インターナショナルプリスクールの外国人の先生と話せるようになる為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日は10月最終日、もうすぐ11月ですね。

 

11月に入ればハロウィンも終わり、一気に年末モードに近づいてきます。それを強くさせるのは、ディズニーランドがクリスマスモードに入るから、というのもまんざらではないと思います笑。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在お子様をインターナショナルプリスクールに通わせていらっしゃり、外国人の先生とコミュニケーションをとれるようになりたい、という事で今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になりました。

 

子供たちの将来を考えれば、英語位は、、と思うのは母親心ですが、こちらの生徒様のご家庭ではご主人が特にその想いが強いようです。

 

もともと本日の生徒様が英会話を始めるきっかけになったのも旦那様の言葉からのようで、子供たちに英語を覚えさせるなら、ママも英語が出来ないと、と言われたようで、最初はドキッとしたようですが、確かに、、と後々考えられるようになったようです。

 

実際にインターの先生とは全く英語で話せるような今の状態ではなく、英語で話せる他のママさん達をみていて、ぼんやりと英語が話せるといいな、とは思っていたので、いいなじゃなくて、そうなればいい、というご主人の言葉はごもっとも、となったようです。

 

結局の所、英語がしっかりと話せるようになれば、お子様の為だけでなく、こちらの生徒様自身にとってもプラスになる事、盛沢山です。

 

女性はまず映画や海外ドラマが好きな方多いですよね。

 

海外ドラマと言えばまずはアメリカ発のドラマだと思います。アメリカ本土では、ドラマ業界ではとてつもない競争が日々繰り広げられており、アイデアが面白いドラマでも、あまりにも他によいドラマが沢山ある為に、1シーズン持たずに終わる、という事も全然あります。

 

厳しい競争の中でシーズン5,6,7なんて続いているドラマは、もう超のつく一大作品になっているわけです。

 

日本でHuluやNetflix、U-nextなど色々な配信サービスで海外ドラマを見ている方々はシーズン8,9まであるような長いドラマを沢山観ていらっしゃると思いますが、これらは本土ではスーパースター扱いのドラマ、という事になるわけで、そりゃ日本人もハマりますよね。女性だけではなく男性でもハマっている方が多いのは納得です。

 

本日の生徒様のその1人。

 

今は次男も生まれで育児に忙しくなかなか海外ドラマを楽しむ時間を取れないようですが、海外ドラマは大好き、という事で、数年前には英語で海外ドラマが理解できればいいな、とこれもぼんやりと思っていらっしゃったようで、育児の為の英会話が、自分の趣味にもつながってくる、これとても良い事だと思います。

 

旦那様からのプッシュが結果的に自分のモチベーションを上げるきっかけになったようで、よかったと思います。

 

まずは基本的な会話の基礎からのスタート、という事ですが、小さいお子様が2人いらっしゃるという事もあり、今回は生徒様のご自宅でのレッスンとなりました。

 

おもちゃが沢山あるネバーランドの中でのレッスンは、子供好きの先生には最高の環境でのレッスンですし、生徒様にとっても子供を自由に遊ばせられるメリットも大きいですね。

 

今後の生徒様の成長に期待です。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

外資系ITセキュリティの会社でキャリアアップする為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

今年もハロウィンの季節が来ましたね。

 

といっても大人のハロウィンパーティは週末がメインで、今は子供たちのハロウィンと言ったところでしょうか。かわいい衣装を着た子供たちが走り回っているのを見るとホッコリしますね!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在外資系のITセキュリティ関係の会社にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、将来的にビジネスでしっかりとした英語力を付けていきたいから、という事でした。

 

これまでに何度となく、英会話スクールに通われたようですが、ある一定の期間が過ぎると辞めてしまう、という事を繰り返してこられた背景には、グループレッスンだったことがご自身の一番の反省点だったようです。

 

自分にはなかなかグループレッスンで成果を出せる形が見いだせなかった、というのが本音のようで、1:1のマンツーマンレッスンで環境をしっかり作っていく事、ここにフォーカスしたい、という事で今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になりました。

