親会社が外資系に変わった事で求められる英語力を付ける為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

首都圏は今日はとても寒い日になりましたね。

 

この寒暖差で体調を崩す方も多いのではないでしょうか。用心ですね!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在外資系企業にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、今の会社で英語を使った業務がこれからどんどん増えてくることが予想されるから、という事でした。

 

もともとは日系企業だったようですが、親会社が変わり、外資系企業傘下に入った事が、ゴロッと社内の体制が変わり、英語力必須、という形になってきたようです。

 

この体制変換の中で、会社を去る同僚も少なからずいらっしゃったようですが、本日の生徒様はとどまり、そして英語の力をつける事にフォーカスされるとの事でした。

 

今回の親会社が変わる事までは予想されていませんでしたが、それでも過去10年、断続的に英会話レッスンを受けてこられたようで、その理由は、終身雇用が終わった今の時代、何があるか分からない、という危機感からだという事でした。

 

そういう意味では、ある意味準備の出来たいた今回の体制変換とも言えそうです。

 

ただ、現実はなかなか厳しいようで、断続的に受けていた英会話ゆえ、会話力はなかなか安定していないようで、また基本的な所も抜けては補充し、抜けては補充しを繰り返している事も多々あるようで、ここからは「断続ではなく継続」という事を心掛けてレッスンに挑みたい、という事でした。

 

忙しい社会人、色々あります。

 

優先順位を考えるとどうしても英会話に時間は割けない。

 

お気持ちは十分分かります。

 

「今の私のこの状態でどうしろと?」

 

と神様にツッコみたくなるほど、それは無理でしょう、という状況もあろうかも思います。

 

ただ1つ。

 

実際のビジネスの世界、実社会はそんな事お構いなしに、容赦なく現実をつきつけてきます。

 

考える事は1つ。

 

とにかく自分はどうなりたいか。を真剣に突き詰めていく事、それに尽きると思います。

 

その末に捨てた英会話なら後々後悔はないはずですよね。

 

本日の生徒様は、踏ん張りどころ、という判断で英会話をしっかりと続けていく、という判断をされました。

 

田舎のご両親の健康状態も思わしくなく、週末は帰省したりと本当に多忙な生活を過ごされているご様子です。

 

それでもやる、と決められた生徒様。

 

そうなれば、出来る事を、効率的に、最短距離で進めていきたい、と感じる事は当然だと思います。

 

とても基本的な事ですが、ボキャブラリは英会話の基礎体力です。

 

どれだけスキルがあっても、体力が全然ないと、ピッチャーをすれば10球全力で投げれば疲れますし、サッカーの試合も5分走れば終了です。

 

まずはこの基礎体力をしっかりとつけ、その上でこれまで蓄積してきた文法知識や発音の再チェック、更に実務に寄せた内容にすることで、よりモチベーションを維持しやすくする事、この辺りがポイントようです。

 

なんだかんだで会社でプレゼンスを高めなければどうにもならない、というのがこちらの生徒様のお話で、英語のできる同僚とできない人間への上からの対応もあからさまに違う事が、さらにやらなければ、という気持ちに拍車をかけるようです。

 

今後のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!