外国人エンジニアの講演を英語で理解できるようにする為の英会話レッスン

2017年3月14日

こんばんは!

 

WBC,日本キューバに勝ちました!

 

なんだか大会前の不安が本当に嘘のようです。このまま快進撃を続けてもらいたいですね!

 

 

 

さて、本日は今週の体験レッスンの生徒様のお1人について少し。

 

こちらの生徒様、現在ITエンジニアとして都内の会社にお勤めで、今回アデュールでのレッスンをスタートされることになった理由は、日々の業務で直接英語が必要ではないものの、技術に関する講演などを聞きに行った際、外国人エンジニアの講演を通訳を介してではなく、英語で理解できるようにしたいから、という事でした。

 

IT技術の分野では海外、特にアメリカがやっぱり強い印象がありますよね。

 

アデュールの生徒様の中にはITエンジニアの方も多くいらっしゃいますが、皆さん海外のベンダーとのやり取りや、技術に関する英語でのネット上の解説やコミュニティのやり取りを理解する事に苦労されている方が結構いらっしゃいます。

 

専門分野なので、キーワードで話題としての全体像はなんとなくイメージではできるものの、シンプルな英語の文章でも前後関係の理解ができなかったり、超シンプルな単語なのにその意味が分からない為文章全体としては意味がわかりにく、という事など、「つまるところ、よく分からない。。」という話をしばしば聞きます。

 

技術に関する話ですから、感覚でどうにかなる世界ではないではないと思いますし、「理解する事」はとても大切な事だと思います。

 

 

 

以前は一度大手英会話スクールのネイティブのレッスンを受ける事を考えていらっしゃったようですが、結局の所、細かい所が潰せない事を痛感され、そういう所を潰したい自分にとっては、なんとなく英会話している環境だけあればいい、というのでは満足できないと感じられたようです。

 

今回アデュールの日本人英会話講師のレッスンを受けてみられ、実際に自分が良く分かっていなかった所、勘違いしていたところ、色々な発見があったようで、とても有意義な時間にしていただけたようでした。

 

 

 

会社はフレックスを採用されていて、ある程度時間の融通はきくものの、ITエンジニアだけに、突発的に起こるシステムエラー等で急きょ夜遅くまでその対応に追われるという事もあるようで、まだ時間を読みやすい平日朝のレッスンを受けられる事になりました。

 

朝は頭もクリアな時間帯ですし、どんどん吸収してもらえるという意味では、とてもよい時間帯だと思います笑。

 

 

 

レッスンの内容は、会話レッスンをベースに希望されてはいるものの、英語の文献などを見るときに、文章の読解に詰まる事がよくあるようですので、基本的な文章の構成や、文法の確認というのも入れていきたい、という事でした。

 

文章がうまく読めないなら、勿論、それを聞いても理解できないのは当然です。

 

会話の中では、前の文章はもう自分の頭の中に納めた記憶でしか残っていないわけですから、読む時よりも余計に理解する事が難しくなります。

 

もちろん、口語との違いはありますので、文章で書かれている英文がそのまま会話の中で話されるというわけではないですが。

 

 

会話と基本的な英語の読解、この2つを重点的にやりながら、ゆくゆくは日常業務も英語でこなせるようなエンジニアになる事を目指されています。

 

今後の生徒様のご活躍が楽しみです。

 

 

本日は以上です!