とにかく楽しく受けられる英会話レッスンを求める生徒さん

こんばんは!

 

明日は暖かくなるみたいですね。

 

一気に桜も開花、ですかね!

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在医療関係の研究機関にお勤めで、アデュールでのレッスンをスタートされた理由は、臨床で海外の研究機関とのやり取りもある為、少しでも英語ができるようになれれば、というのが1つ、そしてもう1つは大好きな海外旅行でしっかりと英語が使える様になりたいから、という事でした。

 

むしろ後者が一番の目的のようで、仕事での英語はあくまでおまけのようなもの、という事でした笑。

 

海外の映画や音楽などが昔から好きなようで、海外旅行にも頻繁に行かれているようですが、海外では英語がネックに感じる事が多かったようです。

 

特に最近は一時期あまり観なくなっていた海外映画をまた観るようになり、改めて海外の映画の面白さを感じるとともに、字幕なしでこれが観れたらもっと面白くなるだろうな、と強く感じられたのが英会話レッスンを受ける最後の後押しになったようでした。

 

 

 

英語は本当に私たちの世界のありとあらゆるところにあり、そしてありとあらゆる世界につなげてくれる魔法の言葉。

 

人生人それぞれですが、英語が話せるようになることで広がる世界は多くの人を魅了する事は間違いないですよね。

 

本日の生徒様はとにかく仕事の為の英語というのはおまけで、楽しく英会話レッスンを受けられる環境、という事を最優先されてアデュールでの日本人講師でのマンツーマンレッスン、という選択をされました。

 

もともと話す事が好きなこちらの生徒様にとっては、マンツーマンで話す時間を沢山確保したい、というのはポイントだったようで、また英語を学ぶときに今の自分のレベルではネイティブと話したい事を伝えるのに時間がかかりすぎる、という所が日本人英会話講師、という選択になったようです。

 

レッスンでは英語ベースの会話レッスンをされていますが、細かい部分の確認は日本語で行っていくことで、曖昧な部分を残さずレッスンを終えられるように徹底されています。

 

その甲斐あってか、ここまで本当に楽しく、毎週レッスンを継続されていらっしゃり、自分の中で英語で言えるパターンがとても増えてきた、とおっしゃっていました。

 

このパターンというはとても大切で、英会話は1つの言いたい事に対して1つの答え、という考え方だけではなく、1つのパターンを使って色々なケースにはめていく、という発想でレベルアップしてく事がとても大切です。

 

このパターンを増やす事でどんどん表現の幅が広がっていきます。

 

課題は速いスピードの会話の時にどうしても自分の英語が乱れていく事、そして先生の英語も効き落としが増えてくる事、という事でした。

 

当然と言えば当然ですが、より高いレベルを求めるならそこはとても大切なポイントですよね。

 

外国人と1対1で話せばなんだか自分は普通に会話ができるようになってきた!なんていう風に自己満になったりしますが、いざネイティブ同士が会話している所を横目て見てみると、恐ろしいスピードと全然分からない英語表現を使って話していたりするものです。そして、自分との会話の時に幼稚園児に話しかけているように簡単な英語で話されていたんだ、、という事に気づくわけですね笑。

 

ここから更にレベルアップしてもらいたいと思います!

 

本日は以上です!

 

 

 

 

3人の育児と仕事を続けながら頑張る英会話レッスン

こんばんは!

 

東京は今日も寒い!!

 

最後の踏ん張り、、という所でしょうかね。

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在IT企業にお勤めで、アデュールでのレッスンをスタートされたきっかけは会社で課されているTOEIC650点のクリアと将来につなげられる英会話力をつける事、という事でした。

 

もともとアデュールでのレッスンをスタートされた時は丁度3人目のお子様を出産されたすぐ後で、育児休暇中の時間のある時に出来る限りの事をやっておきたい、という事で始められていました。

 

3人目ともなればもう出産も慣れっこですし、出産後の生活の様子も大体見えていた為、すぐに英会話を始めた、という事でした。

 

ベテランは強いです。

 

それから毎週欠かさずレッスンを受けられ、そして職場にも復帰し、仕事と育児と家事の忙しい生活の中でもしっかりとレッスンを続けてくださっています。

 

