育休明けで職場で結果を出すために頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

明日は11月最後の金曜日。

 

土曜日には12月になるなんて、あっという間に年末です。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在外資系企業にお勤めで、近く育休からの復職という事で、復職後でしっかりと会社で結果を出せるように英会話レッスンを始めたい、という事で今回お申込みいただきました。

 

会社で求められる英語力の基準はTOEIC700点。

 

現在約600点。

 

その差僅か100点です。そしてこのエリアの100点は、やる気になればすぐに詰められる100点です。

 

やりがいのあるステージ、と逆に言ってもよいのかなと思います。

 

そして確かにTOEIC700点位になると、少し英語が話せるようになってきたな、と思ってもらえるところだと思います。

 

勿論TOEICと会話力は必ずしも一致しないので、一概にはいえませんが、総じていえば、なんとなくのイメージはできる、という事で今でも多くの企業がTOEICが英語力の基準にしていますよね。

 

ただ本日の生徒様の場合、TOEICだけではなく、その先の実務でしっかりと英語を使いこなせる事を意識していきたい、という事でした。

 

これからの長いキャリア、生まれたばかりの子供の為にも、ママとしても、しっかり頑張らなければ、という気持ちが育休中にメキメキと湧いてきたようです。

 

親になる、という事はそういう事なのですね。

 

自分だけの自分でなくなる瞬間とでも言えると思いますが、こういう気持ちになっている方は、本気度が変わってくるので、成果はしっかりと出てくるものです。

 

現在の会話力という部分においては、特にこちらの生徒様の場合はスピーキングに苦手意識を持っていらっしゃるようです。

 

会社でもなんとなく英語を聞き取れる事は多いようで、周りからも聞く方はできてるね、とよく言われるようですが、いざ話すとなると、全然言葉が出てこない、という事を一番の課題にされていました。

 

会話のキャッチボールは受けるだけでは成立しませんからね。

 

しっかりと投げ返さないとダメです。

 

その為には、しっかりと球を投げる練習をこれからするわけです。

 

力み過ぎてもだめ、力を抜き過ぎてもダメ、しっかりとフォームを作って、正確に相手の胸元に投げ込む、そんなスピーキング力をつけてもらいたいと思います。

 

今回の体験レッスンの時には、やはりそのスピーキングの弱さが露呈したようで、自分でも改めて強化の必要を感じられたようでした。

 

ただ実際の担当講師が話す英語の中でしっかりと意味を理解されている所も多く、ボキャブラリの基礎はあるような印象を短t農講師も受けたようでした。

 

TOEICでもリスニングのスコアが極端に高い事がそれを物語っているようです。

 

全く聞けないけど勢いで話せる、というパターンよりも、聞けるけど上手く話せない、というパターンの方がある意味この先の成長度合いとしては、スピードを上げられると思います。

 

聞けない、という感覚はなんともつらい所で、沢山単語を覚えているのに、英語を聞くとなると全くダメ。

 

自分の耳は英語を受け付けない、と諦めてしまう人も多いという程、最低限の英語を聞き取れる、というステージの手前にいる人はなかなか辛いものです。

 

これからどんどん力を伸ばしてもらいたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

特許事務所の事務職として英文翻訳に対応する為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

恐ろしい寒さになりきらない今日この頃、幸せです笑。

 

凍える寒さが一瞬で通り過ぎてくれればよいのですがね。。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在特許事務所の事務職としてお勤めで、仕事で英文の翻訳を任される事があるようですが、これがとても難しく、また専門英語ではなく、普通の英文でもままならない今の自分の英語レベルではもうお手上げ状態、、という事で、どうにか状況を打開したい、という事でした。

 

大変なポジションについていらっしゃいますね。

 

こちらの現在の生徒様の英語力はTOEICでは400点程度、という事でしたので、聞いている所、明らかに無理難題を投げられているように感じますが、それはもう各会社の判断なので、こればっかりはなんとも言えません。

 

