外資系製薬会社でのキャリアップの為に鍛えるスピーキング用英会話レッスン

こんばんは!

 

オリンピック延期論が現実味を帯びてきましたね。

 

心配です。

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在外資系製薬会社にお勤めで、もともとアデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、外資系という事もあり、キャリアアップの為にもう少し自分の英語力を上げたいから、という事でした。

 

社内では、資料が全て英語であったり、英語でプレゼンをしたりするので、そのトレーニングを英語で受けたりと、英語が日常業務の中に入っている環境にいらっしゃいます。

 

必然的に英語には慣れ親しむ環境になりますし、ご自身も最低限の英語はなんとか使える状態ではある、という事でした。

 

ただ、まだまだ出来る人と比べると力の差はかなり大きいようで、そこのギャップは埋めなければ、と感じていらっしゃると事でした。

 

アデュールをスタートされる時点での英語力については、聞く事は仕事に関係する部分についてはある程度ついていける所が多いと話されていました。

 

ただそれでも全く分からない事もそこそこある、という事でした。

 

聞けない、理解できない、というのは、確認に時間がかかりますし、仕事を遅らせるという意味でストレスの1つになるようです。

 

当然ですよね。

 

仕事は遅らせたくないですし、それは自分のパフォーマンスに最終的にはつながってきます。

 

一方、話す方についてはかなりの苦手意識があるというのが当時のご本人の認識です。

 

なかなかうまく言葉が出ない、という風に感じるのが常という事で、ここに関してはテコ入れをしたいと思いつつ、なかなかうまく成果を出せていない事が悩みだったようです。

 

英会話自体も少し習ったり、独学で色々と自分でやってみたりもされてきたようですが、スピーキングを伸ばす事には苦労されているようでした。

 

ですので、レッスンではスピーキングを強化できる形で進めていきたい、というのがこちらの生徒様の一番の希望でした。

 

ただここでポイントが、毎日ビジネス英語ばかりに触れていて、英会話レッスンでもビジネス英語だとつまらなく、飽きてしまう、という事で、ビジネス英語ではなく、日常英会話でスピーキングを強化し、それを仕事にスピーキングに活かせるようにしたいとの事でした。

 

本来おしゃべりが好きな方のようで、日常英会話であれば話したい事がいくらでもあり、それの方がスピーキングの練習としてもやりやすいはず、との事でした。

 

まさしくそうですね。

 

という事で、アデュールでレッスンをスタートされてからこの間、ずっと日常英会話ベースでスピーキングをトレーニングされてきました。

 

会話は以前よりもスムーズに話せるようになってきているようで、何よりもレッスンが楽しいので続けられる、と話されていました。

 

これはご本人が当初話されていた通り、好きな話題なら話したい事はいくらでもある、という言葉の通り、沢山話したいと思えるから続けられる、続けるから学びが多くなり、成長する、という良い流れを作ってこられたという事ですね。

 

苦手だったスピーキングにようやく変化の兆しが見えてきている現状にとても満足されていらっしゃるようで、このままレッスンは続けていきたいという事でした。

 

これからも頑張っていただきたいです。

 

本日は以上です!