、20年、という方が沢山いらっしゃいます。

 

この間に色々な事があって、巡り巡って今から改めて英会話、という事は、なんだか結局はやる運命だったのかな、と腹をくくっていらっしゃる方もいれば、仕事で必要になってきているので、今回もなんとか仕事をギリギリこなせるレベルまでのスキルをあげて、なんとか本気で英語と向き合うという所からは”逃げ切りたい”という気持ちの方もいらっしゃいます。

 

繰り返しになりますが、好きではないものなのですから、逃げ切りたい、と感じる感覚は人間なのですからあるものです。

 

ただ、仕事である程度英語を使える様に、という意識でやる場合、やっぱりある程度の時間をコミットしていただく必要があると思います。

 

つまみ食いでなんとかやれるほど、リアルな現場での英語のコミュニケーション能力、というのは簡単なものではないと思いますが、それ相応の時間を投資して頑張っていく方が結果を出していらっしゃいます。

 

やはりその辺りはしっかり理解していただいてスタートするという気持ちは大切だと思います。

 

本日の生徒様は周りに英語を話せる方々がいらっしゃり、その方々が英語を習得するまでに要した時間や努力を聞いていらっしゃるので、やはり”つまみ食い”感覚で向き合うものではない、という覚悟は持っていらっしゃいました。

 

強い気持ちを持っていらっしゃる理由は、今のお仕事でしっかりと英語で対応できるようになる事以外に、将来的な転職も見据えての事のようです。

 

TOEIC700点ある薬剤師になれれば年収もあがるし、何よりも選べる仕事の選択肢が増える、という事が一番のようです。

 

小さいお子様がいらっしゃり、これから家庭の事も色々とあり、そんな中で英語も仕事も家族もしっかりと向き合っていく、となると、必然的に一番時間を多く取られる仕事の所の条件を少しでも良くすることが大切、という結論になります。

 

転職市場は売り手市場といえど、それでも勿論能力の高い方が最優先というのは当たり前の事です。

 

よりよいポストを得るために、市場価値のある人間になる、という事は労働市場ではマストと言えますね。

 

まずは今の持っている自分の英語力の見直し、そしてしっかりと会話力をつけていくこと、そして読み書きの力もつけていくこと、そしてそれらをスピーディーにこなせるようになること、という風に常に実務に直結する形をイメージしながらこれから取り組んでいきたいという事でした。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

コピーライターとして少しずつ外国人の仕事仲間と英語で話せるようになってきた生徒さん

こんばんは!

 

明日で7月も最後。

 

明後日からはもう8月。子供たちにとってはこれからまだまだ長い夏休み。ですね!

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在コピーライターとしてお仕事をされていらっしゃり、もともとアデュールでのレッスンをスタートされた理由は、お仕事で海外の方々と一緒になる事がしばしばある為、その時にしっかりと英語でコミュニケーションを取れるようにしたいから、という事でした。

 

英語への苦手意識がとても強く、これまでずっと英語の学習を避けてこられたようですが、お子様ができ、守るべき家族ができ、これからの人生を考えた時、更なる自分の成長の為に、英語をやらなければいけない、という結論に至られたようです。

 

素敵ですね!

 

本当に英語が苦手なんです、、と苦い顔をされていた体験レッスンの日から、結局これまでずっと毎週頑張ってレッスンを受け、しっかりと自宅での課題も忙しい時間の中で終わらせ着実に力をつけてこられています。

 

まだまだ苦手意識は払しょくされていないようですが、ただこの間で、何もわかっていなかった英語の文法をしっかりと体系的に学べた事で、自分の戦っている”相手”がどういう相手なのか、相手の顔が見えたような感覚です、との事でした。

 

その感覚、学習においてはとても大きなポイントだと思います。

 

とにかく何もわからない所を突っ走れとか、雲をつかむような感覚だけどとにかくやれ、とかそういう状況、必ずあると思いますし、仕方がない事だと思います。

 

でもそういう状況って本当に緊張感のある時間で、人によっては精神的にも肉体的にもかなり負荷のかかることだと思います。

 

でも、自分がどこを走っているのか、何を目指しているのか、そういう所がぼんやりと見えてきた時、やる事は変わらないにしても、気持ちの部分で大きく変わってきます。

 

真っ暗闇の中を走っているのと、足元を照らされる、ゴールに光が当たっている、というのは雲泥の差です。

 

そういう意味で、最近はしっかりと腰を据えて英語に向き合う事ができるようになってきたと話されていました。

 

苦い表情も既になくなり、冷静に対戦相手を分析されている、というスナイパーの表情になっていらっしゃいました笑。

 

今後の課題は実戦的な会話力により焦点を当てていく、という点を挙げていらっしゃいました。

 

ご本人の希望で会話と読み書きのバランスでは、読み書きの所にこれまではどちらかというと比重を置いてこられましたが、より実践的な会話力をこれからは意識していきたい、とい事のようです。

 

ベースがしっかりと出来てくれば、やれる!という自信もついてくるものです。

 

ただ、レッスンの中で感じていらっしゃるのは、知っているのと使えるのは別物、という事で、会話の難しさを痛感されています。

 

それでもこれまでの基礎があるから、やり方をしっかりと決め前に進んでいけば、これもしっかりとブレークスルーできる、という感覚をつかんでいらっしゃいます。

 

少しずつですが、お仕事で外国人の方と一緒になる時に、英語で話してみたりと自分から積極的に英語を話す機会も持つようにされてきるようです。

 

まだまだガッツリと深い話が出来る状況ではないようですが、それでもスモールトークを少し英語でするだけでもとても仕事にプラスになっていると感じてくださっているようです。

 

今後のご活躍に期待です。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

英会話レッスンが楽しく自宅学習も楽しめている生徒さん

こんばんは!

