海外旅行で自分から積極的に英語で話せるようになる為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日は金曜日。

 

あっという間に週末で、来週末はもう年末です。

 

こうしてすぐにまた1年が終わるんですね。時が経つのははやいものです。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在人材派遣の会社にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、大好きな海外旅行や、将来的には仕事でも英語が使えるようになりたいから、という事でした。

 

女性の生徒様としては、英会話レッスンを始められる理由として最も多い理由の1つだと思います。

 

海外旅行と仕事。

 

でもそれって超現実的な話ですし、納得です。

 

だからこそ、多くの方が理由に挙げられるのですよね。

 

海外旅行に行くときは、英語を全く話せない方は、何度か海外に行くタイミングで徐々にもっと英語が話せれば楽しみ方も変わるかな、という風に感じてくるものです。

 

初めての海外旅行でも感じる人は多いですよね。

 

一緒に旅行に行く人が英語を話せれば、それを強く感じる事はとても多くあります。

 

現地の人と楽しそうに話している自分の友人や家族を見ると、自分のあんな風に現地の人と触れ合いたい!と思うのはごく自然の事だと思います。

 

日本で自分の生活圏の道端を歩いているどこにでもいそうな普通のおじさんではありません。

 

異文化の、自分が知らない言葉と、歴史を持った国の人との会話です。

 

宇宙から来たエイリアンと一緒です。

 

エイリアンが暴力的でなく、かつなぜか日本語が話せたら、とにかく色々話を聞いてみたいですよね?

 

どこから来たの?

 

普段何を食べてるの?

 

いつも何を考えてるの?

 

周りのエイリアンたちとはどんな会話をするの?

 

色々気になるのが普通ですよね。

 

異文化の外国人も同じです。

 

 

本日の生徒様は将来的にお仕事でも使えたら、という事も考えてはいらっしゃるようですが、やはり海外旅行に言った時に全く英語が話せない自分がとても辛いようで、ここをどうにか克服したい、という事でした。

 

好きな事はどこまでも楽しみたいのが普通ですし、なんとなく言葉で制限を受けているのはもったいないです。

 

私自身、小さい時に海外旅行に行った時、全く英語が話せずなんとなく両親の後ろについて、景色や街中を歩く人たちをボーッとみていた記憶がありますが、それでも現地の方が小さい私に向かって優しそうに何かを話しかけてきてくれた事はとても記憶に残っていますし、何を言っているか分からないけど、コミュニケーションを取りたい、という気持ちになったのを、子供ながらに記憶しています。

 

本日の生徒様はとても忙しい毎日のようですが、それでも隙間時間を使って毎日宿題もしっかりするので、みっちりと鍛えてください、というリクエストを担当講師に出されていました。

 

やると決めたら、突き進む、というのがこちらの生徒様の性分のようです。

 

英語を勉強する時、やはり勉強の濃度は大切です。

 

どうしても時間が取れない時期もあると思いますが、それでも出来るときは周りの音が耳に入らない位に集中して英語に向き合う事で、必ず成果は出ます。

 

とにかく英語の環境に囲まれていればいい、英語のCDを流しておけばいい、という受け身の姿勢では成果は期待できません。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

看護師から英会話講師に転職する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

毎日本当に寒いですね。

 

もうクリスマスで年末モード全開です。忘年会もあちこちで開催されていて賑やかな時期になりましたね。

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在看護師としてお勤めで、今回お申込みいただいた理由は、なんと!将来英会話の先生になりたいから、といいう事でした。

 

素敵な夢ですね~!