ただ、こちらの生徒様がおっしゃっているように、普通の英会話でもままならない自分に、特許事務所での英文翻訳など出来るはずがない、というのは気持ちは十分理解できます。

 

上司はとにかく、どうにかやれ!の一点張りという事で、そしてなんとかやってみると、ほぼ全文を赤字で返される、という状況のようです。

 

ほぼ全文を直されるというのは、あなたは会社のお荷物です、と暗に言われているようなもので、そういう部分も含めて、今は本当につらい状況にいます、、との事でした。

 

事業会社にとっては、色々な状況がありますし、何が正解で何が不正解かは、外からでは分からない部分があまりにも多いですが、いずれにしても、こちらの生徒様にとっては、とにかく辛い、、という状況は間違いないようです。

 

英会話、英語力上達にウルトラCはなく、一歩一歩階段を上るしかありません。

 

個人の能力差はありますが、それでもどんな人も3か月で英会話完成、なんていう風にはならないわけです。

 

だからこそ、求められているものが高くても、今は1つ1つ基礎の部分から潰していく、という判断が正しいと思いますし、こちらの生徒様もそのように考えていらっしゃるようでした。

 

ある程度の基礎ができている場合は、多少レベルの高いものでも、実務内容に即した英会話レッスンをするのは実戦的なアプローチだと思います。

 

ただゼロベースの方の場合、そのような形でやると、そもそも自分が何をやっているのか分からない、というような事になります。

 

ベースが抜け落ちると、応用が効かなくなりますし、やはりキツい。

 

正直な所、転職というオプションも考えていらっしゃるこちらの生徒様にとっては、まずは基礎固め、そこからやっていくのが成功法のようでした。

 

自分自身が仕事で英語の携わると思っていなかった為、ここになってツケがまわってきた、とおっしゃっていましたが、まだ40代の若いこちらの生徒様。

 

いかようにでも挽回できます。

 

スポーツのような体力、筋力のベースが必要で、また若い人たちのそれと勝負しなければいけない、というものであれば、なかなか年齢の壁は大きいですが、英会話は違います。

 

しっかりと前に一歩一歩踏み出す気持ちを持って挑めば、どこからでも挑戦できる。それが英会話の魅力だと思います。

 

本日の生徒様がおっしゃっていたのが、今まで仕事で書く英文に赤字がつくばっかりで、英語嫌いになっていたけど、英会話をやってみるとすごく楽しいと感じた、という事でした。

 

今後の生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

同棲中のアメリカ人の彼とのスムーズな会話の為に頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

日に日に寒くなってきますね。

 

11月も最終週。もう街はクリスマスモード全開ですね。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のおひとりについて少し。

 

こちらの生徒様、現在アパレル関係のお仕事をされていらっしゃり、今回お申込みいただいた理由は、同棲中のアメリカ人の彼とのコミュニケーションをしっかりと取れるようにしたいから、という事でした。

 

アメリカ人の彼はまだ日本語はあいさつ程度しかできなく、本日の生徒様は英語はまだまだ初級レベル、という事で、お互いカタコトの日本語と英語でなんとかやり取りしながら日々の生活をされているようです。

 

それでも愛があればカップルは成立するのです!

 

何よりも写真や動画を見させていただいた所お2人ともとても毎日を楽しそうされていらっしゃり、それが一番だと思います。

 

会話はお互いうまくいかない事も多いけど、それでも楽しい、という毎日。

 

素敵ですね!

 

 

 

といいつつ、現実はやっぱりちょっとしたいざこざもあるようで、一緒に生活していれば当然ですよね。

 

特に文化の異なる2国のすりあわせは結構大変です。

 

友人同士であっても、色々と気を付けたり、気にしなければいけないことがあるのですから、家族となればなおさらです。

 

ただ、喧嘩になっても、結局お互い言葉で上手く説明できないから、お互い喧嘩しても言葉で解決できないから、お互い喧嘩を諦める、というような、逆にそれがプラスの効果を果たしてくれる事もあったりするようです笑。

 

ただそれでもやっぱり意思疎通をしっかりと取れるようになる事。

 