 

台風の動き、気になりますね。。

 

せっかくの土曜日も関東地方の方はお家での土曜日となる方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在1歳のお子様がいらっしゃるお母様。アデュールのレッスンをスタートされたときはまだ0歳で、もうかわいいかわいい赤ちゃんでした。

 

レッスンをスタートされた理由は、旦那様が海外転勤希望されていらっしゃるため、いつかは海外転居になるという事を覚悟されているようで、その時にしっかりと自分も現地生活になじめるよう、まずは英語から頑張っていきたい、という事でスタートされました。

 

それまでにも少し英会話スクールに通った事もあったようですが、厳しすぎる先生だったり、ネイティブの先生で質問が分からずなんとなく分かったふりをしてごまかしていた事があったり、ご自身の中で今いち英語力の強化ができているとは感じられない事が多かったようです。

 

今回はご自宅でのレッスンという事もあってか、体験レッスンの時からとても落ち着いて先生としっかりと話できたことがとてもよかったようで、現在もしっかりと毎週のレッスンを頑張ってくださっています。

 

基本的な単語や文法の知識が欠けている為、普通の会話が難しい事が頻繁にあった当初と比べ、現在はかなりスムーズに会話ができるようになってきていて、もともと会話が好きな性格なので、その成長のおかげで、更に会話が楽しくなり、もっともっと話したい、という気持ちから自己学習にもやる気がどんどん出てきている、という事でした。

 

これは理想的な好循環で、成長がみえる→嬉しい→もっと頑張ろうと気合が入る→成長する、という風に基本的にどんどん成長していける流れに入っていきます。

 

勿論このまま一気に上級者まで、とはなかなかいかないのがまた英会話の難しい所ではありますが、このサイクルでぐるぐる回せる時期はできるだけ回転速度を上げて上がれるところまでスキルを上げ切るのがよいのですね。

 

どこかのタイミングで何かしらの壁にぶつかるというのが初級から中級に入る時にはあるものですが、そこではまた先生と一緒に学習アプローチの見直しを入れたりすることで、必ずまたよい好循環に入っていけるようになります。

 

今現在課題に感じていらっしゃる点は、かなりの使える表現をストックできてきてはいるものの、それでもまだちょっとした簡単な事が言えない事がしばしばある、という事でした。

 

またそんな何気ない簡単な表現を知らない為に、レッスンの中の先生との英語の会話でも、途中から「????」と文脈が理解できなくなる事がしばしばあるという事でした。

 

勿論レッスンなので、どこでlostしたかしっかりと先生と確認してそこを潰していくわけですが、実際の英会話ではこれができない事というのはよくあります。仕事などでは話の腰を折らない為にもlet it goさせる事が必要な場面はよくありますよね。

 

今はとにかく、地味ではあるものの、自分がしばしばlostしてしまうような簡単な表現を細かく潰していき、自宅学習でもそういった点に焦点をあててトレーニングしていくようにしていただいています。

 

何よりも、毎週のレッスンがとても楽しみで毎日がイキイキしている、と感じてくださっているのが一番だと思います。

 

今後の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

社労士として仕事で英語を使える様になる為に英語学習を生活の中に馴染ませた生徒さん

こんばんは!

 

明日は金曜日。

 

あっという間に7月最後の週末ですね。

 

なんだか夏もすぐに終わってしまいそうです笑。

 

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在社労士としてお勤めされており、アデュールでのレッスンをスタートされた理由は、将来的に外国人を相手にする事務所に転職する事を考えていらっしゃり、その為は勿論英語力、という事で英会話を始められていました。

 

小さいお子様の育児、仕事、毎日とても忙しくされている中で、英会話の勉強の時間を割り込ませるのはなかなか大変、とは始めた当初から話されていました。

 

それでも見切り発車でここでスタートしておかないと、これからもっともっと忙しくなって間違いなく英会話をやろうと思いなおすのが3年後、5年後になってしまうから、という事でした。

 

しっかりと近い未来の自分を見据えた今の段階の判断。

 

素晴らしいですね。

 

忙しくなるからこそ、今のうちに勉強の習慣をしっかりとつけておく。

 

ごもっともだと思います。

 

どんな習い事でも物事でもそうですが、新しくスタートする時は、やはり今までやっていないことなので、なかなか生活の中にフィットさせるのに時間がかかったりするものです。

 

