英会話レッスンの時間を普段の英語学習のエネルギーの源泉にしている生徒さん

こんばんは!

 

明日からは11月。

 

日本シリーズも、ワールドシリーズも気になる今日この頃です。

 

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在某外資系企業にお勤めで、アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、お仕事で外国人のお客様への接客がたまにあり、また外国人の友人とも話す機会があるという事で、仕事でもプライベートでも英語でのコミュニケーションを向上させたい、という事でした。

 

こちらの生徒様は平日とてもお忙しく終電近くまでお仕事をされていらっしゃるという事もあり、ゆっくりできる週末に先生に自宅に来てもらってレッスンを受けるというスタイルでここまで1年以上レッスンを頑張って続けてくださっています。

 

この間、色々な事を学ばれ、実際にご自身でも英語力の成長を身をもって感じられているようでしたが、今回のネイティブのスタッフによるスピーキング、リスニングチェックの際には、以前のチェック時に比べても数段自分の英語力が上がっていると感じられたようでした。

 

プライベートや仕事ではその成果は感じていらっしゃったようですが、実際にネイティブのスタッフから前回のチェック時よりもとても良くなったという事も言われ、この間の努力が報われたととても喜んでくださっていました。

 

それもそのはず、こちらの生徒様、平日は毎日終電近くまで仕事をしていらっしゃるにもかかわず、会社の帰りに1時間、朝も1時間、毎日しっかりと勉強をしつつ、それ以外にも隙間時間で出来る限りの勉強をこれまで続けてこられました。

 

 

 

レッスン時の質問もスタートした当時とは比べ物にならない位の複雑な内容にもなってきているようで、成長できている自分が嬉しく、それが次の成長へのモチベーションになる、という事でした。

 

誰もがそのよい循環に乗りたいと思う所ですが、この循環に入る為には、スタート地点に、不断の努力が必要です。

 

それなくして成長があり、喜びがある事はあり得ませんよね。

 

その不断の努力を超多忙の毎日の中にもしっかりと入れていらっしゃるところがこちらの生徒様の素晴らしい所だと思います。

 

 

仕事中やプライベートでもふとしたと瞬間に自分が以前分からなかったであろう英語の内容が聞き取れたり、単語が分かったりするとき、その瞬間瞬間をとても嬉しく感じれるようです。

 

素敵ですね。

 

 

 

 

そして一番のポイントとしてあげてくださっていたのが、先生とのレッスンがとても楽しい、という事でした。

 

担当講師としては教師冥利につきますね。

 

普段のレッスンがとても楽しいからこそ、次の1週間の自己学習にもまたエンジンが入り、次のレッスンまでに課題をどんどんやっていこう、という気持ちになっていく、という事で、全体的な英語学習の中でも、エネルギーを生み出す源はやはりレッスンの時間だという事でした。

 

分からない事をレッスンの中で聞く、プラスアルファの情報を聞く、そして課題を受ける、色々な事がレッスンで行われるわけですが、一人で勉強をするのではなく、担当の先生がついている、というのは特に初心者レベルから英語を始める人にとっては心強いものだと思います。

 

まだまだ高いレベルを目指していらっしゃるこちらの生徒様。

 

今後のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

結婚直後に留学する事を決めた生徒さん

こんばんは!

 

ハロウィンのお祭り騒ぎの週末も終わりましたね。

 

といいつつ、10/31はまだ終わっていませんし、ディズニーランドはまだまだハロウィンイベントを楽しめます!!!