 

これまで細々と続けてきた英語力も、会社の中で英語の出来る人を見ると、自分のこれまでの小さな努力は本当にもう無いに等しい程の悲しいもの、と話されていました。

 

どんな世界でも、やはり圧倒的な差を見せつけられると、やる気をなくさせられるのは同じだと思います。

 

その道にはその道の強者がいて、誰もが同じようにできるわけではありません。

 

そういう強者を見ない、意識しない、対象にしない、という割り切りも英会話初心者レベルの人には大切な考え方かもしれません。

 

それを逆に力に変えられる方はどんどん意識した方がよいのですが、仕事となると、やはり本気になりますし、力の差を見せつけられたら、人生の大きな部分を占める仕事。自分の価値そのものを否定されるような気持ちになってしまうのは仕方のないことだと思います。

 

当面の目標は、まずはしっかりとネイティブの小さな子供が話すレベルのスピーキング力程度に上げていきたい、という事で、徐々にビジネスを意識しながらシフトしていければ、という事でした。

 

継続していくこと、続ける事。

 

これが今回の生徒様の大きなポイントになっているようで、グループレッスンで他人がいる環境が自分にとっては、続けることの気持ちの上での障害になっていた、という事もあったようです。

 

続けることがどれだけ大切かはとても認識されているようで、断続的な形ではなく、1つの形が見えるまでしっかりとやりきる事、これが大切というのはしっかりと理解されています。

 

会社ではTOEIC700点が目標点として課されているようで、当面はまずはそこを着地点に見ていらっしゃいます。

 

目標の数値があるという事は分かりやすくてとても良いですね。

 

特にスコアが出るTOEICは分かりやすさ抜群です。

 

色々な英語の試験がありますが、今でもビジネスパーソンの英語力評価という意味ではTOEICがスタンダードですね。

 

自分が世の中的に英語のレベルでどの位置にいるのか、そんな事を考えられるのはTOEICをスコアを出す事のメリットの1つです。

 

英語力、という目に見えないスキルですからね。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

イタリアのアパレルブランドでイタリア語と英語を操る為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日は金曜日。

 

あっという間の一週間ですね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在イタリアのアパレルブランドにお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、電話会議などで英語が必要になるから、という事でした。

 

もともとイタリアに留学されていたこともあり、イタリア語は流暢に話されるようですが、英語はとても苦手というこちらの生徒様。

 

イタリア本社側の人達と話すのであればイタリア語での会話がベースなので、基本的にはこちらの生徒様にとっては得意のイタリア語。

 

そこのコミュニケーションは全く問題ありません。

 

ただ、イタリア語が離せないスタッフがその電話会議に入ってくると、会議で使われる言葉が英語に切り替わります。

 

この時に困るのがこちらの生徒様、という事になりますね。

 

イタリア人からすれば、母国語か、世界語の英語どちらか、という2択ですが、こちらの生徒様にとっては苦労して身に着けたイタリア語は既に、日本語、イタリア語という選択肢2番手。

 

3番手の英語が出て来られる困りますよね。

 

といってもそこはグローバルビジネス。

 

It is what it isです。

 

そういうものだ、という事ですね。

 

世界にはもっと沢山の強者がいて、中国でグローバルビジネスを展開されている方々などは、中国語は勿論の事、ネイティブレベルに近い日本語、そして更にネイティブレベルに近い英語、人によっては加えてフランス語も、なんて人もざらにいます。

 

ヨーロッパには3言語以上話す人は沢山いますよね。

 

やはり強者と一緒の土俵で戦うには、自分もそれなりの基礎練習をしておかないといけないという事でしょう。

 

本日の生徒様が英語での会話で困っていらっしゃる点は、どうしてもイタリア語で考える癖がついているため先にイタリア語が頭に入ってくる、という点でした。

 

3言語目を習う方、特に同じラテン語系の言語だったりすると、似た言葉で微妙に文法などが異なる為、簡単なようで、意外とミスも出る、というのはよく聞く話です。

 

といっても、ラテン語系の言語を母国語としている人にとっては、それ以外の言語をマスターするよりは、他のラテン語系の言語をマスターする方が確実に成果が出るのが早いのも事実です。

 

本日の生徒様はとにかく英語は基本的な文法が完全に抜けてしまっているという事で、その基礎の確認そして、実際のビジネスシーンでしっかりと不自由なく使いこなせる実戦的な会話力を増すスターする事を希望されています。

 

イタリアのアパレルブランドで、イタリア語と英語を話せれば鬼に金棒ですね。

 

イタリア人たちもにっこりです!

