育休中に仕事と子供の保育園の為に頑張る子連れ英会話レッスン

こんばんは!

 

梅雨空が長く続きますね。

 

洗濯物が外で干せないのは、なんとも辛い日々です。。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在育休を取っていらっしゃるママさんで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、来年春の復職に向けて、仕事の為に英語力を強化しておきたいこと、また、来年からお子様が入られる保育園が全て英語の為、その環境の為にも英語力を高めておきたいから、という事でした。

 

お仕事に、そして育児に、これから英語がとても大切な状況になっていくようです。

 

お仕事ではメーカーにお勤めという事で、育休に入る前から、少しずつ英語を使った仕事をやるようになってこられていたようですが、社会人約10年目にして、初めての英語を使った仕事という事で、色々と自分の英語力に課題を感じていらっしゃったようです。

 

特に、それまでは、どちらかというと、同期の中でも仕事は出来る方、という風に自分を捉えられていたにも関わらず、英語を使う、という事で、一気に仕事の生産性が落ち、「できない」自分があらわになった事が辛かったようです。

 

仕事ができる、と思っていらっしゃる方にとって、「できない人」のレッテルを貼られるほどプライドを傷つけられる事はないと思います。

 

誰でもそうだと思いますが、自分が得意とすること、できると思っている事は、自分の強みというだけでなく、それ自体が自分のアイデンティティの一部になっている事は多くあります。

 

それだけに、その部分が揺らぐと、大げさですが、自分自身が誰なのか、自分は何をベースに生きて行けばいいのか、というような、不安が生まれたりするものです。

 

それは大きなストレスであり、真面目な方は仕事だけでなく、プライベートにも影響が出てくるものです。

 

本日の生徒様はそんな折に、出産、育休に入られ、ひとまずストップ、という状態で現在に至っていらっしゃいます。

 

ただ、職場に戻れば、現実は現実のままでしかなく、やはり休職前の自分との戦いに戻るわけです。

 

そこで自分がやれる事、それがこの育休中に英語力を徹底的に高めていく事、との事でした。

 

分からない事はしっかりと先生に分かるまで聞けるよう、日本人講師のレッスンという事をご自身で判断され、また、時間を効率的に使えるよう、マンツーマンでのレッスンという事もご自身の中では大事なポイントだったようです。

 

この期間、どれだけ伸ばせるか、自分との闘いです!と話されていました。

 

 

そして、本日の生徒様はこのほかにも、来年からお子様が入られる保育園が全て英語、という事についても、母親として、英語を頑張らなければという意志も持っていらっしゃいます。

 

旦那様も英語は苦手なようで、子供が英語ができるようになってきたとき、又は興味を持って学んでくれている時に、自分は何もできない、何も評価できない、というのでは、さすがに親としてマズいのでは、とおっしゃっていました。

 

一緒に英語に向き合ってあげたい、という気持ちが大きく、その為には、自分も英語ができなければいけない、というのは、自然に感じられる事で、仕事だけでなく、こちらの方でも英語力を上げたい、上げなければいけない、とおっしゃっていました。

 

ヤル気は十分のこちらの生徒様。

 

今後が楽しみです。

 

本日は以上です!