製造メーカーで海外転勤を目指して頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

朝晩は毎日本当に寒いですね。

 

今週末はお天気が悪くなるようで、週末の予定をどうしようか悩んでいらっしゃる方、多いのではないでしょうか。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在製造メーカーの物流の部署にいらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、将来海外転勤の可能性があるので、今のうちから少しずつ英語力を高めておきたいから、という事でした。

 

海外にも拠点を持っていらっしゃる会社との事ですので、それであればどこかのタイミングで海外転勤、というのは十分あり得そうですよね。

 

これまでの英語については、社会人になってからは基本的に主意味の範囲で独学で勉強を続けてこられたようで、真面目に継続されている成果がTOEICのスコアにもしっかりと反映されているようでした。

 

TOEICのスコアだけを見られると、ある程度は英語ができる、と会社の人に思われるようですが、実際に英語での会話経験が乏しく、スコアをリアルな英会話力とのギャップに悩まれていらっしゃるご様子でした。

 

頑張って勉強される事はとても素晴らしい事だと思います。

 

結果、TOEICのスコアが上がる事も素晴らしい事だと思います。

 

ただ、ご本人が最終的にどこを目指していらっしゃるかによって、満足度、又は以降の取り組み方は変わってきます。

 

中にはとにかくTOEICのスコアさえクリアできれば、それ以降はもう一切英語はやらない、という割り切って勉強されている方もいます。

 

そういう方にとっては、スコアさえ取れれば終了なので、そこに何の問題もないと言えるでしょう。

 

ただ、多くの方が、TOEICのスコアを取る為だけの英語学習ではなく、将来的に英語を仕事で使えるようになる事を考えて勉強されていると思います。

 

あくまでその成長度合いをはかるという意味でのTOEICスコアだと思います。

 

となると、その「はかり」に依存した考え方を持ってしまうと、実際の能力とのギャップが生まれる可能性があるという事になります。

 

仕事で必要な方の英語力は結局の所、実戦でどれだけ使えるか、結果を出せるかが全てです。

 

本日の生徒様もそれは強く感じていらっしゃるようで、それだけに、これからは会話力強化、実戦的な力をつけるトレーニングにフォーカスしていきたい、という事でした。

 

本日の生徒様と同じように、TOEICのスコアだけが跳ね上がり、会話力に全く自信が持てず、そのギャップに悩んでいらっしゃる方は意外と多いと思います。

 

その悩みは、TOEICスコアを上げられない人からすると贅沢な悩みとも言えると思います。

 

ただ、本人達にとっては、切実な悩みです。

 

ここをクリアするには、実用的な会話力をつけるトレーニングをする。

 

それに尽きると思います。

 

基礎はできるいる方々ですから、逆にいうと会話力の伸びしろはとても大きいとも言えます。

 

本日の生徒様は、海外転勤については、可能であれば挑戦してみたい、という事でした。

 

これからはとても厳しい時代になっていく中で、若い頃にしっかりとチャレンジしておくことが、今後の自分のキャリアの中で大きな糧になってくれるはず、と話されていました。

 

英語という世界では先輩である日本人講師に習う事もモチベーションにつながると話されていました。

 

ヤル気は十分のこちらの生徒様。

 

これからが楽しみです。

 

本日は以上です!