 

英会話の先生になる為に英会話を習う。

 

とてもよくある事です。アデュールの生徒様の中には現役の小学校、中学校、高校の英語の先生がいますし、将来英語の先生になりたい、という夢を持って英会話を始められる生徒様も沢山いらっしゃいます。

 

昔からある大手の英会話スクールでは、元生徒がそのスクールの先生として戻ってきた、なんて話もあります。

 

アデュールではまだそれはありませんが、将来そんな日が来るとよいなと思います。

 

とっても素敵ですよね。実は私ここの生徒さんだったんです、なんていうのを生徒さんにお伝えできるなんて。

 

本日の生徒様は、看護師からの英会話講師、という転職を考えていらっしゃるわけですから、かなりの大きなキャリアチェンジですね。

 

看護師という国家資格があれば、今の時代、条件をそこまでこだわらなければ職に困る事はあまりない、と聞きますから(地方はまた状況が違うかもしれません)、そういう意味では大きなキャリアチェンジをして、失敗すればまだ戻ってくる、という事もできるのかもしれません。

 

そういう意味では看護師の方のキャリアチェンジ、生活のリスク、という意味ではかなり少ないリスクで挑戦できるという事なのかもしれません。挑戦が好きなタイプの方にとっては、面白い判断なのかもしれないです。

 

本日の生徒様は元々英語の先生になりたいと学生時代から考えていらっしゃったようですが、ご家族のアドバイスや、将来色々な事を考えて、看護師、という道を選ばれたようで、その決断に後悔は全くないという事でした。

 

ただ、英会話講師を全くやらないでこの人生を終えたくない、という強い気持ちを持っていらっしゃるようで、その冒険をここから始めよう、というわけです。

 

Go West, Young Man, Go West. ですね。

 

挑戦する人はとても輝いています。担当講師も全力で応援したい気持ちでした。

 

こちらの生徒様の職場では、毎日本当にとても大変な状態の患者さんに接していらっしゃるようで、人の死にも沢山遭遇する毎日の中で、冷静に自分の人生を考える気持ちの余裕がずっとなかったと話されていました。

 

ただこのままだとずっとこのままで終わる、という事をふとした時に感じられたようで、一歩踏み出さないと何も始まらない、と感じられ、忙しい毎日の中で、自分の忙しい環境の中で、出来る限り生活ペースに負担がかからない形での英会話受講、という事で、今回アデュールでお申込みいただいたという経緯があったようです。

 

元々英語が好きで学生時代は沢山勉強されていただけに、英会話のスキルが短期間で完成するような簡単なものではないという事は実感されているようで、それだけに、長期戦になる英会話だからこそ、今の生活ペースにマッチした受講形態が必要と判断されたようでした。

 

やる気は十分のこちらの生徒様、

 

今後の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

外国人医師と研究結果について英語で話す為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

極寒の関東地方。

 

春が待ち遠しいですが、ただソチオリンピックも待ち遠しい。

 

暖かくて雪が沢山降る冬がいいんですけどね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在医師として都内の総合病院にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、現在のお勤め先とは別の場所にあるリサーチセンターで外国人医師と研究結果などについて話す機会があるようで、その時にしっかりと会話できる語学力をつけたい、という事でした。

 

アデュールには他にも医師をされている生徒様がいらっしゃいますが、皆様総じて英語の基礎レベルが高いです。

 

英語の文献を沢山読む、英語論文を沢山読む、というだけであれば、医療に関わらず、他の分野で研究職についていらっしゃる方々も同じですが、とりわけ医師の方々は読み書きだけでなく、話す方もみなさんある程度基本的な事は話せる、という方がとても多いです。

 

医師パワー恐るべし、です。

 

同じ医師と言えど、臨床や学会、今回のようなリサーチセンターでの外国人医師との研究など、皆さん英会話を習われる理由は異なりますが、ただ必要な場面は皆さんハッキリとされています。

 

必要な状況が分かっていて、その環境がすぐ目の前にある、という方は英語の勉強のモチベーションも高くなるものです。

 

医師の方だけでなく、ビジネスシーンでも社内の外国人社員、上司、海外拠点のスタッフとの会話、外国人クライアントとの会話、など実際に目の前にその状況がある方は、本能的に勉強に力が入るものです。

 

環境が自分を変えてくれる、とはまさしくこのことで、やらなければマズい、という風に常に自分に刺激を与えてくれます。

 

 

 

本日の生徒様は最低限のコミュニケーションは取れても、会話が続いていくと、少しずつ自分の表現力の弱さから、会話のテンポが遅くなり、また内容もどうしても細かい所まで詰め切れないという感覚になる事がしばしばあるようで、会話力の強化が喫緊の課題、という事でした。