それはお互いが感じていらっしゃる事のようです。

 

彼の方は日本に住んでいるわけですから、少しずつ日本語の力がついてきているようで、本日の生徒様はその彼の日本語能力の上達に対して、自分の英語能力の伸びが追いつかず、少し焦りを感じた、というのも正直な所のようです。

 

お互い刺激し合える関係は素敵ですし、やっぱり頑張っている人は輝いていて眩しいものです。

 

そしてプラスのオーラが出ているので、やっぱり自然と人が集まってきたり、ビジネスであれば、お金が集まってきたりすることもあると思います。

 

本日の生徒様はアメリカ人の彼、という点を大いに生かせるように、まずは基本的な英語の力を上げていき、最終的には、彼との会話の中でそこの精度をさらに高めていきたい、という事でした。

 

現在は会話の中で、時々彼が話す長い英文が理解できない事が多いようで、ご自身の分析では接続詞や、熟語が弱い、という事でした。

 

言っている単語は聞き取れても、結局それが何を意味しているのは分からない、という事が大体7,8割のようで、聞き取れてるのに意味は分からない、という今の現状を打破するための分析をここのところはされていたようです。

 

今後はしっかりと自分が使えるようになる事、そしてしっかりと相手の言っている事も分かるように、基礎固めを怠らない事、これらをご自身のポイントにあげていらっしゃいました。

 

かなり細かく自己分析されているようで、こちらの生徒様の本気度が伺えます。

 

英語の力をつける環境は整っていらっしゃいます。

 

あとはやるだけ、という段階ですから、ここからしっかりと力をつけて、ご自身の納得いくレベルで彼と英語で会話ができるようになってもらいたいと思います。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

CG制作の仕事で外国人クリエーターと話すために頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

寒い冬は嫌ですが、ウンタースポーツが始まるので、これがまた熱くしてくれるので良いですね!

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在CG制作の会社にお勤めで、もともとアデュールでのレッスンをスタートされたきっかけは、外国人従業員や海外のクリエーター達とも一緒に仕事をすることがあるので、その時にしっかりと英語でコミュニケーションを取れるようにしたいから、という事でした。

 

物おじしない性格で、なんでもとにかくやってみる、という積極的なタイプの方の為、始めた当初から担当講師はとても伸びしろを感じていましたが、やはりこの間の頑張りのおかげで、ぐんぐん力を伸ばしていらっしゃいました。

 

またお仕事で強制的に英語に触れなければいけないという環境がある事も、英会話レッスンにプラスに働いているようでした。

 

アメリカなどの技術を学ぶのに英語を読むのは必須、という事で当初から英語を読むことには抵抗がないようでした。

 

英会話を始めたばっかりの初心者レベルの人にとっては、通常は英語ばかり書いてある記事やテキストは、それだけで圧倒されて気持ちが滅入るものだと思います。

 

TOEICのリーディングなどの練習でとても疲れる、という感覚を持っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

 

ただ、英語をしっかり読む、そして読んだ気になっているのではなく、しっかりと理解するところまで深く読む、という事が英語学習にはとても大切です。

 

出来るなら声に出して読むのが一番ですね。

 

声に出さないとどうしても読んでいる気になったり、頭に入っていなかったり、読めない単語を適当な読み方で読んだりと、音読に比べて効果が落ちてしまいます。

 

発音を意識して読むことも大切ですね。英会話は実際には声に出して会話をするわけで発音は大切です。ネイティブのような発音でなくとも、近い音を出す練習をすることは大切で、最低ラインは”通じる発音”だと思います。

 

本日の生徒様は仕事で英語を読み、時々英語も話し、そしてレッスンでは細かく会話のトレーニングをしていく事で、飛躍的に力を伸ばしていらっしゃるようでした。

 

仕事での英語に触れる機会を上手く利用されている良い例だと思います。

 

本日の生徒様が話されていたのは、なによりもこの長い間、モチベーションを高く維持できているのが一番自分にとっては嬉しい事です、との事でした。

 

