とりあえずリスニング!

こんばんは!

 

 

本日は今日の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

 

 

こちらの生徒様、外資系企業にお勤めのバリバリのビジネスマンの方で、ヨーロッパ、北米から来ている外国人に囲まれ日々仕事をされている中でコミュニケーション能力の向上の必要性を感じ、今回お申込いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

現在既にTOEICは800点台をお持ちで、レッスンはネイティブ講師をご希望でした。

 

日々外国人と囲まれての仕事環境であれば当然のご希望かもしれないですね。

 

 

 

 

 

 

 

現在のお仕事の状況をお聞きすると、どうやら技術系の会社にお勤めのようで、日々海外の仕入先との調整があるようです。

 

かなりの語学力をお持ちなのだと思いお話したところ、ご自身のお話では、周りの同僚などの会話は何を言っているかほとんど分からない、という事でした。

 

 

 

とても謙虚な方なのかなとも思いましたが、どうやら本当のようです。

 

彼らとの会話だけでなく、英文ドキュメントなども難解なものが多く、部下の手助けがかなり必要との事で、英語力の向上は待ったなしの状況にいらっしゃるようです。

 

 

 

 

 

 

かなりチャレンジングな環境にいらっしゃいます笑。

 

 

 

 

 

ご自身のお話では、まずリスニングにかなりの苦手意識があるようで、聞く事にしっかりと力を入れていきたいという事でした。

 

本日担当講師はアメリカ人講師で、ビジネスだけでなく、日常会話、政治トピックなど色々な話題を話す事が好きな講師ですので、まずは日常英会話トピックから慣れていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

体験レッスンをスタートされる前は本当に全く話せないですが、、ととても恐縮されていらっしゃいましたが、レッスンではなんとかコミュニケーションをはかっていただけたようでした。

 

 

体験レッスン後のコメントでは、細かいところはなかなかわかりずらかったものの、相手の意図するところはなんとかくみとれ、また自分の意図するところも相手に伝える事はなんとかできた、という事でした。

 

 

海外の長期滞在経験のない方でTOEIC800点前半の方となると、一概にはいえませんが、そのような感じの方が多いのでないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

講師のフィードバックでは、しっかりと国内で英語学習をされただけあり、基本的英作文、文法の理解はしっかりとしたものをお持ちで、必要なのは発音と、流暢さ、ナチュラルな英作文の構成という認識です。

 

 

 

 

 

 

 

誰もが壁に感じるこのエリア。

 

何かをクリアする事はとてもやりがいと達成感を感じる事ができますが、英会話の場合はそれがハッキリとみえるものではなく、なんとなく感じられるもので、なかなか上達を感じる事ができないものです。

 

 

だからこそ、TOEICや英検、また自分の音読の録音やスピーチなどを通じて、客観的に自分の英語への判断ができる環境づくりが必要になってきます。

 

 

 

 

 

 

鉄のような意志を持っている方であれば必要ないかもしれませんが、人間、やはりモチベーションをあげてくれる機会があるにこしたことはありません笑。

 

 

基礎力をしっかりお持ちのこちらの生徒様ですので、今後の成長に期待大です!

 

本日は以上です。

 

 

基礎の基礎からの英会話

こんばんは!

 

 

本日は今日の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

 

こちらの生徒様は現在、戦略系のコンサルタントとして活躍されており、早朝から夜中まで、信じられない程の勤務時間で日々仕事に取り組んでいらっしゃいます。

 

 

 

 

朝7時から夜中2時まで。

 

 

 

 

信じられますか?激務の壁を越え、激激務です。。。

 

 

 

 

 

そんなこちらの生徒様ですが、今回お申込いただいたのは、いままで英語を必要とする仕事、案件には携わってこなかったものの、最近少し英文の資料や、必要ならば前に出て英語でのコミュニケーションも必要な状況になられてきたそうです。

 

 

 

今まではできるだけ前にでない、自分は担当しない、でできてきたものが、ついにそうもいかなくなってきたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この激務の中、さらに週末に英会話を頑張ろうというこちらの生徒様、本当に脱帽です。

 

 

 

 

 

 

 

 

現在は実際に英語が必要な案件に関わった場合どうされているのかお聞きすると、まず話す必要があるような場面でもできるだけ自分は前にでない、という事を徹底されているようです笑。むしろ、そうしないとどうしようもないというのがホンネなようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、こちらの生徒様の英語レベルは自己申告で初心者レベル。

 

学生以来ほとんどといっていいほど、英語には触れてこられなかったため、本当にhelloからのレベルです、という事でした笑。

 

 

 

 

 

 

 

ご自身でもビジネスで問題なく使えるようになるレベルまでには少し時間がかかるとは認識されているようで、まずは基本的なところから一歩一歩前にすすんでいきたいという事でした。

 

英会話レッスンに多くのストレス、負担はかけられないので、基本は楽しく、という事も条件なようで、その当たりは十分注意させていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、実際のレッスンの講師フィードバックですが、全てのスキルにおいてまずは少しづつ見直す必要がある事は当然なのですが、まず発音においては定番のLとRの使い分けという話が出ていました。

