役所で児童手当の受付を英語で対応する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

毎日本当に暑い日が続きますね。

 

昼の暑さは仕方ないと割り切れますが、熱帯夜はヤメてもらいたいですね。夜くらい涼しく寝させてもらいたいです!

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在役所で児童手当の手続き等のお仕事をされていらっしゃり、今回お申込みいただいた理由は、外国人の方々がこられた際に、英語で対応できるようになりたいから、という事でした。

 

来られる外国人の方々は皆さんある程度の日本語を話されるようで、実際には日本語で全て会話が出来てはいるようですが、それでもやはり微妙なニュアンス等が伝わりにくく、説明に時間がかかる事もしばしばあるとの事で、その部分を自分が英語力を付ける事でカバーしたいという事でした。

 

素敵ですね。

 

外国人にとって、役所関係の処理はとても面倒で、かつややこしく、かつ失敗はしたくない重要な手続きです。

 

日本語にある程度自信を持っていらっしゃる方にとっても、自信はありつつも、やはり少し複雑な事になると、不安な事も出てくるものです。

 

忙しい時間の中で役所に行く時間を作って、また出直し、なんてやってられないですからね。

 

役所の方の方でも、そんな面倒をかけさせる事は避けたいと皆さん思うでしょうし、そこで言語の障壁を少しでもなくせる事はとても大きな事です。

 

本日の生徒様は中高までは英語は好きだったようですが、大学に入ってからはあまり勉強もせず、社会人になっても英語とは全く縁のない世界にしばらくいらっしゃった為、今は英語は苦手意識の方が強くなってしまったとの事でした。

 

ただ体験レッスンを担当した講師の評価では、ご本人がおっしゃる程に完全に英語を忘れていらっしゃるというご様子ではなかったようですが、ご本人曰く、日本人にありがちなしっかりとした英語を話さないとという意識がとても高いとの事で、それが苦手式につながってしまっているとの事でした。

 

確かに、その完璧な英文を、という意識を捨てて、ブロークンでもとりあえず言ってみよう、というスタンスでいくと、意外と相手は意図を汲み取ってくれるものですし、そこで意思疎通がはかれる事で、自分の英語の苦手意識が少しずつ消えていったりするものです。

 

苦手意識がなくなると、学習に対する姿勢もより前向きになっていくものです。

 

この前傾姿勢の学習スタンスはとても大事なポイントで、少々の小さな壁でも前向きな姿勢がそれを蹴散らしてくれたりするものです。

 

本日の生徒様は今回の体験レッスンではやはりまだまだしっかりとした英語を話さないと、という意識が強く、なかなか自分からすぐに話す事はできなかったようですが、それでも言いたい内容を講師と1つ1つ突き合せていった事で、シンプルな形で表現出来る事や、自分が思っていた事でも伝わるという事を感じる事ができ、次回以降は話す事への壁が少し下がりそうと感じてくださったようです。

 

元々中高では英語が好きだったこちらの生徒様ですから、のってくれば必ずグングン成長される方だと思います。

 

またお仕事でも英語を使おうと思えば使える環境にいらっしゃる事は、英語力強化という視点で言えばとても良い環境にいらっしゃいます。

 

今後のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!