旦那様のカナダ転勤に帯同する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

なんだか今日は夏じゃないみたいな涼しさで、エアコン要らずの一日だったのではないでしょうか。

 

日本代表の戦いに吉と出てくれるはずです!

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、旦那様がカナダに約5年、海外転勤になられ、一緒に帯同されるために英会話を始めたい、という事でした。

 

1年ならまだしも5年となれば、さすがにあっという間とは言えない期間です。

 

お子様の学校など色々な事がある5年間になるはずですから、ここは出発前にしっかりと準備をしておきたい、という事でした。

 

お子様はまだ1歳と小さいですが、5年後は6歳、大きくなってもその時の事は覚えているはずです。

 

物心ついた時がカナダというのもなんだかいいもんですね。

 

 

 

 

そして本日の生徒様はその小さなお子様がいるという事がやはり一番のポイントだったようで、自分一人であれば最悪何かあっても自分の事。

 

ただ子供に何かあった時には、自分がどうにかしてあげないといけないので、英語は絶対に必要、と話されていました。

 

お母さんの愛情ですね。

 

アデュールの生徒様の中にはこのようにお子様への何かしらへの思いから英会話レッスンをスタートされる方が多くいらっしゃいます。

 

皆さん、自分の為ではなく子供の為に、という気持ちだけに、とても熱心にレッスンを受けられます。

 

誰かの為に、という時に人は普段の何倍ものパワーを出せるのだなと思います。

 

 

 

 

本日の生徒様の現在の英語レベルはというと、これまでお仕事でも特に英語を使うこともなく、学生時代も普通の成績だった、という事で、一からのやり直しが必要と感じていらっしゃいました。

 

今回の体験レッスンは1歳のお子様同伴であった為、それも関係してか、想定していたよりも上手会話ができなかった、と話されていました。

 

特にリスニングに関してはほぼ全ての質問を先生に聞き返す程に難しかったようで、リスニングに強い危機感を抱いていらっしゃいました。

 

 

 

スピーキングとリスニング、英会話にとっては両輪でどちらもとても大切です。

 

ただ、実生活の中で生き抜いていく、という状況では、実際にはリスニングの力が長けている方が良いと感じる事が多いと思います。

 

それは、うまく自分の言いたい事を英語で言えないとしても、最低限相手が言っている事、相手の質問が理解できれば、身振り手振りでコミュニケーションは成立するからです。

 

リスニングが全くできないと、相手が何を言いたいのか、本当に分からないという状況が置き、お互い意思疎通がはかれず、お互い「意思疎通できてないね。。」というメッセージのアイコンタクトでその場が終了する、という事になります。

 

このような経験をしたことがある方いらっしゃると思いますが、これ、本当に残念な気持ちになります。

 

非常事態ではやはりリスニングが出来る方が何かと助かるものです。

 

 

 

ただ、本日の生徒様の場合は、これから5年間という長いカナダ生活が始まるわけで、そうなると現地の人とも深くかかわって人間関係を築いていくようになります。

 

そうなると、なんとかその場をやりきる、というだけでなく、自分の言葉で自分の考えをしっかりと相手に伝え、自分がどういう人間かを相手に理解してもらう事が大切で、そうなるとスピーキングもとても大切になってきます。

 

 

出発まではまだもう少しあるので、やれるだけの事はやっていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

プレミアリーグで刺激を受けて始める英会話レッスン

こんばんは!

 

明日はサッカー日本代表決戦の日。

 

お天気はあまりよくなさそうですが、結果を出してもらいたいです!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在大学2年生で、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、将来の為に英語をやっておきたいという事と、もう1つは大のヨーロッパサッカーファンで、特にイギリスのプレミアリーグで自分が応援しているチームは全試合観ているという事で、その時の実況や、選手のインタビューなども理解できるようになりたいから、という事でした。

 

プレミアリーグと言えば、岡崎選手や吉田選手が活躍する世界最高峰のリーグですよね。

 