モチベーション高く維持できないとやることもやれなくなりますからね。

 

実際に仕事場でも英会話レッスンの成果は感じるようになってこられているようで、頻度は多くないものの、たまに外国人の方と話す機会がある時に、以前よりも言葉がすんなりと出るようになってきていると感じていらっしゃるようでした。

 

言葉がすんなりでるようになるという事が会話のキャッチボールの数が増えるわけで、そうなれば自分がボールを投げる(話す)回数も増えるわけで、さらに英会話の時間が増えますね。そして更に力がついていく、というよい循環に入ります。

 

現在の課題はまだボキャブラリが足りない事でうまく言葉が出ない事がしばしばあるとの事で、今後はよりボキャブラリの強化を意識していきたい、という事でした。

 

今後のご活躍に期待です。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

外国人入居者とのスムーズな会話の為に頑張っている生徒さん

こんばんは!

 

明日は金曜日。

 

あっという間に12月になりそうですね。

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在不動産関係のお仕事をされていらっしゃり、ご自身が管理されているマンション、アパートの住人に外国人が多く、住人の方々としっかりと英語でコミュニケーションを取れるようにしたい、という事でアデュールでのレッスンをスタートされています。

 

この間もしっかりとコンスタントにレッスンを受講され、着実に力を伸ばしてこられました。

 

そもそも、ご自身のポジション側、特に住人の方々との英語のコミュニケーションはいらない、という立場のようですが、なぜ始められたかというと、日本に住む外国人の方々に少しでも快適に日本で過ごしてもらいたいから、という母親心からくるもののようでした。

 

多くの方が20前後の若い学生さんばかりのようで、これからの将来を考えた時に、しっかりと日本での経験を充実させてもらいたい、という気持ちが日に日に強くなってきた、との事でした。

 

このような外国人の方々への思いやりやとても大切な事だと思います。

 

日本で生まれ育ち、日本に住んでいる分には、基本的に自分で何かあれば対処ができます。

 

警察や役所、病院など、自分で電話して自分で母国語の日本語を使って、何の問題もなく多くの物事をかたずけられます。当たり前の事と感じますが、外国人にとってはそれが当たり前でなかったりします。

 

ちょっとした事にその意味の確認に時間がかかったり、勘違いして、何時間も時間を無駄にして何度もやり直したり、という事を日本の生活に慣れない方々は多く経験されています。

 

言葉の壁だけでなく、文化の違いからの勘違い、という事も多く起こります。

 

なぜそう考えるのか、とこちらが向こうを責めるのではなく、そういう考え方を持つ人たちがいる、という理解が必要な時が多くあります。

 

そしてそれは1つ1つ、しっかりと耳を傾けて状況を確認する、草の根の活動である事がとても多いです。

 

似たような状況では100%同じではないものですし、結局個別に助けてあげる必要がある場合が多々あります。

 

本日の生徒様は、つたない英語で住人の方に色々と話しかけられるようですが、その時に、色々と彼、彼女らが、生活の上で感じていた疑問、不安などを打ち明けられるようで、最初は個別に解消してそこそこすれば終わらせられる一時的な事、と考えられていたようです。

 

でも次から次へと沢山の疑問が出てくる。

 

そんな状況の中で、本日の生徒様は基本的なコミュニケーションだけではなく、その方の言葉の行間を読めるくらいの英語力をつける事で、まだ言われていない疑問を先手先手で解決してあげられるのではないか、と考えられたようです。

 

とても素敵ですね。

 

本日の生徒様の現在の英語力はというと始めた当初に比べ飛躍的に伸びていらっしゃり、特に話す時に文章の組み立てがとても速くなった、という事でした。これは日常的に先生に課せられているリーディングの課題の成果がかなり大きいようで、またそれを組み合わせた実際の会話レッスンが更にプラスに働いている、という事でした。

 

課題は圧倒的にまだまだボキャブラリが足りない、という事でした。

 

やる気は十分のこちらの生徒様。

 

今後のご活躍に期待です。

 

本日は以上です!