育児休暇中に赤ちゃんと一緒に頑張る子連れ英会話レッスン

こんばんは!

 

毎日寒い日が続きますね。

 

プーチン大統領来日しましたね。

 

2時間半の遅刻。。スゴいです笑。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお一人について。

 

こちらの生徒様、現在育児休暇中で、この間に少しでも英語の勉強をしておきたい、という事で今回アデュールでのレッスンをスタートされることになりました。

 

初めてのお子様という事もあって、2,3か月は本当に環境に慣れる事に大変だったようですが、少しずつ、慣れてこられたようで、このタイミングで出産前からやろうと決めていた英会話を始めよう!と思われたようです。

 

 

 

社会人になられて10年以上が経ち、約1年もお仕事をしない、という事は初めての事で、その一年をどのように過ごすべきか、出産前から色々と考えていらっしゃいました。

 

周りの小さい子供のいる友人などにも聞きながら、育児休暇の時間の使い方がご自身なりに色々と考えられた結果、まとまった時間が必要なものに時間を費やしたい、と思われたようです。

 

お仕事をされていた時は仕事に家事に忙しく、結婚などの時期もあって、なかなか一歩が踏み出せなかった英会話だったようです。

 

「やるならとことんやりたい」

 

これがこちらの生徒様の性格のようで、なんとなくスタートしてなんとなく忙しさの中で辞めていく、自然消滅していく、なんていうのは性格に合わないようでした。

 

気持ちの部分でしっかりと整理をして、「やる!」と心の底から判断できた時にスタートしたいと思っていらっしゃったようで、そんな折に発覚した妊娠。

 

ここかな、とその時から考えていらっしゃったようです。

 

 

 

 

 

お仕事では英語を使う仕事はないものの、海外とのやり取りをしている部署の人たちが電話や会議で英語を話しているのをみると、自分のそういう仕事がしてみたい、と感じる事もあるようで、そこを本気で目指すタイミング、それが今だと感じられたようです。

 

育児休暇中に自宅で小さい赤ちゃんと一緒に英会話レッスンを受ける事は、なかなか難しい事、と考えられる方もいらっしゃいますが、自宅という環境はやはり大きく、自分のホームグラウンドですから、ある意味「どうにでもできる」環境でもあるといえると思います。

 

女性講師が自宅にお伺いする事で、授乳させながらレッスンを受ける女性の生徒様もいらっしゃいますし、泣きわめく赤ちゃんをあやしながら、少しの中断も入れながらのレッスンになっても、そこはマンツーマンレッスン。

 

自分だけの時間ですから、他に迷惑をかける人はいない、というのは大きなメリットだと思います。

 

 

 

 

復職までに、まずは英語で少しでもいいので、会話できる感覚を持てるようになりたい、という事でした。

 

海外旅行に行った時も、道端で道を聞かれた時も、いつも単語だけの文章にならない自分の英語。

 

それをしっかりと文章で言い切れる、そして相手の言っている事も大筋で分かり、なんとか会話のキャッチボールが出来る、そんなところを目指していらっしゃいます。

 

 

今は会話のキャッチボールができない、という所が一番つらく感じていらっしゃるようで、道端で道を聞かれた時に、相手の言っている事が分からなかったり、うまく説明できなかったりで、結局「何もわかっていないけど、時間をとってくれてありがとう」という雰囲気で去られる時、それが一番つらい、との事でした。

 

この育児休暇中の時間をいかして、頑張っていただきたいと思います。

 

本日は以上です!