この間のご自身のレッスンについて振り返っていただくと、全体的なスキルアップを感じてくださっていたようです。

 

 

 

もともとは英会話はかなり苦手、というか避けてきたようで、スタート当初は頭の中の触りたくない部分を触りながらのレッスンだったようですが、その壁も数か月で乗り越えられ、今では着実に細かい自分の課題を1つ1つ潰していく、という前向きな姿勢で頑張ってくださっています。

 

具体的には英語の文章を見た時に、だいぶ自然に前から読むことができ、自然に意味をとらえる事ができるようになってきた、という事でした。

 

それが仕事の英語でのメールライティングにもかなり活きてきているようで、格段にメールを書くスピードが上がった、という事でした。

 

読む力に比べてアウトプットの力は後からついてくるもので、人によっては、読む力と比べてかなりアウトプットの方はなかなか前に進まないという方もいらっしゃいますが、本日の生徒様は普段の努力の結果、しっかりと成果を出していらっしゃるようです。

 

仕事のスピードが上がる事は勿論キャリアアップにとってもとても大きな事です。

 

早く仕事ができれば次の仕事ができ、経験を増やす事ができ、学ぶことを増やせ、その結果スキルアップにつながり、会社の評価につながる、というプラスのサイクルが生まれますよね。

 

どれだけ仕事が出来る人でも、英語の仕事に入った瞬間に、一時停止になってしまう方は、とてももったいないですよね。

 

それまでやってきた高い生産性を誇る仕事の成果が一気にそこで止められてしまいます。

 

たかが英語。たかが言語。知恵比べじゃないんです。英語学者や英語の先生を目指さない限り、あくまでコミュニケーションツールとしての英語であれば、そんな壁はちゃっちゃとクリアしたいものです。

 

 

本日の生徒様は今後の課題はスピーキングにおけるアウトプットを更に速めていきたい、という事でした。

 

なんて行ったらいいか分からないときの一瞬の間、いやですよね~。

 

そしてもう喉の所まで出かかっている単語を相手に言われちゃったら、それもそれでまた嫌ですよね~。

 

あとちょっとで思い出しそうだったのに!!と思ったりします。

 

でも仕事の現場では、そんな事よりもスピード優先で事が進んでいくのが常ですからそれは仕方がない事です。

 

まだまだ目標は高く持っていらっしゃるので、これからの生徒様の成長が楽しみです。

 

本日は以上です!

 

 

曖昧な英語の理解をしっかり潰す為に始める英会話レッスン

こんばんは!

 

サッカー日本代表、やりました!

 

ホームではUAEに負けましたがアウェーできっちり取りきる。

 

さすがです。ハリル監督も既にベテランにこだわらずどんどん調子のいい選手を使う形で落ち着いてきましたし、うまくそれが当たっていますね。次も楽しみです。

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在都内の私立の中学に通う2年生の女の子。

 

中高一貫校で、中学の英語の授業ではネイティブの先生の英語クラスで、ナチュラルな英語を聞く事で英語を体で覚えていくという方針でされている学校で、保護者の方も最初はこれで本当についていけるのか、と思うくらいのネイティブの先生の速い英語だったようですが、そこは若者。

 

なんだかんだで、みんなしっかりと先生の英語についていけるようになっているようです。

 

スゴイですね。

 

中学生なんてもうカラッカラのスポンジです。どんなものでもしっかりと吸収できる力があります。

 

ただ、そんな学校で勉強をされている本日の生徒様ですが、なんとなく英語は聞けるし、なんとなくは英語も話せる感覚はあるものの、細かい文法的な所がほとんど授業で焦点が当たらない為、文法的な部分に弱さを感じていらっしゃり、結局の所、文章の組み立てがかなりあやふやな状態にいらっしゃるという事でした。

 

今回アデュールでのレッスンをスタートされるにあたり、英会話のレッスンは行いつつ、その辺りの弱い部分にも焦点を当てていきたい、という事でした。

 

 

小学校高学年に入ってくると、少しずつ、子供たちもロジックで考えるようになってきますし、その辺りが気になる子はとても気になるものです。

 

特に本日の生徒様の場合、高校に上がると一気に受験対策に英語の授業の方針が切り替わるようなので、その為にもやはり今のうちからあやふやな所は潰しておきたい、という事でした。