 

仮装でもっと楽しみたい方はディズニーランドに行きましょう笑。

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、オーストラリアへの留学を目指してアデュールでのレッスンをスタートされ、はや1年が過ぎました。

 

ここまでのレッスンでは、ライティング、スピーキング、リスニング、リーディング、トータルで力をつけるようガンバってこられました。

 

もともとはライティングとリーディングを重視したレッスン内容を希望されていたのですが、レッスンをすすめるにつれ、英語を話す事の楽しさを日に日に感じるようになり、楽しんで学習する事が大切、という信条のもの、会話にも重点を置いたレッスンの形にシフトされていきました。

 

アデュールの生徒様の中には同じように、レッスンをスタートしてから、内容を変更したり、自分の英語学習における目標を変更される方が他にもいらっしゃいます。

 

それは英語学習のおもしろい所の1つで、やってみると色々見えてくる、という事がまずあると思います。

 

会話レッスンは特にそれを大きく感じる部分で、発音はあまり重視しないと考えていた方が、先生のようにきれいな発音で話せるようになりたい、という事で発音トレーニングを入れられたり、ビジネス英会話を、と思っていらっしゃった方が、日常英会話で何気ない事を話す事が意外と難しく、またそこをトレーニングするのが面白くなり日常英会話をベースにしたレッスンにシフトする、というような方もいらっしゃいます。

 

英語だけでなく実技科目というのは、始める前に色々と想像していても、やってみるとその感覚は事前に想像できるようなものではなかったことに気づきます。

 

初めての経験というのはそういうものだと思いますが、そのドキドキ感や、一瞬の戸惑い、いきなり見える大きな壁、そして強く感じる高揚感、それらの気持ちは実際に入ってみないと感じられないものです。

 

1:1で目の前に先生がいるその空間で話すという、逃げられないリアルの場での会話というのは実際の会話力をつけるという意味では大きなポイントです。

 

 

 

本日の生徒様はこれまでのレッスンで当初の目的であったライティング、リーディングのスキルは勿論、会話力においてもかなりの成長を感じてくださっているようでした。

 

まだまだ自分の持っているボキャブラリを実際の会話の中に即座に使っていくという瞬発力が足りないと感じていらっしゃるようですが、それでも全く何を言ったらいいのか分からず、黙り込んでしまっていた始めた当初の頃とは違い、色々な言い方でその場をやりくりできる力がついたという事でした。

 

こちらの生徒様の面白いところは、なんとオーストラリアに出発する直前にご結婚されるという事で、結婚早々、単身でオーストラリアに留学されるようです。

 

理解のある旦那様にも恵まれ、存分に留学を楽しみたい、という事でした。

 

まだまだお若いこちらの生徒様、学べることは沢山あると思いますので、積極的に色々と吸収してきてもらいたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

英語を話す事に億劫にならなくなった生徒さん

こんばんは!

 

日本シリーズ、とても面白いカードになりました!

 

どうなるのか、とてもとても楽しみです。そしてダルビッシュ投手の明日の試合もまたとてもとても楽しみです!!

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在ITエンジニアとしてお勤めで、アデュールでのレッスンをスタートされた理由は、外国人エンジニアとのコミュニケーションにおいて、通訳を通さず理解できるようになりたいという事でした。

 

ITエンジニアの需要はこれからも大きくなると思いますし、プログラミング言語は世界共通語ですから、そういう意味で外国人エンジニアと関わる事が多くなるのは当然の事だと思います。

 

地方のIT企業でも最近は外国人エンジニアが増えてきているようですし、英語マスターはこれからのキャリアアップにとって大切ですね。

 

本日の生徒様は、学生時代英語は苦手というわけではなかったものの、それはあくまで座学の学校のテストで点数を取るという部分においてであって、実際の日常の中で交わす英会話となると、全く手も足も出ない、というのが現在の率直な感想との事でした。

 

始めはもう少し出来ると思っていた、というこちらの生徒様。

 

いざ外国人エンジニアと会話が始まるととてもじゃないけどついていけない、という事をすぐ感じられたようでした。

 

 

 

 

このような経験をこの2,3年多くされているなかで、昨年よりアデュールでのレッスンをスタートされることになりました。

 

それまではネイティブの英会話レッスンも検討されていたようですが、実際に少し習ってみると、やはり細かい所が分からない。

 

質問が上手く伝わらない、という事を当然ですが多く感じられ、日本人英会話講師のレッスンという道を初めて今回考えられたようでした。

 

