飲食店で半数を占める外国人のお客さんに対応する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

今日の東京は蒸し暑い日になりました。

 

梅雨入りももうすぐ。いやですね~~~~笑。。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在飲食店にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、お客様の半数が外国人という事で、英語を話せるようになったほうが、仕事上とても便利だから、という事でした。

 

お客様の半数が、と聞くとすごい事のように感じますが、アデュールの生徒様で小売業に従事されている方々の中には同じように毎日たくさんの外国人のお客様の対応をする、という方々が沢山いらっしゃいます。

 

小売業や飲食業などに従事していない人間にとってはあまり身近な事ではないかもしれませんが、訪日外国人の数は年々増えていますし、それだけなく関東エリアには各地に外国人タウンが沢山ありますよね。

 

そういう方々も日々何かしらの買い物をされるわけで、その接点にいらっしゃる方々は関東エリアに沢山の外国人がいる事を日々、感じられています。

 

 

本日の生徒様はお仕事柄こういった事情もあり、約一年前から他のグループレッスンの英会話スクールに通い始めていらっしゃり、少しずつ知識はついてきたものの、実戦的な会話になるとまだまだ弱い、と感じられていらっしゃり、マンツーマンで徹底的にやっていきたい、という事でアデュールでのレッスンを選んでいただきました。

 

やる時はとことんやりきる性格の方のようで、分からない所をそのままにはできない、という事が、グループレッスンの中でしばしば自分だけの時間にできない事がその障壁になっていたようです。

 

超自己中に自分だけの質問時間でレッスン時間を占領してしまったり、自分が話す時間を圧倒的に他の人達よりも多くするようにすれば、グループレッスンでもほぼ自分に時間にできなくもないかもしれませんが、勿論、周りの生徒様から白い目で見られるでしょうし、何回かそれを続ければスクール側も何かしらの対応をすることになると思います。

 

グループレッスンは他の生徒さんもいて、その方々もお金を払って受けにきていらっしゃるわけで、レッスンの時間は、他の人と「共有」しているという事への理解は暗黙の了解です。

 

ただ、どうしてもそれでは時間がもったいない、という方はマンツーマンレッスンという選択肢があがってくると思います。

 

本日の生徒様はまさしくそのタイプで、日々仕事で外国人の方々がこられ、こう言いたかった、こう言われたけど、それはこういう理解でよかったのか、など気になる事があるようです。

 

そこをしっかりと潰していく事が成長につながりますし、その時間をしっかりと取りたいという事のようでした。

 

レッスンの進め方もそういった事から、テキストベースというよりは生徒様の仕事場での疑問点を解決する時間を多めに取りながら、実用的なフリートークの時間を入れていく、という形を希望されていました。

 

オリンピックの時期には今よりも更に外国人のお客様が増える事が想定され、その時には仕事場で自分がしっかりと英語での対応で切り盛りできるようにしたい、という事でした。

 

折角海外から日本に来て下さった外国人の方々ですから、最高のおもてなしをしたいんです!との事でした。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!