動物保護ボランティアの為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

コロナの影響で色々な会社の活動がかなり制限されている今の時期ですね。

 

今週1週間は変わらずという感じのようですね。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在動物保護のボランティアをされていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、ボランティア活動の中で、外国人の方と英語でやりとりする事があるようで、以前に誤解が生じたまま、物事が進みトラブルになった事があったようで、英語の力をつける事で、そのような状況にもしっかりと対応できるようになりたいから、という事でした。

 

大切な動物を守る為の活動において、誤解が生じたまま物事が進み、動物たちに迷惑がかかってしまう事になるのは、一番避けたい所ですよね。

 

本日の生徒様は長く活動されていらっしゃるようで、色々とな事をご経験されていらっしゃるようですが、やはり英語で対応しなければいけない状況はなかなか難しい、という事でした。

 

その業界の達人、マスターと呼べるような人でさえ、やはり、得意でない英語でやるとなると、思い通りのスピード感で物事を進める事が一気に難しくなります。

 

また、普段であれば、見過ごさないような事も、英語になる事で、見過ごしてしまうという事もあり得ますし、そういったミスは絶対にしないようなタイプの方であれば、余計に自分のそのようなミスは悔しいと感じられるものです。

 

仕事ができる方の中には、英語を使うという状況が生まれる事で、状況の理解が他の人より遅れたり、対応が後手後手になるという「仕事ができない」人という印象を持たれたくない為、多少英語は理解できるものの、あえて一切英語が必要な状況には身を置かない、という風に割り切っていらっしゃる方もいます。

 

人によって色々な判断があると思いますし、その組織の体制や置かれた状況によって、何がベストかは様々ですよね。

 

本日の生徒様の場合は、やはり自分で対応できるようになりたい、と強く考えていらっしゃり、その為の英会話なら、頑張れる、とお話されていらっしゃいました。

 

言いたい事をしっかりと確認できるという意味で、アデュールで日本人講師に習うという選択は自分にとってとても正しい選択、とおっしゃっていました。

 

英語に関しては、大学卒業以来、基本的に関わっていないという事で、今は、周りに英語ができる方がいる分、どちらかというと苦手意識があるようです。

 

ただ、学生時代までは特に英語がとても苦手という風に感じていらっしゃったわけでもなく、ただ長く英語に関わっていないから、という事であれば、英会話をやりだし、力が付き始めれば、その苦手意識はすぐに消えると思います。

 

特に本日の生徒様はお話がお好き、という事でしたので、英単語、フレーズがどんどん増えていけば、話したい事を英語で補完できることも増え、日本語と同じくらいに、英語でもお話好きな人となれるはずです。

 

基本的にお話が好きな人は、英語でうまく話せないと感じるとき、とても強いもどかしさを感じられるものです。

 

根が話好きなわけですから、それを止められたら、ググッ。。となるのは、当然ですよね笑。

 

英会話を始めて初心者レベルの頃には、多くの方がこの感覚を味わっていらっしゃると思います。

 

言いたい事はあるのに、言えない、というもどかしさ。

 

辛いことではありますが、そこに成長の種があるわけです。

 

今後がとても楽しみです。

 

本日は以上です!