ソムリエとして接客や国際大会で使える英語力をつける為の英会話レッスン

こんばんは!

 

明日からはゴールデンウィークが始まる人も多いのではないでしょうか。

 

長~~~~~いお休み。今年はどんな休みになるか楽しみですね!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在ソムリエとしてレストランにお勤めで、今回お申込みいただいたのは、外国人のお客様がいらっしゃった際、英語でしっかりとコミュニケーションを取れるようにしたい、という事に加え、ソムリエの国際大会に出た時にも英語でしっかりとコミュニケーションを取れるようにしたいから、という事でした。

 

ソムリエ、国際大会、、、、なんだかかっこいいですね!

 

ついついワインのお話などお聞きしたいと思ってしまいましたが、そこはグッとこらえ、、英会話レッスンについてのお話をさせていただきました。

 

 

 

英語の関しては高校卒業後、一切勉強からは離れていらっしゃったようです。ソムリエの勉強も実際にはフランスに行かれたようで、フランス語はある程度は話せるようになられたようですが、英語はというとまだまだ話せないという事でした。

 

これまでもフランス語だけでなく、英語も話せないと、、、と思い、何度かお仕事の合間を縫って英会話の勉強をしようとは思われたようですが、忙しい毎日の中で、どうしても継続する事ができず、何度かすぐに挫折されたご経験があるとの事でした。

 

それぞれ期間が短かっただけに、勉強をしていたという時間としてはご自身では考えておらず、やはり高校時代から英語の勉強は途絶えていると思っていただきたいという事でした。

 

 

 

 

レストランにはフランス語を話すお客様もいらっしゃると思いますが、やはり外国人相手に幅を利かせられるのは英語だと思います。

 

世界言語である英語の強さはそうやって色々な国の方々と接する環境にいる方こそ感じるものだと思います。

 

 

 

レッスン内容としてはお客様とお話したりするための英語がメインになる為、ビジネス英会話というようなものではなく、日常英会話をベースに頑張りたい、という事でした。

 

語学を学ぶ事のエッセンスはフランス語を学んだ時に習得されているはずです。

 

ただ、今回は24時間その他言語に囲まれて生活しているという環境ではなく、日本語に囲まれた生活の中での言語習得です。

 

前提が大きく異なりますし、アプローチも、そしてかける時間も異なってくると思います。

 

忙しい社会人にとっての語学習得のポイントはなんといっても隙間時間の有効活用だと思います。

 

生活の中の優先順位をはっきりとさせ、英語の優先順位を上げ、真剣に英語学習と向き合いながら、一定期間、しっかりと腰を据えて頑張る。

 

それに尽きると思います。

 

そこで得られる結果はとても大きなものだと思いますし、今の生活の中で何かを犠牲にしていても、十分ペイできるだけの効果を得られる可能性があるのが英語習得だと思います。

 

 

 

本日の生徒様はお仕事柄、英語の勉強にまとまった時間を取れるのは、お仕事前の午前中という事でした。

 

レッスンも平日午前に職場の近くで、そして英語の自己学習も午前にしっかりとやってきたいという事でした。

 

人は午後よりも午前の方が記憶力が高いというのは色々な実験で証明されているようですし、この最高の時間帯に勉強の時間を作れるのはチャンスですね!

 

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!