 

リスニングにおいては、専門分野の話という事だけあって、単語を拾って意味はなんとなく理解できるとの事でした。

 

これは他の業界の方でも同じだと思います。

 

ただ勿論、聞く方も全く分からない、という方も多いのも事実です。

 

その方々は、知っている単語が沢山飛び交っているにも関わらず、その単語の音とスペルがマッチしてない為に、目の前で飛び交う単語がそれだと認識できない、という事が起こっています。

 

また、基本的な動詞、形容詞、副詞、の音とスペルがマッチしていない事も往々にしてありますので、その場合は、目の前で飛び交う英語全てが呪文のように聞こえてしまいます。

 

英語を母国語としない人にとっては、前後の文脈や前後の単語で文章の意味を推測していく、というスキルがどうしても必要になってくるものです。

 

その為には基本的な動詞や形容詞、副詞の理解は必須で、それがあって、初めて目的語となる専門用語の単語のリスニングに焦点を当てて聞く事ができます。

 

そこの単語に一点集中できるようになれば、業界人であれば、少しカタカナ言葉とは発音が違うものの、もしかしてあのことを言っているのでは?、と分かる事があるはずです。

 

その推測を確かなものにしてくれるの補助者が前後の動詞や形容詞、副詞なんですね。

 

本日の生徒様は基本的な部分ももう少し補いつつ、実戦的な会話練習で力をつけていただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

英語学習を普段の生活の中に入れる形に戻した生徒さん

こんばんは!

 

あっという間に週末で、来週末はクリスマスですね。

 

街はもうクリスマスモード全開です。この季節やっぱりいいですね~!!

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在渋谷のIT企業にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、今後の転職を見据えて、今のうちから少しずつ英語の力をつけておきたいから、という事でした。

 

渋谷にお勤めで、お住まいが表参道。

 

とても素敵な環境にいらっしゃるこちらの生徒様。

 

学生時代にはカナダに3か月の語学留学に行ったことがあるようで、学生時代から英語や海外の文化などには興味を持っていらっしゃったようで、時々英会話のレッスンを受けたりもこれまでされてきたようでした。

 

お仕事を始められ、どうしても仕事優先の毎日になる中で、この数年は少し英語の勉強から離れてしまっていたという事で、改めて再開を決意。

 

渋谷勤務、表参道在住ですから、流行にはとても敏感な方だと思いますし、アンテナを張っていれば、英語学習の刺激になるような環境にいらっしゃると思います。

 

英語の学習時間は、レッスンを受ける時間と、自宅や通勤時間に自分で英語の勉強をする時間だけではありません。

 

街中に流れる英語のアナウンスや、カフェやお店の中の洋楽BGM,洋服に書かれている英語の文字から英語の広告、そして電車内や街中を歩く外国人同士の会話等、色々な所にアンテナを張れば、日本、特に東京という街は英語の勉強にはとてもよい街だと思います。

 

ちょっとしたオシャレなフレーズ、気になるフレーズ、文法的に変だなと思う文章、色々感じる事があると思いますが、そういうのも全てひっくるめて勉強になります。

 

英語を長く勉強している人の中には、レッスンではなく、こういう私生活の中で見た、聞いた英語の中で自分の中でお気に入りのフレーズや、忘れられないフレーズがあったりするものです。

 

そういう表現が蓄積していく事は自分の力になりますし、実際に英会話の中に使えなくても、自分の財産になるはずです。

 

 

 

本日の生徒様は少し前まではそのような形でアンテナを張っていらっしゃったようですが、仕事が忙しくなってからは、アンテナを張る意識が薄れ、いつの間にか、英語から遠ざかっていた、という事で、数週間前の日曜のお昼間に、ふとそんな自分を客観的に見つめ、これではダメだ!と強く感じられたようです。

 

思い立ったが吉日、ではないですが、そこで行動を起こせるかどうかが人生の分岐点になる事は多いと思います。

 