 

そして、リスニングについては、簡易な内容の文章でもなんとなく分かっているような感じで、超基礎レベルの英熟語などもしっかりとおさえることで、まずは挨拶や趣味の話などベーシックな日常会話に頻出するであろうフレーズはしっかりと聞き取れるレベルに持っていっていただく必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

その上で、しっかりとした文章組み立て必要になってきます。

 

まだまだ文型を意識できていない、単語を日本語の語順の流れに沿って個別で発するのみにとどまり、接続詞や前置詞、冠詞などには当然意識は行き届いていません。

 

 

 

 

 

 

 

この単語を無造作に並べているいまの段階から、少し構造的な理解を意識した上で英作文ができるようになることも意識していただけるよう、今後はレッスンに取り組んでいただきます。

 

 

 

このレベルの方は本当にやろうとすればやれる事は無限にあります。

 

 

ただ、こちらの生徒様の基本スタンスとして、まずは楽しく継続できること、がありますので、そこを常に見失わないよう、うまくバランスをとりながらレッスンを頑張っていただきたいと思います

 

 

本日は以上です。

 

 

海外転勤を目指して

こんばんは!

 

本日は今日の体験レッスンの生徒様の中のお1人について少し。

 

 

こちらの生徒様、今年社会人一年目のぴかぴかのビジネスマンの方。

 

 

 

会社に海外事業があり、英語力と一定の条件をクリアすれば海外転勤もあるという事で、そこを目指して今回お申込いただくことになりました。

 

 

 

 

 

とても真面目です。

 

 

 

 

そんなこちらの生徒様、なんと驚きのTOEIC850点をお持ちです。そして海外の長期滞在経験はゼロ。

 

 

すごいですよね。世の中本当にすごい人はたくさんいます。

 

 

もともと海外向けの思考は高く、学生時代から自分で勉強したり、英会話スクールに通ったりでコツコツと力をつけてこられていたようで、既にTOEIC850点。

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカ人の先生についてもらっていたことも長かったようで、発音も日本語アクセントが完全に消えてはいないもののとてもキレイな方でした。

 

 

本当に脱帽です。

 

 

 

アデュールの生徒様の中には海外への長期滞在経験なしでこのようにTOEIC800点台を獲得している生徒様がたくさんいらっしゃいます。

 

その中では、まだまだ会話に弱さがみえたり、微妙なニュアンスの強化と言う意味で日本人講師を求める方もいらっしゃれば、反対にネイティブでガンガン会話を鍛えたい方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

本日の生徒様は後者で、今回はお仕事をはじめられたという事もあり、ビジネス、経済系のトピックもどんどん話していきたいという事でした。

 

将来大物になられる気配がぷんぷんしております笑。

 

 

 

 

 

 

 

といいつつも、実際にはフリートークでの時間もしっかりとりたいという事でした。

 

まだまだナチュラルな表現ができない部分もあるようで、それを楽しい話題の中から学んでいきたいとお考えのようです。

 

 

 

 

 

 

 

今回の担当講師の評価は、発音、リスニングに高い評価をつけていました。

 

ここの評価が高いというのは日本人英会話学習者の理想の形ではないでしょうか。

 

 

 

 

語彙力、文法の力があっても聞けない、話せない、という方が多い中、この評価は素晴らしいですよね。

 

 

 

 

「どんどん色々な表現を身につけ、会社にある海外転勤のチャンスをものにしたいです!」と強く意気込んでいらっしゃいました。

 

素晴らしい限りです。

 

 

 

 

 

 

 

でも本当に日本にいながらTOEIC850点はすごいと思います。

 

日本の学生はアメリカなど海外の学生よりも勉強しないと言われたりしますが、当然全員ではなく、このようにしっかりと社会人になるための準備を就活シーズンに入ってからではなく、4年間根気よく続けていらっしゃる方もたくさんいるのです!

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の星に。

 

 

今後のご活躍に期待です!

 

 

本日は以上です。

 

 

英会話の表現力を鍛える

こんばんは!

 

 

本日は今日の体験レッスンの生徒様の1人について少し。

 

 

 

 

こちらの生徒様、高校生の時に海外の現地校に1年留学していたという方で、かなりの語学力をお持ちの方。

 

 

と思っていましたが、ご本人曰く、それ以降、日本では外国人の友人と頻繁に会うような事もなければ、仕事でも英語を使わず、そして現地生活時代の人達とも頻繁に連絡をとることもしていないため、会話力が極端に落ちてしまった、という事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

当時は1年間海外にいらっしゃったので当然ある程度の会話力がついたはずです。

 

 

今はその時の感覚を戻せるように、なんとかしていきたいと考えられるようになられました。その大きな理由は、ご主人の海外転勤の可能性がでてきたことのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵ですよね~。

 

海外転勤になれば英会話は必須ですよね。かたくなに英語を必要としない環境に固執しようとすればできるかもしれませんが、それでは現地生活には溶け込めませんし、楽しくないですよね。