 

 

 

生の英語を聞いて、そしてその使われ方を自分も同じような状況で使っていく。

 

こういう使い方、学び方は英会話習得ではとても大切です。1つ1つ、細かい意味を和訳で調べるのではなく、英語で使われた言い方を、そのままその状況で、英語のまま使っていく。

 

和訳で考えるのではなく、ある状況→ある英語の表現、という風に、状況毎に英語をはめていき、英語で考える訓練をすることはとても大切です。

 

シンプルな短い表現なら、これでほとんど問題ないはずです。

 

ただ、大人に近づいてくると、少し複雑な文章や長い文章になった時、「そもそもなんでその語順?」という風に考えだしたりするものです。

 

その語順にしているルールが分からないと、似たような言い回しに応用ができず、またその語順のルールがよくわかっていない為、同じ表現でもなんとなく使う事に躊躇するようになってきたりします。

 

 

 

当たり前の事ですが、これはもったいない。

 

折角「そのニュアンスいいな」「その言い方、自分もこれから使おう」なんて思った時に、自分の中でいまいちしっくりきていない部分が残ると、体が完全な知識として吸収しようとしてくれません。

 

本日の生徒様にはこういう所はしっかりと潰していただきたいですし、ただの文法の授業ではなく、実戦的な英会話レッスンの中でそういった部分を逐一確認していく、という形が会話の中での使い方のイメージができてよいと思います。

 

まだまだ若い中学生。

 

これからの成長に期待です。

 

本日は以上です!

 

 

 

娘さんの留学に刺激されて英会話レッスンをスタートされた生徒さん

こんばんは!

 

WBC,負けてしまいました。

 

とても残念です。アメリアはやはり強い。。

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお一人について少し。

 

こちらの生徒様がアデュールのレッスンを始められたきっかけは、娘様がイギリスの大学院を出られ、その当時の友人などが日本に来られる事が多い為、その時に英語でコミュニケーションを取れるようになりたいから、という事でした。

 

娘さんの学友達とお話できる機会、やっぱり貴重な時間ですよね。

 

お母さんなら、娘さんがとても貴重な時間だったと感じている留学時代の友人なら、娘さんがどんな人たちをその時間を生きていたのか、そんな事もとても気になるところだと思います。

 

 

 

そして海外から来られたゲストの方にはしっかりと日本の文化を話せる日本人でありたい、というのがこちらの生徒様の強い想いでした。

 

海外旅行に行くときも、いつも伝えたいことはあるのにうまく伝えられないまま終わる事がよくあったようで、それでは人と人が通じ合えない、、という風にいつも感じていらっしゃったようです。

 

 

 

娘さんの留学は本日の生徒様にとってより英語の事を考えるよいきっかけになったようでした。

 

お母さんと娘さん、女同士、やっぱり会話は沢山するものですし、血のつながった女同士の家族は女性にはとても大切な存在だと思います。

 

 

 

レッスンを始められてここまで、ずっと熱心に毎週受けられ、最初の頃と比べると着実に力をつけてこられているようでした。

 

先生との色々なお話は日常生活とはまた少し違う空間で、英会話のレッスンというだけでなく、日常とは違う時間を過ごせるという意味でも、本日の生徒様にとっては、生活のアクセントになっているようでとても楽しんでくださっているようでした。

 

楽しめる、という気持ちがスキルアップにもよい効果を及ぼします。

 

前向きに楽しめるからこそ、チャレンジする気持ちも湧いてきます。

 

本日の生徒様は、レッスンを始めた頃は話したい気持ちが先行して言葉がついてこない事が多々あったようですが、ここにきて、少しずつ、しっかりとした文章で話していけるようになったという事でした。

 

単語を連発して相手に自分の言いたいことを推測させるのもコミュニケーションの手段の1つではあります。海外旅行など、どうにか意思疎通を取りたいときには、目的のためには手段を選ばず、であって、それで意味が通れば結果オーライですよね。

 

でも英会話レッスンを習うなら、ずっとその状態で続けていく事に意味はありませんし、それを改善する為に英会話のレッスンを受けているのですよね。

 

本日の生徒様にとっては、このしっかりとした文章でのスピーキング、そしてそれによって会話のキャッチボールがテンポは遅いもののしっかりと進んでいく事にとてもやりがいを感じていらっしゃいます。

 

 

 

まったく英語で話す事ができない所から、少しずつ、会話になっていく、長い会話がができていく、そんな感覚を得られる時、やっぱり嬉しいものです!

