飲食店で半数を占める外国人のお客さんに対応する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

今日の東京は蒸し暑い日になりました。

 

梅雨入りももうすぐ。いやですね~~~~笑。。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在飲食店にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、お客様の半数が外国人という事で、英語を話せるようになったほうが、仕事上とても便利だから、という事でした。

 

お客様の半数が、と聞くとすごい事のように感じますが、アデュールの生徒様で小売業に従事されている方々の中には同じように毎日たくさんの外国人のお客様の対応をする、という方々が沢山いらっしゃいます。

 

小売業や飲食業などに従事していない人間にとってはあまり身近な事ではないかもしれませんが、訪日外国人の数は年々増えていますし、それだけなく関東エリアには各地に外国人タウンが沢山ありますよね。

 

そういう方々も日々何かしらの買い物をされるわけで、その接点にいらっしゃる方々は関東エリアに沢山の外国人がいる事を日々、感じられています。

 

 

本日の生徒様はお仕事柄こういった事情もあり、約一年前から他のグループレッスンの英会話スクールに通い始めていらっしゃり、少しずつ知識はついてきたものの、実戦的な会話になるとまだまだ弱い、と感じられていらっしゃり、マンツーマンで徹底的にやっていきたい、という事でアデュールでのレッスンを選んでいただきました。

 

やる時はとことんやりきる性格の方のようで、分からない所をそのままにはできない、という事が、グループレッスンの中でしばしば自分だけの時間にできない事がその障壁になっていたようです。

 

超自己中に自分だけの質問時間でレッスン時間を占領してしまったり、自分が話す時間を圧倒的に他の人達よりも多くするようにすれば、グループレッスンでもほぼ自分に時間にできなくもないかもしれませんが、勿論、周りの生徒様から白い目で見られるでしょうし、何回かそれを続ければスクール側も何かしらの対応をすることになると思います。

 

グループレッスンは他の生徒さんもいて、その方々もお金を払って受けにきていらっしゃるわけで、レッスンの時間は、他の人と「共有」しているという事への理解は暗黙の了解です。

 

ただ、どうしてもそれでは時間がもったいない、という方はマンツーマンレッスンという選択肢があがってくると思います。

 

本日の生徒様はまさしくそのタイプで、日々仕事で外国人の方々がこられ、こう言いたかった、こう言われたけど、それはこういう理解でよかったのか、など気になる事があるようです。

 

そこをしっかりと潰していく事が成長につながりますし、その時間をしっかりと取りたいという事のようでした。

 

レッスンの進め方もそういった事から、テキストベースというよりは生徒様の仕事場での疑問点を解決する時間を多めに取りながら、実用的なフリートークの時間を入れていく、という形を希望されていました。

 

オリンピックの時期には今よりも更に外国人のお客様が増える事が想定され、その時には仕事場で自分がしっかりと英語での対応で切り盛りできるようにしたい、という事でした。

 

折角海外から日本に来て下さった外国人の方々ですから、最高のおもてなしをしたいんです!との事でした。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

 

ドイツ本社の外資系企業で同僚と英語でやり取りする為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

毎日暑いです!

 

そして明日もまた暑いみたいです!困ります!

 

と言ってもどうにもならないですね笑。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在ドイツ本社の外資系企業にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、社内で英語でしっかりとコミュニケーションを取れるようにしたいから、という事でした。

 

現在社内にいる外国人従業員は社長を除き、みんな日本語が流暢で、何か話をしないといけない時は日本語でコミュニケーションを取れるという事でした。

 

それであれば特に日常業務に支障はないかに思えますが、実際には周りの日本人従業員みんなが流暢に英語を話し、結果、外国人スタッフが混ざった複数での会話は、英語が公用語になってしまうようです。

 

そうなると本日の生徒様、とても肩身が狭くなるわけです。

 

その環境が本当に辛い、、、という事で、どうにか英語力を上げたい、という事でした。

 

