外資系ホテルで外国人上司とコミュニケーションを取る為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

梅雨の雨、いやですね~。

 

蒸し暑くなると更にいやですが、その事は考えないようにしたいと思います笑。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在外資系ホテルにお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、現在の上司が外国人で、英語しか話せず、現在は英語ができる人が間に入ってコミュニケーションをとっている為、自分が直接英語でコミュニケーションを取れるにしたいから、という事でした。

 

また外資系の別のホテルへの転職も考えていらっしゃるようで、そういった意味でも、いずれにしても英語は今からやっておかないといけない、というのがこちらの生徒様のご判断です。

 

上司が外国人で、英語しか話せない、という環境はなかなかキツいですね。

 

先日何かの統計でみましたが、西洋人にとって、学びやすい外国語はスペイン語などのラテン語をルーツとする言葉で、逆に習得にとても時間の要する言語に日本語やアラビア語が入っていました。

 

これは確か外国人外交官が駐在先の言語を習得するまでに要した時間の統計を取って集計したというような内容だったと思いますが、感覚的には分かっていましたが、やはり実際にこうやってまとまった数字が出ると、西洋人が日本語習得に苦労しているのはとてもよく分かります。

 

そんなわけで、日本語を全く話せない外国人上司に、仕事で問題ないレベルまで日本語レベルを上げてもらう事を期待する事は、短期的にはかなり厳しいですし、どちらかというと、英語にまだ親しみのある日本人側から英語を習得していくほうが、両社の直接のコミュニケーションを取れるようにする、という意味では近道ですね。

 

現在は英語のできる人が間に入ってもらっているようですが、それでもその人がその場にいない時というのも勿論あり、その時は結局上司とは直接コミュニケーションが取れないわけです。

 

仕事では、今でしょ!というタイミングがどうしてもあります。

 

そんな時に、英語が話せないから、今はできないでしょ!とは言っていられません。。

 

やはり英語習得、こちらの生徒様の立場ではとても大事ですね。

 

ホテル業界に入って既に数年が経ち、この間に英語力をつける必要性を日々感じていらっしゃったようです。

 

ただ、日々の業務に追われ、なかなか一歩を踏み出せないという事が続いていたようですが、今回の新しい外国人上司がついた事で、ふんぎりがついたようです。

 

ある意味、もうこれ以上は逃げられない、という神様のメッセージだったのかもしれないですね。

 

そんな現実をしっかりと受け止めて、前に進む。

 

こちらの生徒様のように、必要に駆られている環境がある方は、しっかりと前を向いて進めば、必ず結果につながるものです。

 

そして今この瞬間をどうにかしたい、というだけの理由ではなく、将来的には転職も見据えてもいらっしゃるわけですから、動機付けはバッチリです。

 

2020年の東京オリンピックに近づくともう東京の宿泊施設はごった返しになるはずですし、外資系ホテルともなれば、もう連日大変な事になるのは想像に難しくありません。

 

体験レッスンでは、更にやらなければ、という気持ちにさせられた、とおっしゃっていたこちらの生徒様。

 

環境も、やる気も十分。

 

もう今は全てが準備完了の状態です。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!