商社の経理として海外からの電話に緊張せずに対応する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

また台風が来ているみたいですね。

 

もう自然災害はやめてもらいたいですね。太平洋のど真ん中の誰も迷惑のかからないあたりの海の上で勝手に暴れておいてもらいたいものです!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在商社の経理としてお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、日常的に英語でメールのやりとりはするものの、会話となると、とにかく聞けない、話せない、という事で、読み書きだけでなく、総合的な英語力をつけたい、という事でした。

 

日本人の方の中にはこのタイプはとても多いと思います。

 

勤勉な日本人なら、必死に勉強しますが、いわゆる学校の勉強的な意味での勉強のやり方になっていくので、単語を覚え、文法を覚え、読み書きを、、、という所にどうしても焦点が当たっていきます。

 

そして会話はなかなかできない。

 

比較的シャイな人が多い、と外国人の方から言われる事が多い日本人。そういった性格も混ざって会話の方はなかなか苦手なタイプが多いのが現実だと思います。

 

勿論1億人国家ですから、とんでもなく英語が達者な方も沢山いらっしゃいますが、英語が苦手な沢山の人の中での傾向では、先のようなパターンがみられると思います。

 

本日の生徒様は仕事で時々で英語の電話が経理側にもかかってくるようですが、その電話が自分の会話力の弱さをいつも実感させてくれる”良い”機会になっているようです。

 

レッスンではない、リアルな場で、このように目を覚まさせられる場面があるのは良い事だと思います。

 

英語ではまさしくそのままの言葉でwake-up callなんて言ったりできます。

 

ハッとする、させられる、そんな瞬間ですね。バケツの水をかぶって目を覚ます的な事です。

 

英語学習をしている方は、時々リアルな場面で自分の英語がどこまで通じるのか、自分はどこまで英語を会話の中で理解できるのかを感じる場面を持つことはとても良い事だと思います。

 

海外旅行はそういう意味では絶好の機会です。

 

特に英語圏に行けば本場の英語でリアルな世界の中での英語を自分で感じる事ができます。

 

空港で、タクシーで、ホテルで、レストランで、劇場で、、

 

色々な所で、日本と同じように毎日時が流れていて、そこで働く人が毎日の生活を”英語で”送り、そこに来る人に”英語で対応”する、といいう日常。

 

外から来る人には新鮮ですが、当事者たちは普段の生活ですからね。

 

そこで自分がどうなのかと感じにいくのは良い事です。

 

本日の生徒様はこれまで何度か英会話スクールに通われた事があったようですが、色々な事情で長続きしなかったようです。

 

今回こちらの生徒様がポイントにあげていらっしゃったのは、仕事に直結する内容をレッスンに組み込むこと。

これは必要!と自分が強く感じられる内容なら、続ける事も容易になってくるのでは、というのがその理由で、それは勿論的を得た考えだと思います。

 

必要なものは必要。

 

当然ですね。

 

必要だから手に入れる。必要だから時間をかけてお金をかける。

 

それが体で自然に感じられるものなら、意味のある事です。

 

とにかく仕事で海外からかかってくる毎回の電話で緊張せずに電話に出たい。

 

当面はそこをクリアする為に頑張りたいとの事でした。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

外資系ホテル常駐フラワーアレンジメントの仕事の為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

カープ優勝しましたね。

 

リーグ3連覇。凄い快挙です。

 

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在フラワーアレンジメントのお仕事をされていらっしゃり、現在は派遣先の外資系ホテルに常駐され、ホテル内で関連する業務に携わっていらっしゃいます。

 

今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、お仕事でも少し英語を使う事がある事、そして将来は訪日外国人をサポートする仕事にも携わってみたい事、それらを挙げていらっしゃいました。

 

お仕事に関しては、実際にホテル内でフラワーアレンジメントをしていると、外国人滞在客の方々が、花の名前やアレンジの事について色々と質問をされる事があり、その時になかなかスムーズに会話が出来ない事にもどかしさを感じていらっしゃるようでした。

 