 

今回の体験レッスンで感じられた事は、いつもの電話会議の時と同じで、イタリア語が頭に入ってくるために、どうしても英語の時には頭の中の処理に時間がかかってしまい、会話の中でボールが自分に回ってきたときに、自分の所でしばらく止めてしまう、という事のようでした。

 

1対1の会話ならまだしも、複数人いる場での会議で、自分の所で会話を止めてしまうというのはやはり避けたい所ですよね。

 

立場がそこまで上の方でなければ、冷や汗たらり、、、ものです。

 

まずはそこのレスポンスを早く出来る事。

 

必要な基礎単語は業界も長いので分かる為、とにかくそこの瞬発力、頭の切り替えのトレーニングにポイント当ててやっていくという、という事になりました。

 

やる気十分のこちらの生徒様。

 

今後のご活躍が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

 

 

 

外銀のバリキャリとして頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

プロ野球CS盛り上がってますね~。

 

そしてやっぱり広島は強い!これからが楽しみです。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在外銀にお勤めで、今回お申込みいただいた理由は、上司が外国人、仕事でも英語をどんどん使う環境があるから、という事でした。

 

バリキャリ女性、なんて言葉がありますが、それを象徴するかのような働き方と、そして風貌。

 

雑誌に出てきそうな感じのかっこいい方です。

 

これまでも少し英会話に通った時期もあったようですが、実際には先生がビジネス実務経験がなく、リアルなビジネスの話になった時にうまく話がかみ合わない、という事が多くあったようで、なんとなく徐々にレッスンから足が遠のいていった、という事があったようです。

 

バリキャリ女性ですからね。やっぱりしっかりとビジネスの話をして、そしてビジネスで活きる英会話力を付けたい、と願うのは当然の事だと思います。

 

家庭と仕事とあるなかで、それでも英会話に時間とお金を割くわけですから、効率的に学んでいきたい、というのはこちらの生徒様の強い思いです。

 

現在の英語力はというと、ご自身の判断では中級の下。

 

なんとか英語だけでギリギリコミュニケーションを取れるものの、単語や表現はおぼつかなく、速いスピードになるとどんどん厳しくなっていき、一人でしっかりと英語の交渉をまとめるようなところまでの英語力はない、との事でした。

 

これからもこの業界で活きて行く為には、もっとしっかりとした英語力を、という事は常日頃考えていらっしゃるようですが、やはり仕事、仮定、という最優先課題がありますからね。

 

バリキャリ女性は忙しいのです。

 

ただ、そこで現状維持で進めばいい、というマインドにならないにもバリキャリ女性。

 

タイミングをみて、しっかりと前進すべき所を目指していく。

 

敵が沢山こようとも、何があろうとも、目的地までは必ずたどり着く。

 

現代版ランボーですね。

 

Murdock… I’m coming to get you!

 

です。

 

少し話がそれましたが、まずポイントとなるところは、現在の中級レベルを抜け出すしっかりとした英語力をつけること。

 

今回の体験レッスンでもやはり痛感されたのは、必要なボキャブラリが足りない事。

 

しっかりと状況説明できても、やはりキーとなる単語が弱い為に、説明が冗長になりがちです。

 

ただ初級レベルの方とは違い、冗長になりながらも、しっかりと英語で説明できる基礎の力をお持ちです。

 

ただ、中級レベルに入ると一番の壁は、この「なんとか通じる」という事への甘えですね。

 

なんとかなってるから、とりあえず、今はこれで、、となりがちなのが難しい所。

 

