TOEICスコアアップと英会話力をつける為に頑張る生徒さん

こんばんは!

 

阪神の連敗が続いていますね。。

 

最初の勢いはすっかりなくなりました。。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、今年名古屋から単身赴任で東京に来られ、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、英語が出来るようになりTOEICのスコアが上がれば、社内で英語を使う仕事が出来るようになるから、という事でした。

 

どこの会社もそうですが、英語が出来ない人に英語が必要な仕事は任せたくありません。

 

ある程度の規模の会社ではある程度の英語力がなければそのポジションにつけませんが、規模の小さい会社だと実はそうではないんですね。

 

英語が全く出来ない人ばかりであれば、海外旅行でなんとか買い物やオーダーを取るくらいはできる、程度の英語力でも、その会社の中では「英語のできる人」になる事ができ、外国人顧客への対応や英語が必要な業務が出てきたときに一任されたりします。

 

考え方次第では、最高のポジションです笑。

 

ただ、大きい会社ではそうはいかない事が多いはずです。本日の生徒様のお勤め先は国内の製薬会社で、実際には社内でしっかりとTOEICの基準が設けられている為、英語力がなければその先の仕事もない、という事が決められています。

 

だからこそまずはTOEICを、というのがよくあるパターンだと思います。

 

ただ、本日の生徒様の場合、その先を少し考えていらっしゃって、TOEICのスコアと実際に英語が実務で使えるかは別物、という風にご友人などから聞いていらっしゃるようで、TOEICの点数を挙げる事を視野にいれつつも、基本的な英会話の力もつけていきたい、という事でした。

 

これはとても大事なポイントだと思います。

 

アデュールの生徒様の中にはTOEIC800点を超えていても、その数字だけをみて周りに英語力があると期待されることをとても負担に感じていらっしゃる方々がいらっしゃいます。

 

実際はみんなが思うようには出来ないんだよ、、、という思いがいつも頭の中にあるようで、だからこそ、早くその期待値に合わせられるように実際の会話力をつけていきたい、と皆さんおっしゃっています。

 

バリバリの外資系は別として、普通の国内企業であれば、TOEIC800点あれば、英語はある程度できる人、という風に間違いなく思われるものです。

 

でもTOEICスコア獲得だけを目指してTOEIC対策のみをしてきて出したそのスコアの場合、実際の英会話力に自信があまり自信がないままスコアが取れてしまった、という事があるんですね。

 

それでもそれによって英語を使う仕事の環境に入れるのであれば、あとは実地で力をつけるだけ、とプラスに考えられる方はよいですが、周りの期待がとても心理的に負担がかかる、と感じる方は、TOEICの勉強と並行して会話力もつけるように努力される方がよいと思います。

 

本日の生徒様は実際の実務を想定した時、英語でのメールのやり取りもあるという事で、英文リーディングの力もつけたいという事でした。

 

社内でたまに英文でメールを書いている同僚のメールを見るようですが、あまりの英語の量に読む気にもなれない、というのが今の現状のようで、もう少し英文を読むことに抵抗をなくせるだけの力をつけたい、という事でした。

 

これからしっかりと力をつけていっていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

テレビ局職員として海外メディアとやりとりする為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

梅雨はまだ終わらないようですが、週末のお天気はどうなんですかね。

 

早くこの梅雨が終わり、暑い夏が終わり、快適な秋になってほしいものです笑。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在テレビ局にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、英語ができると海外のメディアとのやりとりなども出来るようになるという事で、そういう新しい仕事の幅を広げていく事がモチベーションになる為頑張りたい、という事でした。

 

海外のメディアとのお仕事なんて素敵ですね。

 

こちらの方がお勤めのテレビ局のニュースは私もよく観ていますが、いつの時代もメディアの果たす役割はとても大きいです。

 

今は都知事選ニュースで持ちっきりですが。

 

これまでは特に会社から英語が出来るようにという指示があったわけではなく、また現在も特に言われているわけではないようですが、新卒からこれまでずっと働いてこられ、将来的に自分の仕事を考えた時、このタイミングで新しい事にチャレンジしたいと思われたようです。