外国人の方、特に欧米の方々といえば、イメージ的にガーデニングやお花、植物を沢山自宅で持っていらっしゃる感じもありますよね。

 

自然や健康という所に意識の高い方はとても多いですし(もちろん全く意識しないで不健康な方も沢山いらっしゃいますが)、そういう意味ではホテル内で植物を扱っていると、滞在客の方の目に留まるというのは納得できます。

 

ビジネス英会話という事でもないですし、一般的な英会話に属するような会話で、でも何気にそういうちょっとした会話が難しい、と感じる方は多いと思います。

 

会社でも仕事の話はできても、スモールトークは苦手、というビジネスパーソンもいらっしゃいますし、そういう所も全部ひっくるめての英会話ですので、やっぱりカバーしたい所です。

 

特に今回の生徒様の場合はホテルの共有スペースに置くお花だけではなく、ゲスト依頼でフラワーアレンジメントする事もあるため、そうなるとより直接会話する機会が多くなりますし、そこも仕事の1つととらえる事ができますね。

 

特に会社から英語力を求められてはいないものの、やっぱり出来た方がいい、というのはご自身の感覚で、将来の自分のキャリアを考えると今から少しずつ、と判断されたようです。

 

これから東京オリンピックもあって、特に都心部のホテル業界は好景気ですから、そこに携わる方々もお仕事の需要は多いはずですよね。

 

プライベートでは外国人のご友人がいらっしゃるようで、その友人とももう少し英語でスムーズに話せるようになりたい、という事でした。

 

日本語をある程度話す事が出来る方のようで、日本語で実際には話す事が多いようですが、時々英語で話すようにもされているようで、その時はやはり自分の会話力に問題を感じるようです。

 

友人でなければ、自分の英語力では相手に迷惑をかけるレベル、、、というのがご本人の認識のようで、そういう意味でももう少し1人の社会人のマナーとして英語力をつけたい、という事でした。

 

プライベートやお仕事の様子から、既に基礎の英語力を備えていらっしゃる方であるという事は分かると思います。

 

実際に体験レッスンを担当した講師も、基本的な所はカバーされているので、より実践的なトレーニングにフォーカスしてこれから進めていける事はこの生徒様の強み、という評価を出していました。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

イベント会社の経営者として海外案件を取り込むために頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

なんだかパッとしない天気が続きますね。

 

カープもその微妙な天気に影響を受けたのか、優勝先延ばしです。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在イベント会社を経営されている経営者の方で、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、将来的に事業の幅を広げていくための1つの手段にしたい、との事でした。

 

現在は海外案件は全くタッチされていないようですが、それでもたまに海外イベントや、国内のイベントでも海外の企業から連絡が来たりするようで、英語案件は全て現在は断っていらっしゃるようです。

 

ただ断ってもどうにか頼めないか、というように話をされることも多々あるようで、そこに今後の可能性と、そして勿論機会ロスの大きさという視点でも大きく感じられるようになられたようです。

 

英語ダメだからお断り~、というのは勿論日常業務を考えれば妥当な選択ということは、多くの日本企業に該当します。

 

英語で誤解があって契約内容もなかなか固まらず、入金など普段とは異なるやりとりで時間だけが過ぎ、その間にもっと国内の他の仕事をさばいていたほうがお金になった、なんて事は、中小規模の経営者の方であれば、現実的に考える所だと思います。

 

確実に収益を作れる、そして予測できる業務フローの中に落とし込める仕事というのは、企業としてはとても大きな収益源ですし、多くのの企業がそうやってパターンに乗せる事で、コストを下げ、利益を出したいものです。

 

当然の事ですね。

 

確実な所で売上を立てて行く、というのは経営者であれば当然の判断だと思います。

 

ただ、まだ見ぬ世界。

 

そこは未開の地、great journeyですね。

 

Go westですね。

 

日々色々な仕事に終われる中で、新しい事にも挑戦する。これもまた経営者の1つの判断だと思います。

 

目の前の仕事と将来の可能性のある仕事。できるならやっぱり全部取り込みたい。それが一番です。

 

