学生時代の英語力に戻すために頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日は11月最終日。明後日からは12月です!

 

忘年会シーズン突入ですね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在人材系の会社の営業事務をされていらっしゃり、英語は基本的に話さないという事ですが、今まで培ってきた英語力を鈍らせないよう、そしてさらにレベルアップできるように、という事で今回アデュールでのレッスンをスタートされることになりました。

 

学生時代には海外ワークキャンプなどに参加されていたようで、学生の時から積極的に英語を学ぶ環境を持っていらっしゃったとの事です。

 

その甲斐あって、大学卒業時には英語力も飛躍的に伸びたという事でした。

 

ただ、それからお仕事を始められ数年。

 

仕事の忙しさもあり、なかなか学生時代ほどに英語の勉強に時間を割けない日々が続き、少しずつ、英語の力が落ちてきている事を最近感じていらっしゃったようでした。

 

英語の勉強は一夜漬けではすぐに忘れてしまうものです。

 

ただ、本日の生徒様のように大学時代の4年間など、ある程度の期間、しっかりと能動的に勉強をしている方であれば、そうすぐに英語を忘れるような事はないものです。

 

ただ、それでも本当に感覚的な所で、少しずつ鈍ってくる、というのは英語に触れる時間が少なくなってくると、ふとしたときに英語を話した時に感じたりするものです。

 

 

 

 

本日の生徒様は、そのふとした時が最近あったようで、そこで「マズい!」と感じられたようです。

 

ゆっくりとした下り道を下ると、いつでも戻れる気がして、対応が後手後手になったりすることは、人間よくある事だと思います。ぬるま湯のカエルじゃないですが、ベースの英語の力がある方であっても、このマズい、という感覚を大事に英語に向き合うようになってもらいたいと思います。

 

アデュールの生徒様の中には学生時代は英語ができて、そこから仕事、結婚、育児、というステージで英語に全く触れてこないで、30~40年ぶりに英会話再開、という方も実は多くいらっしゃいます。

 

そういう方々は皆さん実感されますが、頭の片隅に残っているかなと思っていた英語でさえも、きれいさっぱりと消えている事がよくあります。

 

さすがにゼロからのスタートではないですが、かなりベースの所に戻ってやり直し、という事になる場合が多いのも事実です。

 

時間をかけて習得した知識やスキルも、資格ではないので時間と共に何もしなければ消えていきます。

 

常にメンテナンスを怠らない事が、それまでの努力していた期間を無題にしないことでもあると思います。

 

 

本日の生徒様はこれから意識的に生活ペースを変えていきたいと話されていました。

 

英会話の担当講師をつけて、そこで逃げられない環境を作る事もこの環境づくりの一環と話されていました。

 

レッスンでは以前はもっとスムーズに話せていたスピーキングの強化を中心に頑張っていきたいという事でした。

 

トピックによっては使える単語がかなり限られてしまっているというのは今回の体験レッスンで強く感じられた所で、ボキャブラリの強化も課題にあげていらっしゃいました。

 

やれることは沢山ありますが、とにかく前向きに、強く前進しようという姿勢がとても素敵でした。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

商社での来年度からの部署異動に備えて頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

あっという間に11月も終わりそうですね。

 

街は色々な所でイルミネーションがありキレイですね~。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在某商社にお勤めで、今回お申込みいただいたのは、来年から部署異動が決まったという事で、そこでは英語での業務がある為、今からすぐに英語の準備をしなければいけないと思ったから、という事でした。

 

これまでは商社にお勤めという事で、いつかはしっかりと英語の勉強をしなきゃ、と思ってこられたようですが、実務ではそこまで英語力を求められない環境がこれまで続いてきたという事で、なかなか本気になって勉強を始められたなかったようです。

 

ご自身でテキストを本屋さんで買って勉強を進める事も何度かされたようですが、特に必要性に迫られている環境ではない為、どうしても気持ちが入りきらず、途中で辞めてしまう、という事をここまで何度か繰り返してこられたようです。