 

新卒から5年位は誰しもがとにかく前に向かって突っ走る、とにかく仕事を覚える、そんな間に一瞬で時が流れるものです。

 

そこから少しずつ仕事に余裕が出てきて、客観的に自分の仕事や自分の立場、会社をみるようになり、そこで自分のキャリアというものを深く考えるタイミングがくるのではないかと思います。

 

本日の生徒様はまさしくそのようなタイミングだったようです。

 

現在のお仕事で英語と全く関りがないのかというとそうでもなく、ccで英語のメールが来たりもするようですが、自分が直接それに答えるようなものではないため、今のところはほぼ読まずにスルーしている、という事でした。

 

読もうとすると難しくて気持ちが滅入るので、という事でした。

 

本日の生徒様、基本的に学生時代から英語はあまり好きではなかったようで、今でもそれは変わらないようです。

 

ただ、仕事の1つのツールとして必要と考えられれば、いやでもやろうと思える、それが英語の強みです。

 

ただただ頑張る、というやり方ではあまり好きではない英語の場合はモチベーションが続かないかもしれない、という事で、定期的にTOEICを受けてそのスコアを自分のモチベーションにしたい、という事でした。

 

数値化されるというのはそういった意味でとてもよいものだと思います。

 

まずは基本的な日常英会話から始めたいという事で、テキストはご自身で数年前に少しだけ英語を勉強しようと思った時に購入されたテキストがあるのでそれをまずは使っていきたい、という事でした。

 

当時は結局仕事が大変で英語どころではない、という事になり、そのまま本棚の奥にずっと隠れてしまっていたようです。

 

30年前の英語の本は確かに英語そのものというよりも、シチュエーション設定が少し古かったりもしますが、数年前のものであれば十分使えると思います。

 

まずは楽しく英会話するという時間を日々の生活の中に入れていく事で、少しずつ英語が生活の中にある環境を作っていきたいという事でした。

 

英語が生活の一部になる、そういう環境に慣れていく事は英語学習にはとても大切な事です。

 

そうやって自然に英語を身に着けていっていただきたいと思います。

 

 

本日は以上です!

 

 

 

出版社で外国人をインタビューする為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

今週末土曜日は都議選、どうなるでしょうか。

 

都民ファースト、勢いあるみたいですね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在出版社にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、年に数回外国人へのインタビューをする機会があるようで、現在は通訳を通しているものの、英語で自分でインタビューできるようになりたい、という事でした。

 

素敵なお仕事ですね。

 

IT社会の到来とともに出版業界は大きな打撃を受けていますが、それでもやはり読み物は私たちの生活の一部ですし、紙、デジタルの垣根を越えて今後も存続していくものです。

 

このお仕事がとても好きで好きでやめられない、とおっしゃるこちらの生徒様。

 

そんな気持ちで頑張ってくれている社員を持っている会社はとても幸せです。

 

 

 

現在の英語力はというと、大学卒業以降、全く英語の学習はされてこなかったため、学生時代につけた英語力もすっかりさび付いてしまっている、との事でした。

 

学生時代には短期で語学留学なども行かれたようですが、その時に学んだ事も今ではすっかりと過去に消えてしまっているようで、一からやり直し、との事でした。

 

ただ皆さんこうやってゼロベースでやり直しとおっしゃいますが、実際はゼロから、という事は絶対にありません。

 

皆さん記憶の彼方に沢山の英語学習の成果が残されていて、その埃の被った記憶の扉をまずは開けて整理していく所からだと思います。

 

そして誰しもが楽しくなる瞬間、それは過去の記憶が呼び覚まされ、そして実際にそれが自分の口から出て会話の中で使える時の感覚です。

 

「無駄じゃなかった」

 

これが一番の感動のフレーズですね笑。呼び覚ませば出てくるものです。

 

ただ使わない期間が空けば空くほど、その古い記憶の扉もさび付き、なかなか開ける事ができません。

 