という事で本日の生徒様は、まずはその足掛かりのとして、ご自身が英語がある程度できるようになること、そこからだと話されていました。

 

社内には英語が出来る人がゼロ。

 

またやりたいと手を挙げてくれる人もゼロ、との事で、悲しいかな自分がやります笑、との事でした。

 

誰でもジャングルをかき分ける先頭に立つのは怖いですからね笑。

 

ただ、現実的に現在の英語レベルが会社の中でもこちらの生徒様が一番高い、というのも1つの理由なようで、一番可能性のある人間がやるのがコストが安い、という事も理由なようです。

 

もともと英語は好きだったようで、英検2級もかなり昔に取得されているようで、基礎の基礎はおさえていらっしゃるようです。

 

ただ英会話となると、しっかりとやった事がなく、また普段の仕事に終われ、なかなかそちらに真剣に考える時間を割く余裕もなかったようですが、ここ最近の海外案件の問い合わせの多さに、ちょっとこれはさすがに放置するのは経営者としていかがなものか、という風になられたようです。

 

実際に体験レッスンでも物おじされることもなく、自分の知っている言葉でどんどん話そうとチャレンジされていましたし、担当講師もその姿勢と基礎の力から、伸びしろは十分という評価を出していました。

 

やる気は十分のこちらの生徒様。

 

今後のご活躍に期待です。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

 

会社の1年海外勤務プログラムに申込む為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

関東地方はずっとお天気がパッとしないですね。

 

終日外出している人にとっては、お洗濯ものをどうしようかと考えさせられる天気ですね。

 

それでも猛暑の日々よりも断然ましですが笑。

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在都内の会社にお勤めで、今回お申込みいただいた理由は、会社のプログラムで、TOEIC600点以上+面接クリアをすると1年間、海外の拠点で勤務できるというものがあり、それに挑戦してみたいから、という事でした。

 

TOEIC600点という基準で、1年という期限付きではあるものの、海外転勤できるというのはかなりのチャンスですよね!

 

カリフォルニアなど候補地はいくつかあるあるようで、TOEIC600点でカリフォルニア勤務。なかなか良い機会だと思います。

 

企業の規模感によっては、現在の語学力関係なく海外転勤という事はもちろんありますが、ある程度の規模感の会社なら、それなりに人的リソースもあるわけで、誰でもどうぞ、とはなかなかならないものです。

 

かなりの英語力があっても、なかなか海外転勤はかなわないと嘆いている大企業勤めのアデュールの生徒様も多くいらっしゃいます。

 

この大チャンスをしっかりとものにしたい、という事で、今回の生徒様はまずはTOEICを最低限クリアし、そこから面接にも必要な会話力強化という事で、やる気に満ち溢れていらっしゃました。

 

カリフォルニア勤務なんて最高ですね!

 

天気はいいですし、山火事はありますが、街中では大体大丈夫ですし、南部ならTJ(ティファナ)にも週末に遊びにいけちゃいます! Hola!

 

これまでは英会話スクールに何度か通ったこともあったようですが、なかなか続かず、ここしばらくは英語の勉強から少し遠ざかっていたというこちらの生徒様。

 

現在のTOEICスコアは500点超ですから、600点なんてもうすぐそこです。

 

何よりも海外に行く気持ち満々になっていらっしゃるわけですから、勉強もどんどん進むはずです。

 

こういう会社で働いていてよかった、と感じる瞬間だと思います。

 

また、今回の1年のプログラムだけでなく、こちらの生徒様は将来的に海外永住も考えていらっしゃるようで、そういう意味でも今回の1年のプログラムは、永住について、色々と自分の中でも考えを進めていける良い機会にしたいとの事でした。

 

まだ海外で長期滞在された経験がないという事なので、仮に今回のプログラムに通った場合、初めての海外長期滞在で、自分が本当に日本国外で永住できるのか、したいのか、そんな事を現地で考えながら生活できるのはとても大きいポイントのようです。

 

そりゃそうですよね。

 