 

 

 

 

 

 

 

ご本人のレッスンへの希望は何よりも、自分の使う英文、英単語をチェック・修正してもらうたいという事でした。

 

シーン別の単語の使い分け、文法的なエラー、そして、よりナチュラルな文章の提案、そのあたりを会話を遮ってもいいので、できるだけたくさん欲しい、という事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

とても実践的なトレーニングだと思います。

 

そもそも全く英語のコミュニケーションのとり方がわからない、という方でしたら、普通に話す事もままならない事が多く、どちらかというとまずはインプットの時間がかなり必要になってきます。

 

でも本日の生徒様のように海外生活のご経験をお持ちで、使う単語や作る英文の精度は別にして、英語で「なんとか意思疎通をはかるやり方」を心得ていらっしゃる方には、会話文の添削がとても効果的です。

 

 

 

 

 

 

 

より表現の精度をあげていくという事ですね。

 

日本語でもそうですが、日本語を話す外国人の会話を聞いていると、間違ってはいないけど、使う単語がフォーマルすぎたり、意味のわからないところで敬語になったりと、意思疎通には問題ないものの、少し違和感を感じる言葉である事が多々ありますよね。

 

まさしくこの反対バージョンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

担当講師の本日のコメントでは、発音はとてもおキレイとの評価でした。

 

 

さすがですね!

 

 

そして生徒様が気にされていたスピーキング力はというと、「一文一文が短い為、流暢さに少しかけます」「簡単な文のみの会話になってしまっているので、一言ではなく、詳細を含む文作りが必要」というコメントを受けました。

 

生徒様も「まさしく」と感じられていたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

今後はここを深く掘り下げ、表現力のパワーアップをはかっていただきたいと思います。

 

 

本日は以上です。

 

 

英会話における単語の選定

こんばんは!

 

 

本日は今日の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

 

 

 

こちらの生徒様、ご自身の申告で初心者レベルの生徒様で、ヨーロッパやアメリカへの海外旅行に頻繁に行かれ、現地でのコミュニケーションをもっと円滑にできるようになりたいという事でお申込いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

海外旅行の時にはどれだけ気持ちが高ぶっていても、英語がすんなり出てくるという上手い話にはなりません。

 

当然ですが笑。

 

 

 

こちらの生徒様は先日ヨーロッパにお友達と数日行かれた際、自分より少し話せる友人が、旅行中に自分の代わりに英語でのコミュニケーションを全て担当してくれ、そこで友人が最終日には少し楽しそうに現地の方とコミュニケーションをしている光景を目の当たりにされたようです。

 

純粋に羨ましい!と思われたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

絶対にそう思いますよね、そのシーンだと。

 

 

 

 

海外旅行の時は自然と誰が特攻隊長になるのかなんとなく決まるものです。

 

そしてその特攻隊長は隊長の責任のもと、厳しい(?)任務を遂行する中で多くの事を感じ取ることができます。

 

常に現場で、先頭に立つ人間がリアルをつかめるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで今回英会話スタート決められたこちらの生徒様。

 

むか~~しに英会話を少し習われていたようですが、まだまだモチベーションが足りなかったのか、1年程度で諦めてしまわれたようですが、今回はモチベーションをしっかり維持し、新しい高みに入っていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

でも、海外旅行に頻繁に行かれるなんて本当に羨ましいですよね。

 

そこで得られるものはたくさんあるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日担当講師のアサミ先生の評価は、まず基礎文法・単語力の弱さが全体の弱さに大きく影響しているという判断でした。

 

単語帳片手に受験生のように英単語を覚える必要はなくとも、日常英会話トレーニングのレッスンの中ででてくる表現はこまめにノートにとったりして書き落としてもらう事は必要です。

 

 

 

今の段階では色々な参考書をみたり、友人から色々な表現を聞いたり、どういうジャンルのどういう英語をから覚えていくべきか、想像もつかないのが現実だと思います。

 

 

 

 

 

 

だれでも最初はそうです。

 

でもこういう時に、講師のサポートが必要で、できる限り精査していってあげる事が必要です。

 

 

 

 

勤勉な、という訳をたたたくとdiligentと出ます。

 

He is diligent。

 

でもよさそうですが、彼はがんばり屋さんだ、働き者だ、勉強家だ、みたいな時にはシンプルにhardworkingといいたいですね。

 

多少の語彙の意味の違いはありますが、普通に日本人がいう「勤勉な」というニュアンスなら一般的なhardworkingはまずはおさえたい表現です。

 

 

 

 

 

 

 

このようにできる限り必要な単語習得の優先順位をつけていく、そうする事でより実践的な英語力に変化していきます。

 

 

 

発音においてもRとLはやはり難しいようで、recentlyが上手く言えなかったとの事でした。

 

RがLが混ざった英単語は日本人にはチャレンジングな英単語ですよね笑

 

llibraryなんかもよく取り上げられますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

少しづつ前に進んでいっていただきたいなと思います。

 

 

本日は以上です。