 

英語学習をしている人は世の中に沢山いらっしゃいますが、このように始めて、辞めて、また始めて、辞めて、という繰り返しを何度か経験されている方は意外と多いと思います。

 

一番の理由は、やはり必要性にかられていない、という事だと思います。

 

英語の勉強が大好きな人が世の中にはいます。

 

そういうタイプの方は、放っておいても、四六時中何かしら英語に触れていらっしゃるので、自然と英語力はついていきます。

 

ただ、世の中の多くの人は、英語は話せれば仕事にも役立つし、プライベートでも色々な可能性が広がる、と思いつつ、そこにかける時間とを天秤にかけて、時期的に仕事など色々な事の方の天秤に大きく傾いてしまう、という事が多々あり、結局天秤が左右に揺れて落ち着かない、という事になります。

 

必要性がなければ目的を立てる、というのも1つですよね。

 

ゴールを決める、又は期限を決めた目標を立てる、など、やり方は色々とありますが、人それぞれしっくりくる目標や目的は様々ですし、何が一番、という事ではないですが、いずれにせよ、このように何かしら前に突き進むエネルギーになる指標を持つ事はとても大きな一歩になるはずです。

 

この目標がボヤっとしてしまうために、せっかく頑張ってきた独学を途中で辞めてしまう、という方もとても多く、勿体ないと事をされています。

 

この目標設定に皆さん、実はとても悩まれているんですね。

 

だからこそ、本日の生徒様の話に戻りますが、必要性にかられる、という環境に巡り合った時、それはとてつもない成長のチャンスという事になります。

 

その必要性を欲しているのに得られない人が世の中に沢山いる、という事を考えていただければ、更にその必要性にかられた環境に”感謝”できるはずです。

 

「なわけねーだろ!」

 

というツッコミは実際にその大変な英語の環境に放り込まれた方から聞こえてきそうですが笑。

 

ただ、声を大にして言えます。

 

今はそのツッコミの気持ち、とても分かります。

 

ただ、その環境で数年頑張って耐えた時、あの時あの環境に穂織り込まれて本当によかった、と思える日が来るはずです。

 

その環境なくして英語力のアップ無し。

 

と思えると思います。

 

繰り返しますが、必要性にかられている環境を欲している人が世の中に沢山います。

 

その環境を手にしている方、他の人が得られたないチャンスが自分に運良く回ってきた、と思い、そのチャンスを無駄にしないよう、頑張って前に進んでいただきたいと思います。

 

本日の生徒様の今後のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

webサイト制作の会社で外部のアメリカ人と仕事をする為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日からは暖気のおかげで少し暖かくなるようで、真冬の前に少し嬉しいひと時となりそうです。。笑。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在webサイト制作の会社を経営されていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、外部のアメリカ人等とチームで仕事をする事があるようで、その時に英語でしっかりとコミュニケーションが取れるようになりたいから、という事でした。

 

現在、仕事の一環で海外のwebサイトのデザインなどを参考にみることがとても多いようで、その甲斐あって、英語を毎日目にする環境にはいらっしゃるという事でした。

 

気になるサイトについては内容も少しガンバって読んでみるような事もされるようで、そこで少しは英語の力がついていると思います、との事でした。

 

仕事のモチベーションのおかげで必然的に英語の力がついていく、というのは、とても効率のよい勉強の仕方だと思います。

 

気付けば話せるようになっていた、とまではいかないかもしれませんが、自分も気づかないうちに基礎の力がかなりついてきた、という事をある時ふと気づかれたりするものです。

 

仕事での外部のアメリカ人とのプロジェクトにおいては、実際の所はご自身では直接コミュニケーションを取らず、英語が出来る人が上手く間に立ってやり取りしてくれているそうですが、自分で直接コミュニケーションを取りたい、という気持ちはとても強いようで、今の英語の勉強の一番のモチベーションはそこをブレークスルーする事のようでした。

 

素人目にも、その環境で英語ができるようになれば、確かに大きな仕事につながっていきそうな気がします。

 