今回の体験レッスンでは、たった数年ではありますが、英語を全く話さなかったこの期間があり、自分の英語力、とりわけスピーキングの能力が落ちたと感じられたようでした。

 

落ちたというより言葉が出るのに時間がかかるようになった、という事のようでした。

 

これは数年どころか、数か月、数週間でも感じる事で、逆に言うとそれだけ人間の脳は順応する能力が高いのだとも感じます。

 

普段の生活で日本語のみに占められた生活を続けていると、脳は日本語のみに強く適応できるようなモードに切り替わるのではないかと思います。他の言語が必要なければそれをすぐに使える様に準備しておく必要はなく、裏の倉庫に英語機能はしまってしまうのだと思います。

 

 

これからまた英語生活を始めて自分の納得いく生活ペースを取り戻していただきたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

カナダ語学留学の前に半年頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

毎日本当に寒いですね。

 

ここの所、本当に本当に寒いです。春が待ち遠しいです・・・・。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、半年後にカナダに語学留学に行く事を決められ、それまで出来る限り英語の力をつけておきたいから、という事でした。

 

半年なんて本当にあっという間ですからね。

 

ただ、半年間しっかりと勉強していけば、大きく変われる期間でもあります。

 

こちらの生徒様は学生時代はずっとバスケをされてきて、大学でもバスケ部に所属して4年間、ずっとバスケだけに集中してこられたという事で、学部の勉強だけでなく、英語も何もかもバスケ以外は本当にこれまで何もしてこなかった、という事でした。

 

そのまま社会人になり、いざ会社の同期や先輩と話してみると、自分の英語力の低さは想像以上に低く、あまりにも周りとの差がある事に愕然とされ、今回語学留学を決められたとの事でした。

 

これまではずっとバスケの環境にいらっしゃり、周りも同じようにバスケ漬けの毎日の人間ばかりだったようで、同じようなタイプの人間同士が集まる事で、外の人達と自分を意識的に比べるという事がこれまで全くなかったとの事でした。

 

これだけネット社会になっても、普段の生活環境というものはやはり大きいと思います。

 

自分のいる環境が当たり前、普通、となんとなく思ってしまうのは人間の自己防衛、生存本能から来ているのかなと思います。

 

社会人になり、バスケとは関係のない社会に入り、同僚とちょっとした時の話題の中で、自分の基礎英語力の低さが露呈され、そのたびに、少しずつ危機感を募らせてこられたようでした。

 

 

 

 

同じような経験をされた方、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

環境が変わり、今までとは違う人達と付き合うようになると、今までの自分のスタンダートだと思っていたものが大きく揺らぐ、そんな瞬間、あると思います。

 

大学進学、会社入社、転職、結婚、ボランティア、何かをきっかけに異なるタイプの人と出会い、自分を客観的に再評価する事、それはとても良い事だと思います。

 

私のアメリカ人の友人は良く「diverseな環境が好き」と言います。

 

アメリカは多様性の象徴のようなイメージですが、実際には多様性のかけらもないような地域も沢山あります。

 

本日の生徒様はとにかく異なる人たちと触れ合い、そして刺激を受けていらっしゃるようで、英語に関しては劣等感をとても感じる反面、異なる価値観や生き方をしてきている人達と時間を共にすることは学べることが多くとても楽しいとも話されていました。

 

be動詞とは何か。

 

そんな所からお願いする事になり恐縮です、と話されていたこちらの生徒様ですが、今のレベルについて気にされることは全くありません。

 

これから成長する事が全てであって、その為の英会話レッスンです。

 

伸びしろが沢山ある事は可能性が沢山あるという事でもあります。

 

半年という期間、出来る限りの事をして日本を発ちたい、という事でした。

 

正直今のレベルで海外に行くと数か月は目の前で何が起こっているのかよく分からないまま時間が過ぎてしまい、少し勿体ない時間になってしまうので、こうやって準備期間を設けて出発されることはとてもよい事だと思います。

 

短い期間ですが、しっかりと結果を出していただきたいと思います。

 

本日は以上です!