ここを超えるには、やはり基礎体力をしっかりと付け直す必要があります。

 

今の表現力に甘えず、どんどん自分のボキャブラリ、フレーズ、表現の幅、ストックを増やしていくこと。

 

それによって、どんどん自分の今の基礎コミュニケーション力が補強されていきます。

 

英語ネイティブではない海外の学者さんや政治家などのインタビューを観ると、発音はあまりよくないなと思ったりしても、やはり使う言葉がしっかりしていますし、だからこそ、その言葉を安心して聞け、そして信用につながっていくものです。

 

日本でも外国人が「減価償却」とか「損金不算入」とか、日本人の大人でもうまく説明できない人がいるような言葉を、会話の中で使ってきたら、お、この外国人、発音はいまいちだけど、仕事はちゃんとやりそうだな、と感じると思います。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

年4,5回の海外旅行でしっかりと英語を使えるようにする為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

サッカー日本代表のウルグアイ戦、結果はどうなるのですかね。

 

新世代との融合ですが、新世代は実力もさることながら、イケメンもいますね。サッカー選手はいつの時代もイケメンが多いです。

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在専業主婦されていらっしゃり、今回アデュールでのレッスンをスタートされる事になった理由は、年に4,5回行く海外旅行の時に、英語のできる旦那様に任せっきりにせず、自分でもしっかりとコミュニケーションを取れるようになりたいから、という事でした。

 

年4,5回の海外旅行とはすごいペースだと思います。

 

3か月に1回ですからね。

 

帰ってきたらすぐに次の計画を立てる位のペースで、実質年中海外旅行の事が頭に入っているという状態なのかと思いましたが、頻繁に行くのはマカオなどアジアが中心で、同じ場所にもよく行くのでそこまで準備に時間を取られることもないんだそうです。

 

それでも年に4,5回の海外旅行、羨ましいの一言です笑。

 

なかなかそういう環境を持てる方はいらっしゃらないと思いますし、今のこの恵まれた環境を存分に活かしてもらいたいと思います。

 

ご主人はお仕事はお休みされているのかと思った所、ご主人帯同でない時もあるようで、その時は、ご主人程ではないもののそこそこ英語の出来る母親と一緒に行くんです、との事でした。

 

常に英語が出来る人がいるという環境での海外旅行なので、どうしても安心してしまうというのが最近こちらの生徒様が考えていらっしゃる事のようです。

 

特に初めてのお子様を出産され、次のイタリア旅行はお母様とお子様との3人旅行。

 

やっぱり自分の子供の事となると、母親だけでなく、自分も主体的にやらなくては、という気持ちがメラメラと湧いてきていらっしゃるようでした。

 

母親魂ですね!

 

現在の英語力はというと、沢山海外旅行に行っているおかげで、よく聞くフレーズは十分分かるようになってこられたようです。

 

ただ、基本的な英語の勉強を学生時代にしっかりとされてこなかったようで、文章全体で理解しているのではなく、単語をいくつか拾って、推測している、というのが現在の状態のようです。

 

そもそも文法の基礎の基礎が分かっていない為、相手の話す英文に対して、どうしてそのような語順になるんだろうという疑問も持たず、ただただ単語で理解する、という所で今は止まってしまっているようです。

 

ただ、これでは英語の理解に限界がある、と感じられたこちらの生徒様。

 

どうせ英会話をやるなら、基礎の所からしっかりとやり直したい、との事でした。

 

とても大切なポイントですね。基本的な英文法の理解が抜けていると、どうしても知識が1:1の知識になってしまって、レバレッジをきかせることが出来ません。

 

英文法を理解し、色々な英語の文章の組み立てのパターンをしっかりとルールからおさえていけるようになれば、後は単語というピースの入れ替えで、色々な表現をどんどん状況に応じて変化させていく事ができます。

 

しっかりと勉強する覚悟はできています、という強い言葉を残してくださったこちらの生徒様。

 

新しいお子様がもう少し大きくなったら、しっかりとお子様の通訳にもなれるようなお母さんになりたいとの事でした。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!