 

結果、約1年が経ち、ご自身の中ではよい選択をしたと判断してくださっているようでした。

 

レッスン初回から分からない事がそのままになる、と状態がなかったこと、しっかりと分からない所を潰していけるところで、日本人英会話講師の意義を感じてくださっていたようでした。

 

 

実生活の中での英会話では、相手が何を言っているか分からなくても前後の文脈から推測したりして、なんとかついていかなければいけない、という事が往々にして起こると思います。

 

それが現実ではありますが、レッスンにおいて同じ事が起こり、推測のままレッスンが終わってしまえば、レッスンになりません。

 

しっかりと分からない所は分かるまで確認する、という事が「学ぶ」事ですよね。

 

 

 

本日の生徒様はこの間にまず英語で会話を続けるという感覚がかなり身についてきたようで、分からない時にどのように対応すべきか、そのような判断も状況に応じて出来るようになってきたことで、まだまだ初級レベルを脱してはいないものの、英語で会話するという事に対して、以前ほど億劫にはならなくなったという事でした。

 

これはとても大切な事で、相手と対等の姿勢で話す、という事はビジネスの中ではポイントになります。

 

ある意味勝ち負けのある世界において、こっちが弱気な姿勢を見せるとそこに付け入ってくる人は少なからずいます。

 

どのように相手に自分の印象を与えるかというのもとても大事なビジネススキルの1つだと思います。

 

 

今後の生徒様のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

スピーキング、ライティングスピードが飛躍的に向上した生徒さん

こんばんは!

 

日本のプロ野球はこれから日本シリーズに、そしてアメリカではワールドシリーズが盛り上がっていますね。

 

どちらも野球ファンにはたまらない瞬間ですね!

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在雑貨店を経営されていらっしゃり、アデュールでのレッスンは、海外への買い付けにいくとき、現地の業者とメールでやり取りする時にしっかりとした英語でできるようになりたい、という事で始められていました。

 

雑貨店の経営は長くされていらっしゃり、海外の仕入れ先との付き合いも長いようですが、いまだにカタコトのコミュニケーションで、これではダメだとずっと思いながらも、英会話の勉強に本腰を入れられずにここまで来てしまいました、という事でした。

 

なかなか英会話に力が入らなかった理由として、これまで何度か挑戦された英会話スクールはお仕事場から少し距離があったことで、通学する事が、徐々に仕事の時間の関係で辛く感じるようになっていくことだったようで、結局いくつか英会話スクールに通われたものの、すぐに辞めてしまったようです。

 

この通学時間、というのは結構大きなポイントだと思います。

 

もちろん人によっては、30分、1時間の移動なんてなんでもない、という人もいますが、移動は1分でも短くしたいという人も多くいらっしゃいます。

 

特にお仕事、家事で毎日忙しい方にとっては、レッスン時間以外の所は出来る限り削りたいものです。

 

という事で本日の生徒様は今回お仕事場でレッスンをするという形を考えられました。

 

仕事場に先生が来てくれるのであれば、仕事からレッスンスタートまでの間の時間は1分。

 

効率的に時間を使えるという判断という事でした。

 

また先生が来るとということで、逃げられない環境を作るという事も自分へのプレッシャーになるという事でした。

 

 

 

このような形でレッスンを続けてみようと始められた結果、1年以上経過した今も、毎週しっかりとレッスンを受けられる習慣ができていらっしゃいます。

 

素晴らしいですね。

 

そしてこの継続して学習している事が、自分の英語力にも反映されてきていると実務で実感されているようで、直近の買い付けではかなりスムーズに会話ができるようになったという事でした。

 

またメールも以前は1つのメールを打つのにも時間がかかっていたものが、今はスラスラと書ける事が多くなり、英語による時間ロスという感覚が以前よりもかなり減ったと感じてくださっていました。

 

とても大きな変化だと思います。

 

経営者として、やらなければいけない事は色々とあって、英語という言語の壁によって、仕事が遅くなるというのは絶対に避けたいところ。

 