最初は何でも要領がうまくつかめない、というような事ですが、それは英会話のレッスン、そして自己学習に要する自分の脳のメモリー消費量や、体力的な部分、そして英会話上達を考える、という中長期の目標を頭の中に常に置いておく、という事で、そういう脳の準備的なものもあると思います笑。

 

新しい事を始めるとき、物事にもよると思いますが、「あ~!」「ちくしょう~!」「む~~!!」「うまくいかない~!」「もっとしっかり考えないと~!」「なんだか私要領悪い。。?」など、色々な「!!!!」「????」的な思考が頭の中を駆け巡るようになりますよね。

 

そいういう「!」とか「?」という思考生まれる事で、精神的にかなり負荷がかかり、脳のメモリーを食い過ぎて他の事が頭に入らなくなる、みたいな事になる人もいます。

 

でも慣れてくるとそういう「!」とか「?」みたいな衝撃も、「まあまあ」「はいはい」「しょーがないね」的な感じでマイルドに脳の中で処理できるようになってきて、そのおかげで他にやらなければいけない事への妨害(!?)も減ってきたりするんですね笑。

 

という事で、本日の生徒様、そういう意識でスタートされた為、この間でしっかりと英語の勉強を生活習慣の中に取り入れる事が出来るようになられたようです。

 

お仕事や家族の事情で少し勉強が手から離れてしまうタイミングもあるようですが、それは当初は「!!」「むむ!」的な感情が起こっていたものの、今は自分の中でマイルドに処理できるようになられているので、良い意味で、英語と長く付き合う思考方法をおさえてこられたようです。

 

社会人の方にとっては、こういうちょっとした調整は大切になってきますね。

 

今回の生徒様はこの間のレッスンでリスニングが伸びてきているというのが肌感覚で実感できるようになられている為、その成長の実感がまた英語学習継続へのよいモチベーションになってくれているという事でした。

 

今後も頑張っていただきたいです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

プリスクールとインターに通う2人の子供の為に頑張るお母さんの英会話レッスン

こんばんは!

 

暑い中の高校野球、青春ですね。

 

いつの時代も高校野球は熱いです!!

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在お2人のお子様がいらっしゃり、上のお子様はインターに、下のお子様はプリスクールに通われて、お子様には日々英語環境をしっかりと与えてバイリンガル教育をバッチリとされているお母様です。

 

今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、ご自身が英語がかなり苦手とのことで、子供の学校でも日本人の先生に色々と質問などは頼ってしまっているようで、やっぱりネイティブの先生とも自分で直接話して、子供の事について色々聞けるようになりたい、という事でした。

 

やっぱりそこはお母さんです。うちの子、どうですか?というのは親心。日々触れ合っているその先生に直接その先生の言葉で聞きたい。というのはとっても普通の事だと思います。

 

当の本人しか分からない事もあるでしょうし、小さいお子様ですから、やっぱりちょっとした反応や行動など色々とお母さんの方で把握しておきたいものです。子供とは大人な会話ができないですからね。短い言葉で少しずつ会話ができるようになってきても、まだまだ半分は子犬、半分は人間、という感じですからね笑。

 

やっぱり行動やちょっとした反応から、親の方で察していき、先手先手で行動に出ていかなくてはいけない事もあります。

 

本日の生徒様は以前から英語の勉強はご自身でコツコツと進めていらっしゃり、時々英会話スクールにも通ったりされたようですが、なかなか続かず、英会話スクールは断続的になって自己学習がメインという形がこの間ずっと続いていらっしゃるようでした。

 

やっぱり自分の勉強では限界がある、と思い英会話スクールに通うものの、色々な理由からやっぱり通えない、、、と思って辞めてしまう、という事で、どうにか今のこの中途半端な形からの脱却ができないかと思っていらっしゃったようでした。

 

今回のアデュールでの体験レッスンでは、今までとは違い、しっかりと細かい所の確認が出来る、という点がとてもしっくりこられたようで、また自宅での英会話レッスン、というのも1つのポイントになっていたようでした。

 

とにかく続けることが大切、というのがポイントだったようで、レッスン内容や必要、時間帯や色々な要素を含め、今回は必ず続けられます!という強いお言葉をいただきました。

 

ただ、気負い過ぎても途中で息切れしてしまうので、そこはバランスをみながらのトレーニングが大切です。

 

性格的にやるからには徹底的に、というタイプの方は、やはり長期戦の英会話トレーニングですから、折り返し点も見えない所で、息切れしてドロップアウト、、なんて事は、英会話レッスンを受けて辞めてしまった方の中には意外と多いのではないでしょうか。

 

学生は勉強が仕事ですから、半強制的にでもやるべきものですが、社会人は家族に仕事に親の介護、色々とあります。

 

最優先項目は勿論しっかりと決まっているわけで、英会話はそれらを補助する役割ですが、補助輪をどれだけ丁寧にメンテナンスしても自転車本体が壊れていては意味がありません。

 

しっかりと普段の生活を充実させ、その中でしっかりと英語学習を生活習慣の中に上手くバランスよく入れていく、という形が大切です。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!