日本でもヨーロッパサッカーが好きな人は多いですが、特定のチームを応援していて、毎シーズン全試合をしっかりと観ているという人はそこまで多くないと思います。

 

この熱意が英語熱に伝染するということもまた英語の素晴らしさです。

 

なんといってもイギリスはサッカー発祥の地。サッカーの本場です。

 

サッカーが好きなら英語、と言ってもいいくらいかもしれませんね。

 

 

 

今回の生徒様は去年の夏、実際に現地に試合を観戦に行かれたようですが、その時は感動してスタジアムで一人泣いてしまったという事で、この情熱ぶり、半端じゃありません。。

 

だからこそ英語を、という事で、今回新しい一歩を踏み出していただく事になりました。

 

 

 

 

現在の英語力はというと、サッカー関連の単語は実況をいつも聞いているので聞き取れるものの、実際の会話になると基礎の所がかなり抜けているという事で、体験レッスンでもとても難しい事を聞き取れたとおもいきや、とても簡単な事が聞き取れなかったり、言えなかったりしたという事で、まさしく今の自分の不安定な英語力を物語っていました、と体験レッスン後に話されていました。

 

不安定という言葉は英語を習い始めた初心者レベルの人には確かにしっくりくるかもしれません。

 

ある時は勉強した事が話の中に出てきて、うまく聞き取れて、「おっ、力がついてきたかな」なんて思うわけですが、ある時は、本当に話の頭から最後まで1文たりとも理解できなかった、なんて事もあって、またゼロに戻ったような感覚に陥るような事もあります。

 

この行ったり来たりみたいな感覚を何度も何度も繰り返しながら、少しずつ前進していくのが英会話習得への道です。

 

この感覚に慣れてくると、素直に自分の英語力の足りない所と受け入れられるようになりますが、最初の方はなんだか不安になったりするものです。

 

 

 

 

当たり前の事ですが、1つの単語を正しいスペルで正しい音で覚えたなら、その単語が日常英会話単語なら、覚えてプラスになっているにきまっています。

 

熟語もしかりで、その積み重ねが結果になるわけですから、前に進んでいる事に不安にならず、実戦の場でうまく生きなかった事ばかりを悔いず、前進あるのみです。

 

 

 

本日の生徒様はとても基本的な所からの復習が必要と今回の体験レッスンで強く認識されたようでした。

 

そういう気づきもまた1つ自分を大きくしてくれます。実戦に入るメリットはこの気づきを多く与えてくれる事だと思います。

 

練習と試合、そして試合の総括、その繰り返してこれから大きく成長していただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

英検準一級取得で大学入試における英語科目免除を目指す生徒さん

こんばんは!

 

毎日暑い日が続きますね。

 

サッカー日本代表の運命の日は明日です。

 

明日決まるのか、それとも大波乱が起こってしまうのか、運命の時です。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在高校2年生。

 

今回お申込みいただいた理由は、将来的に留学を考えている事、そして、国立大学志望で毎日勉強に忙しい中、英検準一級を取る事で、英語免除に出来れば、受験勉強も大きくはかどる、という事でした。

 

英語免除。

 

院試でもそうですが、この英語免除という響きは受験生にとってはとても嬉しい言葉ですよね。

 

これがかなえば、勉強に1科目分、余裕が出てきます。

 

試験は1科目でも減らせるほうがいいにきまていますし、とっくに英語に苦手意識がある方は、苦手というそのネガティブな気持ちを試験の時期まで持ち込むだけでもネガティブです。

 

さっさとそんな事は忘れて他の事に取り掛かりたい、というのが英語が苦手な方の正直な本音だと思います。

 

 

 

本日の生徒様は、英語が嫌い、というわけではないようですが、それでも英検準一級取得で英語免除になるのであれば、それにこしたことはない、という事でした。

 

当たり前だと思います。

 

そして、その先には留学を見据えていらっしゃいます。

 

ソフトバンクの孫さんも以前インタビューでいっていましたが、20歳前後、この時期の留学は留学のタイミングとしては最高のタイミングだと思います。

 