ITの世界ではプロジェクト単位で色々な会社の人達が集まって進めていくというのはとても頻繁に行われていますし、その中で外部の方との交流の中で色々なものを学べるというのは間違いないと思います。

 

ただし言語の壁があればそれは大きな問題になるわけで、折角色々な外部の人と、深く関わっていける環境にいらっしゃるのですから、このチャンスをしっかりとつかんでいただきたいと思います。

 

本日の生徒様がレッスンの中で求めていらっしゃる事。

 

それは基礎の基礎からしっかりと学びなおしたい、という事でした。

 

海外のwebサイトなどをみていると、単語を調べて文章の意味はなんとかつなぎあわせて分かる事もあるものの、そもそも語順のルール、文法が全く理解できていない、という事をいつも感じられるようです。

 

とてもシンプルな文章でも理解に苦しむ事も多いようで、文法の理解なくして、自分のスピーキングの力は伸びない、という事をそこから感じていらっしゃるとの事でした。

 

文語と口語は異なる部分もありますし、必ずしもwebサイトに掲載されている英文が会話の中でナチュラルな表現、よく使われる表現というわけではないと思いますが、それでも基本的な文法の理解なくして前には進めない、という認識は間違っていらっしゃらないと思います。

 

勢い、ノリで外国人と話せるタイプの方でも、その基礎の勉強を怠れば、地道に基礎を勉強してコツコツと頑張っていらっしゃる方と比べると、結局は後者が最終的には力を発揮するものです。

 

今後の生徒様のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

大学教授の秘書として必要な英語の為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

あっという間に11月最後の週末に入りますね。

 

来週からは12月、街はクリスマスモードまっしぐらですね!!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在大学教授の秘書としてお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、教授のお仕事周りで英語の書類や海外の方々とのやり取りがしばしばあるようで、その時にしっかりと英語で対応できるようにしたいから、という事でした。

 

権威ある大学の教授のようで、そういった意味ではミスは許されないとても責任のあるお仕事だと思います。

 

秘書業務では、伝達事項のミスは勿論、細かいスケジュール調整などでのミスは絶対にあってはいけない事です。

 

書類の不備なども全て許されず、その辺りを問題なく取り計らう為に秘書がいるわけで、そういった意味では例え英語であっても、細かい部分までしっかりと対応できる力が求められます。

 

本日の生徒様は学生時代から英語は好きな科目ではあったようですが、留学の経験や、海外駐在などの経験があるわけでもなく、同級生の中では、どちらかと言えば英語が出来る方、という区分だったようです。

 

その為、お仕事を始められてからも、仕事で使うレベルの英語というのは自信が持てない、、という事で、これまでは英語を使う必要のないお仕事をされてこられたようですが、ここききて!ついに英語が必要になったようです。

 

 

 

といいつつも、なんだか少し嬉しそうなこちらの生徒様。

 

やっぱり英語を使う仕事をしてみたかったのだと思います!

 

分かります!その気持ち!とても分かります!

 

今の時代英語の出来る人は周りに沢山いるものです。

 

そういう人達を見ると、自分が前に出て英語は私に任せて!なんて口が裂けても恥ずかしくて言えない、と感じるのが普通です。

 

でも英語は好き、という気持ち。

 

それは変わらないもので、何か自分でも出来る事があれば、という風に、英語が好きな人は、実は心の奥底にいつも思っているものです。

 

自分でも忘れかけてしまっているそんな気持ちを時々ハッと呼び覚ませてくれる。

 

それがグローバル化した、IT化した現代社会だと思います。

 

きっかけが沢山あるという事ですね。

 

 

レッスンでは月のうち半分は日常英会話、もう半分のレッスンは実務で使う英語に関するトピックで話す英会話レッスンという風に分けて受ける事を希望されていました。

 

日常英会話もまだまだままならないので、そこの基礎は固めつつ、実務で実際に英語を使わなくてはいけない、というケースもあるので、実務寄りに現実的な対応という意味も含めてその時間も取りたいという事でした。