現役バリバリのこちらの生徒様ですから、ここからしっかりと過去の記憶を使えるものに変えていっていただきたいと思います。

 

実際に体験レッスンで感じられた事は、自分の言いたい言葉がすぐに口から出てこないものの、その言いたい単語を過去に知っていた、という感覚です。

 

もう喉の所まで出かかっている、そんな感覚に英会話のレッスンを始めると何度となく遭遇します。

 

そしてそれをその場で発見できることで、その記憶がまたしっかりとした記憶として残っていきます。

 

具体的なレッスンの形としては、お仕事柄あまり一般的な「ビジネス英会話」というものは必要ないようで、基本的な意思疎通ができる日常英会話を発展させるような形をイメージされていました。

 

あまり形にとらわれず、自分の話したいトピック、分野に話題を寄せていく事がモチベーションを続けていく意味でも大切だとおっしゃっていました。

 

続けることの大切さは続けて結果を出している方が身をもって感じていらっしゃいます。

 

ただ忙しい社会人。

 

常に仕事、プライベートで色々な阻害要因が英会話レッスンの継続を止めるきっかけになります。

 

全てのバリアを取り除く事は難しいですが、続けられる形を自分から1つづつ作っていくこと、これはとても大切な事だと思います。

 

マイナス要素が2つあってもプラス要素を3つつければトータルでプラスになり、自分の中で続ける意味を感じられるものです。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

ルート66をバイクでツーリングする為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日の関東地方はあいにくのお天気になりそうです。

 

梅雨ですね。蒸し暑くなければよいのですが~~~!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、女性の生徒様ですが大型のバイクに乗るのが趣味で、将来アメリカのルート66を走りたいから、という事でした。

 

かっこいいですね~。

 

バイカー憧れのルート66、もちろんおっきいハーレーをぶっ飛ばしたいですね!

 

バイカー仲間がハワイなどでバイクに乗っている写真などをみて、自分も海外でツーリングしてみたい、と強く思われるようになったようです。

 

バイクが好きでなくとも、やっぱりアメリカ映画などで荒野を走っていくあの姿はやっぱり憧れますよね。

 

真っすぐな道路と限りなく続く荒野、地平線。車よりもバイクで走るのが気持ちよさそうとは誰もが思う所だと思います。

 

そんな夢を持ったこちらの生徒様、リアルにその夢を考えていくと、海外に行くわけですから、何かと英語が必要になるわけです。

 

ましてやツアーで添乗員さんにくっついていけばどうにかなるような形ではなく、現地でバイクにまたがって荒野を駆け抜けるわけですから、少し普通のツアーとは勝手が違います。

 

アメリカのルート66をバイクで駆け抜ける=英語が必要、という方程式もなんだかとてもおもいしろいですし、これまた英語の素晴らしさだと思います。

 

色々な人たちの趣味や情熱に英語が強く結びついている。

 

グローバル化している現在、誰しもがそうやって深く海外の文化、習慣に触れていく機会があるので、それはより顕著になってきていると思います。

 

マダム貞奴の時代ではありません。

 

という事で英会話を、とこの数年ずっと考えていらっしゃったこちらの生徒様。

 

一度グループレッスンの英会話レッスンの体験レッスンを受けられたようですが、あまりにも自分の英語のレベルが低すぎた為、一番下のクラスでも劣等感を感じてしまい、それからしばらくは英語に向き合いたくない気持ちが強かったようです。

 

ただやっぱりルート66は諦められない=英語も諦められない、となり再び英語を、と思われたようです。

 

英語のしぶとさもまたすごい所です。

 

以前のグループレッスンでの反省から、今回はマンツーマンレッスンで、かつ、自分が安心して、どんな事でも相談できる環境、という事からアデュールでの日本人英会話講師のレッスンを選んでくださりました。

 

結果、英語での体験レッスンをしつつも、今後の勉強の仕方や全体的な話など、日本語で相談にのってもらえた事がとてもよかったようで、まだまだ長い道のりですが、少し先が見えてきたと感じてくださったようです。

 

何も先が見えない道を走り出すのは誰でも不安です。

 