永住しようとして行ったものの、なんだか違うと思ってすぐに帰ってきたら、かなり計画して引っ越した予算も、考えていた時間も無駄になってしまいますし。そして実際にそうやって海外永住しようとしたものの、日本にすぐに帰ってくるというシニア世代の人、結構いますからね。。

 

 

という事で、本日の生徒様、とにかく結果を出す為のレッスンと、実際に海外生活に可能な限り早くなじめるよう、実用的な英会話のレッスンを意識していきたい、という事でした。

 

勉強はどちらかというと苦手なタイプとの事でしたので、今のやる気のある時にガッとつめてやってしまうべきです。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

社会人一年目でさび付いた英語の力を呼び起こす為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

あっという間に週末になりましたね。

 

そしてまた3連休。

 

2週連続で3連休なんて得した気分になりますね。こうなると週4で仕事をする人と週5で仕事をする人の負荷の大きさがかなり違う事を感じられますね笑。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在社会人新卒一年目、ピッカピッカの、一年生♪でいらっしゃいます。

 

若さのエネルギーに満ち溢れていらっしゃいます。

 

今回お申込みいただいた理由は、社会人になり、さび付いた英語力を改めて鍛えなおし、キャリアアップに活かしたいから、という事でした。

 

もともと小学校4年生から中学校3年生まで、地元の英語教室に通っていらっしゃった事もあり、基本的に英語は周りの友人よりも出来ていたようで、それなりに自分でも自信を持っていた分野だったようです。

 

ただ高校に入り、英語教室を辞め、部活に没頭し、大学に入っても英語には戻らず、という7年間を挟み、完全に英会話力がさび付いてしまったという事でした。

 

大学時代もうっすらと、このまま社会人になったら困るかな・・というような事を考えられた事もあったようですが、そこは花の学生時代。

 

やはり今しかできないこと!という視点になりがちですし、青春時代を謳歌する、というのも1つの生き方です。選択は皆さんそれぞれですからね。

 

ただ社会人一年目になり、学生時代に一緒に遊んでいた友人もみんな目の色を変えてビジネスマンに変わっていく様をみて、ついに変わるべき時が来た、と感じられたようです。

 

周りの環境は大きいですし、節目節目で自分の事を客観的に見つめる時間は自分を成長させてくれる時間ですね。

 

本日の生徒様は営業職で、当面の間は英語が必要とも思われない仕事で、仕事に関して英語のブラッシュアップを、というプレッシャーはないようですが、周りの友人に置いて行かれないように、自分も自分の強みを生かしながら前に進みたい、という気持ちが英語にたどり着いたようです。

 

アデュールの生徒様の中には同じように、以前得意だった、好きだった英語に戻ってくる、という意味で英会話を始められる生徒様も多くいらっしゃいます。

 

英語が苦手だからやる、という人が多い英会話かもしれませんが、必ずしもそうではなく、得意だからやる、得意だったからやる、というパターンもあるんですね。

 

久しぶりの英会話をやってみて、やはり使えるボキャブラリが圧倒的に減ってしまっている事、なんでもない会話表現が先生にヒントをもらわないと出てこない、などさび付いた感を改めて感じられたようでした。

 

ただ、この「あ~そうでしたね」というふうに思い出す、思い起こさせる、という環境はとても大切です。

 

過去の努力を呼び覚ますわけです。

 

何も知らない人は初めての知識としてストックしなければいけませんが、以前頑張っていた人は、知識のストックではなく、知識の呼び起こしです。

 

そして呼び起こしと新しく覚える事を比べると、呼び起こしの方が数段記憶に残りやすいものだと思います。

 

一度新規でメモリーストックしているわけですからね。

 

サーバーにわざわざデータを取りに行かず、ブラウザ側で「はいよ」とデータを素早く渡してくれるキャッシュの仕組みのように、会話の中でもポンと出てきやすくなるのが、過去の記憶の呼び起こしで得られる効果だと思います。

 

今後の生徒様の成長に期待です。

 

本日は以上です!