 

お仕事で英語を必要とされる方は、実務に役立てば役立つ程、英会話レッスンに意義を感じていただけるものです。

 

その為にやっているわけですから、当たり前と言えば当たり前ですよね。

 

実際に今回体験レッスンでは、実務に関する内容も少し入った内容となっていた為、色々と学べることが多かったと感じてくださっていました。

 

ただ、ガッツリとまとまった時間英語を話す、という時間は久しぶりだったようで、終始緊張してしまっていたとの事ですが、これもまた徐々にトレーニングで慣れていくものです。

 

今後の生徒様のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

 

コミケで外国人のお客さんと英語でやり取りする為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

日に日に寒くなっていきますね。

 

来週末はもう12月、クリスマスです!!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、この冬休みにヨーロッパに旅行に行かれる為、少しでも英語の力をつけておきたいから、という事でした。

 

また、コミケで本を売る時に、最近は外国人のお客さんばかりという事で、その時にもしっかりと英語で対応できるようになりたい、という事でした。

 

コミケ。

 

私自身足を踏み入れた事のない場所なのですが、叶姉妹のニュースなどでも話題になっていますし、一度は訪れてみたいと思いつつ、行けずじまいです。

 

外国人のお客様が多いというのは日本のサブカルパワーの強さを感じられる所ですね。

 

外国人の日本のアニメが大好きな方はとても多いですし、そこまで好きなのか、、、と驚く程、実際に外国人の熱狂的な人たちを見ると驚きます。

 

本日の生徒様はかなりコミケに頻繁に行っているようですが、いつもお客さんは外国人、という事ですから、英語の勉強になっていいのではないでしょうか!

 

同じような趣味の世界にいる人達との会話というのは、それ以外の人達と話すよりも話が盛り上がりますし、なんといってもシンパシーを感じるものです。

 

野球やサッカーで実際に球場に行ってファン同士の連帯感を感じる、あの感じに似たものがあると思います。

 

本日の生徒様は、とは言っても一番の目的はこの冬のヨーロッパ旅行です。

 

一緒に行く方も英語が全くできないようで、2人して大丈夫かな、、と少し心配になっていらっしゃるようです。

 

相手の方はもともと英語はもう諦めた、というスタンスでずっと前からいらっしゃるようで、結局やるとなると私になります、との事でした。

 

この同行者全員が英語が出来ないというのは、英語学習においては一大チャンスなのです!

 

誰も英語ができないから、ほんの少しでも英語が出来るようになれば、全ての現地の英語のやり取りを自分が取り仕切れるようになります。

 

そして実戦の場での場数が増えるわけですから、学ぶ事も沢山、そして更に他の人と英語の力の差がついて、もうそこからは、「現地を仕切るのは私よ!」的な王様になれるわけです。

 

王様になるのが目的ではないですが(笑)、場数をどんどん増やせる立場に慣れる事は英語学習者としては、とてもよい環境です。

 

本日の生徒様は若い頃にアルバイトで少しの期間ですが、外国人の同僚の方がいらっしゃったようで、その時には悪い言葉ばかりを習っていた、との事でした。

 

まともな英語は何一つ覚えていないので、結局はゼロからのスタートでお願いしますとの事でした。

 

若い頃はスラングや、悪い言葉、興味を持っちゃうものです。

 

でもそこから英語に興味を持って英語の勉強にのめりこむようになれれば、それはそれで結果オーライではないでしょうか。

 

本日の生徒様は残念ながら、そこから英語に興味を持つという事はなかったようですが、このタイミングで、ついに、英語に目覚めるタイミングが来られました。

 

何かと英語に関係する環境がこれまで色々とあったという方は、英語の勉強を始めると、結構のめりこむ人が多いものです。

 

それは、過去のその環境を思い出して、あ~あの時はこう言ってたのか、みたいななんとなく楽しい思い出などが出て来たりして、思い出と一緒に勉強が進んでいったりすることがあるからですね。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!