また社内の書類は基本が英語で、また社長に何か報告に行くときには英語ができる人についてきてもらわないといけないので、それもまたとても辛い、という事でした。

 

社長は全く日本語ができないので、基本は全て英語でのコミュニケーションという事ですが、今の生徒様の英語のレベルでは、一人で会話する事は、まともな会話にならない可能性が高いので、恐れ多い、という事でした。

 

例え外国人従業員との2人の会話の時でも、やはり周りのみんなは英語で話しているわけで、自分だけ日本語というのも、なんとなく違和感をかんじてしまうようで、結局の所、社内公用語は英語というような雰囲気の中で、自分もそこにしっかりと対応できるスキルがないとずっと肩身が狭い思いになってしまう、という事でした。

 

こんな状況だとは知らなかった、、、、と言って入社された場合は、本当につらい職場だと思います。

 

ただ、今回の生徒様については、英語が必要な環境に自分を放り込むことで英語力をつけたい、という事を考えての転職だったようで、実は想定内と言えば想定内だったようです。

 

辛いだろう、とわかりつつ飛び込んだ環境で、やはり辛い。

 

というのは当たり前と言えば当たり前化もしれませんが(笑)、それでも自分が選んだ環境。

 

逃げずに勝負したい、という強い思いを思っていらっしゃいました。

 

幸い親日のドイツ人メインです笑。最後は、Ein Prosit, Ein Prosit, der Gemütlichkeit♪ で楽しくビール片手に笑えるはずです笑。

 

というようなお話も冗談半分ではありましたがしていく中で、辛いけど、道はある。と心の奥底で感じていらっしゃるという事がとても分かりました。

 

レッスンではとにかく実践的な会話のトレーニングが必要という事で、ビジネス英会話というよりもとても基本的な表現が全く分からない事がよくあるようなので、先生との会話の中では、逐一そういった表現の確認をしていきたい、という事でした。

 

話すテンポもとてもゆっくりになってしまうので、一定のスピード感を持った会話が出来る事も目標、という事でした。

 

 

本日の生徒様は英語力強化するにはもってこいの環境にいらっしゃいます。

 

今後のご活躍が楽しみです。

 

 

本日は以上です!

 

 

 

海外での論文発表や社内での英文資料作成の為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

毎日暑い日が続きますね。

 

そして明日は5月の暑さのピークのようです。外出は用心しないといけないですね!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在、IT企業にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、お仕事で英語で色々な書類を作らなければいけない為、その為の基礎英語力を付けたいから、という事でした。

 

お仕事の具体的な内容は細かくはお聞きしませんでしたが、技術関係の論文を海外で発表するような事もあるようです。海外での発表は、現在は英語のできる同僚の力を借りて、というかその人任せで同行しているような形のようですが、今後は自分でしっかりとできるようになりたい、という事でした。

 

ただやはり海外での発表ですからね。

 

勿論、外国人の方が沢山いらっしゃる中での発表。そして場所はホームの日本ではなく、どアウェイですから、緊張の度合いも半端ないはずです。

 

なかなかその場では今の自分では勇気がない、という事でしたが、そうも言っていられないようにこれからなるようで、今このタイミングでしっかりと英語の力をつけておきたい、という事でした。

 

現在の英語レベルはというと、既にかなり高いレベルの英語力をお持ちでした。

 

知識レベルが高くても、実用的なものになっていない、というのがこちらの方の自己分析で、実際に体験レッスンの際にも会話をなんとか進める事はできでも、細かい描写や内容説明がうまく出来ないという、これまで自分の英語の弱い部分と感じられていたところを、改めて痛感されたようでした。

 

英語の力がついてくると、少しずつ、自分が他の英語の出来る人と比べてどこが弱いのか、というのがハッキリ見えてくるものです。

 

この段階に来ると、学習に必要な事も自分で見えてくるので、初心者レベルの方と比べると、雲をつかむような感覚で英語の勉強を始めるのとは少し違ってきます。

 

