TOEICスコアアップと英会話力をつける為に頑張る生徒さん

こんばんは!

 

阪神の連敗が続いていますね。。

 

最初の勢いはすっかりなくなりました。。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、今年名古屋から単身赴任で東京に来られ、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、英語が出来るようになりTOEICのスコアが上がれば、社内で英語を使う仕事が出来るようになるから、という事でした。

 

どこの会社もそうですが、英語が出来ない人に英語が必要な仕事は任せたくありません。

 

ある程度の規模の会社ではある程度の英語力がなければそのポジションにつけませんが、規模の小さい会社だと実はそうではないんですね。

 

英語が全く出来ない人ばかりであれば、海外旅行でなんとか買い物やオーダーを取るくらいはできる、程度の英語力でも、その会社の中では「英語のできる人」になる事ができ、外国人顧客への対応や英語が必要な業務が出てきたときに一任されたりします。

 

考え方次第では、最高のポジションです笑。

 

ただ、大きい会社ではそうはいかない事が多いはずです。本日の生徒様のお勤め先は国内の製薬会社で、実際には社内でしっかりとTOEICの基準が設けられている為、英語力がなければその先の仕事もない、という事が決められています。

 

だからこそまずはTOEICを、というのがよくあるパターンだと思います。

 

ただ、本日の生徒様の場合、その先を少し考えていらっしゃって、TOEICのスコアと実際に英語が実務で使えるかは別物、という風にご友人などから聞いていらっしゃるようで、TOEICの点数を挙げる事を視野にいれつつも、基本的な英会話の力もつけていきたい、という事でした。

 

これはとても大事なポイントだと思います。

 

アデュールの生徒様の中にはTOEIC800点を超えていても、その数字だけをみて周りに英語力があると期待されることをとても負担に感じていらっしゃる方々がいらっしゃいます。

 

実際はみんなが思うようには出来ないんだよ、、、という思いがいつも頭の中にあるようで、だからこそ、早くその期待値に合わせられるように実際の会話力をつけていきたい、と皆さんおっしゃっています。

 

バリバリの外資系は別として、普通の国内企業であれば、TOEIC800点あれば、英語はある程度できる人、という風に間違いなく思われるものです。

 

でもTOEICスコア獲得だけを目指してTOEIC対策のみをしてきて出したそのスコアの場合、実際の英会話力に自信があまり自信がないままスコアが取れてしまった、という事があるんですね。

 

それでもそれによって英語を使う仕事の環境に入れるのであれば、あとは実地で力をつけるだけ、とプラスに考えられる方はよいですが、周りの期待がとても心理的に負担がかかる、と感じる方は、TOEICの勉強と並行して会話力もつけるように努力される方がよいと思います。

 

本日の生徒様は実際の実務を想定した時、英語でのメールのやり取りもあるという事で、英文リーディングの力もつけたいという事でした。

 

社内でたまに英文でメールを書いている同僚のメールを見るようですが、あまりの英語の量に読む気にもなれない、というのが今の現状のようで、もう少し英文を読むことに抵抗をなくせるだけの力をつけたい、という事でした。

 

これからしっかりと力をつけていっていただきたいと思います。

 

本日は以上です!