歯科医院の受付業務で必要な英語表現を覚えてこられた生徒様

こんばんは!

 

暖かくなったり冷えたりまだまだ寒暖差のある時期ですね。

 

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在歯科医院の受付としてお仕事をされていらっしゃり、もともとアデュールでレッスンをスタートされる事になった理由は、職場の近くに外資系企業等があり、外国人の方が多くいらっしゃる為、その時にしっかりと英語で対応できるようになりたいから、という事でした。

 

採用の時には特に英語が必要という事は言われていなかったようですが、実際に仕事を始めてみると、かなりの数の外国人の方がいらっしゃるようで、英語が出来ないとかなり業務に支障をきたしてしまうという状況のようでした。

 

といって、同僚の受付の方がものすごく英語ができるのかというと、そうでもないようで、みんな「英語やらなきゃね~・・」という感じのご様子だったようです。

 

この間のレッスンでは、とにかく業務で実際にあるケースを想定した練習を徹底的に行う事に集中されてきました。

 

電話での対応、受付での案内、会計など、多岐にわたりますが、ある程度決まった内容での案内はあり、それらは1つのパターンとして英語の形をご自身の中で作っておくことで効率化させたいという事でした。

 

ある程度ご自身の中で納得できるだけのパターンのストックが出来てきていらっしゃるようで、実際に業務でも使えるようになってきているようです。

 

病院に来る方というのは、痛みを伴っていたり、”困っている”方が多く、多くの人がそういう状況では、少し神経質になっていたりするものです。

 

ですので、スタッフ側のちょっとしたミスも相手の気分を害してしまう可能性が高い場所という事も言えると思うので、出来るだけ誤解が生まれないよう、正確なコミュニケーションが求められる場合が多いですね。

 

本日の生徒様は、実際に英語でコミュニケーションがスムーズに出来る場面が多くなる事で、外国人患者の方の対応の際の表情が明るくなったり、柔らかくなったりしている方がいると話されていました。

 

私達でも、外国で日本語で対応してもらえるのと、現地の言葉でなんとかやらなきゃいけない状況があれば、やはり日本語で対応してもらえると絶対的な安心感があるものです。

 

例えその日本語のレベルがそこまで高くなくても、自分の側に寄り添ってくれている、という意識を感じますよね。

 

本日の生徒様は自分の仕事のレベルを上げる為、今後の課題もしっかりと認識されています。

 

日本人講師のアドバイスはこのような今後の学習課題への克服にもとても役に立ちます。

 

今の課題としては、まず、少し慣れない会話になった途端、焦りが出てしまい、文法、発音などの意識が弱くなり、ミスが多く出てしまう点を挙げていらっしゃいました。

 

これは英会話初級の方は、経験された事がある方は多いと思います。

 

自分の守備範囲内を少し超えているな、と感じるスピードやトピック、相手の使う単語レベル等に遭遇したとき、少しアップアップした感じになります。

 

会話の内容になんとかついていく事に必死になり、普段ならミスをしない文法のミスをしてしまったり、発音がおろそかになってしまったり、という事はよくある事です。

 

これはこの生徒様に限った事ではなく、英語学習者であればある程度仕方のない事、と言えると思います。

 

やるべきことは、しっかりと自分の英語力を高め、守備範囲を広げる。

 

これに尽きます。

 

これからも頑張っていただきたいです。

 

本日は以上です!