目の前の道がぼんやりと見えたところを進む感じは中級の学習者の良い所だと思います。

 

ただ、そこから力を上げていく事が簡単という事では勿論ありません。

 

特に英語学習者の壁はこの中級に入った所からのステップアップの所にあります。

 

実際に多くの方がこのレベルで立ち往生しますし、必要なスキルは分かっていてもなかなか大きく力を伸ばせない、大きな壁でもあったりします。

 

 

以前はネイティブの先生のレッスンを受けていらっしゃった時期もあったようですが、ご自身曰く、突き詰めたところを確認する英語の表現力を持ち合わせていないので、結局会話の内容が深くなっていかないまま終わってしまう、という事を常々感じられていたようです。

 

同じようなうわべの所をずっと行き来しながら時間が経過していく事になんとなくもどかしさを感じられていたようです。

 

今回はそれらの経緯を踏まえ、日本人英会話講師としっかりと意思疎通できる環境の中で教えてもらいたいと思われたようでした。

 

実際に体験レッスン後は、細かい部分まで突っ込んだ話ができたようで、自分に必要な次のステップアップへの道筋が少し見えたような気がしたとおっしゃっていただけました。

 

 

また次の海外での論文発表が控えているようです。

 

是非、頑張っていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

飲食のコンサルとして海外進出の為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

あっという間に週末ですね。

 

花金という言葉、今の若い世代はもう使わないのでしょうか。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在飲食のコンサル会社を経営されていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、現在のクライアント企業が将来的に海外に進出する事を見据え、その際に通訳を介してではなく、自分である程度現地でコミュニケーションが取れるようにしたいという事でした。

 

日本の飲食は海外でも強い印象です。

 

吉野家や丸亀製麺、一覧などは有名ですが、それ以外にも沢山の日本の飲食店が海外で活躍していますよね。日本風を装った現地企業が沢山ある事もその人気を裏付けるものだと思います。

 

海外での日本の飲食企業の活躍を現地で目の当たりにするたびに、やはり日本人としては嬉しい気持ちになります。

 

日本の食への安心、というキーワードも広く周知されてきていると思いますし、どんどん日本から海外に出て行っていただきたいと思います!

 

本日の生徒様のお仕事が繁盛するという事も願って笑。

 

 

一方、日本国内に目を向けると、s日本の飲食店、本当においしいお店が沢山ありますし、飲食業界の競争はとても厳しい事は周知の事実ですよね。

 

少し行列が出来ていたと思っていたお店も1,2年後には閉店しているという事も普通にありますし、本日の生徒様はそういった厳しい環境の中で、勿論、クライアント企業からの要望も沢山あり、実務では本当に大変だという事でした。

 

飲食に関しては本当にそう感じます。人材確保だけでも大変ですが、集客ツールの管理、そして日々現金も沢山動く商売ですから、お金の管理も大変な所です。

 

これは小売店にも通じる所ですね。

 

本日の生徒様の会社はこういう現場の大変な部分をクリアしていくためのクライアントへのコンサルだけでなく、委託経営という形で、クライアント企業の実店舗の運営もいくつか行っていらっしゃいます。

 

実際の店舗の運営の委託を受けるわけですから、コンサルの域を超え、クライアント企業の目の前で実利を上げてその力を見せつけなければいけないわけです。

 

大変なお仕事です。

 

 

そんな忙しいこちらの生徒様ですが、週末の隙間時間に、今のタイミングで英会話を始めておかなければいけないと強く感じられているようでした。

 

アデュールの生徒様の中には多くの会社経営者の方々がいらっしゃいますが、その中の多くの方々が、日本市場が縮小していくなかで海外に目を向けていらっしゃる事がとても多いです。

 

英会話を習っていらっしゃるわけですから、当然そういった方々が中心という事にはなりますが笑。

 