それをずっと感じてこられただけに、ここのところの仕事ぶりはご自身でもとても満足されていらっしゃるようでした。

 

 

 

 

今の課題は圧倒的にボキャブラリが足りない、という点。

 

以前は英語でコミュニケーションするという感覚がなかなかつかめず言葉がすぐに出てこずに、よちよち歩きの会話だったものが、今はスムーズに言葉が出るようになっていはいるものの、ここ、という時に決めての単語が出てこない事がしばしばあるという事でした。

 

それも異なる表現で補えるだけの力はついてきていらっしゃるようですが、この単語を知っていれば一発で伝えられたのに、と感じる事も多いという事でした。今までとは一歩先の壁に当たっていらっしゃると思います。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

海外本社のスタッフと英語で電話で話せるようになる為の英会話レッスン

こんばんは!

 

東京は久しぶりに太陽の日差しが出て気持ちのよい天気になりました。

 

明日も続けばよいのですが。。。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在外資系のインテリア関係の会社にお勤めで、今回お申込みいただいた理由は、本社とのやり取りの際、普段は現地日本人スタッフがいるので日本語でやり取りができるものの、そのスタッフが休みの日や席を外している時には英語でのコミュニケーションが求められるという事で、その際にしっかりとやりとりできる英語力をつけたいから、という事でした。

 

外資系のインテリアの会社。

 

なんだか素敵ですね。

 

自宅が素敵なインテリアというわけではないですが、インテリア大好きです。

 

本日の生徒様は今の会社には英語力は必要ないという事で入社されたようですが、いざ入ってみると少数のスタッフの中に本社からきているスタッフもいて、英語での会話ができないと社内でもやりにくい事があるという事で、現実的には現地とのやり取りも含め、英語は出来た方がよい、というよりも、出来る「べき」環境であると感じられているようでした。

 

それでも会社から英語を勉強するようにとは言われず、このままでいいのかな、と思いながらこれまでこられたようですが、やはり自分が変わらなければ業務に支障をきたす、という「自分の」判断で英語力をつけようと決められたようです。

 

このような判断をしてくれる社員を持っている会社の上司は幸せですね。

 

それにしても、少数のスタッフで英語ができないスタッフがいる事でコミュニケーションが困る状況があるにもかかわらず、それでも英語力をスタッフに求めないという会社もなかなかスゴいと思います笑。

 

どうにかまわせる、という心意気なのでしょう。

 

という事で、本日の生徒様は基本的な英語でのコミュニケーション力を高める事を目的で英語学習に一歩踏み出されました。

 

日本支社は少人数のスタッフでまわしているということもあり、堅い雰囲気ではなく、上司、部下関係なくとてもフランクな関係であるため、ビジネス英会話、というようなイメージの会話は必要ないという事でした。

 

ただ、その基本的な意思疎通がなかなか難しい、という事でした。

 

 

 

アデュールの生徒様の中にも同じように、スモールトークやなんでもない事が意外と言えず困っている、という理由でレッスンをスタートされた方が多くいらっしゃいます。

 

仕事の話では自分の専門分野という事もあり、なんとか話ができても、会議のちょっとした世間話などになると、一気にその会話の内容についていけない、というなんとも辛い経験をされている方がとても多くいらっしゃいます。

 

会議でプレゼンスをどれだけ高めても、ちょっとしたプライベートの話やスモールトークで相手の心をぐっとつかんでおくことの方が大事な事もあると思います。

 

むしろフォーマルな場よりもそういうプライベートな所を共有できるところに人と人のつながりを感じられたりするものですし、その人間関係が仕事で大いに役立つというのはよくある話です。

 

なんだか会議ではパリっとしてるけど、あの人実際どんな人なんだろう、という感じよりは全然いいですよね。

 

 

 

本日の生徒様は本社とのコミュニケーション能力を高めるという事を第一の目標に頑張っていただきたいと思います。

 

本日は以上です!