勿論幼少期に海外にいるという事で発音など含め、基礎英語力がつきますし、そういった部分では成長してからいくよりもメリットは大きいと思います。

 

ただ、20歳前後という年齢で海外に行く事。

 

これは大人の世界を少しずつ知り、そして自分の人生をより真剣に考えだす時期だからです。

 

アンテナを張り巡らせるときに素晴らしい出会いや経験をすることはとても大切な事で、ボーッとしている時期に海外に行くのとでは学べることの量が違います。

 

 

 

世界に大きく羽ばたく1つのきっかけとして、その留学を目指してもらいたいです。

 

この留学の為に、受験勉強の際も詰込み型の勉強ではなく、実用的な、より会話に生きる知識として覚えていきたい、という事でした。

 

素晴らしいですね。

 

いつも思いますが、大学受験のその時に、このように実用的な知識として英語を習得するという意識で勉強を続けていける事は、本当に最強の勉強方法だと思います。

 

英会話初心者レベルの時にはやはりかなりの量のボキャブラリを最初にストックしなければ、やはり会話は難しいです。

 

スラングやなんだかかっこいいセリフだけいっぱい覚えようとしても、基礎の単語が入っていないと会話を続けることはやはり難しいです。

 

その最初の一定量のボキャブラリをストックするのが社会人英語学習者の大きな壁なのですが、受験生はその作業を仕事の一環として自然にやっていくわけです。

 

そして、それを使える英語に、という視点でやれていれば、これは勿論、英会話学習者という視点でもみても最高のアプローチですよね。

 

どのように今やっていることをとらえるのか、それだけで結果は大きく異なってきます。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

10歳のお子様の英語学習欲に刺激を受けた生徒さん

こんばんは!

 

あっという言う間に8月最後の週末ですね。

 

来週からは9月。夏もすぐに終わりそうです♪

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在税理士としてお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、現在10歳のお子様が幼少期から英語教育を受けている事もあり、とても英語ができる為、お子様の為にも自分ももう少し英語ができるようになりたい、という事でした。

 

 

お子様の為に頑張るママ。

 

いつも時代も輝いていますね。

 

本日の生徒様は先日お子様と初めての海外二人旅に行ったようですが、現地ではすでにお子様がお母様の通訳という役割になり(わずか10歳で!)、英語に困ることなく楽しく過ごせたという事でした。

 

現地ではもうお子様の英語力なしにはやっていけない、という程の依存度だったようで、お子様、通訳お疲れ様でした笑。

 

本日の生徒様のお子様の更にすごい所は、既に今の年齢で大学はイギリスの大学に行きたいという事をおっしゃっているようで、なんともまた大人なお子様です。。。

 

 

そして本日の生徒様はその時にお子様の英語力の高さに感銘を受けただけでなく、自分も何かやらなければ、という大きなきっかけになったようです。

 

海外旅行に行くとやはり色々と感じる事があると思います。

 

特に英語が苦手な方は英語をやろうと思える一番のきっかけかもしれませんね。

 

 

本日の生徒様のもう1つ英会話をやろうと思われた大きなきっかけ。

 

それはお子様が火曜小学校の親御様が外国人の方がいらっしゃって、家族会などがあるとどうしても英語の会話が飛び交う事が多いようで、その時にも肩身の狭い思いをしてしまうから、という事でした。

 

お子様のご友人の親御さんとは仲良くしたいものです。

 

そうやって色々と情報交換して、お子様の教育にも色々な形で反映させていけるものですから、やはりその親御さん達とのコミュニケーションがスムーズにいかないことはなんとも歯がゆいものだと思います。

 

日本語で話そうよ~~、と言ってもそこはやっぱりそのグループそれぞれの中の暗黙のルールみたいなものが存在して、自然と英語か日本語かが決まっていくものです。

 

現実的には英語を話さないでコミュニケーション不足に耐えるか、英語をやるか、2つに1つなのですね。

 

 

 

