来年の職場復帰を目指して育児休暇中に頑張る子連れ英会話レッスン

こんばんは!

 

大谷選手、スゴい事になっていますね。

 

さすがは大谷選手です。そしてハリル監督の電撃解任もまた驚きです。

 

そして池江選手の記録も驚きです。

 

今年のスポーツも目が離せないですね。。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在育児休暇中のママで、今回お申込みいただいたのは、子連れでレッスンを受けながら、どうにか職場復帰までにTOEIC600点レベルに上げたいから、という事でした。

 

初めてのお子様で、初めての育児に色々と試行錯誤されているようですが、来年には職場復帰がすぐにある為、悠長なことも言っていられず、この少し時間がある期間に出来るだけの事をやっておきたい、という事でした。

 

中学、高校、大学、そして社会人一年目の時に英会話スクールにも1年通われたようですが、全く英会話力は身についていないとの事で、現在TOEICスコアは300点代。

 

どうにかこの英語の苦手な自分を変えたい、という強い気持ちを持っていらっしゃいました。

 

こちらの生徒様がおっしゃるのは、英語が嫌いで英語ができないのではなく、英語が出来ないから英語が嫌いになる、との事で、本来英語は好きになる性格だと思う、との事でした。

 

面白い仮定ですね。

 

確かに、なんだか点数は取れるけど好きじゃない科目と、同じ点数を取れて好きな科目がある、というのは普通にあることだと思います。

 

こちらの生徒様は英語は点数が取れるなら絶対に好きになる寡黙だと思います、との事でした。

 

その感覚って素晴らしいですよね。

 

という事は力がつけば、更にどんどん力がついていく好循環が生まれる事は間違いありません。

 

好きな科目は学生時代自然と点数が取れたものだと思います。好きである事の素晴らしさ!

 

 

 

今回は子連れでの英会話レッスンという事で、お子様がおとなしくしてくれるかどうかも気にされていましたが、幸いにもなんとかレッスンにも集中できたようで、後は自分の頑張り次第、と語っていらっしゃいました。

 

TOEIC600点は会社から一応課されている課題のようで、マストではないですが、やはりこれから社内でしっかりと成果を出して評価を高めるためにはTOEICスコアもしっかりと取っておきたい、という事でした。

 

英語力がどんどん求められるこれからの時代。

 

近い将来、仕事では英語を話せる事が当たり前になる時代が本当に来るかもしれません。

 

スタートラインにも立てない、という状況は誰だってゴメンです。

 

たかが英語で自分の仕事の能力を判断されたくない、と感じている方は多いと思います。

 

面倒な事はさきにちゃっちゃっとクリアしておく、これに尽きると思います。

 

それに英会話習得は長期戦です。

 

終わりはないものですが、仕事である程度使える、というレベルまで上げていく事はある程度先の見える世界です。

 

そこから更にどこまで上げていくかは自分次第ですが、いずれにしてもいつかは必要なもの、と感じているなら、始めるのは、、

 

 

今でしょ!

 

 

いや~。古い。かなり古い。久しぶりにこのフレーズ見ましたが、でもやっぱり強い言葉ですね。

 

だから流行語大賞なのだと思います。

 

来年の4月まであと約1年。育児と英会話を充実させる一年したい、との事ですので、全力で頑張っていただきたいと思います。

 

本日は以上です!