ご主人と営む割烹料理屋での接客の為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

今日の関東地方は晴れてとても良いお天気でしたね。

 

早く梅雨があけてこんなお天気が続けばいいんですが!!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在、都心部でご主人と割烹料理屋を営んでいらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、常連の外国人のお客様がいらっしゃるようで、徐の方ともう少し流暢な英語で会話ができるようになりたいから、という事でした。

 

また一人の社会人として、一般教養として英語を学びたいとも考えていらっしゃるようでした。

 

外国人のお客様はこちらのお店にはそこまで多くいらっしゃらないようですあ、それでも常連になってくださっている外国人の方もちらほらといらっしゃるようで、ヨーロッパ系からアジア系の方まで色々な方がいらっしゃるようです。

 

話す言語はという事は、結局は英語で統一されるようで、それだけに、英語が出来る事がまずは全てのスタートだと感じていらっしゃるようでした。

 

ご主人は主に調理場にいらっしゃるとの事で、お客様との接客、会話は基本的にはこちらの生徒様が担われているとの事でした。

 

美味しい料理と素敵な空間、そして感動を与える接客サービス、その3つが揃えば、もう最高ですよね。

 

お料理は、こちらの生徒様絶賛の旦那様のお料理ですから、もう申し分ないようです。

 

お店の雰囲気も古民家のような素敵な空間になっているようで、それだけに、英語で上手く接客できない事が、こちらの生徒様にとっては、悔しい部分になっているという事でした。

 

外国人の方は、こういった日本風の空間はとても好まれますし、美味しい日本料理、和食は海外でも人気があるので、そこまで抵抗のない方は多いです。

 

そして、日本では英語が通じない場所が多い、というのもまた共通認識で、それだけに、お店の接客で例え上手く英語で対応できなくても、それは想定内、という場合は実際にはとても多いです。

 

ただ、それでいいのか、というのは、サービス提供者側の判断になってきますよね。

 

本日の生徒様は、旦那様と長く続けられてきたこのお店に沢山の愛情を注いでいらっしゃり、来て下さるお客様にも出来る限りのサービスを、という風に強い想いを持っていらっしゃるので、そこで英語でのしっかりとした接客を、と考えるのはとても自然な事だと感じます。

 

いつも来て下さる外国人の常連の方は、つたない英語でも、向こうもつたない日本語を交えながら、なんとか楽しい会話の空間を作ってくださるようで、逆にお客様に気を使っていただいているようで申し訳ない、とも話されていました。

 

英語に関しては、大学卒業後、一切かかわってこなかったようで、またゼロからのスタート、との事でしたが、今回は目的がお仕事の為、という風に割り切っていらっしゃるので、その分、どんな壁があろうと、真正面から突っ切る覚悟を持っていらっしゃるとの事でした。

 

英会話学習では、必ず色々な壁が出てきます。

 

そのタイミングで仕事やプライベートで色々あったりすると、壁を超えるのが更に大変になり、ギブアップする、という例は英語学習者の方の中ではしばしば起こり得る事だと思います。

 

本日の生徒様のような強い意志を持っていらっしゃればそれも超えていかれると思います。

 

今回担当の日本人講師ともしっかりと今後の事について話が出来たようで、ご満足いただけました。

 

今後に期待です。

 

本日は以上です!