遊戯機メーカーで英語を使う仕事をする為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

毎日暑い日が続きますね。

 

明日からはついに8月です!

 

あっという間に夏も終わりそうです。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様は現在、遊戯機メーカーにお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、他部署では英語を使う仕事もあるようで、その部署に異動できるような基礎英語力をつけたいから、という事でした。

 

縮小業界なので、カジノにも期待したい、という事でしたが、英語を話せるようになることで、他業種への転職も視野に入れていらっしゃるようでした。

 

縮小業界と言えば、少子高齢化の日本。

 

あらゆる産業が縮小業界であることは間違いありません。

 

海外にマーケットを広げられる業界、会社はよいですが、なかなかそううまくいかない業界や企業もありますし、そうなるとどうしても「マーケットの縮小」という壁にぶつかります。

 

どの企業も試行錯誤しながら色々とこれからの打開策を見つけていくわけですが、本日の生徒様のように、新卒三年目というまだまだ若い方であれば、おもいきって異業種に飛び込むという挑戦もありですよね。

 

実際に転職では業種が変わる事はよくある話ですし、英語をしっかりと今のうちにやっておき、その選択肢を広げておく、というのはとても合理的な話だと思います。

 

 

 

ただ、カジノの話については、この業界の方々は確かに期待したいところだと思います。

 

また外国人環境客をメインターゲットにすることになると、現場のスタッフは英語を話せることが必須になってきます。

 

ここにもまた新しい英語を使った雇用が生れますし、業界内でもそういった人材にどのように対応するかが問われてくるはずです。

 

海外のカジノ王が日本に出てきて全てガッチャンコとやってしまうのかもしれませんが。。

 

 

 

 

 

という事で本日の生徒様は直近の目標は社内で英語を使う部署に異動できる英語力をつける事。

 

そして中長期の目標は、その英語力を武器に、異業種への転職も視野に入れられるようにする事。

 

という事でした。

 

具体的な目標を掲げられているので、やる事もはっきりしてきます。

 

そして、目標が具体的であればあるほど、モチベーションも高くなるというのが良い所ですね。

 

 

 

 

現在の英語レベルはというと、大学受験までの英語をやったきり、一切真面目に勉強はしていない、という事で、かれこれ7,8年たっているわけで、実際には当時覚えた事もかなり忘れてしまっているという事でした。

 

ただ、そこは心配無用です。

 

大学受験でやったこと。

 

確かにかなりの部分を忘れてしまっていらっしゃる方は多いと思います。

 

ただ、それは頭から完全に消えているわけではないという事が実は結構あるんですね。

 

単語を見たり、聞いたりすると、「あ~~~~~~~、そんなのありましたね!」となる事が沢山ある、というのが大学受験を頑張ってきた方々がこれから経験する事になります。

 

そして、そのかすかな記憶はゼロから覚える方よりも、頭には染みつきやすくなります。

 

なぜなら既に一度は頭にインプットされているわけで、まだ完全に消えていないわけですからね。

 

記憶は復習の連続で強い記憶になります。

 

その繰り返しの数が多い方は有利ですよね。

 

 

やる気は十分のこちらの生徒様。

 

今後のご活躍に期待です。

 

本日は以上です!