経験者に伴走してもらう事で、とにかく一歩進む勇気が出るものです。

 

勿論走るのは自分自身ですから、結局のところは自分次第、というのはありますが、それでも不安いっぱいで走るのと、伴走者が近くにいてくれて走るのでは気持ちの持ちようが違いますよね。

 

とくに忙しい社会人。

 

やみくもに突っ走るのではなく、自分がこれから走る道がどういう道なのが、ガイドさんがついてくれている方が、安心を得られます。

 

やる気は十分のこちらの生徒様。

 

今後の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

自分の必要な学習アプローチを発見された生徒さん

こんばんは!

 

梅雨の天気という感じになってきましたね。

 

早く過ぎ去ってほしい、、、ですね笑。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在TOEICのみを学ぶ学校に通っていらっしゃり、今回お申込みいただいた理由は、1対1で実際に会話をする実用的なトレーニングを入れていきたいから、という事でした。

 

現在はTOEICの学校以外にも英会話の雑談のみのサークルのような場所にも行っていらっしゃるようですが、こちらも特に自分の英語力を訂正されるわけでもなければ、体系的に何かを学んでいくようなものでもなく、ただ英語のおしゃべりの空間に身を置くだけのもの、という事でした。

 

最初は楽しく感じられていたようですが、最近は同じような話題に触れる事も多く、正直学べることも少なく感じていらっしゃるようでした。

 

一番の問題と感じていらっしゃるのは、他にも人が複数いる為、自分が話す事も少なく、そしてそれぞれが自己満足で話してそれに対して何かのフィードバックがあるわけでもなくそのまま終わる為、ご自身が希望されている会話力のトレーニング、という側面が薄いという事でした。

 

独学でも色々と勉強されていらっしゃるようですが、とにかく実際に話す、という環境がないため、詰め込んだ知識も持ち腐れになっているとの事でした。

 

実際に今回の体験レッスンで簡単なフリートークにおいても、自己紹介を終えた後の会話はほぼまともに話せなかったという事で、そこまで難しい話題でもないのにすぐに言葉が出てこない、そして質問が聞き取れない事に愕然とされたようです。

 

先生に自分の発する英語に対して訂正をかけてもらう事で、話す事に100%の意識がいき自分の英語を客観的に見れなかった自分をしっかりと見つめなおす事ができると感じられたようでした。

 

リスニングもしかりで、先生に英語の質問が分からない時に質問内容を書き落としてもらう事で、細かい部分を確認でき、そして自分がどこが聞き取れなかったのか、どういう表現につまづいていたのかが分かり、そういう環境がご自身に必要なものだと強く感じられたとおっしゃっていました。

 

誰でもそうですが、自分の弱い部分をつつかれるのは、嫌なものです。

 

自分自身そこには向き合いたくないのというのが本音ですが、でもそれでは力がつかない。

 

だからこそ、ハッキリと自分自身の現状を理解し、そしてそこを潰していく。

 

とても基本的な事ですが、1時間英語のレッスンの環境に身を置いた、忙しい時間の中で英会話のレッスンを受けた、という、英語に時間を割り振ったという「時間配分をしただけ」で「英語を学んだ」と勘違いする事が一番危ない事ですよね。時間を割り振る事が英語の力をつける事とイコールではありません。

 

猛烈に眠たくて本を読んでいる時、うとうととしかけてハッと気づき読み進める、そしてすぐにうとうととしてまたハッとして少し戻ってまた読み進める、それを繰り返して15分、ほんの1,2ページしか進まず、頭は半分寝ている為ただ字を追っただけなので、中身は全然頭に入っていない。

 

そんな15分の使い方なら10分仮眠して5分読む方がよっぽと「学べる」事は多いはずです。

 

本日の生徒様は体験レッスンでかなり色々と考えさせられたようですが、そういった、考える、脳を絞る、それがリアルなトレーニングの場だと思います。

 

体験レッスン後はとても前向きな気持ちで今後の学習を頑張る気持ちになっていらっしゃいました。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!