 

課題は込み入った内容の説明になるとどうしても日本語を頭の中で考えて日本語から英語に翻訳しようとしてしてしまうため、余計に時間がかかってしまう事、との事でした。

 

自分の頭の中で考える時間を作れば作るほど、日本語は入ってくるものです。

 

徐々にその感覚を英語だけの感覚に変えていっていただきたいと思います。

 

 

 

本日は以上です!

 

 

 

 

1年のレッスンで大きな成長を実感されている生徒さん

こんばんは!

 

明日はWBC準決勝。

 

ドジャースタジアム。相手はアメリカ。この設定、しびれます~~!!!

 

伝説を作れるかどうか、日本中が注目ですね。

 

 

 

さて、本日は今週のカウンセリングの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在ソフトウェアメーカーにお勤めで、アデュールでのレッスンをスタートされた理由は、アジアに新しい拠点を設ける為、英語ができるようになればそこで働くチャンスもあるかもしれないから、という事でした。

 

レッスンを始めてから1年以上、毎週欠かさず熱心にレッスンを継続されてこられました。

 

レッスンとレッスンの課題以外にも自分で色々と調べ物をしたり、日々単語力の強化をしたりと、とても熱心に英語に向き合ってこられました。

 

 

 

その甲斐あって、この1年で飛躍的に力を伸ばされました。

 

ポイントはリスニング力のアップが特に大きいようで、レッスン当初は先生の話す事が分からなかったり、単語を拾えても文章全体での意味がとらえられなかったりと、何度も先生に内容を確認するという事がレッスンの中で多くの時間を占めていらっしゃいました。

 

それが今ではテンポよく会話が進むようになられていて、担当講師も驚きの成長ぶりを見せていらっしゃいます。

 

リスニング能力のアップは、勿論、単語力強化の成果の1つでもあると思います。

 

単語を知らなければリスニングでも意味は分からないというのは当然で、日々しっかりと単語力を強化されてきたこれまでの努力がしっかりと形になっていらっしゃいます。

 

また、単語は拾えても文章全体での意味のが分からない、という所に関しては、レッスンの中で先生から英語の微妙な伝え方やニュアンス、表現を細かく指導を受けるなかで、かなり強化されたとの事でした。

 

ただただ単語丸暗記では、実際には「単語は拾えても」、全体として伝えようとしているメッセージがなんだか分からない、、という事になります。

 

そういう意味で、本日の生徒様のように双方向からアプローチをかけてトレーニングされてきたことはとても大きなポイントになっていると思います。

 

 

 

 

実際に海外への転勤のお話が出ているわけではないようですが、今はお仕事というよりも、純粋に英語力を高めていける事自体に楽しみ、喜びを感じていらっしゃるようでした。

 

英語だけでなく、どんな事でも努力して成果が出ると次のステップへのモチベーションになります。

 

そして次がクリアできればその次、という風に、よいサイクルができてきますね。

 

本日の生徒様は定期的に受けるTOEICのスコアも自分のレベルチェックの指標にされているようで、そこでもしっかりと成果が出ているようでした。

 

 

現在の課題は、スピーキング、とくに文章を組み立てる瞬発力がポイントとの事でした。

 

レッスンの中でもやはり気になるのは、会話のテンポが自分の所でどうしても遅くなる、という点のようで、長い文章でも、複雑な内容でも、それまでのテンポのまま話す事ができ、そして先生に会話のボールを渡す、というリズムを作れるようにしたい、という事でした。

 

先生からテンポよくボールを渡されるとどうしてもそのテンポに乗せたい、と今の生徒様は強く感じられているようです。

 

実際に対面で話すレッスンの中では、意識して話していれば、色々な事を感じられます。

 

その中から自分の課題をしっかりと見つけ、今後に生かす。

 

これからも頑張っていただきたいと思います。

 

 

本日は以上です!