このような理由で英会話レッスンを始められたこちらの生徒様ですが、本業はとてもお忙しい方で、実際の所は英語の勉強の時間をそんなには沢山取れないという事で、baby stepで良いので、まずはスタートして継続するところから、という事でした。

 

税理士の先生ですし、何かを学ぶ事、習得する事については、やはりどれ位の時間が必要か、そういったところは感覚的に理解されていらっしゃいます。

 

ですので、自分の英語に割ける時間に対して、それによって見込める成果もなんとなくはイメージできるようで、それだけに長期戦という事は十分理解されていらっしゃいました。

 

忙しい毎日の中で、急激な生活の変化を入れる事はリスクで、まずは少しずつ、生活の中に英語を入れていく、という徐々に慣らしていくところから始めたいという事でした。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

 

 

海外のコスメブランドの総代理店担当として頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

甲子園も終わり、夏も終わり、なんて思っていたら、外はカンカン照りで夏本番という感じになってきましたね。。

 

暑いのはキツいです~。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在海外のコスメブランドの総代理店となっている日本企業にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、冬に各国の代表が集まった会議がある為、そこに向けてしっかりと英語の力をつけていきたいから、という事でした。

 

海外のコスメブランドの総代理店。

 

なんだか響きがいいですね!

 

女性ならついつい反応しちゃうキーワードかなと思います。

 

今回は生徒様のお勤め先の会社へ講師が伺ってのレッスンとなりますが、会社はやはりコスメを扱っていらっしゃるだけあって、とても素敵な空間。

 

ん~、匂いもなんだかいい匂い。

 

癒されます♪

 

 

こちらの生徒様、以前から不定期に英会話のレッスンを受けていらっしゃったようですが、忙しくなると英会話を辞め、そして落ち着くとまたスタートして、というon and offの状態がしばらく続いていたので、これからはしっかりと継続する環境を作ってやっていきたい、という事でした。

 

 

 

英会話のトレーニングにおいてこれはとても重要なポイントです。

 

語学は実技科目であって、間が空くとやっぱり体がその感覚を忘れていくものです。

 

知識も時間と共に抜けていきますし、レッスン受講頻度は頻繁でなくても、コンスタントに続けていく事、これが習ったことを忘れて無駄にしないようにする大きなポイントの1つになります。

 

 

 

本日の生徒様はこの10年のご自身の経験を振り返りそれを強く感じていらっしゃるようで、間が空くと積み重なっていく感覚ではなくて、一歩進んで2歩下がるではないですが、なんとなく泥沼をもがくような、そんな微妙な感覚をこの間ずっと感じていらっしゃったようです。

 

 

 

社会人にとって英会話を継続する為に必要な要素は沢山ありますよね。

 

曜日、時間、場所、継続していける予算、レッスン内容、そして、そもそものモチベーション維持。これは大事ですね。

 

モチベーションを高い所に常に置いておけるかどうかが継続の決め手といっても過言ではありません。

 

曜日、時間、場所、予算、レッスン内容が良くても、モチベーションがついてこないとそれらも活きてきません。

 

そういった意味では、英会話レッスンが持つ意味、というものをしっかりと自分の中でかみ砕いて考えてから取り組むようにする、というのも継続のポイントですね。

 

 

 

本日の生徒様は、とにかくテンポよく話せるようになりたい、という強い希望を持っていらっしゃいました。

 

いつまでたっても簡単な事しか言えず、会話のテンポが上がれば上がるほど、ついていけなくなり、ギブアップ、、、、と感じる自分の中のその感覚をなくせるようにしたい、という事でした。

 

 

 

時間はかかりますが、大人になってもトレーニング次第でしっかりと力をつけていけるのが英会話レッスンのまた楽しい所だと思います。

 

そして結果が出ると楽しくなるのでさらに頑張り更に結果がでる。

 

この好循環を生み出すのは、小さい事の積み重ねから生まれます。

 

本日の生徒様はとにかく冬の海外の為に、という大目標がまず近い所にあるので、今はそこにしっかりと焦点を置いて集中できそう、という事でした。

 

 

これからの生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!