本日の生徒様のように全国で沢山の飲食の実店舗の数字を見ていらっしゃれば、やはりマクロの視点で飲食市場を俯瞰されるようになるのでしょう。

 

 

実際のレッスンでは、まずは基本的なコミュニケーションを取る為の基礎単語、文法、発音、そういった所から頑張りたいという事でした。

 

学生時代は勉強よりも他に熱中されていたことがあったようで、あまり英語の基礎はできていないというのがご自身の分析でした。

 

英語で意思疎通をはかること、基本的なコミュニケーションが取れるようになる事、そういったご自身のイメージをしっかりと持っていらっしゃるので、あとはやるのみです。

 

今後の生徒様のご活躍に期待です。

 

本日は以上です!

 

 

 

市場の仕事の為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

東京は雨が降ってきました。

 

明日はあいにくのお天気模様みたいですね。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在、育児休暇中でお仕事をお休みされていらっしゃり、今回お申込みいただいたのは育児休暇中に普段できなかった事に時間を割いていきたいから、という事でした。

 

お仕事は市場でのお仕事をされていらっしゃるようで、海外とやりとりする部署も社内にはある為、英語ができるようになるとそのような仕事もできるので、最終的にはそこを目指したい、という事でした。

 

社内にそういう部署がある事はモチベーションを上げてくれますよね。

 

すぐ近くに英語を使ってバリバリ仕事をしている人がいると、自分もやりたい!と感じる事はあると思います。

 

実際にアデュールの生徒様の中にはそのように他部署の人の仕事に憧れて英会話を始めた、という方がとても多いです。

 

仕事は生活の大半の部分を占める大きなもの。

 

やっぱりそこでイキイキとやっていきたいですし、何よりも成果を出して、評価を上げたい。

 

これは仕事をしている人なら普通に考える事だと思います。

 

英語が出来る事で仕事の幅が広がる=評価が上がる、という所を本日の生徒様も考えていらっしゃるようでした。

 

 

 

これまで英会話レッスンを始めようと考えた事は何度かあったようでした。

 

時間的にも予算的にも余裕のあった時期に始めようと思った事はあったものの、最後の一歩が踏み込めなかったようです。

 

その一番の理由は、「英語を話す事への恥ずかしさ」だったそうです。

 

自分が英語が全然出来ない事への恥ずかしさ、劣等感が、極度に英語を割けてしまう理由だったようで、特にちょっとしたときに、英語を話せる友人や同僚を見て、憧れよりも自分への劣等感を強く感じる事が多かったようです。

 

内へ内へと入り込んでしまうと、英会話の力は絶対につきません。

 

これまで何度となく、飛び込めなかった英会話レッスンですが、育児休暇という今までにない期間が生まれ、色々と考え、ついに、その一歩を踏み出されたようです。

 

 

 

先生にもゼロベースで考えてください~、ととてもご自身の英語レベルを気にされて最初から話されていましたが、そこは気にされなくても大丈夫な部分です。

 

英語ができないから習うわけですから、始める今の段階で0だろうが1だろうが、そんな所は気にしていただく必要はありませんし、講師は0ベースからの方への指導、という気持ちで常に準備しています。

 

 

 

体験レッスン後はなんだかすっきりされたようで、英語は全然話せなかったけど、自分のこれから進んでいく道筋を示してもらってとてもよかったですと言っていただきました。

 

現実はまだ変わっていなくても、進むべき道が前に見えている時、人は前に進む力が湧くものです。

 

右も左も分からないジャングルの中では人は困惑しますが、はるか遠くに、目的の山や城が見えていれば、とにかく向こうに進もう、と気持ちは前向きになるものです。

 

英語を話す事への恥ずかしさはまだすぐには取れないようですが、それでもこうやって自宅で日本人の先生に丁寧にマンツーマンで教えてもらえる環境は、横にいる子供の事もそこまで心配せずにレッスンを受けられるのでとてもよかったようです。

 

これから頑張っていただきたいと思います。

 

本日は以上です!